写真家 夏野苺のブログエッセイ

天使と魔法と写真の日々

毎日のガイダンスをつぶやいてます☆

「小さな魔法のお店」


今日アミュレットが届きました。
ありがとうございます。
とても素敵・・・思わず顔がほころんでしまいました。
大切にさせて頂きます。
カードと本のプレゼントもありがとうございます。
カードをしばらくながめ、私はこのカードの中でどれなのだろうと思いました。
世話を焼くお姉さん・・・小さい頃からその役をずっとやってきた気がしましたが
自分の中にいるのは先を見つめるこの子かもしれない、
あ、でも別にこの二人を分ける必要もなく
一緒に守られて歩いていいんだなあと思いました。

アミュレットの蝶は思っていたよりもずっと美しく
手首にはめてみると薔薇の香りに近づいてきているというよりも
薔薇の香りを広げながら羽ばたいていくように感じました。
苺さんのエッセイの中でドイツに行く方のお話、
先月のカレンダーががドイツから来た3人の天使だったお話を読んでびっくりしました。
夫婦で長年木工をしていますがこの度ドイツのマイスターからご招待いただき
来年ドイツの工房を訪問します。
なんとこのお話は6月にドイツと関わりのある3人の方から
もたらされたことだったのです。

このお店ではたくさんのことを感じて楽しんで下さいね。
と苺さんのおっしゃる通り本当になんとたくさんのことを感じたのでしょう!
実用品を買うのはともかく、自分の為に何かを買うことにとても罪悪感がありました。
(郵便屋さんから一番最初に受け取ったのは夫だったので
 正直に話すことができてほっとしました。)
好きなもの、望むことを表すことでいつもとてつもない豊かさの中にいること、
勝手に受け取り拒否していたことを感じました。ありがとうございます。


ご主人にお話できてよかったですne!
「自分の為に何かを買うことにとても罪悪感がありました」
という箇所を読んで、少しだけ心がチクっとしました。
そんな生き方もあるんですね。。。。
なんだか切なくなりましたが、
様々な景色を眺めながら、くねくね迷い道も通り抜け、
いつか「自分の為にこそ好きなものを買う」という場所に
たどり着けるといいなと思います。

というか、

いま着いたのか!(笑)
アミュレットを手にしてくださったんですものね。
ご主人にもお話できたんですものね。

なら、よかった☆

好きなもの、望むことを表すことでいつもとてつもない豊かさの中にいること、
勝手に受け取り拒否していたことを感じました。ありがとうございます。

この最後の二行が好きです。 文字が光って見えます。
明るい希望のようなものがまっすぐ未来に向かっているような。

自分自身を慈しみ大切にする人は、必ず幸せになれるはずです。

来年はドイツへ行かれる予定だそうですが、
どうかよい旅を!^^


今年の「まほうshop un secret」は、8月と9月。もしかしたら12月も。
11月に個展があって、秋からは来年のカレンダー製作に入るので、
今年後半はあと2〜3回オープンできたらいいなあと思っています。
みなさん。また、お店に遊びにいらしてくださいne!



ー「まほうshop un secret」にご来店希望の皆様へー
こちらよりお申し込みください。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/1ed4b4c2496279
オープン当日に私から直接「秘密のURL」を発行いたします。
それがお店の扉を開ける鍵となります。(まほうshopはWEB shopです)
★夏野苺メルマガ登録★
こちらをクリックしてお申し込みください
http://www.ichigo-natsuno.com/magazine/
月2回配信 無料