写真家

夏野 苺

世界中の魔法使いや天使とともに作品を創る“魔法使いの弟子”
Photographer Ichigo Natsuno's Official Website

毎日のガイダンスをつぶやいています☆
ツイッター@natsunoichigo
フェイスブック 夏野苺ファンページ

「自信の生まれる場所」

自信が持てない人って、多いですよね。
私も時々あります、すっかり自信を失う瞬間。
いやだなー、あの心細く、しょんぼりな感覚。
どっしり地に足がついて自信満々な感じは気持ちいいですよね。
できればずっとそんなふうにいきたいのですが、、、

自信ってどこからやってくると思いますか?
あるいは、
どうやって生まれるものだと思いますか?

私は自分の実体験から、自信とは、
「誠実であること」から生まれるものじゃないかと感じています。

「遊びに行っていい?」と尋ねると、
「部屋が汚いからダメ」って答える人、いませんか?
それって、
自分の部屋に誰かを招く自信が無いから断るのかしら?
(単純に自分のお城に誰も呼びたくないだけの人もいると思うけど)
もし自分の部屋に自信が持てないとしたら、
それって部屋に対して誠実じゃないですよね?
部屋を綺麗に保てないのは、
雨風凌げて、毎日快適に自分を守ってくれている部屋に対して、
感謝の気持ちを持ってない、、、ということではないかしら?
いちばん大切な気持ちを忘れたまま、自信って持てるものでしょうか?

たとえば、食事。
忙しさに流されてなんとなく食事を済ませてしまうことってありませんか?
(または、食べ忘れてしまうとか)
何を食べるか、食べないか、真剣に決めていくことって、
自分の体に対して誠実であるってことじゃないかしら?
この世は、体あっての世界。
いくらお金があっても、
素敵な家族や友人に恵まれていても、
体がダウンしたら人生を楽しめない。
仕事だって、できない。
自分の体をないがしろにしたままで、自信って持てるものでしょうか?

そして、やりたくもないことを我慢しながら生きていくという選択。
これって、自分のハートに誠実であるとはいえないはず。
深い部分を誤魔化しながら無理に呼吸していても、
日々、苦しくなるばかり。
人生は、
やりたいことをすべてやるとしても時間が足りないくらいなのに、
やりたくもないことをやってる時間など、
いったい何処にあるというのでしょう!?
自分の心の声を無視しながら、自信って持てるものでしょうか?

もし、
自分の暮らす場所に感謝しながら誠実に向き合うなら、
片付けや掃除も毎日の暮らしの中で楽しい儀式となるでしょう。

もし、
体とよく相談しながら誠実に毎日の食事を決めていくなら、
献立を考えることは面倒なことではなく、
面白いパズルゲームのように感じられるでしょう。

もし、
自分のやりたいことだけ選んでいくという決意をするなら、
人生はその誠実さに応えながら、
どんどん素晴らしいものへと変化してゆくでしょう。

本物の、確かなる自信というものは、
こういうことのなかでしか生まれてこないと思うのです。

ひとつずつ出会っていくものに対して、
どれだけ真摯に向き合っていくのか。
誠実に向きあえば、
ハートから光のバリアが生まれます。
それは自分を守ってくれるもの。
光のバリアに包まれている限り、
「わたしはだいじょうぶなんだ」という感覚が持続します。

自信とはこういうものだろうと、
私は感じています。



私は朝からデザートを作って食べることが多いです。
ヨーグルト、ナッツの蜂蜜漬け、旬の果物など。
青汁と一緒にいただけば、
元気いっぱいで一日をスタートすることができます。
「自分の朝を大事にできた!」という思いから、
小さな自信がひとつ生まれます☆

Fri 12th, Aug 2016

「雲の上から」

元ソニーの会長を務めた出井伸之さんにお会いしてきました。
美味しいおやつを持って。

とっっっっても素敵なオフィスでした!
都心にこんな穴場があったなんて!
森の中にある隠れ家のような場所。

以前プロフ写真を撮影した妹尾昌俊さん(元野村総研在職)を、
出井さんにご紹介したくて一緒に訪ねたのですが、
オフィスがあまりにも素晴らしいので、
懇談が始まってからもしばらくぼうっとあちこち眺めていた私。
でも耳に入ってくるお二人の会話に引き込まれ、
いつの間にか私も話の輪に参加し、集中していました。
今回は妹尾さんのプレゼンや、
出井さんとのディスカッションを聴くだけでしたが、
出井さんのコメントは実に興味深いものでした。
世界のトップを走った経験を持つ人の話は本当に面白い。
それはまるで飛行機に乗っている時のような気持ち。
私たちは、普段は地上で歩いて生活しているけれど、
空の上に行くと全く違う世界が広がっていて驚く、みたいな。
ああ、だから「雲の上の人」とか言ったりするのかな?
まるで自分と別世界に生きているような人のことを。
私からは見えていない景色を、
この人はたくさん見てるんだなあ。
私はこの人生でどこまで行けるだろう。。。?

出井さんは、
私のような者が気軽に会えるような人ではないはずだけど、
こうしてご縁ができたのはキム先生のおかげ。
去年の初めに参加した社会人キムゼミの講座の中で、
キム先生とゲストたちのクロストークのコーナーがあって、
出井さんは第2回目のゲストでした。
その時の写真がこれ。


トーク終了後に記念に撮った、キム先生、私、出井さんのスリーショット。
(出井さんの後ろに偶然あっくんも写ってるのが笑える!)
この時、私は着物を着ていたからすぐに覚えてもらえたのかも。
今回も快く出井さんに時間を作っていただけたことに感謝です。
(キム先生にもありがとうです)

話の途中で、
くるくるっと新しく頭の中を駆け巡ったことがあったので、
近々、再び出井さんに会いに行こうと思います!
また美味しいお菓子を持って。^^


(昨日の、妹尾さん、出井さん、私のスリーショット。
 出井さんの御本「変わり続ける」をいただきました!)

面白い時代になってきたなあ。
ITの影響は大きい。
ただの仕事のできないOLだった私の人生に、
世界のトップランナーと一緒におやつを食べる日がやってくるなんて。
(メインの用件はそこじゃないけど。(≧∇≦)
 持って行ったお菓子をすぐに開けてくれて一緒に食べたことが嬉しかった!)
夢のようだなー!
私の個展に遠くからたくさんの人が来てくれるのも、ITのおかげだものね。
時代って、あるよね。
どの時代に生まれてどの時代に生きるのかによって、
人の一生って、全然違うものになる気がする。
私は江戸時代に生まれてみたかった気もするけど、
石器時代とかも良さそうだなあ〜。
でも、
私が今生きている時代は、
ひとり一台ずつスマホを持って歩いているような世界なのです。

さて、
どうしていくかなあ、ここで、これから。^^

たまには天使の羽につかまって、
高〜い空まで飛んでいき、
雲の上から眺めよう、自分の人生を。
そうすると見えてくるはずだから。
「よし!あのルートで行こう!」という道が。


★本日のおまけ写真★
昨日食べた中村屋のキーマカレー。

食いしん坊の私は、やっぱり今ここに生きててよかった!
江戸時代にも石器時代にもなかった美味しいものを食べることができるから。

Thu 11th, Aug 2016

「LOVEパワー」


自分の与えてもらっている力をうまく使いこなす訓練...
何を意識して、
どうコントロールすればいいんでしょ?
何かヒントあれば教えてください。
ーーーーー

昨夜ある人からこんなメッセージが届きました。
とてもいい質問です!
個人的にお返事しようかとも思いましたが、
これまで自分が実践してきたことを振り返りつつ、
このエッセイで読者の皆さんとシェアしますne☆

自分が持ってる力を使いこなす訓練をするために、
「何を意識して?」とありますが、
自分の考え、行動、すべてにおいて徹底的に、
その判断基準を「愛」に置いたらいかがでしょうか?
愛は、
そこに在るか、無いか。どちらかです。中間はありません。
「ちょっとだけ在る」とか、
「だんだん無くなってきた」とか、
そういうことはないはずです。
いつでもそこに「在るか、無いか」だけです。
では、どうしたらそれを見極められるかというと、
自分の抱えている問題が複雑だと感じている時は、
愛が欠乏していると考えていいと思います。
愛の在る場所はシンプルです。
複雑ではありません。
物事が複雑になってゆくのは愛が消えているサインです。
また、
自分がただ「嫌な感じ」だけを受けている時も、
そこには愛が無いという証拠です。
具体的な例え話をするなら、、、

AさんがBさんに対して約束を破ったとします。
Bさんはカンカンに怒って、もうAさんとは絶交だと言います。
AさんはCさんとの約束も破ってしまい、
Cさんもまたカンカンに怒っています。
けれどCさんはそこでもうひとつ思いを巡らせます。

約束を破ったAさんは反省するべきだ
でもおそらく
この私が魅力的ではなかったことも原因のひとつだろう
誰かから簡単に
約束を破られるような魅力しか持っていない自分も
また反省するべきだ

さて、
BさんとCさんのその後は、
それぞれどのように変化していくと思いますか?
おそらくAさんとBさんはもう会うことはないでしょう。
AさんはBさんを心狭い人だと思い込み、
BさんはAさんを嘘つきの悪者だと一生思い込み、
また他の人とも同じようなトラブルが起きるかもしれません。
(いつも人のせいにしてばかりの生き方だから)
一方、Cさんはどんどん魅力アップして、
Cさんが交わした約束は、
誰からも大切に扱ってもらえるようになるかもしれません。

そんなCさんを見て、
Aさんもいつしか素敵に変わっていくかもしれません。
「あの時は約束を破ってごめんなさい」と謝ってくるかもしれません。
(相手は自分を映す鏡と思い、感謝しながら進む生き方だから)

これは、
そこに愛が在る生き方を選ぶとどうなるか?
無い生き方を選ぶとどうなるか?という、ひとつの例です。

愛のなかで生きてゆくということは、
恐れずに自分の個性を発揮しながら生きてゆくことです。
怒ってもいいんです。
泣いてもいいんです。
わめいても取り乱しても、
人と喧嘩したってかまわないんです。
そこに愛が在るなら。

そういうなかで、
心のコントロールは自然に成されてゆくでしょう。
種から双葉が出て、
やがて大きな樹木になるように、
私たちの心もゆっくりと成長してゆくはずです。

いつでも愛があれば。



お料理も愛を込めて作ると、
不思議と断然!美味しくなりますよね〜☆
昨夜からコトコト煮込んだラタトゥイユ。
喜びで手が震えるほど美味しく出来ました!

Wed 10th, Aug 2016

「清らかなエール」


苺さんが今日アップされたエッセイ全部読みました。

自分自身を大切にする人を宇宙は大切にする、
と改めて思いました。
それから、
苺さんの自分自身対する敬意、
絶対に自分に対して正直でいる、
という強い決意に涙がこぼれそうになりました。
小さな妥協と嘘が積み重なり、
それが泥みたいに身体にまとわりつき、
自分自身が埋もれてしまいそうに時々感じます。
苺さんのエッセイを全部読んで、自分に正直でいるというのは、
時として自分も他人も傷つけてしまうかもしれない、
でも自分の心を大切にする以上に大切にすべきことなんて何もないんだ、
と感じました。
苺さんが書く文章は、嘘も誇張もなく真実が書かれていて、
その分私の心にとても響きます。
それから、
苺さんの撮る写真がなぜこれほどまでに美しいのかがわかりました。
心の純度の高さが写真に反映されているから
苺さんの写真は多くの人を引き付ける、と感じました。
ーーーーー


なんとまあ素晴らしく、、、
私を幸せの国へと運んでくれる言葉たちよ!
もうこのメールは私のお守りにしようと決めました。
これから何かが起こって心がくじけそうになった時は、
いつもこのメールを眺めよう!

そして繰り返し思い出そうと思います。

勇気と、希望と、愛を。

この人生で、
誰かにこんなふうに言ってもらえるような場所まで
なんとか辿り着くことができた奇跡を。



ありがとうございます。

感謝して、この先もどんどん進んで参ります☆

Tue 9th, Aug 2016

「新しい扉を開ける時」

エッセイ読者の皆さん!おはようございます☆
このエッセイは、
自分のホームページで書き続けて13年ほど経ちますが、
多い時は、1日に7回アップしたことがあります。
(それはとても怒っている時だった。。。
 昨日は別に怒ってないけど、5つアップ!)

たま〜に、
2003年の一番初めから全部読んだ!
というお便りをいただき驚くことがあります。
数でいうとどれくらいアップしているのでしょう?
途中までは数えていたんですが(2007年頃まで?)
今はもう数えていなくて、、、
たぶん5000回近いテキストをアップしていると思いますけど。
それを全部読むって、すごい!大変!

これまで全くの独断と偏見で好きなように自由に書き続けてきましたが、
ひとりの人間がリアルに書き続けてきたものって、
10年を超えると面白いことになってきますね。。。。
やっぱりリアルがいちばん面白い。
このエッセイがスタートした2003年から比べると、
もう今の私の人生は全く違ったものになってしまった。
こんなことなら、OLの頃から書いておけばよかったなー
と思ったら、ちょっと残ってました。絵日記が。(笑)
毎日ではないけれど、断続的に絵日記をつける習慣があったようです。
恋人と別れそうで悲しい日々を送っている模様をコミカルに描いている日記があって、
無意識にでも、
悲しい物語としてこの記憶を残しておくのは嫌だったんだなあというのがわかります。
ちなみに、その元カレとは数年前にフェイスブックを通じて再会しました。
(20年ぶり!)
ある日、検索してくれたようで、友達申請が来てびっくりしました〜。
何度か一緒にご飯を食べましたが、お互い大人になっていて、
人生の様々な荒波を乗り越えてきたから、いろいろ話せてとっても面白かったです。
失恋とか離婚って、
もうこの人生で二度と会えないような別れ方になってしまうこともあるけれど、
それは、本当は、残念ですよね。。。。
縁あってこの世で一度は信頼し合った仲なんだから、
関係性が変化してもこの世で巡り会えた仲間として付き合い続けていけたら、
とっても素敵なのに。
でも、
大嫌いになったり憎み合ったりしなければ別れられない、ということもあるでしょうから、
全ては天の計らいですね☆
(嫌うとか憎むって、なんか運気を変化させるために、無意識につける弾みって感じがする)
私は、これまで別れちゃった人で気持ち良く再会できたという人は、そのFB彼だけなので、
これからも良き友達としてご縁が続いていったらいいなあと思っています。
(失恋した時のことを恨み節ではなくコミカルな形で日記に残しておいてよかったな〜。
いつか本人に見せよう。きっと笑うだろう!)

と、こんなふうに今日もつらつらと好きなことを書きましたが、
私にとって書くことは、撮ることと同じです。
同じというのは使う力が一緒ということです。
人から見たらあっちもこっちもやってるというふうに見えるかもしれないけれど、
自分にとっては、ただひとつの力を使ってやっているという感覚しかありません。

私は、パソコンを使って文章を書きますが、
紙とペンを使って書くよりもピタッときます。
どうしてかなあ?と思ったけど、たぶんスピードの問題が大きいかな?
思考が表出する速度とパソコンのキーボードを打つ速度は、
ほぼ同じなのでストレスがありません。
紙とペンだと、文字を書く速度が、思考の速度に追いつかないので、
ものすごーい擲り書きになってしまい、後から読めないこともあるし、
何よりも書いてる途中でストレスを感じることも多いです。
手紙を書いたりすることはまた別ですが、
作品として文章を書いたり、仕事のメールをする時は、断然パソコン!
デジタル派です。

一方、写真撮影に関してはアナログ派です。
なぜなら、あの曖昧さがいいのです。
ピントも色調もファジーな、あの甘さが。
デジタル表現は、私にはシャープすぎてしまい、あまり好きではありません。
仕事ではいつもデジタルカメラを使っていますが、
少しピントを甘くしたり、シャッタースピードを遅くして、
フィルム撮影の仕上がりに近づけていく手法をとることが多いです。
まあ、技法どうのこうのより、
なんといっても一番大切なことは、シャッターチャンスですけれど。

今のアトリエには暗室がありませんが、
将来的にはスタジオや暗室も完備されているアトリエが欲しいなあと思っています。
自分の写真集を出版するなら、全作品フィルム撮影した写真だけで創りたいので、
何日も暗室にこもってプリントして、、、、
そして、
それにつける文章を書いたりして、、、

はー!

想像するだけでワクワクしてきます☆☆☆

皆さんは、考えるだけで心がときめいてしまうことって、ありますか?
人生でそれを見つけることができたならとっても素晴らしいですよね?
もうそれだけでいいんじゃないかしら?
今まだ探してる最中とか、全然みつからないという人もいるかもしれないけれど、
そういう人はどんどんいろいろ実際にやってみるといいかな?と思います。
どうせならこれまでやったことないことや行ったことない場所へ行くこと、
嫌いだったものをちょっとだけ無理して食べるとか、
この人生で「それないわ〜」と思い続け避けてきたものにあえてトライしてみるとか。
結局ね、同じことやり続けていても、同じ結果しか生まれないと思うのです。
人生に変化を起こすって、つまり道を変えるってことだから。
同じ道を歩き続けても同じ景色しか見えないでしょ。
ぜひ思い切って、違う道を選んでみてください。
それはね、実際に、違う道を歩くということからスタートできますよ。
例えば毎日会社へ行く時に使っている道を変えるとか。そういうこと。
物理的にそれが簡単でしょ?
それからだんだん、食べるものを変えていくとか着る服を変えるとか。
これは単に新しく買い替えるというだけではなく、好みも変えちゃう。
ぜひ「それないわ〜」にチャレンジしてみてください☆

さて、あなたの人生、どうなるでしょう?

(きっと新しい扉が開くと思います!^^)

Mon 8th, Aug 2016