写真家

夏野 苺

世界中の魔法使いや天使とともに作品を創る“魔法使いの弟子”
Photographer Ichigo Natsuno's Official Website

毎日のガイダンスをつぶやいています☆
ツイッター@natsunoichigo
フェイスブック 夏野苺ファンページ
 前のページ  1 2 3  次のページ 

「2018.9.25 雨の満月」

「さあ、どうだっ?」

と言われた瞬間に、

「はい!」と手を上げて飛び込めない人は、

おそらくいつまでたっても飛び込めないままだろう。

別に無理に飛び込む必要もない人生なのだ。

だから、

それを認めて、

その夢は諦めて、

もっと気楽に歩ける道を選び直した方がいいと思う。


Tue 25th, Sep 2018

Tags 満月

「セーラー服おじさん」

今夜のメルマガ音声配信のゲストさんは、
セーラー服おじさん。


私がSHITO HISAYOの着物を着てたおかげで、
彼に初対面ですぐに覚えてもらえたという幸運。
今では、
ありがたく仲良くさせていただいております★


今回、色々インタビューさせていただきました。

なぜあの格好をしてるのか。
どんな気持ちでしてるのか。

意外にも哲学的なお話が満載。
もっとふざけた人かと思ったら、
全然違ってました。。。。
私より真面目かも!
(私は根がふざけてる。。。ふざけた世界が好き!)

人は見かけによらないものですね。
本当に。

ますます、
「見かけだけで判断するのはやめよう」と思いました。
何事も。

満月は明日ですが、
毎回満月メルマガは前夜の配信となります。
今夜21時頃、お届けできると思いますので、お楽しみに!^^


★神田で一緒に飲んだ時の写真。しばらくスマホの待ち受けに。。。笑
一緒にツーショット写真を撮ると、幸運が次々と舞い込む!
という都市伝説を持つ男!セーラー服おじさん♪(伝説は真実です!本当にラッキーなことが続々)


追記)
セーラー服おじさんのメルマガはこちらで読めるそう。

http://bn.dgcr.com/archives/GrowHair/
『私は隔週金曜に枠をもらって GrowHair という
ペンネームで書いています。ギャラなしで、書きたいように
書いているだけなので、誰が読んでもぜーったいに
面白くないこと、保証します』
なんて言ってるけど。。。。興味ある人は是非読んでみてね!^^

Mon 24th, Sep 2018

「三度目の奉納舞★日光二荒山神社」



参加してきました!
天麻那舞のみなさんと一緒に、
日光二荒山神社へ舞のご奉納。
二荒山神社へは6月にも行きましたが、
今回は、中禅寺湖のほとりにある中宮。

お天気は、雨&霧。そして寒かった。。。。

本番前。お着替え完了。この後リハーサル♪

神様に向かって舞うので、写真は後ろ向きが多い。。。けど、記念になって嬉しい。


今回は、はるみちゃんと、かほりんが見に来てくれました!


舞終わった後は、
東照宮隣の大黒天堂へも参拝。両手に打ち出の小槌!^^


帰りに、老舗の金谷ホテルへ。
名物の100年カレーライスを食べました♪

日光へ行ったら、これ食べないと帰れません。


早いもので、
舞を始めてからもう一年が経とうとしています。
今年は、三回、ご奉納することができて嬉しい。
来年はもっとできるといいなあ。
都内の神社でも舞いたいし、
もっと遠くの神社でも舞いたい。

舞の神様に色々連れて行ってもらえるよう、
精進してお稽古しよう。

来年は、
もし私が皆さんのお家の近くの神社で舞うことになったら、
ぜひ見に来てくださいne!

素敵に舞えるよう、お稽古するから。


Sun 23rd, Sep 2018

「失くし物は今どこに?」

ある方から、こんなメールが届きました。
(一部お名前を伏せたり、修正、省略したりしています)

ーーーーー
(前略)
6月から7月にかけて、お財布を落としたり、
自宅の階段で転んで肘を縫ったり、
家族や自分の体調不良などなどが重なって
少し気分がやさぐれていたり、疲れ気味だったと思います。
(自覚はありませんでした)
そして最近、お財布紛失の少し前に、
写真撮る用に使っていた解約済みスマホを
紛失しているらしいことが判明したのです(T-T)
7月後半に
「使いたいのに見つからない、家にあるはずなんだけど...」と、
思い当たる場所を探したり、記憶を辿ったり
しましたが、いつまであったかが全く思い出せずでした。
でも、いつもペンジュラムは家の中にあるといっているし、
家の中にある感じもするしなぁと思いつつ、
片付けながら家を探し、持って行ったかも?
と思うお店に問い合わせをしてみたりしていました。
(中略)
家の中にあるなら、
いくら問い合わせをしても見つかるはずはないのですが、
家の中だって探しているので、とてもとても不安になってきました。
でも家族たちは元気になったし、子供たちは相変わらず可愛いし、
紛失してしまったかもしれないスマホを嘆くより
今をもっと楽しんだほうがいいんじゃないか
なんて自分を慰めたりすることもあるけれど、
個人情報も心配だしやっぱりもう一度手にしたい!
すーごく可愛い息子たちの動画があるのです。
(中略)
これらの出来事は、
自分の気持ちをいい気分に上げておけなかった点に、
原因があるのかなと思ったのです。
この時期、カップ焼きそばを頻繁に食べています。
1つ目を食べたいと思った時に(1個くらい食べてもいいけど)
きちっと対応しておかなければならなかったと。
(中略)
長文を読んでいただき、
ありがとうございます。
ーーーーーーーーーーー

、、、とまあ、こんなメールだったわけです。
個人的にお返事しようかとも思ったのですが、
とてもいいテーマなので、
エッセイでシェアすることにしました。

さて。。。。この方、
大切な思い出が詰まったスマホを失くしてしまい、
しょんぼりしていらっしゃるようですが。
胸中お察しいたします。
これはもう何としてでも見つけたいですよね。

でも、
今のこの感じだとなかなか見つけることは難しいかもしれません。

なぜなら、
「みつからない」「ない」「こまった」
という感覚を手放すことができていないから。

「みつかる」「だいじょうぶ」「ある」
という感覚にシフトすることは可能でしょうか?

何か心配事を抱えた時、
そこから意識をそらすことはとても重要なことです。
違う場所へ心を移動させるために、
私は「マジカルアイテム」を使います。
マジカルアイテムとは、
自分にだけ通用する「気分を良くする」ためのいろんなこと。。。。
何で気分が良くなるかは人によって違うと思うので、
私の場合だったら、例えば、
★甘すぎないスイーツを食べる
★好きな本を読む
★散歩する
★旅の計画を立てる
★眠る
★極上バスタイムを演出する
など、何をもさておき、これらのことをやると、
たちまち気分が良くなるのです。

メールをくれたこの方は、

少し気分がやさぐれていたり、疲れ気味だったと思います。
(自覚はありませんでした)

とありますが、
全く!ここは重要ポイントです!
自覚できないと何も対応できないですよね?
だから、
「気分が悪い状態に敏感になること」は、
とっても大事なんです。
私は、自分の気分が1ミリでも具合が悪い方へ傾くと
「ムムムッ?」と、すぐに反応します。
で、すぐに戻そうと試みます。
なので、大事になる前に大抵のことは消え去ります。

自分の気持ちをいい気分に上げておけなかった点に、
原因があるのかなと思ったのです。
この時期、カップ焼きそばを頻繁に食べています。
1つ目を食べたいと思った時に(1個くらい食べてもいいけど)
きちっと対応しておかなければならなかったと。

この方、きちんと理解してらっしゃるんですよね?
でも頭で理解しようとしている状態。
心でわかるところまではいってない。
なので、感覚をおろそかにしてしまい、
後になってから気づくというパターンを繰り返しているのでは?

でも、いつもペンジュラムは家の中にあるといっているし、
家の中ある感じもするしなぁと思いつつ、
片付けながら家を探し、持って行ったかも?
と思うお店に問い合わせをしてみたりしていました。
(中略)
家の中にあるなら、
いくら問い合わせをしても見つかるはずはないのですが、
家の中だって探しているので、とてもとても不安になってきました。

ここも重要ポイント。
ペンジュラムを使ってるということは、
あなたは魔法使いです!^^
でも、
全く信じていない。。。。
ペンジュラムの言葉を!
天使のチカラを!

「家の中にある感じもするしなぁ」
これこれ、これね、これですよ、天使の声は。
実は、天使の声って、こういう形で聞こえてくることが多いんです。
「ふとそんな気がする」という形で。
その感覚を無視して、
お店に問い合わせって、あなた、、、、
なかなかみつからないのも当たり前です。

そして極め付けは、

とてもとても不安になってきました。

これでは全くみつかる気がしません、私も!
天使のチカラを借りたり、
魔法を使おうと試みるなら、
まずは信じてくださいね。見えないチカラのことを。

出てくるかどうかわかりませんが、
どうしてもそのスマホとの再会を望むなら、
もう一度ペンジュラムを持って、
大天使チャミュエルに尋ねてみてください。(チャミュエルは探し物を見つける天使)
天使にお任せしたら、あとはもう忘れて。
(大抵は忘れた頃に出てくるものです。あなたの意識が邪魔をしなくなった頃に!)

この時、
「何が何でも」という執着心は捨ててください。
「無いなら無いでもういいや」くらいの気楽な感じで、
腹をくくって。

だってね、
本当に大事なのは、今目の前にいる元気な息子さんたちの方ですよね?
可愛い記録が残ってるからだという、
スマホを失くして惜しい気持ちも理解できますが、
でもやっぱり大事なのは、今、みんなが元気で日々笑ってることですよね?
それより大事なことって、ありますか?

ないですよね?

そこです。見失ってはいけないのは。
「今ここに感謝する」という最大のパワーを使うことを、
忘れてはいけません。

いま在るものに感謝できない人は、
すでに失くしたものだけではなく、
持っていたはずのものまでどんどん失ってゆくでしょう。
(在るものに目を向ける人のものはどんどん増えてゆき、
 無いものに目を向ける人のものはどんどん減ってゆく)

あれもない、これも心配、
過去のことをくよくよ原因究明しようとする、
それは「今ここを生きていない」状態です。

大抵の人は、
まだ起こってもいない未来や、
もう変えられない過ぎてしまった過去に生きています。
今ここに生きる、という意識でいる人は少ないのです。

このメールをくれた人の場合、
おそらく心のどこかに、
「もう見つからないままだろう」という、
悲観的に未来を想像している部分を持っているような気がします。

カップラーメンを食べ続けたことや、
スマホに保存してある動画のことや、
疲れた日々のことを思い返したりするのは、
スマホが消えてしまったことについて、
「なぜだ?」「なぜだ?」と心の中で叫び続け、
繰り返し過去を再生しているだけ。。。。

そうして何らかの原因を探り当てたとして、
それが何になるのでしょうか?

今この時もまた、
未来から見たら「過去」「原因」なのです。
原因と結果の法則を上手に活かしながら生きるのなら、
たった今ここを「未来の原因」と捉えて、
たった今ここをベストに想像(創造)することが
一番大事なことだとは思いませんか?

さあ、
未来を想像するゲームをしてください。

「やったー!スマホが見つかったわ〜」
という未来を「創造」するために、
今ここで何を「想像」しましょうか?
どんな「原因」があれば、
あなたの望む未来は実現されると思いますか?

今ここでクヨクヨしていると、
それが「原因」となって、
残念な未来が出現するでしょう。

素敵な未来を創るためには、
過ぎたことを何とかしようとするのではなく、
これから起きることを何とかしていこうとする姿勢が大切です。
常に。つねに!


そのために、
いま一瞬一瞬を上機嫌でいることが大事なのです。


良い気分の連続は、
良き物事が起きる原因となり、
それこそが、
良い未来を招くことになるのだから。

いつだって、
前を向いて歩いてください。

振り返るのは、時々で。

下を見るのも、時々で。

いつも
前を向いて、
上を向いて、

まっすぐ歩いてゆきましょう。

今この時はどんどん過ぎてゆきます。
もう二度と戻ってはきません。

かけがえのない毎日を、どうか大切に。

感謝を忘れずに、生きてくださいne★

スマホ、みつかりますように♪

私もチャミュエルにお祈りします。^^

このエッセイを書けたのは、
あなたのおかげです。ありがとう。


今日のエッセイを最後まで読んでくれた皆さんも、

どうもありがとう。

Tue 18th, Sep 2018

Tags 天使

「舞台三昧」

昨日は、オハ劇の宮原奨伍さんの舞台、
「希薄」を昼間に観劇して、
夜は、同じくオハ劇の石井康太さんの舞台を観劇。

今日は、
古い友人の中山峻くんの舞台を観に行ってきました。

明日は、全然、知らない劇団。
女性だけの(たぶん)お芝居を観に行きます。

連日、これだけの濃い時間に耐え続けられる心の体力を持ってるって、
私すごいなーって思います。(笑)

今は、インプットの時期。
たくさん見て、たくさん吸収したいです。
またバーン!とアウトプットできるように!

今月末には、
魔法学校の生徒たちとオハ劇を観に行く予定もあります。
それもまためちゃ楽しみ!
右近良之という役者の演技も、ホント素晴らしいので。



公演後、宮原さんと。演技が素晴らしすぎて芝居の間中泣きっぱなしだった私。目が腫れている。。。。


Tokyo演Joy倶楽部のあさこさんとよーちゃんと私と石井さん。
石井さん、必ずこの顔で記念写真。なぜ毎回同じ顔を作れるのか。。。安定のキメ顔。(笑)


中山くんとみんなで記念撮影。よしえさんと私とTokyo演Joy倶楽部のはるみちゃんとかほりん。
久しぶりの彼のお芝居。めちゃ勉強になりました!


今朝、
インドの、のぶさんから、
とても嬉しいメッセージが届きました。
遠く離れていても、近くに感じる。
彼女は本当に素敵な人。

会いたいなあ。

Sat 15th, Sep 2018

 前のページ  1 2 3  次のページ