写真家

夏野 苺

世界中の魔法使いや天使とともに作品を創る“魔法使いの弟子”
Photographer Ichigo Natsuno's Official Website

毎日のガイダンスをつぶやいています☆
ツイッター@natsunoichigo
フェイスブック 夏野苺ファンページ

「キター!この世で一番美味しい黒い森ケーキ!」

わー!
巡り合ったというメールが届きました〜。
でしょー。でしょー!やっぱりねー。
絶対大丈夫だと思ってた!
後ろに写ってるのがケルン大聖堂だね。
やっぱりすぐ側だったんだ!
(ちょっと記憶が曖昧だったけど)

彼女が手に持ってるこれ!

そうそう!これこれこれこれー!
わーん!
うらやましすぎるぅぅぅぅぅぅ!

わたくし、たった今、決意いたしました。
もう一度ケルンへ行きます!
このケーキを食べに!

そうだ、ドイツへ行こう!
今年じゃないけど。
まあ、この2〜3年以内に必ず!(宣言)

この無骨な感じがいいんだよね〜。
中にたっぷり入ってる洋酒漬けのさくらんぼと、
このクリームのハーモニーが絶妙なの!
チョコも、カカオが美味しくて、
砂糖なんてほとんど使ってないんじゃない?という味なのでした。
(日本で食べるチョコケーキとはまったく違う!)

はー。

羨ましい。

おかげでドイツへ行く目標ができたので嬉しいです!

写真送ってくれてありがとう!!!!!!!!!!!


そういう私も、
今日もまた美味しいものを食べてきました。
お馴染かっちゃん&あやちゃん夫婦と。
前から行こうねと言っていたカフェの朝ごはん。
これがものすごーく美味しくてびっくり。

「旅する朝ごはん」というコンセプトで、
日本全国いろんな場所の特産物を使用した朝ごはんが
月替わりで出るらしい。
今月は佐賀県。


そのあと、散歩して、
またあの大好きな着物屋さんへ。

もちろん着てもらった!(笑)
自分で着るのも好きだけど、
人が着てるのを見てるだけでも幸せ。

似合いすぎる!この浴衣!

男性で、帯がリボン結びってしびれるっ★
めっちゃ素敵!

そして本日も私の大好きすぎるキレッキレの店長と。(笑)


どうせなら、と、麻の着物も試着。
ため息が出るほど素敵でした〜。


夫婦で着物。い〜な〜★

いろいろ遊んだらぐったり疲れたので、
表参道にある「call」というカフェに移動しました。
かっちゃん夫婦は、
私の知らないお店をたくさん知っていて、
よく初めての場所に案内してくれるのですが、
それがいつもとても楽しみで、
今日も全然知らなかったカフェに連れて行ってもらい、
すごーく素敵だったので大感激。
ベルギービールと、スパークリングワインで乾杯しつつ、
サラダと、

レバーのパテと、

クラムチャウダーと、

ソーセージを、みんなでシェアしながらいただきました!

よく考えたら、
朝ごはんを食べたきり、
お昼を食べるのを忘れてしまってお腹空いてたから、
余計に美味しく感じたかも。

あー。
でもやっぱりあのケルンのケーキが食べたい!

絶対食べに行くzo〜★


ーーーーー
☆まもなく「苺バザール」を開催!!(開催期間:7/23(新月)~7/31)
バザールに参加希望の皆さんは、こちらからお申し込みください。
↓ ↓ ↓
https://ssl.form-mailer.jp/fms/c50975f4519189

Wed 19th, Jul 2017

「フランクフルトから魔法の風が吹いてきた!」


すごい!
フランクフルトから写真が送られてきた!
見よ、この見事なおっかさんの姿!
感動する〜。

上の子がまだ赤ちゃんの時に、
個展に来てくれたことを覚えています。
それがー、いつの間にか二人のお母さんに!
わたくし一人旅だってひいひい言うのに、
子供二人(一人はまだ赤ん坊!)抱えて、
フランクフルトまで行っちゃうのはすごい。
しかもこれ、初海外らしい。
どんだけ自分の枠を取っ払っているのか!
はー。
魔法修行の結果だねえ!
だって、確か、最初に会った時、
この人にはこんな逞しさはなかったような。
どちらかというと、甘えの塊のような人だったと記憶しています。

私は、
ものすごーく冷たい、氷のような一面を持っているので、
ある感覚を覚えるとパッとその人から距離を置くことがあります。
大抵は、図々しさと、甘ったれているのを感じた時。
これは元々私の中にもあるものだから、
もうこれ以上見たくない!という気持ちが働くせいもあると思いますが、
(自分自身で改善したいと熱望している部分だから)
図々しく境界線を超えて踏み込んだりしてくる人や、
限りなく寄りかかり甘えてくる人に、
どこまでも手を貸していたら自分のことをする時間がなくなるから、
ということもあります。

そういう私の対応の表面だけを見ている人は、
自然と縁がなくなり離れることになりますが、
たま〜に、
自分自身をマイナーチェンジしながら、
懲りずに付いて来てくれる人がいます。
この方もそういう一人かな?と感じます。
彼女に対して図々しいと感じたことはありませんでしたが、
「このままずーっと丁寧にこの人の話を聞き続けていたら、
 彼女が自分で考える時間がなくなりそう」と思ったことはあります。
なんでも私に尋ねてくるようになってしまった時、そう感じたのかな?

以前の彼女なら、
小さな子供がいる時点で、
「旅行なんて無理。ましてや海外なんて」と思ったはず。

だけど今は、見て、ほら!こんなに大変身して!
遠い異国から写真を送ってきてくれた。
立派だよ〜おっかさーん★

私は感動しっぱなしです。

人は変われるんですよ、やっぱり。

別に特別変わろうと無理して苦しく努力しなくても、
ただ毎日の目の前のことを丁寧にやり続けて、
笑いながら楽しく自分の暮らしを大切にしてたら、
その人にとって一番相応しい形で成長できる。

それから、
人のご縁というものも、
一度離れてもうおしまいということもあるけれど、
近くなったり遠くなったりしながら、
ずーっと続いていく形もある。

彼女はそういうことを私に見せてくれました。

ありがとう。

どうぞよい旅を。
一生の思い出になりますね。
あと、
あの美味しいケーキに出会えるといいですne☆
あなたなら巡り会えるような気がします。


ーーーーー

☆「苺バザール」を開催します。(開催期間:7/23(新月)~7/31)
バザールに参加希望の皆さんは、こちらからお申し込みください。
↓ ↓ ↓
https://ssl.form-mailer.jp/fms/c50975f4519189

☆7月ワークショップのご案内
詳細はこちらをご覧ください!
↓ ↓ ↓
http://ichigo-natsuno.com/ws-20177/




Tue 18th, Jul 2017

「幸せすぎる誕生日!」


またしてもお祝いしていただきました。
ありがとうございます。


フォトマジック以来、
女っぷりがアップし通しの、あさこさん。
(運気もどんどんアップしてるらしい!)


久しぶりに虎ノ門ヒルズのアンダーズ東京でのランチ。
これは前菜。


そして青豆のスープ。


ここはお野菜がとっても美味しいのですが、
ステーキも美味しすぎててひっくり返りました。


51階にあるレストラン。窓際のお席は景色も最高!
あさこさん、本当にありがとう。ご馳走様です★


デザートタイムは、別のお席へ移動して、、、


なんのムースだっけ?ピスタチオだっけ?
甘すぎず美味しかったです。そして、、、


最後にびっくりサプライズ!!!!!!!!!!!!!


大感動〜〜〜★

もうお腹いっぱいで三つ全部は食べれないから、
あさこさんとひとつずつ食べて、
残った一本は持って帰ると言ったら、
こんな大袈裟な包みに。。。。

すごいっ!
なんか、愛が!
ホテルって、高いけど、
お客様をいい気分にさせる天才だから。
堂々とその料金は請求してもいいよねって思います。
利用する方も、
目に見えるモノの値段だけじゃなく、
目には見えないもの、、、、、
例えば、
ホテルマンの笑顔から溢れる愛情とか、
高揚する気分とか、
ホテル全体が醸し出す場のムードとか。
そういうものにお金を払ってるんだって、
わかって利用するといいんだよね。

楽しく幸せな時間だったな〜。

そしてまだまだ幸せタイムは続く。。。

この後、呉服屋さんへ遊びに行きました。

あさこさん、ちょっと浴衣を試着ちゅう。
背中にまわって着付けているのが店長さんです。
どうでしょうか。このキレッキレな感じ!
私にぴったり。(笑)
よくもこんな店長のいる呉服屋さんに巡り会えたなあと思います。
もうこの呉服屋さんとは一生のお付き合いになりそうです。

変わって、こちら。
なんと100万するお着物!!!
か、買うのか?


いや、再び、浴衣。(笑)
洋服と一緒で、着物も見るだけじゃなく、
着てみないとわからないものですね〜。
もし私がこれ着るとしたら漫画みたいになりそうだけど、
あさこさんには、とってもお似合いでした!


今年の誕生日は、
たくさんお祝いしてもらえて嬉しかったです。
みなさん、
本当にありがとうございます☆
ここからの一年、また楽しく頑張ります!



★おまけの話。

私の誕生日は知らないと思いますが、
あの、大阪の神社で知り合った素敵なおじさまから、
美味しいものが届きました!
(お中元って熨斗袋が貼ってありました)
京都の佃煮セット。


よく見たら、その中のひとつに、
祇園祭をテーマに描かれたイラストが。


イラストが描かれた袋の裏に「スサノオ」の文字っっっ
。。。。やはり、深いご縁を感じます。
ちょうど私の誕生日の頃に届いたので、
スサノオ様にもお祝いしていただいたような気分でございます。
(あのおじさま。やはり魔法使いさんかしら?)


ちりめん山椒。熱々の酵素玄米に乗せていただきました。
ありがとうございます。ごちそうさまです!

ーーーーー
☆「苺バザール」を開催します。(開催期間:7/23(新月)~7/31)
バザールに参加希望の皆さんは、こちらからお申し込みください。
↓ ↓ ↓
https://ssl.form-mailer.jp/fms/c50975f4519189

☆7月ワークショップのご案内
詳細はこちらをご覧ください!
↓ ↓ ↓
http://ichigo-natsuno.com/ws-20177/

Mon 17th, Jul 2017

「後方に注意せよ」

例えば、あなたが神様だったとします。
贈り物を抱えながら、
そこにいる人が振り向くのを待っているとします。
このギフトを受け取ったらどんなに素晴らしいことになるか。
想像しただけでウキウキ気分が上がります。

けれど
いつまでたっても振り向いてくれないとしたら、
どうでしょうか?

ふと目線をそらすと、
情熱的にこちらをじーっと見ている別の人を発見しました。
目があった瞬間、ニコッと笑いかけられて。。。

つい、そちらに贈り物を渡したくはなりませんか?


こんなふうに、
ずっとひとつの方向にばかり目を向けている人や、
そうとは気付かずとも実は幸福に背を受けている人は、
聖なるギフトを受け取り損ねてしまうことが度々あるかもしれません。



魔女の教えで「後方に注意せよ」という言葉があります。
これは、
忍び寄る悪に対して注意せよという意味でもありますが、
ラッキーはどちらの方角からやってくるかわからないという意味も含まれています。

また、
メディスンカードの中に、
「スパイダー(蜘蛛)」のスピリットの教えがありますが、これは、
「全方向に目を向けなさい。あなたから見えていない場所に隠れているチャンスがある」
というメッセージを持って表れます。

人生では、
いかに制限を設けないでいるかということがとても重要なことなんだと思います。



昨夜で、
小さな魔法学校第1期生募集の案内を締め切りました。
ご応募いただいた皆様!ありがとうございます。

最後にお申し込みくださったのは、
もしかして一番古くから私を見てくれているかもしれない
という人でした。


職業
一般的には「主婦」ですが自分では「お母さん」だと思っています。
尊敬する人(もしくは影響を受けた人)
苺さんに影響を受けているのは間違いないです。
尊敬するのは父と母です。

なぜこのクラスに興味を持ったのか
魔女の修業を始める前から苺さんをずっと見ていました。
最初のころと今ではすっかり印象の違っている部分と、変わらない部分があります。
初めて出会った時から今までの13年で、
苺さんを取り巻く状況は大きな変化があったのだと思います。
私にも、もうすぐ大きな状況変化が訪れるはずです。
どこがどう変わっていくのか、変えていけるのか。
苺さんが今まで手に入れた秘密から、もう一度きちんと学んでみたいのです。
私が苺さんから学んだ一つの大切なことは
「ぴん!ときたら思い切って飛び込むこと」
締め切りぎりぎりになってしまいましたが、ちゃんと飛び込んでみます。
よろしくお願いします。
出会った頃の苺さんの印象は「激しくてかっこよくてかわいいひと」
今の苺さんの印象は「小さいけれど大きくてかわいいひと」です。
なんとなく伝わったでしょうか...?言葉にするのはむつかしいですね。


ありがとうございます。
はい、なんとなく伝わっています。^^
今は穏やかでかっこよさはなくなったけれど、
可愛さは残っているんですね。(笑)よかった!
「大きくて」っていうのも、なんかいいなあと思います。

大昔のエッセイを読み返すと自分でも笑っちゃいますが、
あの激しさはすごいね。
あれをある意味かっこよかったとするならば、
確かにあの感じはっもうすっかり私の表面からは消え去ったと思います。
あの部分を人に知らせる必要性を感じなくなったからです。
というか、
以前は自分で意識できずにいたのでコントロールできなかったけれど、
今はだいたい、
「常に現在にいる」ということを意識しながら生きていけるようになったので、
「今ここでは何を出して何をしまうのか」を毎瞬選択するという姿勢で、
自分と世界を馴染ませることができるようになりました。
昔より今の方が楽に呼吸できているように感じます。

あの激しい部分は、外側から見えなくなった分、
自分の内面ではさらに強烈さを増しているように感じます。
それがラブパワーとして爆発していけばいいなといつも思っています。
愛より強いものはありませんから。


この方、ご自分の職業を「お母さん」としているのも面白いですね。
お母さんのプロなんですね。素晴らしい!
職業欄に「主婦」と書いてきた人もいますが、
どこかよそからお給料をもらって、
時間給で働いているわけではないけれど、
自分が日々やっていることを「仕事」として捉えられるのは、
「生きるプロ」「自分のプロ」ということだから。
それこそかっこいいなあと感じます。


小さな魔法学校に興味を持ってくださったみなさん!
改めまして。本当にありがとうございます。
受講案内が届くまで今しばらくお待ちくださいね。



今日は、
お誕生日のお祝いに素晴らしいランチタイムをセッティングしてくれた人がいるので、
感謝の気持ちで会いに行ってきます☆
皆様も楽しい休日を!


ーーーーー


ありがとうございます!
こちらも続々お申し込みいただいています!
☆「苺バザール」を開催します。(開催期間:7/23(新月)~7/31)
バザールに参加希望の皆さんは、こちらからお申し込みください。
↓ ↓ ↓
https://ssl.form-mailer.jp/fms/c50975f4519189

☆7月ワークショップのご案内
詳細はこちらをご覧ください!
↓ ↓ ↓
http://ichigo-natsuno.com/ws-20177/




Sun 16th, Jul 2017

「魔法学校とTOKYO着物学」

短い間ですが、
また自由大学に通うことになりました。
「TOKYO着物学」という講座を受講します。
今日はその第1日目。
とっても素敵なクラスメートたちとキュレーターと講師の皆さん。
最後まで楽しく受講できそうです!

ここに来てまた着物とのご縁がグッと深くなっているのが嬉しいです。
目標は、和裁。(笑 できんのかー!)
自分で自分の着物が縫えたら素晴らしい!
「この人にぜひ教えて欲しい」と思える先生に
どうやら巡り合ってしまったようなので、いつか本当にやるかも。^^
まあ、まだ先の話ですが。

★いろんな着物の生地も見せてもらって楽しかった!

あの先生は不思議な魅力を持った人。
自分の活動コンセプトを100%体現しながら生きている人。
私は心密かにめっちゃ感動しました!
また自分から「撮ってみたい!」と感じる人に出会っちゃった気分です。
ポートレート撮りたいなあ。。。。。
いやいや、まずは着物学、しっかり学ぼう!
宿題も出たので楽しみながら勉強していきます。

そして、

私の小さな学校。
なかなかユニークな皆さんからお申込みいただいています。
ありがとうございます!
皆さんには「尊敬する人、または影響を受けた人」を記入して、
お申込みしていただいてるのですが、
たいていの人が「苺さん」と書いてくださっている中で、
ちょっとこのお二人、面白かったです。


尊敬する人もしくは影響を受けた人

一人、というよりは、色々な身近な人の色々なところ。
身近な人の弱い(と本人が思っている)部分、人間らしい部分が見えたとき、
あ、この人のこと好きだな、と思ったりします。


「尊敬する人(もしくは影響を受けた人)」が浮かばなくて、
メールするのをためらっていました。
真似をしたい人、素晴らしい人は、今までにたくさんいます。
ただ、「長い間いつもこの人を尊敬しています!」といった感じでなく、
そして、影響を受けるのは、"苦手な相手"だったりします。
それはそれでOK!と受け入れられる自分でもないですし......。
そんな風に考えながらも、
魔法学校に興味があるのは変わらなかったのでメールいたしました。
よろしくお願いいたします!


ありがとうございます。
いいと思います!


なぜ申し込もうと思ったか、
その理由についても皆さんに書いていただいてるのですが、
いくつかピックアップしてここにシェアしますね。
長い人もいるのですが、面白いので、
よかったら皆さんも読んでみてください。


魔女とか魔法とか天使と言う言葉を初めてきいたのは
苺さんからだったなと思います。
それから エッセイやおまじないの本を拝見して
いつのまにやら 魔法使いになりたいなとか
天使とお友だちになりたいな なんて思い始めて
そこからオラクルカードやらドリーンバーチュー博士にもたどり着き
今も修行中。その始めのはじめはやっぱり苺さんです。
魔法学校に興味を持ったのは
もっと天使の声が聞きたいし
魔法も使えたらいいなと思ったのと
苺さんのこともっと知りたいなって思ったからです。


この学校に興味を持ったのは、魔法は自分で実践するものだけれども、
自分なりに地道にやっていても、ちょっと惰性になってきている事に気づいたからです。
一緒に頑張る仲間がいれば、チカラがもっと沸いてくると思ったからです。
最近、興味や思考があちこち行き過ぎて、いろいろ興味を持ってもいいとはおもうのですが、
集中力が足りないと思いました。好きな事への集中力が。
もし宜しければ、ご案内を送っていただければ、幸いです。宜しくお願い致します。


なぜこのクラスに興味を持ったのか
箕面のお店にお邪魔させてもらいました。
昨年に続いて2回目のいちごさんとのご対面でした。
昨年は、暗い夜に明るく灯る窓の光の写真がとても心に残りました。
今年は、自分の手のひらの肌色をすかしたサンキャッチャーの色...
肌色のような淡いオレンジのような色がとても気になって、
何回も透かして見ていました。
当日、12:00オープンのところ、
私はどうしても抜けられない用事があり12:15頃にはおいとましなければなりませんでした。
期間中に箕面に行けるのはあの日だけ、それでも15分だけでも、
今年もあの小さな可愛らしい空間に身を置いてみたかったのです。
オープンして間もない時間にバタバタと去る私を、
いちごさんは昨年と変わらないにこやかな笑顔で見送ってくださいました。
お店を出て、表の通りに出た瞬間のことでした。
いきなり、胸の真ん中に、白い光を包むような、
肌色のような淡いオレンジのような光を感じました。
ちょうど先ほどのサンキャッチャーごしに見た色のような光です。
胸のなかでほわっとあたたかく輝いて、その頃、ちょっと渦巻いていた不安な気持ちが、
ふっとなくなるのをはっきりと感じました。
なんだかすごく嬉しく幸せな気持ちに満たされて、
足どり軽く駅までの道を歩いたのを覚えています。
たった15分の滞在の直後に起こった不思議な出来事でした。
帰りの電車でこの感覚を忘れないようにノートに書き、
いつかいちごさんに伝えられたらいいな、と思っていました。
今回魔法学校のご案内を目にし、
この機会にお伝えしようとスマホの画面を開きました。
そして、それが興味をもった理由...になるでしょうか(^-^)


苺さん、こんにちは!
以前から魔法学校のことは知っていたのですが
私にとって「今」ではないと思っていました。
でも、今朝、エッセイを拝読して
「今だからこそ」ような気がしたのです。


夏野苺 様
こんにちは。
以前、苺さんに一度お会いしたことがあります。
尊敬する大好きな吉本ばななさんをきっかけに苺さんを知り、
2012年3月に苺さんの個展に行かせていただきました。
苺さんにお会いできたことと、
持参した苺さんのおまじないの本にサインしていただいたのが、
すっごく嬉しかったです。
個展で苺さんにお会いして、私は魂が喜ぶのを感じました。
でも、その後の私は、心を使うチャンスを見つけながらも、
結局、頭を使う生活に戻ってしまいました。
そんな私が、また苺さんにたどり着く出来事がありました。
私は会社員で事務の仕事をしています。
事務の仕事は失敗が多くて、頑張るほどに人に迷惑をかけちゃって、
自分は何故こんなにダメなんだろう?と絶望していました。
そして、ふと思いました。
もう自分でコントロールすることはやめよう。
「もう降参して、宇宙に頼もう」と。
「私がワクワクしたり幸せや喜びを感じることで、
まわりの人も自動的に幸せになるように私を使ってください。
その方法を教えてください。」と。
宇宙の法則は、ずっと興味がありましたが、
本当に心の底から宇宙に何かを委ねたのは、はじめてのことでした。
次の日、歩いていたら、足元にカラスの羽が落ちてるのを発見しました。
「あっ、yesだ!宇宙に届いた」と思いました。
そして、突然、苺さんのことが浮かびました。
久しぶりに苺さんのエッセイを読みながら、すごく励まされる感覚がありました。
魂の喜びを感じました。
次の日の朝、会社の階段をあがっていたら、白い小さな羽が落ちていました。
「あっ、またyesだ!宇宙ありがとう!」と確信に変わりました。
家に帰って、苺さんのおまじないの本を開きました。
個展の時にいただいた小さな白い羽が本の中に大事にしまってあるのを見つけて、
白い羽のシンクロに、びっくりしました。
思わず、天使に感謝しました。
そして!!おまじないの本の苺さんの写真が素敵すぎて、
見れば見るほどぐっときて、こみ上げる喜びが止まらない。
おまじないも楽しくて、今がそれをする私のタイミングだったのだと感じています。
そんな流れから、苺さんの魔法学校にとても興味があります。
心を使うってどういうことなのか、すごく知りたいです。
長くなってしまいましたが、読んでくださってありがとうございます。
苺さん大好きです!!


苺さん、
こんにちは!
この前、お財布をいただき、もう一度感謝いたします!
おさいせん専用のお財布を持つことで、神社で頭を下げる日が増えました。
特別なことが起こっているわけではありませんが、
今日も無事に平和に暮らせているのは、望みが叶っているのだと思うのです。
苺さんのお知らせを読み、天使好きの私は「魔法学校」で学びたいと思いました。

ーーーーー


いただいたメッセージの中で特に印象に残ったのは、
「好きなことへの集中力が足りない」という言葉。
これはもう根本から心の角度を変えていく必要があると感じます。
集中力ってね、好きなことやってる時には途切れないものなんです。
途切れる、飽きる、足りない、そう感じるなら、
それは好きなことじゃないんですよ。
あるいは、好きなことだけれどそれを持続させる方法が違っている。
だから、その一点だけ変化の風を起こせば、
こういう人はパーっとどこまでも疾走していけるはず。
ぜひ、自分だけの魔法を使えるようになってください。

それから、

「私にとって「今」ではないと思っていました。
 でも、今朝、エッセイを拝読して
「今だからこそ」ような気がしたのです。」という言葉。
とてもご自分の心の中を丁寧に観察している人だなあと感じます。
そして心の視点を変える力も持っている。

私、皆さんのメッセージを読んでいて思いました。
やっぱり本気でアクション起こせるのは、
心が動いた時なんだなって。
身体は心についてくるものなんだと、
しみじみ思う。

皆さん。
ありがとうございます。
私の投げかけに応えてくれて。

皆さんが自分の意思で動いたことを、
とても嬉しく思います。
それは本当に大事な初めの一歩だから。

ーーーーー

☆小さな魔法学校のご案内☆
天使、魔法、精神世界に興味のある方対象のクラスとなります。
あらかじめ、
氏名、
職業、
尊敬する人(もしくは影響を受けた人)、
なぜこのクラスに興味を持ったのか、
以上4点を明記の上、
shop@ichigo-natsuno.comまで、
「魔法学校に興味あり」という件名で、メールにてご連絡ください。
ご連絡いただいた方へカリキュラム内容をご案内させていただきます。
(受講するかどうかは内容をご覧いただいてからお決めください)
第1期の受付は、今夜 7/15 /24:00まで。
すでにメールをいただいてる皆様、ご案内までいま少しお待ちください。
興味を持っていただいた方で、まだごお申し込みされていない方は、
お早めにお申し込みください☆


☆「苺バザール」を開催します。(開催期間:7/23(新月)~7/31)
バザールに参加希望の皆さんは、こちらからお申し込みください。
↓ ↓ ↓
https://ssl.form-mailer.jp/fms/c50975f4519189


☆7月ワークショップのご案内
詳細はこちらをご覧ください!
↓ ↓ ↓
http://ichigo-natsuno.com/ws-20177/

Sat 15th, Jul 2017