写真家

夏野 苺

世界中の魔法使いや天使とともに作品を創る“魔法使いの弟子”
Photographer Ichigo Natsuno's Official Website

毎日のガイダンスをつぶやいています☆
ツイッター@natsunoichigo
フェイスブック 夏野苺ファンページ

「写真と魔法修行」

2006年に、俳優の小栗旬くんの写真集の撮影でイギリスへ行った時のこと。
仕事が終わった後、担当編集者と一緒にイタリアへ寄りました。
初イタリアです! 初ローマです!
一番の目的は、バチカン市国のサン・ピエトロ大聖堂へ行くこと。
広告業界の巨匠、鈴木一朗さんに、
「サン・ピエトロ大聖堂の中に、小さなsouvenir shopがあるから。
そこに世界一小さな金貨が売ってるから。それを買ってくるといい」
と言われたことが強く残っていたことと、
サン・ピエトロ大聖堂の主祭壇には、
写真の神様ヴェロニカ像が飾ってあると知っていたからです。
イタリア行きが決まってから、
もう一度鈴木さんにお話を伺おうと思ってたら、
亡くなったと聞いてびっくり。金貨の話は遺言になってしまいました。

★2006年7月のエッセイに鈴木さんの言葉が書いてあります★
「では、必ず売店に寄りなさい。螺旋階段を上っていくと、
小さな売店があるから。ほとんどの人は気づかないで、皆降りてしまうけれど
あなたなら大丈夫。すぐわかるはず。そこへ行ったら、世界一小さい金貨があるから。
それを買って身につけなさい。あなたはそれを買わなければならない」
今思えば、それはちょっと変わった日本語だったと思う。 啓示か、何か、みたいな。

私は大天使ガブリエルの金貨を買って帰国しました。
この時、最後の一個を手に入れたのです。
(また今は新しく作られてると思います)

聖女ヴェロニカが「写真の神様」と言われるようになったのは、
キリスト教の話からきているみたいなのですが、
私はクリスチャンではないので詳しくはありません。
それでも、
プロのフォトグラファーとしてスタートしていた私の人生に、
「写真の神様」の話が飛び込んできたことは、とても不思議です。

私はよくわからないまま、
大きな流れに押し出されるようにしていきなりプロになってしまったので、
いつもどこか腰が引けていました。
たくさん仕事をこなしていても、
堂々と「私はフォトグラファーです」と言うことができずに、
自己紹介をする時は、
「写真を撮ってご飯を食べています」と、
回りくどい言い方をするのが癖になっていました。

そんな私でも、
一生写真を撮り続けていこうと覚悟を決めたのは、
ヴェロニカ像の前に立った時。
思わずただそう誓った、そんな感じでしたが。

世界中の写真家たちの中で、ヴェロニカ像の前に立って、
自分の仕事に誓いを立てる人って、どのくらいいるんだろう?

どれほどの写真家たちが、
「写真の神様」を信じて仕事してるんだろう?

自分が撮り続けてきた写真はみんな神様からの贈り物だと、
そんなふうに感じる写真家はいるのだろうか?

ある女優さんから「映画の神様がね、、、」という言葉を聴いた時、
ああ、どの分野にも神様はいるんだなあと思ったものだけど、
どのくらい多くの人が、
自分の仕事の中に神様を感じながら働いているのかなあと、時々考えます。

私はヴァチカン以降、見えない世界への関心が更に高まり、
ますます畏敬の念を感じるようになりました。
そして、撮影するために重要なのは、見えるものより見えないもの、
自分の日々の暮らしのすべては、
みんなシャッターを切る一瞬に向かっているんだと思うようになりました。

撮影の前には、まずお祈りからスタートします。
祈りは、大いなるもの(私の場合は写真の神様)に話しかける言葉だから、
初めに感謝の祈りを捧げることで、
私が受け取るべき写真をうまく受け取れるようになります。
(私の中では、撮る=受け取る、
あるいは、つかまえに行くという表現がピッタリきます)
このように自分の型(祈りから始まる撮影)を作って臨むことで、
常に安定して仕事ができるようになりました。


私の中では、写真撮影と魔法修行は切り離せないものです。
瞑想したり、
精神世界に関心を寄せたり、
古いグリモアを読んだり、
天使の声を聴き取る訓練をしたりすることはみんな、
撮影現場で魔法が使えるようになるためのことです。

でも、
私が日々心がけている魔法修行とは特別な世界の特別なことではなく、
自分の日常を生きていく時に役に立つ、
どんな仕事のどんな人にでも必要だろうと感じるものです。

私はたまたま写真を撮ることが仕事になったけど、
会社員でも、農家さんでも、漁師さんでも、
専業主婦の人でも、旅人でも、
誰だって魔法を使いながら生きていくことができるだろうと思っています。




★どんなに邪魔されても怒らず広い心で受け止める、、、
これまた修行なり。(≧∇≦)

Wed 21st, Sep 2016

「宇宙に逆らう行為」

この世界のすべては変わり続ける。

変わらないことはただ一つ、

変わり続けるということだけ。

それなのに、
一度生まれた写真は動かない、永遠に。

それは自然なこととは言い難い。
撮る(止める)ということは、
宇宙に逆らう行為だと思う。

だからこそ、
絶対的な愛を持って行うべきもの。

永遠に閉じ込めてしまう一瞬に責任を持つことが私の仕事。

シャッター音は、宇宙の彼方まで響き渡る。

写真の神様はいつでも見てる、私のことを。

写真の神様に「止めたい理由は何か?」と尋ねられた時に、
まっすぐ答えられるよう、私自身も問い続ける。

止めたい理由は何か?

撮りたい理由は何か?



★理由は、そう大層なものでなくてもいいと思うんだけど。
例えばこんな日常。ご飯を食べた後のリラックスタイム♫
平和な風景にただ感謝したいというだけのこと。

Tue 20th, Sep 2016

「芸術と記録 ふたつの表現方法」

いろんな人のいろんな考え方があるだろうけど、
写真って、
芸術表現としての写真、
記録としての写真、
大きくこの二つに分けることができると私は思っています。

私は自己の内面を表現したくて作品撮りすることもあるけど、
家族の記念写真とか、ルポルタージュとか、報道とか、
作り物ではなくリアルをそのまま撮ることに、
本来の写真の役割があると思います。
(「写真家は世界の記録係り」と、よく表現しています)

私は写真の学校を出てないし、
写真史など学んでいないので、
写真というものが誕生してから今日まで、
どんなふうに進化、変化してきたか、詳しくはわからないけど、
自分勝手な感覚で「写真って、やっぱりリアル勝負だなあ」と思うのです。
この考えがベースにあるので、
人を撮るのが一番面白いと感じるのかな?
それも、ファッションとかじゃなくて、ポートレイト撮影。
ファッションは、
スタッフみんなで新しい世界をひとつ創造していくようなことだから、
ガチで世界を記録していくルポルタージュとは違う。
ファッション撮影も(雑誌の連載で)二年くらい経験したことあって、
あれはあれでとってもエキサイティングな仕事だったけど、
いま私が撮ってて一番喜びを感じるのは、100%リアルな世界。
個人のプロフィール撮影もそうだけど、
音楽ライブとか、演劇の舞台とか、そういうのを撮ってる時が、
一番面白く感じます。

結局は、撮る方も、撮られる方も、
写真に何を求めるのかという違いに過ぎない話なんだろうけど。
それによって、
「写真とは」という意見や考えが違ってくるんだろうなあと思います。
だから、写真を語る時、
そこに正解、不正解はないと思う、というのが私の考えです。

ずーっと前に(もう名前忘れたけど)、
盲目の写真家が撮った写真集を観たことがあります。
もうこうなってくると、ますます「写真って何だ?」ってことになってくる。。。
写真世界なんて、定義できない。
ノーファインダーで撮るとかね。
デジタルとアナログ(フィルム)の話とか。
話がどんどん広がりすぎて、訳わからなくなりそう。
写真の神様が、私を写真学校へ通わせないでプロの世界に入れたのは、
大正解だったと思う!
「勉強」なんてことを先にしてたら、
私は今のように写真を撮ることなんて永遠にできなかっただろうし、
いきなりカメラ持たされて、使い方もよくわからないまま、
ファインダーの中にある「一番心が動くところ」でシャッターを切る、
そういうところから写真人生をスタートできたことが良かったんだと、
つくづく思います。

あと、私はフィルム世代の、もう一番最後の方だけど、
アナログな仕事現場をギリギリ経験できて本当に良かった。
(プロになって8年目くらいで写真世界はデジタルに切り替わった)

36回シャッター切ったらいちいちフィルムを交換するとか、
何時間も暗室にこもって一枚の写真を仕上げていくとか、
写ってるか、写ってないかわからないものを、
「だいじょうぶだ」と信じながら仕事することで、
私は自分の未来を信じるチカラや、
諦めずに粘り続けるというチカラを養ってこれたと思っています。

写したものをすぐその場でチェックできるデジタル世代には、
あまり想像できないだろうなあ。。。。
自分の撮ったものを確認できるのは数時間後という、
よく考えると、とーっても恐ろしい世界。(≧∇≦)
フィルム撮影は、
撮ったフィルムを現像所に出して仕上がるまでに数時間かかる。。。。
モノクロだと、そこから暗室に入るので、さらに数時間かかる。。。。
これが海外ロケとなれば、自分が撮った写真を確認できるのは数日後。。。。
そして一度撮ったものは簡単に「消去」なんてできない。。。
フィルムワンロール36カット、一本勝負の世界。
こんなに恐ろしい(けれどもドキドキ楽しい)時代を無事に生き抜いてこれたことに、
深く感謝いたします! (いま書いてて改めて思ったよぉ〜★)

これからは自分の仕事を通して、
誰もが記念日に家族写真を撮っていた時代にあったものや、
記憶を辿るためのツールとしての写真の在り方を追求していきたいです。

一番撮り続けていきたいジャンルが、ポートレイトとルポルタージュなので、
特に各分野で活躍する個人のプロフィール写真は、
被写体の変身願望を叶えるポートレイトを生み出していきたいです。
この「変身」というのは、別の誰かに変身させるという意味ではなく、
その人が自分の真ん中を思い出せるような、という意味。

その昔、王様達は画家を雇って、自分の姿を記録したけれど、
私は現代に生きる写真家として、
進化し続ける肖像画としての写真を撮り続けていきたいです。

それを、
自分の作品として。



★自分の日記写真はね、究極のルポルタージュだから。
これまたずっと撮り続けていきたい。
何気ない日常の風景たち。私という一個の魂が歩く道。

Mon 19th, Sep 2016

「スピリットを写す」

昨日、在るものは写るけど無いものは写らないという話をアップしました。
その中で、

外見が美しい人でも、
もしその人が自分に自信のない人だったら、
美しい写真に仕上げるのはなかなか難しい。
「美しいふう」に仕上げることはできるかもしれないけれど、
それは、ほんとうじゃない。
嘘をつけば嘘が写るだけです。

と書いたけれど、
じゃあ「なかなか難しい」のであれば、撮れないのか?というと、
これがそうでもなく、むしろ私の燃えどころです!
そのまま放っておいたのでは写らないことがわかっているので、
そういう場合、私は仲良くなる努力をします。
相手の心の中に入り込むことに集中します。
そうすると、どんな人の中にも、
ち〜さな光の玉みたいなものをみつけることができるのです。
そこと自分の光を繋げる作業に心を込めます。
撮影中、私たちの光はひとつになって、少し大きな光になります。
それを写真の神様の光に繋げるというような、
そんなイメージを、私は自分の仕事に持っています。

自分の顔が嫌い、
自分の事を好きになれない、
写真に撮られるのは苦手、
そんな人たちを撮影する場合も一緒です。

被写体はレンズから、写真家はファインダーから、
写真はちょうどその真ん中、
ふたつの魂が出会う場所から生まれます。

被写体が人間以外でも全く同じことを感じるので、
つまり私は、
「スピリットを写す」ということをやっているんだと思います。


★本日のおまけ写真★

我が家の猫くんたち。
まずは彼らと仲良くなる。それからじゃないと、
こんな近くに寄って撮らせてもらうことはできないでしょう。
「深い信頼関係」という距離感がこの写真には写っています。

Sun 18th, Sep 2016

「見える世界と見えない世界」

私は、見える世界を撮っているようで、
実は見えない世界を撮っているんじゃないだろうかと、
いつからかそう思うようになりました。

たとえば、ある人を撮る時、
ちょっとしたこちらからの声かけで、
その人の姿形は何も変わらないはずのに、
表情とか、輝きみたいなものが違って写ることがあって、
それはなぜかしら?とずっと疑問に感じていて。。。。
きっと見えない世界の何かが関係しているからに違いないと、
ある時から思うようになったのです。

見える世界を撮ってると思ったら大間違いだわ、、、ってね。

見える世界だけ見てシャッターを切ってる写真と、
見えない世界も見ながらシャッターを切ってる写真は、
全然違うと感じます。

写真は、そこに無いものは写らない。絶対に。
どんなに「在るふう」に作り込んだとしても、
まやかしはすぐにわかります。

外見が美しい人でも、
もしその人が自分に自信のない人だったら、
美しい写真に仕上げるのはなかなか難しい。
「美しいふう」に仕上げることはできるかもしれないけれど、
それは、ほんとうじゃない。

嘘をつけば嘘が写るだけです。

写真は「真実を写す」と書くけれど、
撮影現場ではその通りのことが起きます。

無いものは写らないけれど、
在るものは写ります。
たとえ見えないものでも、
どんなに隠そうと思っても、
そこに在るならば、
すべて写り込んでしまいます。
(たとえば人の心や精神状態も)

撮影現場での数々の実体験から、
写真というものは見える世界を写しているようで、
実は見えない世界の影響がとても強いのものなのではないかと、
私は考えるようになりました。

だから、
人物撮影の現場で、私が一番大切にしていることは、
楽しい場を作るということ。
場が楽しければ必ずいい表情になるので。

ライティングも、メイクも、衣装も、どれも大事な要素だけど、
いちばん重要なのは、被写体の心の状態です。

レンズの向こう側に立つ人の心を整えていくことが、
大切な私の仕事だと思っています。

そこさえ外さなければ、
後は勝手に写るんですから。

いい写真は、
自然に生まれるものだから。



★ジョン・キムさんの初の小説、発売になりました!
「生きているうちに」
なんていいタイトルなんだろう。。。。。
タイトルだけでじ〜んとなる本って、そうそう無いと思うけど。
これから読むのがとても楽しみです★

Sat 17th, Sep 2016