写真家 夏野苺のブログエッセイ

天使と魔法と写真の日々

毎日のガイダンスをつぶやいてます☆

「むすひのチカラ」


2020年は舞台発表などできませんでしたが、

こんな時こそ基礎をしっかり学ぶチャンスということで、

地味なワークショップを続けているTokyo演Joy倶楽部の活動。

昨日がお稽古初めでした。




実は、稽古場近くに小さな神社があるのを知って、

稽古前に初詣に行ってきました。




そこで目に止まったお守りと、

書かれている言葉に心が釘付け。

天祖神社


なんとー。

むすひのチカラ。。。。

天祖神社



それから、お正月に届いた、

出雲大社の会報誌に書かれていた言葉にも

深くシンクロ。

出雲大社



私の心(意思)がどこに向いているのか。


これまたはっきり自己確認できる出来事でした。


去年の終わり頃から麻結びを学びたいと熱望したのは、

こういうことに繋がっていたんだな。。。

麻結び

2021年は、

結びの力を表現していくベストタイミングな年に違いない!

伊勢神宮
伊勢神宮のお札にも麻紐が結んでありますよne☆



宇宙との連動性も確信できて、

ますます自分の未来が楽しみになってきました♪




と同時に、

生まれて初めて自分の過去にも心が飛ぶ出来事がありました。




「もしかして私はこの人の生まれ変わりなんじゃないか?」

と思うような人を知ったのです。




アメリカ文学史上、とても有名な人らしいのですが、

私はつい先日まで知りませんでした。




皆さんはご存知でしょうか?


エミリ・ディキンソンという詩人を。




生前は全くの無名人で

世間に発表した作品はわずか10編ほど。




亡くなった後に妹の手により大量の詩が発見され、

その数1700編以上。




この世を去った後に有名になった詩人です。




この人のどこをみて「過去の自分かも」と感じたかというと、

家にこもって人付き合いが悪いとか、

いつも白い服を着てたとか、

作品の中で表現したいこと(愛、自然、死、永遠)が同じとか、

無名であることなどお構いなしに作品を発表し続ける生き方とか。
エミリ・ディキンソン


エミリの存在を知った時、「この人は私?」と、

なんだか自分の中に直感めいたものを感じたのです。


エミリ・ディキンソン



でも、




だとしたら、




また同じ道を歩いてる。。。。




よほどこの生き方が気に入っているのか。^^


エミリ・ディキンソン


また旅へ出かける日がやってきたら、

ぜひアメリカのマサチューセッツ州アマストにある

エミリ記念館(彼女の生家)を訪れたいです。



さらにどんなことを感じるのか、確かめたい。



こんなにも有名作家なのに、

本好きな私がこれまで全く知らず、

ここでいまさら偶然に知るなんて。



これもまた、2021年特有の、

「むすひのチカラ」なのかもしれません。




最後にエミリ・ディキンソンの本を

三冊ご紹介します。

詩に興味がある人、

もっとエミリについて知りたい人は、

ぜひこちらの本を読んでみてください☆

どれもとても美しい言葉がたくさん編まれています。


本の詳細はこちらをクリック
↓ ↓ ↓

★左ページに原詩、右ページに訳した日本語という構成。
対訳 ディキンソン詩集―アメリカ詩人選〈3〉



★エミリ作品に感銘を受け、研究し続けた人の訳なので、
日本語にエミリのスピリットがしっかり移し込まれたような、
言葉そのものに深い愛がこもっている本。英語の原詩も収録。
わたしは誰でもない―エミリ・ディキンソン詩集 



★こちらはエミリの作品ではなく、
エミリに影響を受けた詩人が
エミリを主人公にして創作した物語。
エミリとディキンソン家のネズミの心の交流を
描いた作品。訳者は、あの長田弘さん!
エミリ・ディキンスン家のネズミ【新装版】






ーーーーーーーーーーー