写真家

夏野 苺

世界中の魔法使いや天使とともに作品を創る“魔法使いの弟子”
Photographer Ichigo Natsuno's Official Website

毎日のガイダンスをつぶやいています☆
ツイッター@natsunoichigo
フェイスブック 夏野苺ファンページ

「愛を渡す」

苺さんへ
おはようございます♪♪♪
7月8日は私の中で特別な日になりました☆
お伝えしたい事が沢山ありすぎる...
まずは、愛の濃度の濃ゆいあの時あの場所の中にいられたこと、
体感できたことに感謝でいっぱいです。
思い出すと順番遡っていきますが、
お芝居が終わって一人カフェを出た時も、感謝でいっぱいすぎて、
青空見上げて幸せで、駅まで「ありがとう」を何回も呟きながら一歩一歩行きました。
苺さんとぎゅーっとした時も、
感謝と愛と光のたまに包まれているように感じてとても幸せでした。
苺さんの挨拶の時間は、とてもとても印象深いです。
話終わり、ありがとう...とお辞儀されていた長く感じた一時、
その想いの深さの波が伝わってきた感じがして、心(魂かもしれない)が震えました。
お芝居中は、完全に「やよいさん」にしか見えなくて、本当に見えなくて。
役の人生を本当に生きるという意味を、見せてもらえました。
あとやよいさんの声は、胸にどストライクで届いた。これもとても深く心に残りました。
周りのお客さんも、愛がいっぱいで素敵な方ばかりで、普段苦手な相席も楽しすぎました。
ゆいなちゃんともお話できた!!!キラキラ瞳がかわいすぎた...
またときめきと喜びで胸がいっぱいになりました。
開場前のことですが、並んでる私達に右近さん自らお水を配って下さり、
感激して飲みました。
合間合間の気配りやおもしろすぎるトークにも愛を感じ、大好きになってしまいました。
ーーーーー

素敵な感想、ありがとうございます!^^

、、、そうなんですよね。
右近さん、自ら、開場待ちの列の皆さんへ、
氷水を配っていました。
愛を表現するのって、やっぱり行動で示すのが一番だなって、
右近さんを見てるとそう思います。
「愛してます」って言葉で伝えるのも大事だけど。
行動することで確実に伝わるから。
ああいう姿勢で日々生きてる右近さんが作った倶楽部だからこそ、
初公演で(しかもメンバー全員無名の素人なのに!)こんなに多くの
お客様にお越しいただけるんだなあと、しみじみ思います。
会うとみんな大好きになっちゃうんですよね、右近さんのこと。

暑い中、並んでくださってるお客様へお水を配る右近さん

さて、
今日は朝からとても大事な撮影のお仕事があります。
私は仕事をすると魂がフルチャージされるので、
今週末に控えている残りの公演も楽しく頑張れそうです!

4公演のうち、
私は14日の昼公演、15日夜公演の2公演を
緒川やよい役で出演いたします。

こんなワンプレート(美味しいと大好評!)&ドリンク付きのお芝居です

7月14日は、まだ若干お席があるようですので、
今からでもご都合つく方がいらしたら
ぜひ観にいらしてください。
(コメント欄に、詳細に関するリンクを貼っておきますので、
ご興味ある方はご覧ください)

「Tokyo演Joy倶楽部」公演の詳細は
以下をクリックしていただくとご覧になれます。
http://www.ichigo-natsuno.com/tokyojoy-vol.1-7

Wed 11th, Jul 2018