写真家 夏野苺のブログエッセイ

天使と魔法と写真の日々

毎日のガイダンスをつぶやいてます☆

「雲の上から」

元ソニーの会長を務めた出井伸之さんにお会いしてきました。
美味しいおやつを持って。

とっっっっても素敵なオフィスでした!
都心にこんな穴場があったなんて!
森の中にある隠れ家のような場所。

以前プロフ写真を撮影した妹尾昌俊さん(元野村総研在職)を、
出井さんにご紹介したくて一緒に訪ねたのですが、
オフィスがあまりにも素晴らしいので、
懇談が始まってからもしばらくぼうっとあちこち眺めていた私。
でも耳に入ってくるお二人の会話に引き込まれ、
いつの間にか私も話の輪に参加し、集中していました。
今回は妹尾さんのプレゼンや、
出井さんとのディスカッションを聴くだけでしたが、
出井さんのコメントは実に興味深いものでした。
世界のトップを走った経験を持つ人の話は本当に面白い。
それはまるで飛行機に乗っている時のような気持ち。
私たちは、普段は地上で歩いて生活しているけれど、
空の上に行くと全く違う世界が広がっていて驚く、みたいな。
ああ、だから「雲の上の人」とか言ったりするのかな?
まるで自分と別世界に生きているような人のことを。
私からは見えていない景色を、
この人はたくさん見てるんだなあ。
私はこの人生でどこまで行けるだろう。。。?

出井さんは、
私のような者が気軽に会えるような人ではないはずだけど、
こうしてご縁ができたのはキム先生のおかげ。
去年の初めに参加した社会人キムゼミの講座の中で、
キム先生とゲストたちのクロストークのコーナーがあって、
出井さんは第2回目のゲストでした。
その時の写真がこれ。


トーク終了後に記念に撮った、キム先生、私、出井さんのスリーショット。
(出井さんの後ろに偶然あっくんも写ってるのが笑える!)
この時、私は着物を着ていたからすぐに覚えてもらえたのかも。
今回も快く出井さんに時間を作っていただけたことに感謝です。
(キム先生にもありがとうです)

話の途中で、
くるくるっと新しく頭の中を駆け巡ったことがあったので、
近々、再び出井さんに会いに行こうと思います!
また美味しいお菓子を持って。^^


(昨日の、妹尾さん、出井さん、私のスリーショット。
 出井さんの御本「変わり続ける」をいただきました!)

面白い時代になってきたなあ。
ITの影響は大きい。
ただの仕事のできないOLだった私の人生に、
世界のトップランナーと一緒におやつを食べる日がやってくるなんて。
(メインの用件はそこじゃないけど。(≧∇≦)
 持って行ったお菓子をすぐに開けてくれて一緒に食べたことが嬉しかった!)
夢のようだなー!
私の個展に遠くからたくさんの人が来てくれるのも、ITのおかげだものね。
時代って、あるよね。
どの時代に生まれてどの時代に生きるのかによって、
人の一生って、全然違うものになる気がする。
私は江戸時代に生まれてみたかった気もするけど、
石器時代とかも良さそうだなあ〜。
でも、
私が今生きている時代は、
ひとり一台ずつスマホを持って歩いているような世界なのです。

さて、
どうしていくかなあ、ここで、これから。^^

たまには天使の羽につかまって、
高〜い空まで飛んでいき、
雲の上から眺めよう、自分の人生を。
そうすると見えてくるはずだから。
「よし!あのルートで行こう!」という道が。


★本日のおまけ写真★
昨日食べた中村屋のキーマカレー。

食いしん坊の私は、やっぱり今ここに生きててよかった!
江戸時代にも石器時代にもなかった美味しいものを食べることができるから。