写真家

夏野 苺

世界中の魔法使いや天使とともに作品を創る“魔法使いの弟子”
Photographer Ichigo Natsuno's Official Website

毎日のガイダンスをつぶやいています☆
ツイッター@natsunoichigo
フェイスブック 夏野苺ファンページ
 前のページ  1 2 3 4 5  次のページ 

「いいのです。幸せだから。」

「グレイテスト ショーマン」が最高だから観て!
って、たじーに勧められて、
そしたら右近さんも観て感激した!って聞いて、
じゃあ、、、ということで、本日観て参りました。

はー。

素晴らしい映画でした!
みなさんはもうご覧になりましたか?
勇気と希望と光を受け取れる映画です。
ぜひ劇場で!

パワフルな映画を観たらお腹が空いたのでグリル満点星へ。
「ただいま満席でして、カウンターでもよろしいですか?」
と、申し訳なさそうに言われたけど、
ぜんぜーん!おっけー。
なぜなら、厨房が見える席だから!
映画に引き続きショーを観ているような気分!
プロ仕事を眺めるのは楽しい。


ここへ来るといつもワンプレートセットを食べるんだけど、
今日は違うものをオーダーしたいと思って、
洋食二段重弁当にしてみました。
いろんなものがちょこちょこって入ってるの。

美味しかったです!

そのあと、カフェでプリンアラモードも食べました。

食べ過ぎです。
夕食は要りません。


こんな日があってもいいのです。幸せだから。



商標登録キャンペーンは本日まで。

オーダーメイドフォトマジック®の詳細は
こちらをクリック!
↓ ↓ ↓
http://www.ichigo-natsuno.com/photo-m-1




「Tokyo演Joy倶楽部★朗読会のお知らせ」

詳細はこちらをクリック!↓
http://www.ichigo-natsuno.com/Tokyo-enjoy-1

当日券も出るそうです!
急に「行けるよー」という人も、ぜひ!
明日最後のリハーサル。
あとは本番直前に会場で通し稽古して、いよいよですー。



『ただいま着物仲間大募集ちゅう!』
キモノ着ます!
キモノ好きです!
キモノ着たいけどまだ何もわかりません!
キモノ関係の仕事してます!(もしくは、したい)
こんな人がいたら、
info♪ichigo-natsuno.com
(♪を@に変えて)までメールください。
件名は「キモノ好きで!
今後、私から発進するキモノ関係のお知らせを、
特別にお送りいたしますne☆

Wed 28th, Feb 2018

「明るい魔法」


今日2/25(日)は、マヤのツォルキン暦で
KIN18 白い鏡・白い魔法使い・音5
「鏡(レンズ)と魔法使い」って
苺さんのイメージそのものだなぁと思いまして。
苺さんのKINナンバーは存知あげませんが、
苺さんが表現されていることと、
今、わたしが表現すべきこととがシンクロしている氣がしたので
今日のエネルギーの力を借りてようやくご連絡できた次第です。
ちなみにわたしはKIN220で黄色い太陽・赤い月・音12なのです。
ず〜っと、なんとなく目立たないように、
何かに隠れたいような氣持ちで生きて来ましたが、
本来のわたしらしく生き、
わたしが太陽として輝く光を、苺さんに撮っていただき、
わたしの内面にある月も照らしたい。そんな氣持ちでいます。
そして、それを一緒に作ってくださるのは苺さんしかいないだろうなと強く思います。
プロ中のプロ☆の方に写真をお願いするなんて
想像もしなかったので大バンジーですが、
まずはプチマジックのコースで始めの一歩をチャレンジしてみようと思います。

ーーーーー

こんな素敵なメッセージを受け取りました。
どうもありがとう。
マヤ暦の解説のあたり、なんか、魔法アイテムっぽいですね。^^
読んでてウキウキしちゃいました。
きっと、
プロ写真家のレンズの前に立つと決意するまでには、
たくさんの勇気が必要だったんだろうと想像します。
脱帽です!
素晴らしい。本当にありがとう!
こんな気持ちで申し込んでくださったこと、
そしてこの方が大木ゆきのさんのファンの方だということ。
とても尊く有難く思います。
心を込めて撮影を担当させていただきますので、
よろしくお願いいたします。
お目にかかれるのをとっても楽しみにしています。^^

先日、
オーダーメイドフォトマジック®の商標登録の手続きを担当してくれた
弁理士の先生のプロフィール撮影もしてきたところです。
オーダーメイドフォトマジック®では
ただいま商標登録キャンペーン」実施ちゅう。
2月末まで。そう、明日までです!
オーダーメイドフォトマジック®に関する詳細はこちらをクリック!
↓ ↓ ↓
http://www.ichigo-natsuno.com/photo-m-1





私、近頃つくづく感じていることがあります。
それはもうすっかり知ってると自分で思っていたことなんだけど、
なんというか、ますます「そうなんだなー」と実感するようなことが、
立て続けに起こっているので。
改めて納得しているところ。

それは、

「明るい気分で過ごしているとすべてがうまくいく」

ということ。

例えば、、、、
この前とっても楽しみにしていた予定が消えてしまった時、
一瞬しょんぼりしたんだけど(このエッセイにも書きました)、
すぐに思い直して、
明るい気分になれるようなことを探したんです。
確か、あの時は、
映画を観ること。それから、好きな本を読み返すこと。
そして、素晴らしいメールを受け取ったこと!(ああ、あれも、ゆきのファン!)
↓ここに書いた!↓
『望む世界の中で』
http://www.ichigo-natsuno.com/essayDetail.php?1078

あの時は、この三つのことですっかり気分が良くなった私。
そうなると、
「ああ、いちらーさんも
『予定が延びた時は楽しみに思う時間が増えたと思う』とか、
よく言ってるな〜」
ということを自然に思い出したり、
さらに楽しくなるようなことが浮かんだり、
それを実行してますます楽しくなって、、、、、

というように楽しい時間がどんどん増えていきます。

で、

結局、消えた予定のところに、
大木ゆきのさんと編集者のかほりんとランチする予定が入ったり、

(美味しく楽しく実り豊かな時間をご一緒いたしました〜。)

大好きなみほたんと着物屋さんへ一緒に行くことになったり、
ちゃんと楽しい予定が入ってきたのでした。
これね、
最初の予定が消えた時にいつまでもクヨクヨしていたら、
予定は空いたまま、
次の楽しいことなんて何もやって来なかったんじゃないかな?と思います。

これって他のことに当てはめても、ぜんぶ合点が行くのです。

「なんだこれ、うまくいかないな」
と思うことがやってきた時は、
やっぱり一瞬は嫌な気分になるんですよね。
でも、その「嫌な感じ」を見逃さない。
大事にする。そう、嫌な気分を、です。
ちゃんと感じて、
「じゃあどうする?」「どうしたい?」と、
次に望むシーンを自分で決める。
例えば、
「この嫌な気分が消えるくらい楽しいことがやってくる」とか、
「今は嫌な気分だけど、
 このことのおかげですごくいいことになった!という展開になるはず」って、
勝手にもう決めちゃうのです。

私は天使の働きを「宇宙の善」と呼んでいるのですが、
それを、
自分のこれまでの経験から絶対的に信じているんです。
だから、
私にとって悪い結果しか招かないようなことが起こるはずがない。
そう断固とした自信を持っているんです。

日常の中で一瞬感じる嫌な感じは、すべてギフトです。
しっかり受け取って自分の手の内で反転させることができる、
素晴らしいサインなんです。

みんな誰もが嫌なことを嫌うけど、
それはただ受け取りっぱなしで
反転させる術を知らないから。

嫌なものが嫌なまま、あるいは「もっと嫌なもの」として、
自分の記憶に残ってしまうから。

その嫌な気分を消すには、良い気分になるしか方法はないんです。

私たちの呼吸のシステムが宇宙の秘密を教えてくれます。

吸っている時は、吐くことはできません。
吐いている時は、吸うことはできません。

同時に二つのことはできないようになっているんです。
そういうふうに創られているんです。

嫌な気分の時に、良いことを思いつくことはできません。
良い気分の時に、悪いことを思いつくことはできません。

嫌な気分のまま良いことを期待するのは間違いなのです。

良いこと期待するなら、
まずは先に気分を良くしてから。
その気分と同じ波長の出来事を引き寄せるという方法が、
力まず速やかに良いことを自分の人生に招く正しいやり方です。

昔の私もそうでしたが、何か嫌なことがあるたび、
「なぜそれが起こったか」を考え続け、
ずっと同じ場所に留まり続けることは、
もし徹底的にやるならメリットもあるでしょう。
それは、
「しっかり嫌な思いをして原因もわかったので二度と繰り返さない」
という決意ができること。

でもこれは、時に、とても時間のかかるやり方です。
それに、だいぶ心を消耗します。

宇宙には、もっと楽で速やかで確かに楽しく生きられる方法があることを、
今の私は知ってしまったので、
もう昔のやり方には興味がなくなってしまいました。

一箇所に止まって何かを追求することより、
行けるところまで遠くへ行って、
できる限り多くのことを見たいという願いが強くなってきたことで、
今の方法に巡り会うことができたのかもしれません。

明後日から魔法学校第二期のカリキュラムがスタートしますが、
(開講前の宿題は全員届いていますか?^^)
生徒さんたちには、しっかり光の道を歩く方法を学んでほしいと思います。
私の学校では、
「お腹が空いた時に食べられるものを渡す」のではなく、
「お腹が空いた時に食べたいものを自分で作れる」ようになるためのことを、
お伝えしていきます。

明日で2月もおしまい。
まもなく満月がやってきますね。
さあ、翼を広げる準備をしましょう!



いよいよ迫ってきました〜。
直前駆け込み申し込みの連絡も続々届いています。
みなさん、お忙しい中、
予定を調整していただきありがとうございます。


「Tokyo演Joy倶楽部★朗読会のお知らせ」

詳細はこちらをクリック!↓
http://www.ichigo-natsuno.com/Tokyo-enjoy-1


こちらにも素敵なメッセージが届いています!
嬉しいです。ありがとう!!!!

『ただいま着物仲間大募集ちゅう!』
キモノ着ます!
キモノ好きです!
キモノ着たいけどまだ何もわかりません!
キモノ関係の仕事してます!(もしくは、したい)
こんな人がいたら、
info♪ichigo-natsuno.com
(♪を@に変えて)までメールください。
件名は「キモノ好き」で!
今後、私から発進するキモノ関係のお知らせを、
特別にお送りいたしますne☆

Tue 27th, Feb 2018

「苺さんに憧れてる理由」


まず、苺さんは、
一瞬一瞬をすごく大切に生きている方のようにお見受けします。
世界をすごく細やかに見ていらっしゃる方だという気がする。
私は、「これがやりたい!」ということがあっても
つい目先の用事を優先してしまい、
やりたかったことができない時があるのですが、
苺さんは、きっと
自分のやりたいことをきちんと出来る方だと思います。
一瞬一瞬の積み重ねが1日で、1日1日の積み重ねが1週間。
1週間の積み重ねが一ヶ月で、一ヶ月の積み重ねが一年。
そのことの重みを苺さんは分かっておられる。
一瞬の表情を逃さず切り取る
写真家の心で生きていらっしゃるからなのかとも思うのですが、
苺さんほど真摯に一瞬一瞬を生きている方は
写真家の中でも特殊なんじゃないかと思うのです。
また、苺さんは、光の捉え方が他の人と違っていると思います。
苺さんの作品の中でも光が映り込んでいる写真が特に好きなのですが
(私が初めて苺さんから買った魔女のマリア様の写真もそうでした)
ただ光っているのではなく、
チカラが光の形をして映り込んでいるのだと思うのです。
紫外線とか赤外線とか、
チカラを持つ見えない光がこの世にあることを人間は知っていますが、
苺さんの写真は、
まだ一般には知られていないチカラのある光を捉えているとしか
私には思えません。苺さんは見えない光を見ていらっしゃる。
その光があるということを、
写真を通して見える形にして私たちに見せてくださる。
それこそが魔力とか、天の恩寵なのかもしれないのですが。
とにかく、苺さんは私にとってすごく素敵な憧れの存在なのです。
苺さんに憧れて生き方を学んでいるうちに、
私の内面からも素敵なものが溢れだしてくるといいなぁと思っております。
なかなか上手く書き表せませんが、尊敬しております。
これからもお元気でご活躍くださいね。
(一瞬一瞬を大切に生きているというのは、
秒刻みにせかせか生きているという意味ではないです。
苺さんの一瞬は、他の人の一瞬より長いのではないかと思います。
一瞬一瞬の時間の中に価値を見出して、
味わって生きていらっしゃるのじゃないかなと思っております。
上手く書き表せているといいな。)


ーーーーー

って、わーん、上手すぎです!伝わってますー。ありがとう!
すごいね、これは凄すぎて驚いちゃう。
昨日のエッセイを受けてこんなメールを送ってきてくれた人がいます!
まるでプロの評論家に夏野苺を分析してもらったような気分。
本当にありがとうございます!!!
私のことを世の中でこんな風に見てる人が一人でもいるなら素晴らしい!
自分の魂に感謝と誇りを持ってこれからも生きて、
撮って、創って、書いていきます!(あ、最近「演じて」が加わったわ。笑)

頂いたメールに、もうひとつ私の言葉を付け加えるとしたら、、、、

この私が一瞬ずつを大切に生きているように見えているのは、
「この先には必ず死がある」ということを
私自身が心の底から理解しているから。
今いる場所に永遠にいることはできない。
ここでの生活にはいつか必ずおしまいの日が来る。
そういうことを知識として知っているのではなく、
実感としてわかっているから、だと思います。

先に逝った友人や家族やペットたちが教え遺してくれたことが、

その時々で流した涙や身を切られるような痛みを伴った経験が、

何一つ私の中で無駄になっていない。

すべて生き生きと私の毎日の中で活きているということではないかしら、
と思うのです。

俯瞰から日常を見渡す時、
すべての悲しみや怒りや不満は人生の彩りの一部にしか見えなくなります。

3月3日、4日に開催する朗読会で読む、
堀江菜穂子さん詩集のタイトル、
「いきていてこそ」
まさにその通りなのだと思います。

いきているから、
喜びはもちろん、
辛さも味わえる。

そのことを忘れずに、

いつもいつも感じながら生きていける時、

人生はとても美しいものになると、

思います。


お席まだあります!
いらしてくださったら嬉しいです。
あと一度リハーサルをしたら本番!
どうぞよろしくお願いいたします。

「Tokyo演Joy倶楽部★朗読会のお知らせ」

詳細はこちらをクリック!↓
http://www.ichigo-natsuno.com/Tokyo-enjoy-1
お申し込みいただいている皆様!
とっても嬉しいです!!!ありがとうございます!




『ただいま着物仲間大募集ちゅう!』

キモノ着ます!
キモノ好きです!
キモノ着たいけどまだ何もわかりません!
キモノ関係の仕事してます!(もしくは、したい)
こんな人がいたら、
info♪ichigo-natsuno.com
(♪を@に変えて)までメールください。
件名は「キモノ好き」で!
今後、私から発進するキモノ関係のお知らせを、
特別にお送りいたします☆




2月末まで「商標登録キャンペーン」
実施ちゅう。
オーダーメイドフォトマジック®に関する詳細はこちらをクリック!
↓ ↓ ↓
http://www.ichigo-natsuno.com/photo-m-1

Sun 25th, Feb 2018

「憧れのライフスタイル」」

私はトゥモローさんが大好きなんですが、
それはキャラクターが魅力的で、
人生の価値観が私とかなり近いから。
今日送られてきたメルマガを読んで、
はー!全く同感だわー!
と叫んじゃいました。

以下、トゥモさんのメルマガより抜粋。(原文のまま)
ーーーーー
■今回、リペ島で遊びながら、
「あー、幸せな人生だなあ」と思ったのは、
みんなお金を払ってボクのサービスに参加しているのに、
だーれもボクが遊んでることに、
クレームを言わないところ。

「トゥモローさん、お金もらって遊んでる!」とか
「結局、遊ぶためにお金が欲しいのね」みたいな、
『日本人あるある』がコミュニティ内に、全くありません。
本当にありがたいっす。

■ボクは自分が思いっきり遊ぶことが、
「むしろお金を払ってくれた人のためになる」とすら思ってます。
時に、
「ごめん、今からアイランドホッピングだから、明日質問に回答するね!」と、
『仕事を後回しにしても』です。それ自体が、その人のためになる。

■だって、ボクがめっちゃ稼いでるのに、ずーっと仕事していて、
人生を楽しんでいないのなら、見ている人からしたら、
「なにを目指せばいいんだろう?」ってなりませんか?
少なくともボクは、
「自分より遊んでいて、自分より経験値が高くて、
自分よりも結果を出している人に」物事を教わりたい。

■ボクよりも結果を出しているけど、全然遊んでいないのなら、
その人に、それほど興味がないんですよね。
(リスペクトはしますけどね)
ーーーーー

これ、めっちゃ理解できる!
トゥモさんのところに集まる人たちはとても素晴らしいと思うけど、
いちらー(いちごファン)の皆さんも同じだなーと思います。

以前、私のママから、

「フラフラあっちこっち出かけていくあなたを見て
遊んでばかりいないでちゃんと仕事しなさいよーって、
昔はそう思っていたけど、今は理解できるわ。
あなたにとっては、その遊びさえも仕事の一部になっているのね。
だって、遊んで帰ってきた後は、必ず何かを手にしていて、
それをエッセイに書いたりして、
ファンの皆さんに大切なものを届けてるものね。
それがあなたのスタイルなのね。そこをみんな好きになるのね」

と言われたことがあります。この言葉を聞いた時、私は、
初めて自分の親に認められたと感じて、とても嬉しかったことを覚えています。

確かに、トゥモさんの言う通り、
もし仕事だけの毎日でいつも忙しい忙しいって、
そればかりだったら、こんなにみんな私のところに集まってくれたかな?
最近は特に「苺さんのようになりたいです」と言ってくれる人たちが増えてきて、
魔法学校の生徒も増えて、とてもありがたく思っているけど、
それはじゃあ皆さん私の何を見ているのか、ってことですよね?
一番見ているのは、生き方というか、ライフスタイルじゃないかな?と思います。
どうですか?
(このあたりのことに関して、何か意見や感想がある方、メールお待ちしています!)

昔は、ものすごーく忙しい時期もありました。
雑誌の連載を何本も持っていた時は締め切りに追われて苦しかったです。
それでも楽しいと思いながらやっていたけど(基本、仕事は好きだから)
だけど私は、
本を読んだり、散歩したり、映画や美術館へ行ったり、旅へ出たり、
友達とご飯を食べに行ったり、家族と過ごしたり、
そして何よりも、
なーんにもしないでひとりでボーッとする時間がたくさん無いとダメになるんです。

ちゃんと計算していないけど、たぶん今は、
ひと月のうち働く時間はほんの少しです。
(働く時間=今は仕事をしているんだという意識を持って動いてる時間)
ほとんど、ボーッとしながら生きています。←いちばん大事にしている時間かも。
それでも雑誌の仕事をしている時よりも今の方が収入は増えているのです。
働く時間は少なくなったのに、です。
不思議ですね。

鍵は、自分がどれだけ
「楽しい」と感じる時間の中で生きているか、
自分の人生に愛を持って生きているか、
ということだと思うんです。

自分の毎日を大切に生きていると、
豊かな状態(経済的にも精神的にも)で暮らしていけるんです。

実は、トゥモさん以外で、
もう一人メルマガ登録して読んでいる人がいます。
その人は、ご自身は楽しそうにはしているんですが、
私の憧れるスタイルではないということがわかってきました。
どこが違うかというと、
絶対に無駄な時間を出すまいと1分1秒刻みで毎日動いていること、
毎日が計算し尽くされていてロボットみたいに見える生き方をしていること、
本の読み方が乱読で、どれだけ数をこなしたかということに拘っていること、
自分も本を書く人なのに他の人の本は買わずに図書館で借りてること(笑)、
つまりこれって情報だけ頂いちゃって著者さんに感謝のお金を渡してないってことですよね?
本を買えば著者には印税が入ります。それが感謝料になるのにね。。。。
という具合に、そのほか諸々、私とは価値観も行動パターンも違いすぎるのです。
この人を悪いとか否定するとかではないけど、
まあ、私からすればまったく憧れるところがない、ということです。
(なので、もう飽きてきたから近々メルマガは解除しようと思います)

それに比べて、
トゥモさんとは共通する点がとても多いので、
メルマガを読んでいても楽しいんだと思います。

★鈴木実歩さんの出版イベントに参加した時に撮ったトゥモさんとの記念写真。

私のエッセイ読者も、
長い人はもう10年超えているんじゃないかしら?
それって改めて思うとすごいことですよねえ。。。。。
感謝してもしきれません。

きっと、何かを私、あなたに渡しているんでしょうね。
きっと何かをあなたは受け取ってくれてるんですよね。

ありがとうございます。

その「何か」を、
これからも共に大切にしてゆきましょう、私たち。

そうして、
気がついたら、
ああ、こんなに遠くまで来たね、とか、
こんなに高いところまでっ!?とか、
一緒に驚きながら生きていきたいです。


トゥモローさんのメルマガ、
すっごく楽しいのでよかったら読んでみてくださいne☆
登録はこちらから!

https://tomohashiguchi.jp/mail-magazine/




★魔法学校の生徒さーん!
宿題が届いて今頃せっせと描き上げてくれている頃でしょうか?
3/1に一斉に新しくスタートできることを楽しみにしています!^^
3/2が満月なので、第二期授業初日には特別なガイダンスをお届けします!
実践して、自分の人生をグーンと運気アップさせてくださいne★




「Tokyo演Joy倶楽部★朗読会のお知らせ」

詳細はこちらをクリック!↓
http://www.ichigo-natsuno.com/Tokyo-enjoy-1
お申し込みいただいている皆様!
嬉しいです!!!ありがとうございます!




『ただいま着物仲間大募集ちゅう!』
キモノ着ます!
キモノ好きです!
キモノ着たいけどまだ何もわかりません!
キモノ関係の仕事してます!(もしくは、したい)
こんな人がいたら、
info♪ichigo-natsuno.com
(♪を@に変えて)までメールください。
件名は「キモノ好き」で!
今後、私から発進するキモノ関係のお知らせを、
特別にお送りいたします☆



「商標登録キャンペーン」
実施ちゅう。
プロフィール撮影に関する詳細はこちらをクリック!
↓ ↓ ↓
http://www.ichigo-natsuno.com/photo-m-1

Sat 24th, Feb 2018

「笑う門には福来たる」

昨日は、
朗読会のリハーサルをみっちりやりましたが、
またしても色々考えさせられるワークショップとなりました。
まるでジェットコースターみたい。
気分が毎週上がったり下がったり。
私のお決まりパターンからいくと、
来週一週間は辛い時間になるはず。
そう、私は本番直前に弱いタイプ! ぷはー☆
どうしてだか、絶対に一度、落ちる。心が暗い場所へ行く。
でもそこは冷たく非生産的な恐ろしい場所で、長くは居れないから、
「きゃー」と叫びながら(心がね)一気に明るく広い場所へ跳ね上がる。
と、そこは本番のステージでした。。。。
みたいなことに必ずなるのです。
撮影の仕事の時も、何かを人前でやる時も、、、そう、個展とかね。
ずっと明るい場所に居ればいいじゃないって自分でも思うけど。
コントロールできない。
というか、コントロールする気がないんだろう。
なぜって?
私はきっと楽しいに違いない。
一度バーンと落ちて、
今度は一気に明るいところを目指して浮上する、あの感覚が。
好きなんだろう!←悪趣味です。
最近はそう分析しています。

世間は羽生結弦選手の金メダルの話題で大盛り上がり。
もちろんあのマジカルな滑りは最高なんですが、
個人的には銀の宇野選手にドハマってます。
「本番で最初のジャンプを失敗して転んだ時には笑った」
と答えたあのインタビュー!
素晴らしいーーーーーーーーーーーっと叫んでしまいました。
笑うか?普通。笑えるかっ?あの状況で?
いやあ、お見事!
私は密かに「うのちゃん」とあだ名をつけて大ファンになっています。
うのちゃん、さいこう☆
私もあそこを目指したい。
失敗しても笑っていられる精神力を構築すること。
この人生で、もうあれ以上に欲しい技はない!
そう、あれは技だよ、心の技!
何としても身につけたい。

というわけで、
もしも朗読会で失敗したら笑っちゃいたいと思いますので、
皆さんも一緒に笑ってください☆

(というふうに考えると呼吸が楽になる^^うのちゃんは神様です)


「Tokyo演Joy倶楽部★朗読会のお知らせ」
詳細はこちらをクリック!↓
http://www.ichigo-natsuno.com/Tokyo-enjoy-1
お申し込みいただいている皆様!
とっても嬉しいです!!!ありがとうございます!
私はちょっと緊張してきましたが笑いの精神で乗り切ります!




『ただいま着物仲間大募集ちゅう!』
キモノ着ます!
キモノ好きです!
キモノ着たいけどまだ何もわかりません!
キモノ関係の仕事してます!(もしくは、したい)
こんな人がいたら、
info♪ichigo-natsuno.com
(♪を@に変えて)までメールください。
件名は「キモノ好き」で!
今後、私から発進するキモノ関係のお知らせを、
特別にお送りいたします☆




「商標登録キャンペーン」実施ちゅう。

プロフィール撮影に関する詳細はこちらをクリック!
↓ ↓ ↓
http://www.ichigo-natsuno.com/photo-m-1

Fri 23rd, Feb 2018

 前のページ  1 2 3 4 5  次のページ