写真家

夏野 苺

世界中の魔法使いや天使とともに作品を創る“魔法使いの弟子”
Photographer Ichigo Natsuno's Official Website

毎日のガイダンスをつぶやいています☆
ツイッター@natsunoichigo
フェイスブック 夏野苺ファンページ

「ミラクルハニーパワー☆」

はちみつ、はちみつと騒いでいたら、
出版ゼミの同期のみかちゃんが、
「知り合いに蜂蜜に詳しい人いるから紹介するよ」って
声をかけてくれたので、
さっそくいそいそ行って参りましたyo☆(日光から戻ってすぐの頃)
場所は銀座。東京のど真ん中。あるビルの屋上。
友達の友達を紹介してもらうくらいの気楽な気持ちで行ったら、
蜂蜜協会の理事長の奥様だった。。。。
最初だけ緊張したけれど、
気さくにいろいろミツバチのことや蜂蜜のことを教えてくれたので、
いっぺんで仲良しになりました☆


みかちゃんと私。
この防護服〜〜〜〜気分上がる〜〜〜↑↑↑
テレビで見たことあったけど、実際に着ることになるとはーっ!


ブンブン飛んでます!
作業しながら、ミツバチだらけ。


すごい数のミツバチ。
ここ、銀座のど真ん中。東京です。。。。


蓋されてるところをナイフで削って、


ドラム缶を改良したみたいなものに入れて、
くるくるハンドルを手で回して、
遠心力で蜜を飛ばして、

下から出て来た蜂蜜を集めます。

気の長い作業。
これを淡々と何時間も(時には半日以上も)繰り返していくそうです。
純正の蜂蜜、高いはずです。。。。苦労の賜物です。
巣箱から板を取り出す時、中腰になるので腰を痛めてしまうこともあるらしい。
この根気が無いと「甘けりゃいーだろ」的になってしまい、
水飴混ぜたりしちゃうんでしょうね。。。(そういうのは安いです)


そしてこの日に伺ったお話のなかで、一番感動してしまったのは、
ミツバチの一生について。
私は全く知らなかったのですが、ミツバチの命は30日間だけなんですって。
しかも、最初の20日間は、巣の中で女王蜂を守る時間。
最後の10日間で蜜を集めるために空を飛ぶんだって。
私はその話を聴きながら泣いたね。
はー。
ますます蜂蜜が大切すぎるっ!
ひと匙ずつ、大切に頂こう。。。。。

ここで採れた蜂蜜は、松屋銀座の地下にある「ラベイユ」というお店で買えます。
在庫数は少なく、少々お高いのですが、
採蜜作業を見学&体験した後では安いくらいに感じてしまう。


理事長の奥様、さやかさん。(左)ゼミ仲間のみかちゃん。(左)

見学が終わったあと、
ハーブティをいただきながら、たっくさんの蜂蜜の味見をさせてもらいました!
てんごくぅ〜〜〜〜〜☆

楽しい一日でした☆

私の蜂蜜コレクションも徐々に増えて参りましたが、、、

今のところ、栗とか蕎麦とか、癖のある蜂蜜が好みです。
薄い色より、茶褐色の、鉄分豊富な蜂蜜の味が好きです。
花粉も買ってみました☆(写真手前の金色の粒)
サラダやヨーグルトやスムージーにパラパラっと振りかけて食べるのですが、
ロイヤルゼリーやプロポリスのように栄養があるらしい。
私は見た目が可愛いので買いました!(←理由が変。すみません。汗)


5月の末、秋田から戻ってすぐ、青梅を蜂蜜に漬けました。(和歌山の梅)
今年はお酒はやめて、梅のシロップを作ろう!と決めたのですが、
去年はキビ砂糖で漬けて、それもとっても美味しかったんだけど、
やっぱり今年は蜂蜜だよね〜と思い、
梅の他は蜂蜜以外なにも入れずに作ってみたところ、、、、

こんなに水分がっ!

一ヶ月経って、美しい黄金色に輝く液体が完成しました。

ひとくち舐めて、ひっくり返りました!
なんて美味しいのでしょおかーーーーーーーーーっ!
お砂糖で作るより、甘さ控えめ、梅の酸っぱさが立ちますが、それがいい!
そのまま、おちょこで飲んでもいいし、
炭酸やお水で割っても良さそう。
取り出した梅はおやつに毎日いただきます!
(これを作ったすぐあとに、まりさんからもお庭の梅をいただきました〜。
 やっぱり蜂蜜漬けに!^^)

おやつといえば、
秋田で親戚のおばちゃんに教わりました、梅を蜂蜜で煮る方法。
休み休み、一週間ほど火を入れ続けるそうです。

私は蜂蜜の量を少しにして二日間だけ煮ました。
そして、粗熱を取ったあとに蜂蜜を足しました。

これがまた気絶する美味しさなのです!
小さじ一杯分くらいを、朝起きた時と夜眠る前にいただきます。
飛び回るミツバチの、あの姿を思い浮かべ、感謝しながら。

ありがとう、ミツバチさん。


ーーーーーー

〜あと三日です!〜
☆『魔法使いの弟子vol.17&18 』ただいま先行予約受付ちゅう☆
(予約受付は6/20満月まで!)
「魔法使いの弟子」シリーズは、
2008年の最初のリリースから、今回で18冊刊行したことになります。

vol.17のテキストは、約10年ほど前に書いたものです。
いま読むと、この数年後に出会う、こんまりさんとのご縁も
ただの偶然ではないなあと感じます。
かつて私が憧れていた暮らしはすべて手に入りました。
小さなことを積み重ね続けた結果のことです。
長い道でも、歩き続ければ、必ず辿り着けるのです。
それと、もうひとつ、
時々ファインダーの中で遭遇する天使について書きました。
vol.18は、
運気を上げてゆくということ、
その一点にフォーカスした書き下ろしです。
私が日々、実際に行っていることを書きました。

魔法使いの弟子vol.17(価格 3,500円+消費税、送料&手数料300円)

※『この世の天使』
〜撮影をしている時、
ファインダーの中に天使をみつけることがあります。
私は、
写真を撮ることを通して、
世界の真実に触れることができるのです。〜
(本文より)

※『スモールスペース』
〜無駄なものがどんどん消えてゆき、こうして、
必要なモノだけに囲まれて生きている感覚に、幸せを感じます。
人間関係の整理もうまくなったなと思います。
このことから、
ひとつの気づきは人生のどの部分にも応用できるのだということを知りました。〜
(本文より)

魔法使いの弟子vol.18 (価格 3,500円+消費税、送料&手数料300円)

※『How to Lucky up』
〜この小さな本を開けば、
いつでもあなたは自分の運気を上げることができます。
ただし、それには、
約束がひとつあります。〜
(本文より)

※『金運アップへのアクション』
〜すべての行動は「力強いか」「弱いか」のどちらかです。
本気で自分の運気を上げようと思うなら、
この小さな本に書かれていることに従って、力強く動いてください。〜
(本文より)

※『正しい心の使い方』
〜必要な答えは、時期が来ればもたらされます。
訪れない答えは受け取る必要の無いものです。
どんなに宇宙が広くとも、
私たちは大丈夫なのです。〜
(本文より)
ーーーーー

『魔法使いの弟子』は、CDサイズの、小さな小さな、本です。

~お申し込み方法~
住所 氏名 連絡先 注文部数を明記のうえ、
shop♪ichigo-natsuno.comまで(♪を@に変えて)
メールにてお申し込みください。
★アドレスの一部が新しく変更になっています。お間違いないように!★

こちらから申し込み確認の返信を差し上げた時点で、
予約確定となります。
(メールの事故なども想定し、
申し込みから三日経ってもこちらからの返信が届かない場合は、
大変お手数ですが再度御連絡いただけますようお願い申し上げます)

二冊同時にお申し込みの方、
手数料、送料は300円(1冊分だけ)になります。

発送は、
7月中に皆様のお手元に届くよう予定しています。

たくさんの方々からのお申し込みを
心よりお待ち申し上げております。

☆☆☆☆☆☆☆

追記)
今回の販売は一般書店での取り扱いはありません。
夏野苺オフィシャルサイトでのネット販売のみとなります。

Sat 18th, Jun 2016

「次の満月まで。そして、その先へ」


苺さんこんにちは。
魔法使いの弟子、久しぶりの注文になります。
何冊か買ってなくて、今思うともったいないことをしました...。
今、手元にvol.3があり(ふと横を見ると置いてありました(笑)と言うか居てました!)
香りの魔法、美味しい魔法どっちも大好きな魔法。
時々読み返して、また新たな気持ちで香りや食材と向き合ったり。
この世は魔法であふれている、それに気づき取り組むのは本人次第。
それを教えてくれるのが魔法使いの弟子だったり
苺さんのエッセイなんだと思います。
(エッセイでお気に入りは森村桂さんの忘れんぼのバナナケーキです)
せっかくの大阪住みだから個展に行ってみたいけど...
だって恥ずかしいんだもん、と謎のモジモジ君で今まで遠慮していたけど
今回は足を運んでみようと思います(^^)/
ーーーーー

「魔法使いの弟子」のお申し込みありがとうございます!
「今思うともったいないことをしました...。」
って、、、、そうかも、、、
もったいないことしたかもしれません!笑
今回も二冊合わせてお申し込みいただいている方がほとんどですが、
最初の一冊目から持っている人は本当に少ないと思います。
たいへん貴重なことでございます。
ありがとうございます!
シリーズ1作目から全て持っている人の他、
途中が抜けてる人、
途中から買い始めた人、
今回初めて知ったよ!という人、
いろいろだと思いますが、みなさん、ご縁でございます。
こうしてお申し込みいただけることに深く感謝しております☆
(そしてもちろん!来月の大阪個展でお会いできること、
とっても楽しみにしています!是非遊びにいらしてne★)

先日、日光への旅のことを書きましたが、
ひとつ書き忘れていたことがあります。
実は、今年の初めに日光へ行った時のこと。
あの時、素敵な招き猫の置物を見つけたのです。
日光東照宮の前にあるお土産物屋さんで。
とっても気になったのですが、
「明日でいいか」と思い、私はすぐに買いませんでした。
翌日、、、、、
その猫はもう居ませんでした。
私はものすごくものすごーーーーーーーく後悔し、
イヤ〜な気分になってしまい、
その後ずっとその思いを引きづりました。
人生でこんなこと、もう何回やったら気が済むんだ!
まだわからんのか!自分っ!。。。。って。
もうここは、ここだけは、
徹底的に変えていこうと強く決意しました。
何か感じた時にはサッと手を伸ばす!
もしそれで後悔するようなことになったとしてもかまわない。
やらなかった後悔より、やった後悔の方が、ずっといい。
やらないままの後悔は、
もしやってたらどうなったか?いくら後から考えてもわからず、
何ひとつ答えを得ることもなく嫌な気持ちだけが残る。
これは本当に辛い。
でも、
やった後悔は「あ〜あ、あんなことやらなければよかった」という、
答えがひとつ残る。これはいずれ必ず宝になるから。
失敗は成功のもと!

ここまで思い巡らせた時、ふと、ある(心の)場所にたどり着きました。
今回の場合でいうと、
招き猫を買わなかった→やらなかった後悔
と考えがちだけど、いやいや、ちょっと違う。
私は「招き猫を買わなかった」ということを「やった」んじゃないかしら?
だとすると、
人間、何をやってもやらなくても、みんな「やった」ことになる。
やったことが自分の希望(あるいは期待)にそぐわないと気づいた瞬間、
私たちは後悔の念を持つ、、、、
ということは、つまり、
私たちは常に「やった後悔」をし続けていることになるから、、、、
それなら、感謝の気持ちが突破口になるんじゃないの?
「あ〜あ、やらなければよかった」(やめておくが正解)、
あるいは、
「やればよかった」(やってみるが正解)という、
いずれにしろ、ぞれぞれ、
たったひとつ身を持って得たその答えを、
「自分が宇宙からもらった宝物」と認識することができたら、
その瞬間から世界は変わるはず。

ここまで来て、私の気分はやっと良くなったのです。
よかった!
結局は「全部自分選んだことだから仕方ないなー」って、
正しく諦める(自分で自分を許すこと)ができれば、
どんなことに遭遇しても気分は悪くならないってことかな?
あの招き猫、恐るべし素晴らしさ!
私にこんな気づきをもたらしてくれたのですから。

ありがとう。
ありがとう!
ありがとう★

と感謝しながら、時々思い出していたら、
なんとーーーーーーーーッ!
今回の日光でまた会えたのです!
また現れたの、あのお土産屋さんに。(自分が変わると、世界が変わるのです)
もちろん、買いました!
(≧∇≦)
「魔法使いの弟子vol.18」には、その招き猫さんの写真が載っていますyo!
(注:表紙の猫さんとは別です)
さあ、どんな猫ちゃんでしょうか?
みなさん、お楽しみに!!!!

ーーーーーー

☆『魔法使いの弟子vol.17&18 』ただいま先行予約受付ちゅう☆
(予約受付は6/20満月まで!)
「魔法使いの弟子」シリーズは、
2008年の最初のリリースから、今回で18冊刊行したことになります。

vol.17のテキストは、約10年ほど前に書いたものです。
いま読むと、この数年後に出会う、こんまりさんとのご縁も
ただの偶然ではないなあと感じます。
かつて私が憧れていた暮らしはすべて手に入りました。
小さなことを積み重ね続けた結果のことです。
長い道でも、歩き続ければ、必ず辿り着けるのです。
それと、もうひとつ、
時々ファインダーの中で遭遇する天使について書きました。
vol.18は、
運気を上げてゆくということ、
その一点にフォーカスした書き下ろしです。
私が日々、実際に行っていることを書きました。

魔法使いの弟子vol.17(価格 3,500円+消費税、送料&手数料300円)

※『この世の天使』
〜撮影をしている時、
ファインダーの中に天使をみつけることがあります。
私は、
写真を撮ることを通して、
世界の真実に触れることができるのです。〜
(本文より)

※『スモールスペース』
〜無駄なものがどんどん消えてゆき、こうして、
必要なモノだけに囲まれて生きている感覚に、幸せを感じます。
人間関係の整理もうまくなったなと思います。
このことから、
ひとつの気づきは人生のどの部分にも応用できるのだということを知りました。〜
(本文より)

魔法使いの弟子vol.18 (価格 3,500円+消費税、送料&手数料300円)

※『How to Lucy up』
〜この小さな本を開けば、
いつでもあなたは自分の運気を上げることができます。
ただし、それには、
約束がひとつあります。〜
(本文より)

※『金運アップへのアクション』
〜すべての行動は「力強いか」「弱いか」のどちらかです。
本気で自分の運気を上げようと思うなら、
この小さな本に書かれていることに従って、力強く動いてください。〜
(本文より)

※『正しい心の使い方』
〜必要な答えは、時期が来ればもたらされます。
訪れない答えは受け取る必要の無いものです。
どんなに宇宙が広くとも、
私たちは大丈夫なのです。〜
(本文より)
ーーーーー

『魔法使いの弟子』は、CDサイズの、小さな小さな、本です。

~お申し込み方法~
住所 氏名 連絡先 注文部数を明記のうえ、
shop♪ichigo-natsuno.comまで(♪を@に変えて)
メールにてお申し込みください。
★アドレスの一部が新しく変更になっています。お間違いないように!★

こちらから申し込み確認の返信を差し上げた時点で、
予約確定となります。
(メールの事故なども想定し、
申し込みから三日経ってもこちらからの返信が届かない場合は、
大変お手数ですが再度御連絡いただけますようお願い申し上げます)

二冊同時にお申し込みの方、
手数料、送料は300円(1冊分だけ)になります。

発送は、
7月中に皆様のお手元に届くよう予定しています。

たくさんの方々からのお申し込みを
心よりお待ち申し上げております。

☆☆☆☆☆☆☆

追記)
今回の販売は一般書店での取り扱いはありません。
夏野苺オフィシャルサイトでのネット販売のみとなります。

Thu 16th, Jun 2016

「呼ばれる世界 〜短い旅★その2〜」

特定の場所に何度も呼ばれるってこと、ありますよね。
私はこれまでに、国内だったら、屋久島、熊野、宮古島、、、
海外だったらニューヨークとパリ。
短い間に何度も行くことになって。
そういう時「土地の神様に呼ばれた」って思います。
この一年ほどで五回も呼ばれているので、
今はなぜか日光と深いご縁を感じます。
ということで、またまた先月末に行ってきました、日光へ。

日光旅のスタートはいつもランチから!
今回は、ジュンサイのスープに始まって、

メインはコロッケを選びました。
まりさんから教わってこのコロッケの味を知りましたが、
すっごく!すっごく!美味しいのです!

デザートは苺のアイスクリーム。
はー、美味しかったなあ。
そう、ここは金谷ホテル。


今回の旅のメンバーは、苺ママ&ママ友チーム。
女四人旅でした。



食事の後は、東照宮へ。

徳川家康公のことはさっぱりわかりません。
歴史の授業はサボっていたので。
ですが、
御墓参りへは行きます。。。。

長い階段を上って、そろそろ苦しいなあ、と息が上がってきた頃、
この看板が立っている場所にたどり着きます。

人の一生は重荷を背負うて、遠き道を行くが如し。急ぐべからず。

いい言葉ですね。

東照宮参拝後は、
レンタカーを運転して、いろは坂を登りながら、中禅寺湖畔へ。
今回のお宿は、私が適当にネットで検索して決めたところ。
「どんなところか保証できないよ」なんて笑いながら向かったけれど、
いいところでした!
気楽な安宿だけど、入り口で煌びやかな打ち出の小槌がお出迎え。

それに、
テーブルの上に何かあるよ、と教えてもらって、ふと見たら、、、

なんとーーーー☆ 

天使だ!

もういっぺんでこの宿を気に入った私。
部屋に荷物を置いて、夕食前にお風呂に行こうか。。。。
と大浴場に向かったら、またしても、なんとーーーーー☆

家康公のお墓へ行く途中の階段に立ってた看板の言葉が。。。。。
しかも、あれには続きがあったのか。
むーん、、、、と、しばらく読みふける。

その後、お風呂の中でも深く思い巡らし。。。
人生とは、、、、むーん。。。

(小さなお風呂だったけど、めっちゃいいお湯でした!露天風呂も気持ち良くて)

翌日は、宿のすぐ横にある二荒山神社中宮へ。

ここの神社が好きすぎるのです。
金ぴかの龍神様がいて、それが特に。

↓これ!

龍神様の他にも、
境内には七福神がそれぞれいろんな場所に祀られているので、
順番に手を合わせつつ、くるくる回りながら参拝します。
最後に銭洗い弁天様にご挨拶して、お金とお守りの小判を洗いました。

さて、参拝も終わったし、帰るか、、、、

と思ったら、宮司さんたちが出てきて、これから朝礼でもやるんかな〜
と思ったら、違う。。。。


なにやら厳かなるムード。
祝詞も始まり、、、、、
そうか!


今日は月初めだから、月次祭なんだ!と気づきました。
(この日は6/1でした)
そんなこと調べもしないで行ったので驚きました。
なんだかわからないまま自然と我々も参加している形に。。。。。
あまりの素晴らしい偶然にちょっと笑いそうになったけど、
すぐに大きな感謝の心が生まれて、儀式が終わるまで参列させていただきました。
特に、福鈴の儀と、巫女舞が素晴らしかったです!
大感動☆ 今まで見た舞いの中で一番素敵だった!
本殿での儀式の後、境内にお祀りしてあるそれぞれの神様の前へ行き、
ご挨拶をして、月次祭終了。

はー。 いいもの見たー。 感謝だー。 ありがとうございます!


この神社、龍の姿に似てるということで、
境内にある松に不思議な力が宿ると言われているらしいのですが、
そんなこと、5回も通って、ようやく今回で初めて知りました。
同じ場所でも、気づきって、深くなっていくものだなあ。

そして、この場所も今回初めて知りましたが、

龍頭の滝。
境内は龍だらけ。
滝の前が茶屋さんになっていて、素晴らしかったです!
甘酒をいただきながら、しばし滝を眺めました。

平日だったので、
宿のお風呂も貸し切り状態、
神社の月次祭も独り占め状態、
龍頭の滝も人影まばら、
本当にありがたいです。何処へ行ってもゆったりで。

神秘の光を放つ場所って、いないんですよね、人間。
人気のスポットと、パワフルな場所って、ちょっと違うよなって、
いつもそう感じます。


山を降りてから、今度は二荒山神社本社へ。

おや?
参道にぽつんと光るもの発見☆

近寄ってみると、
そこだけ風が吹いて葉っぱがゆらゆら踊ってる。。。。。
しかも、陽の光が当たって、まるでスポットライトのよう。

ふふふ。^^
リュウ博士が言ってたな、神様が降りてくるとそこだけ風が吹くって。
私には見えはしなかったけれど、きっと、
小な神様が立っていらしたのかも。


参拝後は、また金谷ホテルでお食事。
昨日は上のダイニング。今日は一階のカフェ。

みんな揃って名物のカレーを食べました!

そして最後の最後は、とっても美味しい珈琲のお店へ。

素敵なおじさまがオーナーさん。
ケーキも美味しいのでした。

あー、今回も素晴らしい旅だった!

それにしても何故こんなに何度も日光に、、、、?
と思っていたけど、今回の旅の最後に謎が解けた気分。

駅前で、
派手にバーン!と売ってるのを見つけたの、苺。

いちご。。。。

って、そういえば栃木の名産だよね。
日光って、今更だけど、栃木県だよね。(笑)

だから、まあ、
そういうことなんじゃないの?

世界の仕組みって。

ものすごいシンプルなはず。



このご縁に感謝いたします。

ありがとうございます☆

なつの いちご

Tue 14th, Jun 2016

「ただいま先行予約受付ちゅう★魔法使いの弟子」

「魔法使いの弟子』をお申し込み頂いた皆さん、
ありがとうございます!
私は来月開催の大阪での個展の準備を進めながら、
毎日少しずつ届く皆さんからのメールを楽しみに読んでいます。
昨日、個展のDMも完成しました。
これから郵送で皆さんのお手元にお届けいたします。
魔法の招待状としてお部屋に飾ってくださいne☆
「魔法使いの弟子」も、なんとか個展前に発送できるようがんばりまーす♪

変わった姿勢で爆睡ちゅうの我が家のチャミュエルくん。
この手がたまら〜ん!かわいすぎるー。



魔法使いの弟子 vol.17 とvol.18の予約をお願いします
待ってましたよ~☆

もう18冊になるんですね
私は11番目の旅について書かれた本が一番好きです
あと3番目のお料理の本も☆
1番目からちゃんと読まなくちゃ(^v^)
楽しみにしています


苺さん、こんにちは。
魔法使いの弟子、二冊とも申し込みします!
このタイミングというのも意味があると思うことが...。
実は、夫に病気が見つかり、今月末に手術をすることになりました。
手術自体は大したことないので、入院は1週間くらいですが、
梅雨空のように曇っていた気持ちに一筋の光が...という心境です。
いつもいいタイミングで苺さんには救っていただいている気がします。
ありがとうございます。
来月の個展にもぜひ伺って、
直接苺さんからパワーをいただけたらなぁと思っております。
久しぶりの魔法使いの弟子、楽しみにしています((o(^∇^)o))


「魔法使いの弟子」vol.17、vol.18 1冊づつお願いします。
いつもなにかがあるとき、不思議と苺さんとのご縁があるような・・・

山あり谷あり・・・
ちゃちゃの死から気持ちが落ち込んだ時も
まるを迎えるときも
母の認知症が進み、心がすさみそうになった今も
いつもほんとうに、心に明かりをともしてくれてます
今回も、どんな写真や文字が飛び込んでくるのでしょう・・・
とても楽しみにしてます
ーーーーーー

☆『魔法使いの弟子vol.17&18 』ただいま先行予約受付ちゅう☆
(予約受付は6/20満月まで!)
「魔法使いの弟子」シリーズは、
2008年の最初のリリースから、今回で18冊刊行したことになります。

vol.17のテキストは、約10年ほど前に書いたものです。
いま読むと、この数年後に出会う、こんまりさんとのご縁も
ただの偶然ではないなあと感じます。
かつて私が憧れていた暮らしはすべて手に入りました。
小さなことを積み重ね続けた結果のことです。
長い道でも、歩き続ければ、必ず辿り着けるのです。
それと、もうひとつ、
時々ファインダーの中で遭遇する天使について書きました。
vol.18は、
運気を上げてゆくということ、
その一点にフォーカスした書き下ろしです。
私が日々、実際に行っていることを書きました。

魔法使いの弟子vol.17(価格 3,500円+消費税、送料&手数料300円)

※『この世の天使』
〜撮影をしている時、
ファインダーの中に天使をみつけることがあります。
私は、
写真を撮ることを通して、
世界の真実に触れることができるのです。〜
(本文より)

※『スモールスペース』
〜無駄なものがどんどん消えてゆき、こうして、
必要なモノだけに囲まれて生きている感覚に、幸せを感じます。
人間関係の整理もうまくなったなと思います。
このことから、
ひとつの気づきは人生のどの部分にも応用できるのだということを知りました。〜
(本文より)

魔法使いの弟子vol.18 (価格 3,500円+消費税、送料&手数料300円)

※『How to Lucy up』
〜この小さな本を開けば、
いつでもあなたは自分の運気を上げることができます。
ただし、それには、
約束がひとつあります。〜
(本文より)

※『金運アップへのアクション』
〜すべての行動は「力強いか」「弱いか」のどちらかです。
本気で自分の運気を上げようと思うなら、
この小さな本に書かれていることに従って、力強く動いてください。〜
(本文より)

※『正しい心の使い方』
〜必要な答えは、時期が来ればもたらされます。
訪れない答えは受け取る必要の無いものです。
どんなに宇宙が広くとも、
私たちは大丈夫なのです。〜
(本文より)
ーーーーー

『魔法使いの弟子』は、CDサイズの、小さな小さな、本です。

~お申し込み方法~
住所 氏名 連絡先 注文部数を明記のうえ、
shop♪ichigo-natsuno.comまで(♪を@に変えて)
メールにてお申し込みください。
★アドレスの一部が新しく変更になっています。お間違いないように!★

こちらから申し込み確認の返信を差し上げた時点で、
予約確定となります。
(メールの事故なども想定し、
申し込みから三日経ってもこちらからの返信が届かない場合は、
大変お手数ですが再度御連絡いただけますようお願い申し上げます)

二冊同時にお申し込みの方、
手数料、送料は300円(1冊分だけ)になります。

発送は、
7月中に皆様のお手元に届くよう予定しています。

たくさんの方々からのお申し込みを
心よりお待ち申し上げております。

☆☆☆☆☆☆☆

追記)
今回の販売は一般書店での取り扱いはありません。
夏野苺オフィシャルサイトでのネット販売のみとなります。

Mon 13th, Jun 2016

「メタモルフォーゼ  〜短い旅★その1〜」


毎年5月には、秋田へ行きます。妹の命日があるから。
別に秋田で生まれたわけじゃないんだけど、
妹の旦那様のいとこが、住職としてお寺を守っていらっしゃるので。
ここにお墓を、というのが彼女の遺言だったらしい。

お墓は、ちょっと変わった樹の下にあるの。
私はいつも、ここに立つと、宇宙を感じる。


お寺の裏手から道がのびていて、

泊まった翌朝にここから散歩するのが好きです。

なんて素晴らしい場所なんだろう!

何処へ行っても、田舎の人は「なんにもないよ」なんて言うけれど。
こんなにも完璧に何もかもが自由に生きているではありませんか!
とても、とても、豊かな世界。

あそこに見えるのはアカシアだよ、と教えてもらいました。
蜂蜜に恋している私は大感激!
ああ、あの花の蜜を集めるのね。。。。

側に寄って香りを嗅いだら、たしかに!
あの「アカシアの蜂蜜」の香りがする〜

見ることができて嬉しい。幸せです。

突き当たりまで行くと、今度は左右に道がのびていて。

右の道はこんなふう。

左を見ると、こんな。


右を選んでちょっと歩きました。

少し遠くに妹が眠ってる場所が見える。

一緒にお散歩できて楽しかった。ありがとう。


縁は不思議なものだなあ。
妹が亡くなってからここに来るようになったのです。
悲しい物語から、幸せが生まれることもあるのです。
時間が経てば、魔法がかかる、すべての出来事。
過去だけを見て未来を決めつけちゃいけない。
どんなことも、
どんな人も、
みんなまだ道の途中なんだから。

どんどん形を変えて流れてゆくことを、
自分に許しながら進もう。

秋田へ来た時のお楽しみのひとつ。お寺さんの朝ご飯。

ぴっかぴかの住まいから生まれる食事。
早朝から家族全員で掃除。
お寺中に響く読経の声。
凛とした生活の中から、
こういう食事は生まれるんだろう。

美味しくて。
身が引き締まる。
見習いたい。


いぶりがっこ。秋田名物?


私に配られたお茶碗。金の羽を持つ蝶々。
蝶のメディスンは「メタモルフォーゼ」。
変容を暗示するメッセージを伝えに来る。

変われ  変われ  恐れるな


東北地方へお住まいのみなさん、
ぜひこのお寺へ足を運んでみてください。
とっても不思議な、風変わりなお寺なんです。
境内にはたくさんの観音像。
なぜか自然とどんどん集まってきてしまうらしい。
(檀家さんからの贈り物とか。。。)
たしかに、
私が最初に行った時から、数は増え続けているような。
観音様を引き寄せるパワーのあるお寺さんなんだなあ。

建物はとても古そう。
どのくらい前から続いてるお寺さんなんだろう?
(今度行ったらこのお寺の歴史を詳しく尋ねてみたい)
私は、教会や神社が大好きなんだけど、
今のアトリエがある場所は、古いお寺がたくさんある街なので、
最近は特にお寺に親近感を覚える。

この大きな銀杏の木。
触れば、ホオポノポノにも通じる扉が開くよう。

ここは、「後三年(ごさんねん)というが最寄り駅みたい。
歩くと30分くらい?
散歩するにはちょうどいいでしょう。

私は、
山門をくぐったすぐ左側にある龍神様の碑に釘付け。

日光東照宮の、鳴き龍の絵を思い出します。
すっごいパワー!!!

こちら、ご住職の、康裕(こうゆう)さん。

忙しく全国を講演で飛び回っていらっしゃるので、
偶然会えたらラッキーです☆

私は、宗教のことはよくわからないけれど、
信仰心は厚いので、いつかこうゆうさんとお話会のイベントなど開催してみたいです。
こうゆうさんの声、、、とっても素敵なのです☆
毎朝、妹にお経を唱えてくださってるそうですが、
なんとそれは幸せなことかと思います。
ありがとうございます。

妹が亡くなってもう8年になりますが、近頃、彼女の声が聴こえるような気がします。
それは、あるはっきりとしたメッセージなのですが、
いま私は、天国へ向かって心の中で力強く返事をしているところ。

「よし、わかった。それはおねえちゃんに任せとき!」



★おまけの写真★
さて、これはいったい何でしょう?

答え:へび。
親戚、家族みんなで、金運についての話をしていたところ。
苺ママがいきなり「ちょっとあれ見て〜」と庭を指さし、叫び出しました。
そこには散歩中のへびが!網戸越しに慌てて撮影したからボケてるけど、
金運の話と蛇。。。。。。 最強すぎます★
(苺ママは妹の化身だと言ってたけど、、、私には大黒様の化身に見えた。笑)


Thu 9th, Jun 2016