写真家

夏野 苺

世界中の魔法使いや天使とともに作品を創る“魔法使いの弟子”
Photographer Ichigo Natsuno's Official Website

毎日のガイダンスをつぶやいています☆
ツイッター@natsunoichigo
フェイスブック 夏野苺ファンページ

「『わがまま』と『信念を貫くこと』の違いについて」

「『わがまま』と『信念を貫くこと』の違いについて」 あれもいやだこれもいやあれもできないこれもしたくない ああ、いいんですよ、やりたくないことはしなくたってね。 でもそうしていつまでたっても何にもならない人と、 そんなのしないわやりたくないわ と言い続けながらも自分の夢をどんどん叶えていく人の違いは、一体なんだろう?と考えてしまうことがありました。 で、私なりに思ったのは、前者 ......

Fri 13th, Apr 2018

「小さな魔法学校」

「小さな魔法学校」 カフェコムサのケーキが好きすぎて、全く飽きない。甘くないところがめちゃお気に入り☆私は甘くないスイーツが好き。スイーツ好きなのに砂糖が苦手なので。カフェコムサが実家の近くにあるので、帰省するたび苺ママを誘ってティータイムに行きます。 実家には猫が二匹いるから、こんな光景を見るとハートがほんわかします。ふふふ。 次の新月から、小さな魔法学校の第二期募集をスター ......

Wed 7th, Feb 2018

「頑張る、諦めない!VS 頑張らない、諦める」

「頑張る、諦めない!VS 頑張らない、諦める」 前回の更新から間が空いてしまい、しかも、かぜひきちゃんというタイトルだったので、皆さんから「いちごさん、大丈夫ですか?」というメッセージをいただきました。ありがとうございます!ご心配おかけしてごめんなさい。風邪は、あのまま咳がひどくなるかな?と思ったら、全然大丈夫で、毎日自分の予定をこなしていました。蜂蜜パワーは、本当にすごいです ......

Tue 12th, Dec 2017

「12/4 満月」

「12/4 満月」 華やかな場所へ行ってきました。帝国ホテルでの出版記念パーティ。元宝塚所属の、仁科ゆりさんが幻冬社から本を出されて、私がグラビア撮影を担当したので、ご招待いただきました。(ゆりさんの本→「元タカラジェンヌが教える自分らしく輝く51の言葉」)最近は、華やかな場所でもあまり気後れしない私。なぜなら、着物マジックがあるから!^^着物に守られてる気がするので、安心して ......

Mon 4th, Dec 2017

「がんばる人たち」

「がんばる人たち」 ★バザールで手にした魔法のバトン、確かに受け取りました!届いた荷物が大きい&重すぎるような?いそいそと開けてみてびっくり、「さっきまで飾ってありましたよ」って表情の絵が!苺さんのお手紙に書かれた文字にも温かいものがあふれているし、シューズに添えられていたティートリーのアロマオイルもなんだか落ち着く香りで。「福袋みたいだね」って夫は笑っていましたが、まさに私に ......

Fri 11th, Aug 2017

「感謝のアップスパイラル」

「感謝のアップスパイラル」 ★苺さん、おはようございます。(*^^*)バザールのお品もの、ではなかったですが、笑うさぎさんのサンキャッチャーが届きました!可愛すぎますっ☆☆☆早速飾って、毎朝カーテンを開けるたびに話しかけております。(*^^*)くるくる、ゆらゆらーしています。このたびはわがままを聞いていただき、本当にありがとうございました!!自筆のお手紙も一緒で、とっても嬉しく ......

Fri 24th, Feb 2017

「大事なことはみーんな猫に教わった」

「大事なことはみーんな猫に教わった」 という本があります。スージー・ベッカーという人が描いた絵本。詩人の谷川俊太郎さんが訳しています。これね、ものすごーく大昔に買った小さな本ですが、ここに書いてあることは全く本当だなと思います。実家にいるうちのネコ君たちにも私はいろんなことを教わっています。先日、ふと見ると、めっちゃ最高ポジションで日向ぼっこしているミッシェル発見。そこはいいね ......

Thu 19th, Jan 2017

「静かなココロ」

「静かなココロ」 昨夜は、ホームパーティの後、全員倒れ込むように眠ってしまいました。ボジョレーヌーボーにはしゃぎ、。。。とはいえ、私たち三人は、とても静かな心。そう、静かにはしゃいでいるのです。心の真ん中は、ずっと、しん、と澄んでる感じ。凪の海とか、風のない湖面のような。この旅のガイドは天使だから、私たちはただついていくだけです。今日、かっちゃんが、「ホーリースピリットって聞い ......

Mon 21st, Nov 2016

「最後のお別れ」

「最後のお別れ」 お通夜と告別式に行ってきました。悲しい場でしたが、私の心はとても落ち着いていました。棺の蓋を閉める時、無数の小さな天使たちが宙を舞い、故人を囲んで、新たな旅立ちを祝福しているビジョンが見えました。これはどういうことだろう?と思いましたが、きっと、彼が、生前とても素晴らしい生き方をしたからでしょうか。人生を無駄に(あるいは粗末に)過ごした人にとっての死は、さぞか ......

Sat 22nd, Nov 2014