写真家

夏野 苺

世界中の魔法使いや天使とともに作品を創る“魔法使いの弟子”
Photographer Ichigo Natsuno's Official Website

毎日のガイダンスをつぶやいています☆
ツイッター@natsunoichigo
フェイスブック 夏野苺ファンページ

「応援のエネルギーが集まる場所」

今朝、旺季志ずかさんのこのブログを読んで
静かな気持ちで泣きました。
https://ameblo.jp/rila214/entry-12382254446.html
これは本当に素晴らしい勇気。聖なる戦い。
彼女がジャンヌダルクに見える。

「女性は、若い時にだけ価値がある」という神話。
でもこれってね、社会が作ったことかもしれないけれど、
そうすることを許してきたのは女性たち自身でもあるんだよね。
だから外側のせいにしたところで、いつまでも何も変わらない。
「せめて私は立ち上がろう」と思って自分で動き始めた人と、
その周りから変化していくことなんだろうと思う。
もしかしたら、何年もかけて。
いや、何世代にも渡って。
世の中における女性の立ち位置は変化していくのかもしれない。

しずかさんは本も出してるし、
今後はタレントとして芸能活動も活発にしていくかもしれないから、
彼女の行動や言葉は、後世にも残るはず。
素晴らしいことだな。

『今日の18時が写真応募締め切り』というその日のこと。
「苺ちゃん、何時まで待てる?」と、朝から連絡もらって。。。
ああ、しずかさん、迷ってるんだな、戦ってるんだな、自分と。
そう思った。
(彼女のブログにも書いてあるような)
しずかさんの気持ちは痛いほど理解できたので、
どの写真を応募するか、ギリギリまで待つことに。
とはいえ、
私は16時ごろ出発の便で福岡から東京に戻らないといけなかったから、
飛行機が経つ前、14時くらいまでしか待てないと伝えて、
福岡在住の魔法学校の生徒さんと神社巡りに出かけたのです。
そうしたら、
ちょうど香椎宮の弁財天様を参拝している時に、
またしずかさんから連絡あって。
これは良きサイン!と思った!
だって、芸能の神様でもあるからね、弁天様!
そこから最終的に決定するまで、
またさらに迷うしずかさんだったけど、
なんとなく「たぶんあのカットは入れるだろう」という確信が
私にはありました。
聞けば、ハッピーさんもいいと言ってるらしいし。
もう、あのカット、絶対入れたほうがいいよ!と思った!

「私はもう自分にできることは精一杯やりました。
悔いはありません。あとはどうか、一番輝く写真を
彼女が自分で選ぶことができるようお導きください」
と弁天様にお願いして、少し早めに空港へ向かいました。

結果、ギリギリのところで「まだ抵抗あるけど、あれ入れるわ」と
しずかさんも決めてくれて!
応募する6カットが決まったのです。

オーディション用とか、宣材(宣伝材料写真)の写真って、
撮影者としてはものすごく責任を感じます。
写真の印象で判断されるわけだから。
撮り手の個性とかチカラは、かなり影響するはずなんです。
こういう場合の写真の一番難しいところは、
ただ美しく撮ればいいというものではないところ。
例えば、
強いライト打って、必要以上に濃いメイクして、がっちりポーズ決めて、
本人が持つチャームポイントを間違った認識でウィークポイントと思い込んで、
それ全部消そうとするとか。。。。
まあ個人のブログで使うとか、そんなんだったら、
思い切り作り込んで好きなように楽しんだらいいと思うんだけど、
オーディションとなると、そういう写真を出しても、
あまりにも本人と違ってたら、最後で落ちるに決まってるから。
無理に作り上げても意味ない。
何よりもそんなふうにして応募したところで、
きっと本人は自信持てないままだよね。
「あの写真には嘘がある」って、知ってるから。
自分が一番よくわかってるから。
だから、
撮り手が出来ることは、
本人の内面の良さをマックスに引き出せる写真に仕上げること。
そうするには、
それはそれはもう真摯に世界の神秘と向き合って、
自分のところに巡りやってきた被写体を愛すること。
ここから始めないとどうにもならない。
今回は、そこに「遊び」の要素がたくさん加わったから、
本当に楽しく笑ってる、とか、
リラックスしている写真が撮れたと思うのです。
やっぱり、リアル、自然が一番なんです。
写真って、真実を写すって書くから。その通り!
そしてこの時、
写真家と被写体の信頼関係も本物であるならば、
その写真は、多くの人々に大切な何かを渡せるような、
揺るぎない説得力を持った強いものとなると思います。

今回の吉本坂46オーディション用の写真は、
こうしたことと、
壱岐島の神様、写真の神様、
メイクのししちゃんやハッピーさんのアイデア、
スタッフとして撮影を見守ってくれた平山旅館の女将さん、
多くの力が合わさって生まれたものだと感じています。
関係者みんなが愛を持って旺季志ずかさんのチャレンジを応援している。
だから投票が始まった今、
たくさんの人たちにも応援してもらえているんだろうなと思います。

一緒に応援してくれている皆さん!
ありがとうございます!本当に!
『吉本坂46』
4次オーディション中間ランキング発表になりました。
旺季志ずかさんは、第1位!

★吉本坂46公式サイト★
https://yoshimotozaka46vote.com/4thround/vote.php?id=0021
6/10まで、1日一票、投票できるシステムなので、
みなさん!引き続き応援お願いいたします★
(応募した写真は全部で6カットあります!)

この時、一緒にいてくれた魔法学校の生徒さんから、
素敵なメッセージをいただきました。
そしてまた涙する私。
本当に本当に!!!!ありがとう。
ーーーーー
苺さん、こんにちはー!!
先日は素敵な時間をありがとうございました。
苺さんとご一緒出来た時間を改めて思い返して、メールさせて頂きました。
私は苺さんと出会ってからたくさんのことを学ばせていただいてます。
以前の私は物事を先に頭で考えてしまうタイプだったと思います。
でも今は、まず心で感じ、動くことを実践しています。
そうすると、あとで大きな後悔は少ないことに気づいてきました。
そして、なにより楽しくいられるのです。
今回のように思いがけない事が起こったとき。
人生には私たちの想像していない出来事がたくさんあります。
それが、自分に起こった時、
その波を受けて立つのか、引き返すのか、見ているのか、
色んな選択があると思います。
急に届いたお仕事に、苺さんがどんな気持ちで向き合い、選択し、行動されたのか、
ほんの少ーしだけですが、リアルに体験させて頂きました。
とっても貴重なことです。
苺さんの瞬発力とかエネルギーの注ぎかたなど。
あー、こうやって魔法を使って、そして天使にお願いして、
声をきいていろんなことを力に変えていくのかな?と近くにいてとても感じました。
緊張もパワーに変えていらっしゃいました!
魔法学校のみなさんの祈りのパワーも同じです。
上手く言葉には出来ないんですが、
最近、人は体験することが一番実感出来るんじゃないかと強く思います。
実践、実感することが自分の気づきに繋がり、ともに成長させてくれると思います。
これからも身を持って感じていきたいです。
宇宙の法則に従って。
「継続は力なり」
今年の私のキーワードかも。
苺さんが今回の撮影のチャンスをビッグチャンスへと変え、
みなさまともっと笑える日がくることをお祈りしています。
天使、苺さん、魔法学校のみなさんには感謝の気持ちでいっぱいです。
素敵な個人授業をありがとうございました。
写真もありがとうございます!!(*^^*)
取り留めのない文章を読んでいただき、ありがとうございます。
魔法学校にシェアしてみたいなーと思ってます。
大丈夫かな?^^;
魔法学校も作ってくださって、ありがとうございます!!
ーーーーー

ああ、
そんな私がまもなくお芝居に出演します。
みんな、観に来てね!


Tokyo演Joy倶楽部 vol.1
「ラブレターズ」
詳細はこちらをクリックして
ご覧ください。
http://www.ichigo-natsuno.com/tokyojoy-vol.1-7

★ありがとうございます!7/8の昼公演チケットは完売しました!★

Sat 9th, Jun 2018