写真家

夏野 苺

世界中の魔法使いや天使とともに作品を創る“魔法使いの弟子”
Photographer Ichigo Natsuno's Official Website

毎日のガイダンスをつぶやいています☆
ツイッター@natsunoichigo
フェイスブック 夏野苺ファンページ

「光の想い出」

先日のイベントでは、アンケート用紙をたくさん書いていただきましたが、
(私はまだ見てませんが、たぶん右近さんは全てに目を通してるはずです)
私のところに直接届いたメールをシェアします。

まずは、1日目に来てくれた方の感想です。
ーーーーー

苺さん こんばんは
Tokyo演Joy倶楽部★朗読会の大成功おめでとうございます!
そして、千秋楽 お疲れ様でした。
私は今までにも何度かお伝えしましたが、苺さんの声が大好きなのです。
その声と菜穂子さんの詩が合わさったらどうなるんだろう?
絶対泣いてしまうんだろうな、
と思いながら今日は家を出ました。
そして、いよいよ舞台が幕を開け 、
最初に登場した苺さんの顔が'女優 苺さん'の顔だった時点で泣きそうになり、
朗読が始まった時には、家を出るときに思った通りになっていました。
菜穂子さんは自分の人生をしっかり生きている人。
正直で、まっすぐで、とても綺麗な心を持って。

これって苺さんと一緒じゃないかしら?
だから苺さんと菜穂子さんは心が通じあったんだと思います。

私が言うのもおこがましいですが、Tokyo演Joy倶楽部の初公演が
この朗読会だった事はとても素晴らししい事だと思いました。
苺さんのエッセイに「 大切なことを伝えることができるように」とありましたが、
きっと、今日 会場にいた人全員がそれぞれ大切なことを受けとれたと思うからです。
では、最後に 今日は本当に素晴らしい朗読会をありがとうございました。
7月の公演も楽しみにしています。今日はゆっくり休んでくださいね☆


二日目に来てくれた人の感想です。
ーーーー

おはようございます。昨日はほんとうにありがとうございました。
ほんとに素晴らしかったです。
あの場所で あの時間を過ごせたことに感謝です。
演者の皆さん 一人一人の個が際立っていて 凛とされていて素敵な方ばかり
観る側も 個性豊かで 
あの場でなければ到底リンクすることもなかったであろう大物揃いで 

凄すぎました‼️
だけど 朗読中は まるで私一人で菜穂子さんの詩を聞いていたような感覚。
ほわーっと暖かくて 心地いい空間の中にいました。
あの感覚が もしかして「宇宙はひとつ」ってこと?
帰りの新幹線で気づきました。
ワンネスってこういうことなんでしょうか?
皆と心ひとつって 何て心地いいんだろう。
懐かしい場所に里帰りした気分です。
そして 苺さんがまた素敵すぎて
まだまだ進化されますよね?
どこまで行かれるんでしょう?
楽しみすぎます。
表現者 アーティスト エンターテイナー
こんな言葉では表せないくらいです。
一番嬉しかったことは 何度も言いますが あの場にいれたこと。
これって たまたま ふと行こうと思ったことではあるけど 
それと実際に行けたこととは 似て非なるもの
あらゆることが上手くいってのこと。
奇跡の賜物
この奇跡に感謝です。
こんな機会を作ってくださった 苺さん
ほんとうにありがとうございました。

ーーーーー

どうもありがとう!
すごくすごくすっごく!嬉しいです。
きっとTokyo演Joy倶楽部のみんなもこれを読んで喜ぶと思います。
みんなに伝えます。


こんな機会を作ってくださった 苺さん
ほんとうにありがとうございました。

とありますが、
。。。。。そうですね。

はい。私が作りました。

私が右近さんに、なおこさんの詩で朗読やりたいと
直談判しました。

でも、もしも、

何かの事情で、
なおこさんや右近さんがOKしてくれなかったらどうだっただろうか?

なおこさんと私を繋げてくれたのは、サンマーク出版のたくちゃんだし、
あの会場を提供してくれたのは、学園長の梅沢さん。

いろ〜んな人のいろ〜んな想いであの場が形になったんです。

そして何より、感謝したいのは、
「いいよ、苺ちゃん、一緒にやろう!」と言ってくれた、
Tokyo演Joy倶楽部のメンバーたちです。

みんながやらないと言っても、
一人でもやるつもりでしたが(それほどやりたかった)
もしも私だけでやったとしたら、
あんなに大きく眩しい光の時間を作ることはできなかったと思います。

いらしてくれたお客様も、みんなひとつになって、

たくさんの人たちと一緒にあの場を作り上げました。

だからこそ、一生の思い出になる。

朗読会の最後に読み上げた堀江菜穂子さんの「いきていてこそ」という詩。

どんなにつらいげんじつでも はりついていきる

最後の一行を読んだ時の自分の声が、
あれからずっと心の中でこだましている

この先、くじけるようなことに出会っても、
みんなで作り上げたあの時間を思い出せば、きっとまた歩き出せる。

そう感じています。

ありがとう。


1日目終了後の集合写真。



二日目、なぜか後方センターに大木ゆきのさんも。
みょうに溶け込みすぎている!
そして!!よく見ると、SHITO HISAYOの店長も!!!(笑)


おかげさまで稽古場の見学希望者が続出し、
いま順番にご案内差し上げているところです。

現在は「やる気ある人ならどなたでも!Welcome!」なんですが、
この感じだと、
もう来年にはオーデション制になるんじゃないかと。
そんな勢いのTokyo演Joy倶楽部です!

皆さんに興味を持っていただいて嬉しいです。
ありがとうございます★



★Tokyo演Joy倶楽部★デビュー本公演決定!
2018年 7月7日、8日、14日、15日の四日間。
場所は東京、日本橋にて。
公演時間、メンバーの出演日発表はこれから!^^

Wed 7th, Mar 2018