写真家

夏野 苺

世界中の魔法使いや天使とともに作品を創る“魔法使いの弟子”
Photographer Ichigo Natsuno's Official Website

毎日のガイダンスをつぶやいています☆
ツイッター@natsunoichigo
フェイスブック 夏野苺ファンページ

「新年★修行初め」

びっくりしちゃいました。
今年の初詣は、
ピンときた神社&初めて行く神社を選んだのですが。
2日に行った神社は、小さくて、あまりしんどくない参拝でしたが、
4日の今日行った神社は「これは何の修行ですか?」というくらい、
きつい参拝でした。いろんな意味で。

私は何か行動する時、前もって下調べをする、、、、
ということを全くしません。
計画立てても、計画通りになんて行かないと思ってるから。
ほとんど行き当たりばったりな感じで動いていきます。
地図も見ない。時間も調べない。何があるかもわからないまま出発します。

今日行った神社がこんなに大変な思いしなくちゃ参拝できないとは
夢にも思いませんでした。
山そのものが御神体になっている神社は、覚悟して行かなくちゃ、ですね。

まず山の中腹に本殿があって、そこまでは良かった。
触るとご利益がある恵比寿様に触ったり、

恵比寿旗を奉納したり、

こういうのね!

ここまでは気楽にのんびり楽しかったのですが。
そこからどうやって山頂にある奥宮へ行けばいいかがわからない。
境内にいた警備員の人に聞いたら「さあ?」と首をかしげられて、
笑った。
バイトさんかな?
いろいろ聞いても全く何もわからない様子。
あらー、困ったわ〜
と思っていたら、近くに居た破魔矢を持ったおじさんが、
「どうしたいの?」と話しかけてくれて、
「初めて来たんですが、この山にあるお社すべてまわりたいんです」と言ったら、
ものすごく丁寧に教えてくれました!
やった!
そうそう!
大丈夫なんだよね、必ずこういう人が現れるから!
(私は「人間の姿をした天使さん」と呼びます)

その人は、和装姿の私を見て一言。
「大丈夫かな?その格好。結構山道ですよ」と心配そう。
「滅多に登る人はいませんから。あそこまではなかなか皆行きませんよ」
とまで言っている。。。。

でも私は向かったのでした。

どうしてかわからないけど、どうしても行きたかったので。

そうしたらですね、
途中までは階段があったんだけど、
いきなり目の前にこんな風景。。。。。



あのー、
道が。 ありませんが。

そして皆さんの格好を見る限り、これはもうほとんど、登山。

とざんっ!

山登りじゃあないかっ!これ。

しばらく、じーっと見つめて。
でも行くしかないので。
選択肢はその他にはないので。
腹を決めて登り始めました。

道なき道を!

登りながらゼーゼーハーハー「これ何の修行?」と思いましたが。

やっとの思いで着いた頂上は、こんな!


わーん!
素晴らしいっ!!!!
(なんと!はるか向こうに、私のアトリエのマンションが見えました)

はー。

気持ちいいなあ。ここまで登ってこれて、幸せだー。

そう思って、参拝して、社務所でお札を買おうと思ったら。。。。。

お金がない。

。。。。。そうでした。
お守り、お札、奉納、
下の本殿で、いろいろ使ってもうこの財布にはお金が入ってない。

仕方ない。参拝できただけでもありがたい。
今日はもうお札は諦めて、帰ろう。

そう思って、社務所の人に一応「ここはいつも開いてますか?」
と尋ねたら、
「すみません。実はここは滅多に開いてないんです」
と答えるじゃありませんかっ!

なんですってー!?

「閉まってる場合は、じゃあ、どこでこの山頂のお札を買えばいいんですか?
 下の本殿のところ?」と再び尋ねると、

「すみません。必ずいつも置いてあるという保証はないんです」
と答えるじゃありませんかっ!

な? なんですってー!????

もう疲れてるのと、山頂の風がビュービュー吹くなか寒いのとで、
考えがまわらず、一瞬何を言われてるのか理解できず。

「えーっと、あのー、そうするとですね、ここのお札は滅多に買えない、
 手に入れるのが難しい。運が良ければ。。。。。みたいな話ですか?」
と言ったら、
「そうなんです。すみません」と答える宮司さん。

ああ。

ああ、、、、、

どうしても欲しいなら、
下までもう一度降りて、お金を取ってこなくちゃ。。。。。。


私、この時、神様の声が聴こえました。


お主の本気はいかほどのものじゃ?


はい、、、、、
そうですね。

わかりました。

私は決意しました。
一度降りて、もう一度登ってくると。

実は、下りは登りより何倍も怖かったです。
私は高いところが大好きですが、
それでもここでは、
下を見たら足がすくんで動けなくなる。

足元だけを見ろ、
下を見るな、
遠くの景色は見るな、
と呪文のように繰り返しながら下山しました。

それで、お金を持って、もう一度、
あのロッククライミングか?みたいな道を登り始めた時は、
「これ、なんの修行?」と、今度は声に出して言っちゃいました!

戻ったら、宮司さんがめちゃ驚いてました。

「さっきはお金が足りなかったので、取ってきました」
と、えへへと笑ったら、
「えー?」と目を丸くしてました。


滅多に人が登らないという場所に、続けて二度も登った私。


なんの修行だったんでしょう?


山の上の神様は、
私に何を試されたのでしょう?

私は、
何かパスできたことはありますか?


2018年、ますます今年がどんな一年になるのか、
楽しみになってきました。



ありがとうございます!!!!

(私がこんなことをやっている間、ずっと下の茶屋さんで待っててくれた家族に感謝します)

Thu 4th, Jan 2018

「勇気ある光の言葉」


苺さん。
おはようございます。
苺さんへお伝えしたいと思いつつ躊躇していました。
去年カレンダーと魔法使いの弟子を購入させてもらった横山です。
何年か苺さんをブログを通して陰から覗いていた感じだったので、
去年カレンダーを購入した際に苺さんに送った私のメッセージがブログに載っていたときは、
陰でひっそりとしていた私に光を当ててくださったような感じがしました。
今年もカレンダーを購入したかったのですが、金銭的に難しくあきらめました。
お伝えしたかったのは
購入した苺さんのカレンダーはとても素敵なものでした。
ずっと眺めていられるという感覚を初めて感じられる写真達でした。
ブレスレットも含めて苺さんの作品というものを感じることができました。
苺さんの世界が好きです。
当たり前ですがただの物ではななく作品であり力が宿っていると感じました。
こちらが購入するという形であるけれど素敵なプレゼントを苺さんから頂いた感覚があるのです。
それなのに今回購入しなかったことで頂きっぱなしで返事をしていないような心地の悪さがあり、
購入もせずにこんなメールを苺さんに送るのも変だ解っているのですが、
お伝えさせていただきました。
ーーーーー

なんて素敵なメッセージ。
ありがとうございます。
とても感激して読ませていただきました。

『苺さんの世界が好きです。
当たり前ですがただの物ではななく作品であり力が宿っていると感じました。
こちらが購入するという形であるけれど
素敵なプレゼントを苺さんから頂いた感覚があるのです。』

特にここ。
心が震える。。。。
本当にありがとう!
今年のカレンダーを買うことはできなかったんですね。
でも、こんなふうにメッセージを届けてくれてありがとう。
同じような状況で、いじけてしまう人も世の中にはいるかもしれないのに。
こんな爽やかな!光ってる言葉たちを届けてくれるなんて!
私もまた、あなたから大きな贈り物をいただいた気分です。
わーん、ありがとう。ありがとう。
お金の問題で手に入れられないって、
そういうこと伝えるのは勇気がいると思います。
自分と向き合うこともしないといけないし。
だから、こう書いて伝えられるのは、
きちんと自分の現状を見つめ、かつ、前進しようと頑張ってる証拠だと思うのです。
決して人生から目をそらさずに進む覚悟を持っている人だと、私は感じるのです。
こんな人にはプレゼントあげたくなっちゃう私。
待っていてくださいね〜★
贈ります!
さて、何が届くでしょうか?お楽しみに。


今朝方、カーテンの隙間から目が眩むほどの月光が。
蟹座の満月。スーパームーン。
起き上がったら、壁にくっきり私の影ができた!


届いたメールには、
この光と同じパワーが宿ってたなと思いました。

私は本当に素晴らしいファンの人たちに支えられている。

このことについて、
心の底から誇りを感じます。

今年は、
ますますみんなを喜ばせたい。

それが私の喜びだから。



Wed 3rd, Jan 2018

「2018.1.2 蟹座のスーパームーン!」


すごい!大きな月っ。
昇ってきました。
あなたは何処で見てますか?
(私は、実家のある住宅街の中で)

今夜は満月。
それも、蟹座のスーパームーン。
私は自分が蟹座だから、なんだかとても嬉しい。

今年の初詣。
昨日は近所の神社。
今日は車を一時間ほど走らせたところへ。
初めて行く神社だったけど、素晴らしかった。



神社の周りを歩いている時に、
不思議な樹を見つけて。

あの赤い点々は何だろう?と、

近寄ってみたら、

赤い実が、鈴なりに成ってた!

これ何の樹?
南天?千両?万両?

こんなに大きいのって、すごくない?

葉は無くて、実だけ。

青空に鮮やかな赤。


わーん、いいもの見たー。

Tue 2nd, Jan 2018

「きたー!2018年」

今年もよろしくお願いします!
撮って、
創って、
書きます!

もちろん、まほう修行も忘れずに☆



Mon 1st, Jan 2018

Tags 2018年

「ありがとう★さようなら2017年!」

暮れてます、暮れてます、どんどん。

あと数時間で、今年もおしまい。

私は実家で紅白見ながらベタな年末を楽しんでいます。

来年も、こういう何気ない日常を楽しむ心を、
ますます大切にしていきたいです。

今日のお昼には、家族揃ってうなぎを食べに行きました。
はちみつのおかげで、
暮れからひいてた風邪も吹っ飛び、食欲も戻って、
うな重おいしかったです!



それで、
私は毎年どこの神社で大祓の儀に参加するか、
直感で決めるんだけど。
今年は、初めて行く神社へ。
ある場所が浮かんで。そこがいいように感じたので。
前もって電話してみたら「18時からです」と言われてびっくり。
今まで行った神社はどこも、午後早くか、夕方ごろにやってたから、
そういうもんかと思ってたけど。
日がとっぷり暮れてからやる神社もあるのかと。

行く前に、
そういえば何の神様が祀ってある神社かしら?と、
調べてみたら、猿田彦でした。
導きの神様。(天使なら、チャミュエル)
これからの行く道を照らしてくれる、光の神様。

ほー。

ここで大祓か!

じゃあ、初詣はどこに行こうかなー?

それも直感で決めよう。


で、
行ってみたんですけど。

なにここ?
誰もいません!

えー?時間を聞き間違えた?
6時と聞こえましたが。16時だったでしょうか?

とっても不安になって、境内で途方に暮れていたら、
宮司さんが歩いてきたので「あのー、大祓は、、、、」と尋ねたら、
「こちらへどうぞ」と、社務所の奥の方をさしたので、
よかった、これからなんだわ。と、
指定された場所へ行ったら、そこで待ってる人たちがちょっといて。
たぶん、近所の人たち?
私だけアウェイな感じ。よそ者感ハンパないですが。
すみません。仲間に混ぜてくださいね〜。という心で端っこに座りました。

だけど、ここの神社気に入りました!
すごーく古くて。格式あって。静かで。
混んでないのがいい!

厳かに大祓の儀が執り行われ、
家に帰って、すき焼き食べて。
紅白ちゅう。←今ここ。


思い出そうと思えばいろいろあるけれど。
なんか、今夜はもう、真っ白になって、
新年を迎えたい。

2017年に感謝いっぱい。
でも心は、
2018年に向かってる。


ふと去年の大晦日のエッセイ読み返してみたら、
全く暮れ感がない。と書いてあって。笑った。
なんだ、感じることは毎年一緒か。

振り返るより、前へ、前へ!と進みたい私です。



みなさん、今年もありがとう。

良いお年を。

来年もまたよろしくお願いします。

2017.12.31 夏野苺


Sun 31st, Dec 2017