写真家

夏野 苺

世界中の魔法使いや天使とともに作品を創る“魔法使いの弟子”
Photographer Ichigo Natsuno's Official Website

毎日のガイダンスをつぶやいています☆
ツイッター@natsunoichigo
フェイスブック 夏野苺ファンページ

「12/4 満月」

華やかな場所へ行ってきました。
帝国ホテルでの出版記念パーティ。
元宝塚所属の、仁科ゆりさんが幻冬社から本を出されて、
私がグラビア撮影を担当したので、ご招待いただきました。

(ゆりさんの本→「元タカラジェンヌが教える自分らしく輝く51の言葉」)

最近は、華やかな場所でもあまり気後れしない私。
なぜなら、
着物マジックがあるから!^^
着物に守られてる気がするので、安心していられるのです。
それに、
自分から話さなくても、向こうから話しかけてくれる。
「素敵ですね」とか「着物いいですね」とか。
なんだろ、つい話しかけたくなっちゃうんでしょうね、着物姿を見ると。
着物はふしぎー。

パーティ会場で、とてもとてもとても懐かしい人に再会しました。
むかし大変御世話になった芸能事務所の社長さんとマネージャーさん。
女優倶楽部(仮)に所属したことを伝えたら、ウケてました。
初演の時にはぜひ観に来てもらおう!

長くひとつのことを続けてきた結果、
いっとき離れてもこうしてまた会えることもあるのかと、
この再会を通して胸の中に様々な深い思いが生まれました。
また一緒に何かお仕事したいなあ。




昨日は今年最後の満月。スーパームーンでした。
眩しすぎてびっくり☆
私は来月末に出版予定の、本の撮影に出かけていましたが、
街灯もない道に、月明かりで自分の影がくっきり出ていて、
月光パワーに感動しました。

感動といえば、
魔法学校の生徒たちが、育ってる、育ってる。
今は、ペンジュラムを実際の生活の中で使う、
というカリキュラムをこなしてもらってるのですが、
ものすごい感動的な報告が次々と!
私は特に「教える」ということはしてません。
いろんなものを「投げる」だけ。
当然、どう受け取るか(はたまた受け取れないのか)は、
その人次第。
魔法は、教えたり、教えられたり、
そんなことはできないと私は自分の経験から知っています。
私の小さな魔法学校も、
みんなそれぞれ自分の信念を持って、進んでいるように見えます。

10月は、
アメリカへ行ったり、個展の準備に追われたりして、
魔法学校の連絡が滞っていました。
でも、
誰一人文句も言わずにいてくれたことにとても感謝しています。
それは、
私を信じてくれていた、と同時に、
みなさんが自分自身を信じていたという証拠でもあると思います。
少しでも自分(の選んだ道)を疑っていたら、
もっと不安になったり、私に対して何か言わないと気が済まない、
という状態を招いていたかもしれません。

そうならずに、
どんどん、魔法修行を進めていけているのは、
信じる力が強いからです。

魔法学校、一期生の皆さんのスピリットに敬意を表します。
こんな方々が集まってくれて、本当に嬉しい。

昨夜は月光を浴びながら、
そんなことに思いを馳せていました。



まほうカレンダーのお申し込み、ありがとうございます!
2018年版の受付は、12/10で締め切らせていただきます。
これからお申し込みの皆様、よろしくお願いいたします★

2018年夏野苺まほうカレンダー 全14枚(各月12枚 表紙、裏表紙)
CDサイズ専用ケース入り
☆価格:11,000円(税、送料、手数料込み)
~お申し込み方法~
郵便番号 住所 氏名 連絡先を明記のうえ、
shop@ichigo-natsuno.com
または
info@ichigo-natsuno.com
まで、メールにてお申し込みください。
こちらから申し込み確認の返信を差し上げた時点で予約確定となります。
発送は、クリスマス前に皆様のお手元に届くよう予定しています。
たくさんのお申し込み、お待ちしています☆

Mon 4th, Dec 2017