写真家

夏野 苺

世界中の魔法使いや天使とともに作品を創る“魔法使いの弟子”
Photographer Ichigo Natsuno's Official Website

毎日のガイダンスをつぶやいています☆
ツイッター@natsunoichigo
フェイスブック 夏野苺ファンページ

「扉の中へ」

自分で働くとしたら、
お金の稼ぎ方って大きく分けてふた通りあるなと思います。
自分の時間を売って稼ぐ方法と、
自分の才能(個性)を売って稼ぐ方法。
時間を売るというのは、例えば、時給いくらとか、そういう働き方。
大きな意味では会社員もこの部類に入るかな?
才能を売るというのは、何か資格を持ったり、自分で事業したり。
さて、自分はどっちが合ってるかしら?と知ることは大事なことだと思います。
だけど私の今までの経験からすると、
こういうのって考えたからといってスッと答えが出てくるということでもないんです。
ここで一番大事なのは、
閉じてる扉を無理にこじ開けないという姿勢。
何とか開けようと頑張りすぎて、ずーっと同じ場所にいないこと。
ちょっとやってビクともしないようだったらさっさとそこを立ち去って、
空いてる扉はどこかしら?と別の場所で探した方がよっぽどいいのです。
そういうやり方だと自分にピッタリな歩き方(仕事)をみつけられるし、
全く予想もしていなかったような、
びっくりなことに巡り会ったりもするから。
そこが楽しすぎて人生がどんどん面白くなっていくのです。

今月から、
5月の筑波山神社の奉納舞の特別レッスンがスタートしました。
3月の朗読会のリハーサルも始まります。
7月の公演の台本も覚えていかないと。
私の本業は写真を撮る仕事なんだけど、
どうして今、仕事以外のことにこんなに時間を割いているのかしら?
どれもこれも稼ぐこととは全然関係ないじゃないの?と思うけど。
楽しいので気にしないのです。
どっか、なんか、変だな?と思っても、やることに決めてしまったので。
楽しいのであれば、後のことはどうでも構わないのです。

だって、
扉が開いてるから。

自然に扉の中へ入っていくと、次の道が続いているから。
このやり方でここまで来て、人生はどんどん良くなっているから。

私は自分を見せていくことで、
必要としている人に同じ方法で進んでいくことをお伝えしていきたいです。

(私の場合、一見何の関係もないように見えることをやっていても、
 結局全ては「撮ること」に役立っていくことになるだろうと予感しています)


「魔法学校の第二期募集のお知らせ」
こちらもお問い合わせありがとうございます!
魔法修行に興味のある方、ご連絡ください。
ご連絡いただいた方のみへのご案内となります。
案内を希望される方は、
info♪ichigo-natsuno.comまで
(♪を@に変えて)メールにてご連絡ください。
その際、お名前と、
なぜ魔法に興味があるのかもお知らせください。
よろしくお願いいたします!
(第一期生を受講された皆さんへは私から個別にご連絡します)
募集スタートは新月の晩からです☆





嬉しいお申し込み続々!皆さん、本当にありがとう★
「Tokyo演Joy倶楽部★朗読会のお知らせ」
詳細は以下をクリック!
http://www.ichigo-natsuno.com/Tokyo-enjoy-1

Mon 12th, Feb 2018