写真家

夏野 苺

世界中の魔法使いや天使とともに作品を創る“魔法使いの弟子”
Photographer Ichigo Natsuno's Official Website

毎日のガイダンスをつぶやいています☆
ツイッター@natsunoichigo
フェイスブック 夏野苺ファンページ
 前のページ  1 2  次のページ 

「2018★年末あれこれ」

今年最後の、夏野苺のエンタメ飲み会。
参加者の皆さん、ありがとう!

色濃い人たちがどんどん出会って、
これからますます面白い化学反応が起きていくことを、
心から望んでいる私は毎回の人選も楽しくて仕方ない。
あの人とこの人が会ったらどうなるかな?とか。
レギュラー参加のセーラー服おじさんと、
仲良くなれる人が増えていくことも嬉しい。

来年は、おじさんと何か面白いことやりたいけど。
いつも特別何もしなくても面白すぎるので、
なかなか話が進みません。(笑)
お正月休みは、
アイデア浮かぶよう徹底的にぼーっとしよう。
寝正月、目標!


どうも、実は、
私の人生のキーパーソンは、
この人のような気もするのですが。^^

この人のおかげでセーラー服おじさんにも会えたし。
その他、もう数え切れないほどのご縁をいただいています。
SHITO HISAYOバンザイ。
来年も着物を着よう!



でもね、実は私、いま恋をしているので、
お洋服も着てみたい気分。
なぜなら、恋のお相手がこの方だから!

『Alexander McQueen 』
http://cinefil.tokyo/_ct/17173005


このドキュメンタリー映画をアリゾナへ向かう飛行機の中で観て以来、
マックイーンの虜になってしまいました!
(マックイーン個人にというより彼の創造した世界観に恋した!という感じ)


英語がわからないので、どんな映画かわからずに観てたし、
「アレキサンダーマックイーン」というブランドもよく知らなかった。。。
帰国してから色々調べたら、
ああ、もうこの世にはいない人なのか、、、、と切なくなり、
だけど、私は、
「死んでから始まる、あるいは深まるご縁」
というものがあるということを知っているので、
(森村桂さんや、ミヒャエル・エンデ氏」
きっとマックイーンもそうに違いない。と思う。
こんなに彼の世界観に魅せられるなんて!
ファッションショーの映像を観ながら全身鳥肌が立ったのは、
マックイーンが初めて。
時空を超えて、
マックイーンからの伝言が、
今後次々と私に届けられそうな予感です。

で、

確かGINZA SIXにショップがあったなーと思ったら、
やっぱり!ありました!
以前、SIXがオープンしたての頃、
通りがかりに100万円の総刺繍のコートを試着した記憶が。
(そう、試着だけ。笑)

当たり前だけど、ショップスタッフはみんなマックイーン好きよね〜。
昨日も店員さんと色々話せて楽しかったー。
しばらく私のマックイーン熱は下がらない模様。


昨日は、
魔法学校のオフラインミーティングだったのですが、、、

マックイーンへ行く前に、
予定が合う人たちだけ集まって、一緒に映画を観に!
「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」の
主演俳優が好きなので、みんなを誘って観に行きました。

私はひとり密かに、
あれれれ?なんか、ハリーポッターに似てるような。
ダンブルドア? これって、登場人物の名前も同じ?
こんなに正々堂々とパクっていいの?
とか、思いめぐらせ、首かしげながら見終わって。
シアター出ながらそのことをみんなに話したら、
一瞬、場が凍りつき、次の瞬間、大爆笑!

「苺さん、この映画の作者はJKローリングさんですよ?」

「え?ハリーポッターと同じ作者?」

「そうですよ。ハリーポッターは本が先だけど、
 今日の映画はローリングさんが映画のために書いたお話ですよ」

「あらー、知らなかったわー!」

「ええええええええええーっ?じゃあ前作とか観てないんですか?」

「前作?あら!これって、シリーズ?今日の終わり方も続きがありそうって
   思ったんだよね〜。私はこれが初めて。
  実は、ハリーポッターも読んでないし、映画も観てないの」

「ええええええええええ〜っ?
  苺さんは全部ご存知で今日のオフ会にこの映画をセッティングしたと思ってました!」

「ううん、違うよ、主演俳優が好きだからという理由だけだよ」

という会話が爆笑の中で繰り広げられ、

「きっと全世界中で、
  ファンタビの作者とハリーポッターの作者が同じことを知らないのは、
  夏野苺だけですよー」

と、びっくりな魔法学校メンバーの皆さん。

(笑いすぎて死にそう。笑)

私も一緒になって大爆笑してしまいましたが。
ぶははははは!(爆)
ごめんよ。作者が同じだとは、知らなかったぜよー。

実は、
以前からこんなことはよくあるのです。
「えー?苺さん、知らないんですかー?」と驚かれること。

魔法だ、天使だと言ってるから、
さぞかし詳しいのかと思われるけど、
学問的なことは何も知らないし、
私は、
自分の実体験から得たことしかわからないから、
知識としての引き出しにはほとんど何も入っていないのかも。

だから、魔法学校でも、
表面的な知識やノウハウだけ知りたい人は、
数ヶ月で飽きてしまう傾向にあるけど、
嬉しいことに、いま残っているメンバーは初期から参加して、
地道な努力を続けながら私の進み方を信頼してくれる人たち。
そして、確実に、
自分の人生を自分の力で動かし続けている人たち。
第5期から参加する新しい仲間も、
どんなふうにこれからの道を作っていくのか、
またまた楽しみが増えているところ☆

、、、、な時期に、この大爆笑。(笑)

ははははは〜。

いや〜、私も一緒に笑っちゃいました〜。
日常的なこと、社会的なことについては、
さらに知らないことだらけの私です!すみませんー。
(たぶん私が本当に知ってることはこの世界でひとつかふたつくらいだろう


で、映画ですが、
スタート時から途中所々、
「なんでこの映画を作った人はこのことを知ってるのかな?」
と感じる部分があって。

いや、みんな、言わないよね、本当のところは。

そういうものだよね、やっぱり。魔法の世界は。
わかる人にはすぐわかるから。
パッと目撃しただけで。

だから、

言葉は必要ない。
関係ない人、興味のない人たちに向かって、
わざわざ説明する必要なんて、どこにもね。


改めて、
そういうことを確認できた映画でした。


わかる人だけが、
静かにわかればいいことなんだ、って。


★★★★★★★★



映画の後、
銀座の老舗洋食屋で食べた
ハンバーグ、カキフライ、カニクリームコロッケ定食。

その後、マックイーンへ行って、、、、
最後に
ブルガリのティールームで、魔法講座!

昨日は少人数でじっくりゆっくり話ができてよかった。

楽しかったよー。

来週は、今年最後のオフライン。
北海道や九州からもメンバーが大集合!大人数もまた楽し。^^
ーーーーー


★お知らせ その1★

12月21日、茅場町カフェサルバドルにて、
Tokyo演Joy倶楽部、今年最後のイベント開催します!
詳細はこちらをご覧ください。
(お申し込みは私まで直接ご連絡いただいてもOKです)
↓ ↓ ↓
http://ukonyoshiyuki.moon.bindcloud.jp/cn6/tokyoenjoyclub.html


(稽古後、フェイスキーパーの右近さんを囲んで居酒屋ミーティング)



★お知らせ その2★

只今まほうカレンダー2019年版追加予約受付ちゅう!
詳細はこちらをご覧ください。
↓ ↓ ↓
http://www.ichigo-natsuno.com/essayDetail.php?1264

Mon 17th, Dec 2018

「沈黙という言葉」

確かにね、
そうするのはとても大切なんだけどね。

でも、

そうした結果、幸せになれる人と、
なれない人がいるのは何故だと思う?

なにか、ある。

すごく重要なことが潜んでる。

心の奥のセンサーが反応してるから。



こんな時に沈黙するのは
天使のやり方。

今までいろいろ試したけれど、
この方法が、いちばん確実で、

愛がある。

Fri 14th, Dec 2018

「強い心」

私は時々、生きているのが怖くなる時があります。
それはいつも決まって、
なんらかの理由で自分の心が弱った時。
周りの人たちがびっくりしてしまうほど、
本当に情けない状態になってしまうのでした。

じゃあ、
弱くなってしまうような出来事に出会わなければいいじゃないか
と思うかもしれませんが、それは違う。
もちろん、自ら進んで茨の道を選ぶ必要はないだろうけれど、
もし進む途中で不意に出会ったとしても、
何事にも負けない心を作りたいのです。

だから、生きる上で、
私が一番気をつけたいこと、
もっとも興味があることは、
心を強くしていくことです。

心さえ強くあれば、
どんなことも乗り越えていけるはずだと信じています。

そうなれば、
(奇妙な表現かもしれませんが)、
人生の影の部分(苦難とか)も楽しめると思うのです。
嫌なことに遭遇しないよう、ビクビク生きなくても、
なんでもござれ、どんとこい!の精神で。

魔法学校では、
まず第1番目にそのことを伝えたいのです。
今、第5期生を募集中なんですが、
ずっと在籍してくれている人たちには少しずつ、
でも確実にこの感覚が浸透していることを感じています。

最初の頃よりみんなたくましくなってる!
自分ではなかなか気づかないかもしれないけれど。
私からはそれがよく見えます。

さっき、嬉しいメッセージを受け取りました!
エッセイ読者の皆さんにもシェアしますne★

ーーーーー
魔法学校に入学さえていただくからには
少しずつ自分を変えていくんだ!と思いつつ、
実際にはできたり、そうでなかったり。。
マイペースすぎる生徒ですが、
こんな生徒でもまたお声掛け頂き本当にありがたいです。

本当に色々あった一年でした。(いや、まだ、波の中かな。。)
宿題もままならぬ、ですが、
でも、なんとか乗り切る力があることも感じられているし、
この半年は魔法学校という場にいられていること、
オフラインでキラキラの苺さん&皆さんにお会いできること、
そのことがとても心強いことだと実感しているので、
ぜひまた5期も参加させていただきたいです。

今はタイミングを読んでいるときですが、
仕事のことも、来年中にアクションを起こす!というところだったので、
5期の内容を今迎えられることに、嬉しい驚きを感じています。

家庭環境&持病等いままでの流れにより、
どうにも自分の好きなことが分かりづらくなっている、、という
ことに気づいたは良いものの
(好きな音楽や絵は分かるのですが、こと仕事・趣味となると???と。苦笑)
そこで足踏みをしてしまっているし、
前の宿題にあったような"願う""叶う"みたいなことも、たぶん苦手です。
でもだからこそ学べる機会を大切に過ごして、
自分の人生に反映させていきたいです。
ーーーーー

私は、たったひとり、ずっと独学で、
宇宙や自然を師としながら精神的なことを学んできて、
その次のステージとして、
人生のメンターと呼べる人(ドリーン博士など)から、
実際の人生をどう動かしていくかを学び、
今ここにいます。

そして、気づけば、
魔法修行「仲間」と呼べる人たちが集まってきました。
これからも一緒に進む仲間がいることに、
深く感謝いたします。

ひとりで歩かなければならない道もあって、

多くの仲間と共に歩むことで意味を成す道もある。

そのことを、
自分の人生から学んでいます。

ーーーーー

夏野苺の2019年版まほうカレンダー
追加オーダー受付ちゅう!
〜詳細はこちらをクリックしてください〜
↓ ↓ ↓
http://www.ichigo-natsuno.com/essayDetail.php?1264

Thu 13th, Dec 2018

Tags 強い心

「まほうカレンダーありがとう!」


苺さん、こんばんは。間に合いました。
来年のカレンダーを一つお願いします。
金銭的には去年とそう変わらずギリギリなんですがなんとか買えそうです。
苺さんの今年のカレンダーにあった
「振り向くと、涙がぼろぼろこぼれてとまらない。」との言葉。
まさに私は今年その心境でした。
「前を向いて!しっかり。前を。」
出口の見えない中でもなんとか明るい方へ向かおうとした一年でした。
今年も苺さんのカレンダーと一緒に過ごせた事に感謝します。
来年もカレンダーと一緒に楽しみながら進んで行きたいです。
いつもありがとうございます。
ーーーーー

私の涙がボロボロこぼれて止まらない。。。。
わーん(感涙)!!
ありがとうございます!!!!!!!
なんて素晴らしいメッセージが届いちゃったんだろう。。。
わあ、わあ、わあ、ありがたすぎる! 嬉しすぎます!

「金銭的には去年とそう変わらずギリギリなんですがなんとか買えそうです」

この言葉、心に響きました。
そういう思いで手を伸ばしてくれている人がいること、、、
知れてよかったです。
この言葉を送ってくれてありがとうございます。

なんというか、
わたし、こういう時、心が動きます。
そしてこの動きは宇宙に作用します。
何がどうって、言葉で説明するのは難しいんだけど。
湖に波紋が広がるように決定的に作用していくのがわかるんです。
私の一番深い場所が、どこかに向かって祈るのかもしれませんね。
何かのために。

そして!
「締め切りを設けず、せめて年末までカレンダーの予約を受け付けてほしい」
という声も届いていますので、

はい、わかりました! 引き続きご予約お待ちしております!

ただですね、
カレンダーはもう発注してしまいましたので、
数に限りがございます。
受け付けられても、あと数人、、、、という感じなので、
申し訳ございませんが、これからお申込みくださる方は、
お早めにご連絡くださいne!


まほうカレンダーは、
曜日もお休みの印もありません。
あるのは、新月と満月の印だけ。
ひと月の流れの中で本当に大切なのはこのふたつだけ、という、
とてもシンプルなサイクルにフォーカスしたカレンダーです。
デザインも、写真と、数字だけ。
普通のカレンダーは普通にたくさん売られているので、
私は普通ではないものを創りたいと思い、
これまでオリジナルスタイルのカレンダーを作成してきました。
カレンダーに使用している写真は「見る写真」ではなく「読む写真」です。
一見シンプルですが、実はとても奥深いカレンダーなのです。
全体的に暗号のようなデザインとなっていて、
毎月一枚ずつの写真をスイッチしていくよう創られています。
写真をただ眺めるのではなく、そのなかにメッセージを潜ませています。
毎月「写真を読んで」ください。
正解という答えはありません。
いえ、
あなたが感じたインスピレーションはどれも「正解」「答え」なのです。
毎月、その直感に導かれた一ヶ月間になるでしょう。
不思議なことに、
(これは創ってるうちにだんだんそうなった)
関係者の間では別名「予言カレンダー」と呼ばれるくらい、
その月には、その写真の中に秘めた暗号通りのことが起こるのです。
制作当初はそんな狙いなど全く無かったので、
これはびっくりステキな誤算です。

来年もまたこのカレンダーと共に毎日を過ごしてくださる方が、
たくさん集まってくれて、とても嬉しいです。
2019年版もリリーズできることに深く感謝いたします。

ーーーーー

夏野苺の2019年版まほうカレンダー
追加オーダー受付ちゅう!

☆カレンダー 全14枚(各月12枚 表紙、裏表紙)
CDサイズ専用ケース入り

☆価格:11,000円(税、送料、手数料込み)

~お申し込み方法~
郵便番号 住所 氏名 連絡先を明記のうえ、
info♪ichigo-natsuno.com
(♪を@に変えて←@もアルファベットも全て半角で入力してください)
まで、メールにてお申し込みください。
こちらから申し込み確認の返信を差し上げた時点で予約確定となります。

☆メールの事故なども想定し、
申し込みから三日経ってもこちらからの返信が届かない場合は、
大変お手数ですが再度御連絡いただけますようお願い申し上げます

☆☆☆☆☆☆☆

追記)
今回の販売は一般書店での取り扱いはありません。
夏野苺オフィシャルサイトでのネット販売のみとなります。

カレンダーお申し込みの皆様全員の中から、
抽選で3名様に、金運アップアイテム「黄金の子ブタのお守り」を差し上げます。
お財布か、バッグの中に入れて毎日持ち歩いてください。
(抽選結果は発送をもって代えさせていただきます)

Tue 11th, Dec 2018

「12/9 Merci beaucoup!☆~『fermé』」

小さなまほうのお店。先ほど閉店いたしました。
ありがとうございます!
今回の感謝祭に参加してくれた皆さんにこの場を借りてお礼を申し上げます。
皆様のおかげで今年も無事に毎月、
まほうのお店を開店することができて嬉しかったです。



そして、
Tokyo演Joy倶楽部のイベントへのお申し込みもありがとうございます!!
とっても嬉しいです!!!!右近さんも喜んでいます。^^
しっかりお稽古して、皆さんに楽しんでいただけるよう頑張ります!



今夜は、
SHITO HISAYOファッションショーのDVDを観る会&忘年会でした!

(大好きな紫藤先生とカイヤさん)

楽しかったですー。
今年の暮れは、いつもより忘年会に呼ばれる機会が多くて、
まあ、そんな年もあるよね、と、
有難く楽しく、時間と体力が許す限り参加させていただいてます。

(魔法学校のかえこさんも一緒でした。ちょっと、魔法学校の制服になりつつある、、、笑)

この感じでいくと、年始年末は思い切り引きこもりそうな予感。
家でゴロゴロ、寝正月、、、とかいいな!(笑)

そしてまた、
新年スタートから勢いよく飛ばしたいです!


実は昨日、ちょっと珍しく弱音を吐きました。
聞いてくれる人、受け止めてくれる人がいる幸せ。


楽しいときも、
辛い時も幸せって、ほんと、幸せだー。





Sun 9th, Dec 2018

 前のページ  1 2  次のページ