写真家

夏野 苺

世界中の魔法使いや天使とともに作品を創る“魔法使いの弟子”
Photographer Ichigo Natsuno's Official Website

毎日のガイダンスをつぶやいています☆
ツイッター@natsunoichigo
フェイスブック 夏野苺ファンページ

『恐怖の谷を越える』

昨日、こんなメッセージが届きました。

今日の苺さんのエッセイ読んで、なんか感動しました。
しずかさんのチャレンジもすばらしいし、
それをサポートした苺さんの写真もすばらしい。
自分のコンプレックスと向かい合うときの、
受け入れる勇気と克服できない不安と両方合っていいんだなと。
すべて、出来る自分でいる必要はないんだなと、改めて感じました。
6月に入って、予定していた仕事がなくなったり、止まったりが続いています。
収入も途絶えるし、先行きが真っ暗で落ち着かない気持ちで過ごしていました。
今、自分の今後を見直してます。
そんな中、しずかさんや苺さんに力になるヒントをもらった気がします。
ありがとうございます。
私の感想が誰かの役にたつならばうれしい。
もし、私みたいな状況の人がいて、
苺さんのエッセイやしずかさんのチャレンジを見て、
気づきがあればいいなと、この思いをシェアします。
ーーーーー

どうでしょう?この方と同じような状況にいる方は、
いらっしゃいますか?
というか、こういう人はきっと多いんじゃないかしら?
だから、しずかさんのチャレンジに心打たれる人がたくさんいて、
いま彼女は多くの人たちから応援されているのだと思います。

私はプロの役者さんたちを撮り続けてきましたが、
「プロフィールに使いたいから、この写真を買い取りたい」
と云うオファーを度々いただいたことがあります。
(遠藤憲一さん、豊川悦司さん、寺島進さんなど)

私が数年前に、
「オーダーメイドフォトマジック®」と云うプロジェクトを立ち上げ、
プロフィール写真家という分野で仕事を始めた時、
新しい思いつきでスタートしたと思ったんだけど、
「なんだずっと昔から同じことやってるのか!」と、
つい最近気が付きました。


私が撮った時に無名だった人で、
その後どんどんスターになっていく人たちを多く見てきましたが、
その中でも一番の大変身を遂げたのは小栗旬くんです。
街中で撮っても誰も見向きもしなかった頃から約7年間、
彼を撮り続けましたが、あの時の小栗くんの駆け上り方と、
今の旺季志ずかさんの活動の速度がとてもよく似ているのを感じます。


それと、もうひとつ、
しずかさんと小栗くんが酷似している点は、
「恐怖との向き合い方」です。
自分の中に迫り来る恐怖、
外側からの圧力として向かってくる恐怖、
見える恐怖。見えない恐怖。
そういうものに対してどういう考えを持って、
どういう姿勢で挑んでいったか。
旺季志ずかさんを見ていると、かつての小栗くんを思い出します。


いろんな怖さをいくつも超えていかなければ
たどり着かない場所というものが、
ある人のある人生には用意されているようです。
厳しい道を歩くよう選ばれた人たちは、
怖がりながらも前へ前へと進んで行くしかない。
私は「撮ること」で、そういう人たちを支えてきました。
今回も、私のチカラが少しでも
旺季志ずかさんのチャレンジに役立つとしたら、
とても嬉しく思います。

旺季志ずかさんブログ
『喜びだけで「自分を生きる」アイドルの世界を見に行こう!』
https://ameblo.jp/rila214/entry-12382605065.html

一緒に応援してくれている皆さん!
ありがとうございます!本当に!

『吉本坂46』
4次オーディション、いよいよ本日投票最終日となりました!
ここ数日間は、まるで選挙カーに乗っているような気分でした!(笑)
★吉本坂46公式サイト★
https://yoshimotozaka46vote.com/4thround/vote.php?id=0021
みなさん!最後まで応援お願いいたします★





そして!自分の宣伝。^^
Tokyo演Joy倶楽部 vol.1
「ラブレターズ」

詳細はこちらをクリックして
ご覧ください。
http://www.ichigo-natsuno.com/tokyojoy-vol.1-7
★7/8の昼公演チケットは完売しました!★

私たちも、たぶん、
今が一番谷底を歩いている時。

本番までに山の頂を目指したい。
見晴らしのいい、気持ちのいい風が吹く、高い場所に立って、
みなさんとお会いしたいです。
お稽古、がんばります。

Sun 10th, Jun 2018