写真家

夏野 苺

世界中の魔法使いや天使とともに作品を創る“魔法使いの弟子”
Photographer Ichigo Natsuno's Official Website

毎日のガイダンスをつぶやいています☆
ツイッター@natsunoichigo
フェイスブック 夏野苺ファンページ

「個性を殺すことなく集団で進む方法」

人を見ることで自分が見える、
ということってあると思います。
自分だけで自分を見ていると、
思い込みの壁に気づけないことってあるから。

魔法学校の生徒たちのやりとりを見ていると、
お互いにハッと気づくことがたくさんあるようです。

そのやりとりを見ている私にとってもまた、
多くの発見があります。

「それって〇〇なのでは?」

「〇〇したらさらにいいかも?」

「それは〇〇だからそれでいい」

etc......


こういう言葉を投げかけ合う場合、
お互いの関係のベースに信頼がないとなかなか難しい。
受け取るのも、
こちらから渡すのも。

信頼がないと、
伝えることを遠慮したり、
言われたことで気分を害したりする可能性が大きくなるから。

でも、
「この人なら」と感じる相手なら、
言われたことを素直に聞くこともできるし、
伝えたいことも思いやりを持って伝えられると思うのです。

この時、
同じ方向を見ている仲間同士であれば、
なおコミュニケーション取りやすい。

自分が大事にしているものや、
見ている方向がお互い違いすぎると、
意見や考え方は自然にどんどん分かれていくので、
いくら「いいこと」を伝え合おうとしても
うまくいかない場合が多くなります。
意見が食い違っても、
どっちがいいとかわるいとか、正解か不正解かという、
そういう問題ではないんですよね。

だから、
集団でどこかへ向かおうとする時は、
同じ方向を見つめることが重要になってきます。

人生を向上させたいとか、
叶えたい目標があるとか、
穏やかにいきたいとか、
もっと毎日を楽しく彩りたいとか、

日々の小さな部分はより個性的に、
人生の大きな部分については同じ目標を持つこと。
(例えば、明るい方へ向かっているか?とか)

そして、
全員が自分の足で立ちながら、
寄りかかりすぎることなく、
支えあう力を蓄えていくこと。

理想の形かな?と思います。


★今年の夏はスイカジュースをたくさん飲みました!
これはインドのレストランで飲んだ時の写真。ガスパチョみたいなスープも美味しかった!



★魔法学校第4期生募集のお知らせ★

魔法学校に興味ある!という方は、
「魔法学校問い合わせ」という件名で、
info♩ichigo-natsuno.comまで(♩を@に変えて)
メールにてご連絡ください。
(9/20まで)

Sun 9th, Sep 2018