写真家

夏野 苺

世界中の魔法使いや天使とともに作品を創る“魔法使いの弟子”
Photographer Ichigo Natsuno's Official Website

毎日のガイダンスをつぶやいています☆
ツイッター@natsunoichigo
フェイスブック 夏野苺ファンページ

「グランドキャニオン 圧倒的な夜明け」

まだ暗いうちから起き出して、
グランドキャニオンの朝陽を撮りに行きました。
ものすごーく寒くて、
私の格好はもはや着物とは言えない防寒対策フル装備。
それは一体どんな格好だったかというと、
こんな。


(観光客の方が撮ってくれました)

鏡を見て自分でウケちゃいましたが、
そんなこと言ってられない。寒い方が嫌だもの!
へんてこりんな格好でも気にしません。
着物はとてもあったかいので、
標高の高いグランドキャニオンでも、
羽織を着て、帽子、マフラー、手袋、スパッツにブーツで、
全然寒くなかった!^^

でも、こんなでも、
「それは着物ですか?」
「日本人ですか?」
とたくさんの人に話しかけられました。

引き寄せパワーハンパない、ジャパニーズキモノっ☆


(このご夫婦とは連絡先を交換して、仲良しになっちゃいました!)

そうしているうちに、朝日が昇ってきました。
月も美しいけど。
太陽はパワフルだなあ。。。。。
ただ、ただ、圧倒されました。

(画面右手に見える小さな人影。わかりますか?朝陽を見るために世界中から集まってくる人たち)


私は、
この俳優さんのために、とか、
そのファンの人たちのために、とか、
この編集者のために、とか、
もちろん私を応援してくれている人たちのために、とか。
そういう気持ちでシャッターを切る時、
奇跡の一枚を受け取ることができます。


グランドキャニオンの夜明けの写真は、
素晴らしいギフトとして私の元に届きました。
これを大事に抱えて帰国します。
今回の写真は、
帰国後に担当編集者に一番に見せるという約束なので、
まだ皆さんにお見せできないのが、はがゆいのですが、
(早く見てもらいたい!)
本、ウェブ、個展での作品、
どんな形でどの写真が皆さんの目に触れることになるのか、
まだ私にはわかりませんが、きっと一番良い形で、
それぞれの写真たちが、羽ばたいていくだろうと思います。
私は、
その翼に乗って次のステージまで運ばれてゆきたい。


(画面左の点々が観光客たち。大自然の前ではとても小さな私たち)
 ★SNSにアップしている写真はメモとしてiPhoneで撮ってるもの。

グランドキャニオンで、
朝陽が昇る少し前に引いたルーンは「全託」。

すべてを任せて自然な流れのまま、どんどん。

どんどん、このままで。




★おまけ写真★

昨日、夕日のグランドキャニオンを撮影している時に、
仲良くなったブラジルから来てるという二人組。
私の友達の輪が世界に広がっていく。
着物のおかげで。


二人が撮ってくれた夕陽のグランドキャニオンバックの私。いい思い出になる。ありがとう!^^


朝陽の撮影後に朝食を食べたホテル。

このメニュー、100年前から続いてるレシピなんですって。

Mon 9th, Oct 2017