写真家

夏野 苺

世界中の魔法使いや天使とともに作品を創る“魔法使いの弟子”
Photographer Ichigo Natsuno's Official Website

毎日のガイダンスをつぶやいています☆
ツイッター@natsunoichigo
フェイスブック 夏野苺ファンページ

「ゆーたん」

旅に出る前に撮ったゆーたんの写真。


昨夜、
データ加工が全て終わって、納品できました。


通常、フォトマジックのOKテイクって、
多くても50カットくらいなんだけど。
今回は絵を描いてるところを浜辺で撮るという特殊な撮影もあり、
被写体の動きが多かったせいか、224カットもOKがありました。


気が遠くなりそうでしたが、
これ以上はどうにも絞れない、、、、、、
ということで腹をくくり、


長く暗いトンネルの中をひとりテクテク歩くような気持ちで、
パソコンの前に座って作業し続けて、やっと仕上げました。


ゆーたんに納品したら、
とても喜んでもらえて、
その様子みたら苦しかった作業中のことは一瞬で吹っ飛び、
もう忘れてしまいました。


ああ、またひとつ素晴らしい仕事ができて幸せだ


という思いだけが今、胸の真ん中にあります。


写真の神様、
今回もありがとうございます。


美しい特注のドレスで描き始めた、ゆーたん。

最後は、絵具まみれ。波まみれ。




★まもなく「夏野苺まほうカレンダー2019年版」の
プレゼント付き先行予約がスタートします。^^
10/25からです! お楽しみに★

Mon 22nd, Oct 2018

「ただいま旅ちゅう★松江編」

福岡の博多から、出雲へ移って、最後は松江に到着。

どうしても行ってみたい神社があって。

今回は旅の目的がはっきりしていて、
全部で10社周ったけど、
素戔嗚尊、大国主命、事代主神、弁財天、
この四柱の神様に会いに行くことでした。



松江滞在二日目に、
事代主神が祀られている美保神社まで行きましたが、
びっくりするほど静かな港町!

そして、古〜いお社。

参拝後に、裏山に登って少し散歩しました。


松江駅からバスを乗り継いで約一時間。こんな景色を眺めながら走っていきます〜。



私にはラッキージンクスがあって、
黒猫に遭遇すると、
そのあといいことがあるんです。^^
なんと!二回も会ってしまった★

こっちの黒猫さんは瞳が黄金色!神の化身だったかも!


美穂神社から、
またバスに揺られて松江の中心地に戻って、
最後の最後、
松江しんじ湖温泉に入って帰ろう!と思い立ち、
目的地へ向かったら、
立ち寄り温泉のすぐ隣に小さな神社があったので、
これまでの旅の無事と、
温泉に入らせてもらうお礼を込めて参拝しました。

なんとー!
ご祭神は素戔嗚尊でした!
(写真の神社のすぐ後ろが温泉施設)

ご縁深い神様って、いると思う。



自分の人生の目的をはっきり持ってると、
自然に導かれるような気がするのです。

きっと誰でもそうなんだろうなあと思います。

旅の初日の同じくらいの時刻に見上げた空には、
星三日月さんの姿があったけど、
もう半分くらいに太ってました。

短いようでなんだか長く旅したような。

嬉しいびっくりはいっぱいあったけど、
アクシデントもなく、
毎日楽しかった。

静かでいい旅でした。

そういえば、
最終日、雨の予報が出ていて、
私は傘を忘れて出かけてきちゃったので、
私が歩く間は傘を持たなくて済むように、
とお願いしたら、
本当に大丈夫でした。
バスに乗ってる間だけ降って、
あとは止んで、
青空も太陽も!顔だして。

私は、
自分にチカラがあるとは思わない。

ただ、

お願いする先の「何か」が持ってるチカラを信じているのです。

例えば私たちが、

天使と呼んだり、神様と呼んだり、宇宙と呼んだり、する「何か」。

その存在や、圧倒的なパワーを、
心の底から信頼しているのです。

そういう人は皆、自分の人生で、
「願いが叶う」ということに遭遇する確率が高いのかなと思っています。

私は、
もし叶わないことがあったとしても、
叶わないことに意味があって、
そういう場合は「もっといい形で叶う」ということも信頼しているので、
何かが思い通りにいかないとしても、
もうあまりがっかりすることも無くなりました。

そう、今回の旅で、
神社での「光の道」が見れなかったこととかね、、、

あの時に見れなかったおかげで、
私に必要なメッセージを受け取れたし、
あれから「私だけの光の道」というものを意識するようになったから。

ほら、見て。
最終日の朝、ホテルのデスクに小さな細い光の道。^^
そうこれが私の道。


夕方見た、光の道。
そうこれが私の道。




自分に届けられるメッセージを大切にしながら、
宇宙の善い面を信じられるなら、
人生で怖いものは消えて無くなる。

怖いと思った時ほど、強く助けを呼んで、
そうして救ってもらう体験が増えていけば、
宇宙への信頼も増していくでしょう。

その信頼は、
大きな恐怖に闘いを挑む時の武器になる。

武器も持たずに人生の荒波と闘おうとしても、
それは無理。
やり方が間違っているから。

もしもそのまま波に飲まれて負けてしまったら、
もう宇宙の善を信じるチャンスを失ってしまう。

だから、
日常の中にある、小さな信頼の欠片を
たくさん集めて生きていくのがいいのです。

あなたも。

わたしも。

誰も不幸になるために生まれてきたわけじゃない。

幸せになるために、
生まれてきたはずだから。


私という設計図は、
(もちろん今これを読んでいるあなたの設計図だって!)
ハッピーエンドでつくらているはずなんだ。。。。

見えない存在に向かって手を合わせて感謝するのは、
そのことを信じているからなのです。




今のわたしの夢は、
魔法学校のみんなと旅すること!^^

どんなに楽しいか!と思います。

魔法学校の修学旅行。(笑)
または、選択科目としての課外授業!

実現を夢みよう。

というわけで、
無事に東京へ戻ってきました★

ただいま〜。


★おまけ写真★

大好きな八重垣神社で。恒例の鏡池占い。

、、、からの、またしても仁多米。蕎麦食べず。(笑)





★まもなく「夏野苺まほうカレンダー2019年版」の
プレゼント付き先行予約がスタートします。^^
10/25からです! お楽しみに★

Fri 19th, Oct 2018

「ただいま旅ちゅう★出雲編」


福岡から出雲へ移動しました!


大国主命にご挨拶。

約5年ぶりくらいかな?

いつ見てもすごい!と感じる大きな注連縄。
また来れて嬉しい。


本殿を見上げるウサギが可愛い。
稲葉の白兎の話にちなんで作られたのかな?
このウサギたち、何してるの?と前にまわって見てみたら、、、

祈ってました!^^

きっと助けてくれた大国主命に感謝の祈りを捧げているんでしょうne★


出雲へ来たら必ず食べるもの、それは、おむすび!
島根県の仁多米って、とーっても美味しいんです!
出雲そばも有名みたいですが、私は仁多米の方が好きです。


それから、稲佐の浜にも必ず足を運びます。
この浜の向こう、海の彼方から、
神在月には(旧暦の10月)日本全国の神様たちがやってくるそうです。

満潮の時には行けなくなる弁天島。
なぜか、私は干潮のときにしか呼ばれないので、
いつも岩の真下から参拝できて、ありがたい。


出雲大社でみつけた打ち出の小槌を振ってみました。^^


そういえば!今回、初めて発見!
新しいお店かな?ずっとあったのかな?今まで気づかなかったけど、
出雲大社からの参道に蜂蜜屋さんがありました〜!!!

まさか出雲でハチさんにお出迎えされるとは!(喜)

ミツバチ好きの私はテンションMAX!

蜂蜜入りのソフトクリームを食べて、蕎麦の花の蜂蜜を買いました★



さて、ここから奥出雲へ移動。
素戔嗚尊が祭られてる神社へ!^^
電車に乗ったら、
他の場所は普通の広告が貼ってあるのに、
見上げると、私の頭上だけ、、、、、、

きゃー☆
大黒さまと素戔嗚尊が並んでこっち見てるーっ☆☆☆


私、こういうの、偶然とは思わないんです。

天からのサインだと思ってる。



電車からバスに乗り換えて、
渓谷を超えて行きます。どんどん山奥へ!


着いたところは温泉宿。
お湯、ツルツルです〜。


仁多米が美味しいので、
夕飯も朝食も大盛りで食べちゃいました!


泊まった翌日、早朝参拝を済ませて、
お部屋に戻ってみたら、朝日が差し込んできて、
また光の道が。。。

私が歩いていくべき道を明るく照らし、
ここからどちらへ向かえばいいのか教えてもらっているようで。

思わず、手を合わせました。


さて、
まだまだ旅は続きます!
さらに移動します〜。




この人は誰?スサノオ?オオクニヌシ?



★まもなく「夏野苺まほうカレンダー2019年版」の
プレゼント付き先行予約がスタートします。^^
10/25からです! お楽しみに★

Wed 17th, Oct 2018

「ただいま旅ちゅう★福岡編」

13日から旅に出ています。
わりと急に決めて、バタバタ!っと出ました。
まずは、飛行機でブーンと福岡へ。


つい最近、私の守り神が大黒様とわかったので、
以前にも増して大黒様が気になる始めました。
ずーっと素戔嗚尊が好きで好きで大好きだったんだけど、
大黒様って、よく一緒の神社に祭られてますよね?
素戔嗚尊、櫛名田比売、大黒様、、、という感じで。
だから、素戔嗚系の神社へ行くと
いつもいらっしゃる神様だったから、
もともと親しみはあったのですが。
さらに大好きになりました★

で、もうひと柱、大黒様とセットでよくお祭りされている神様が。
、、、そうです!恵比寿様です!


というわけで、
福岡の十日恵比須神社に行きたい!と、
急に思っちゃったわけなのです。
博多駅周辺には他にも好きな神社があるので、
くるくる周ることにしました。

福岡には、魔法学校の生徒さん(ともりん)がいるので、
初日の神社巡りは一人で周って、
翌日はともりんと一緒に周りました。

一番最後に、宮地嶽神社へ行ったんだけど、
ちょうど「光の道ウィーク」というイベント中でした。
神社から海へ向かってまっすぐにのびる道があるんですが、
今の時期、太陽が、神社から見てちょうど真ん中に落ちるということで、
道が光って見えるらしいのです。
それで写真を撮りたい人がいっぱい参拝に来て、
すごい賑わいになるということなんですが、
例によって何も調べないで行った私は、びっくり。
あまりの人の多さに、笑ってしまいました。
でも時間もあるし、
ともりんと「並ぼうか」ということで意見一致して、
列の最後に、、、、、

でもその前に参拝しよう!(当たり前だ。笑)と、
神様にご挨拶したり御守り買ったり、
境内でこんな写真撮ってのんびりしてたら、、、

すごいことに!(笑) なんじゃこりゃ。

ますます笑がこみ上げる私、だって、、、
この日の天候は、
これだよー?(笑)

光らないよ?道〜

それでも一縷の望みにかける人たちよ!
おお!素晴らしい!希望を持つ人たち!
(曇りでこれということは晴れてたらもっとすごい人出だね!)

一瞬だけ、
落ちかけの太陽の端っこがオレンジ色に弱々しく見えましたが、

道は光らず、
太陽は地平線の彼方へ帰って行きました。。。。

この鳥居の真ん中あたりに太陽が落ちてくる。。。はず、らしい。

私の隣に座ってた女性が、とても残念そうにしてたけど、
一緒に来てた男性が、
「もう帰ろうよ、太陽沈んだんだから。もういいだろ?
太陽が今から戻ってくることはないんだから。帰ろうよ」
と、一生懸命言っていたのが印象的。

ははははー。(笑)

そうだよ、もう戻っては来ない。

明日の朝、反対側から顔を出すけどね。(と思った私)

私たちはあまり残念がらずに、
さっさと博多ラーメンを食べに行くことに。

いつもラーメンに付き合わされる気の毒な、ともりん。
ごめんよ。
ご当地B級グルメ好きな私の趣味に付き合わせてしまって。

もうそろそろラーメンも気が済んだので(福岡3回目だったから!)
次回は、もつ鍋か、水炊きでも食べたいかな〜?^^

明太子ご飯と、餃子も付けた!

その後、
お茶しに行きましたが、いいものを二つ見ました!
ひとつはキャナルシティのウォーターイベント。

これを見た瞬間、ピン!ときたことがあって、
ともりんと魔法ワークを。
すごく大事なことをシェアしました。
これは、魔法学校の生徒さん全員にも伝えたいこと。

ワーク中、何かが心に刺さって、ちょい泣きともりん。^^

それと、
川沿いの屋台村の灯り。
本当に綺麗で!
私にはパリのセーヌ川に見えたんだよ!!!!^^


魔法学校のみんなと福岡でオフラインミーティングやりたいなあ。
これは実現させたい。
夢がまたひとつ増えて嬉しい。

そういえば、
このエッセイ書くために写真をチェックしてたら、
初日の夕方、十日恵比須神社前で撮った一枚。。。。。。

これ、光の道よね。 私、旅の初日に撮ってたわ〜!


だ〜れもいなくて、
そう、人っ子一人いない静かな神社の前で。


私と太陽を繋いでる光の道。


有名とか無名とか関係ない。

自分だけの道を見つけることができるか。

それこそがいちばんだいじなこと。

惑わされちゃいけない。
多くの人が求めて、
多くの人が集まる場所だけに
光があたるわけじゃないから。

肝心なのは、今いる場所で、
自分にあたってる光に感謝できるかどうかってことだから。

私はこういうことを、
小さな魔法学校で伝え続けていきたいと思っているのです。

(今回の旅のこと、魔法学校では動画でたくさんシェアしてます!)


★旅に出る前の晩、この人と飲んだので、

めちゃラッキーなこと続きなのかも。ぶはは★


神社でちょっと鳩にナッツ投げたら、ば〜ん!とたくさん集まってきてビビった!


博多駅と空。ルーンの「信頼」とか「パートナー」を表す雲の形。


いつも運転ありがとう!ともりん。^^


宮地嶽神社の周りはこのポスターだらけ!
キサブローさんがデザインした着物で竜王戦にチャレンジ中の羽生さん!


香椎宮の大好きな樹。



さて、この後、出雲へ!
だって、大黒様に会いに行かなくちゃ!^^



★まもなく「夏野苺まほうカレンダー2019年版」の
プレゼント付き先行予約がスタートします。^^
10/25からです! お楽しみに★

Tue 16th, Oct 2018

「宇宙の真理を学ぶ」

あの人はああ言ってる。

この人はこう言ってる。

あの本にはああ書いてある。

その本にはそう書いてある。

幾つか照らし合わせていくと、
最初はバラバラなように見えても、
その中にひとつの何かが立ち上がってくる。

独自の解釈を、時間をかけて組み立てていくことが、
ユニーク性を発揮するっていうことなのかなと思ってるんだけど。

どうかしら?

ずーっと辿っていくと、ひとつしかないと思うんだよねえ。結局。

だからといってぜんぶ同じじゃ、つまらないぢゃない?

たくさんの表現方法があるから面白いんだもの、この世はね。


ということで、学んだら実践! 自分のやり方で。


もしも「知ってる」だけで何も試さないとしたら、


それ、まぁ、 なんて、もったいない。。。


だって本当の楽しみには、
その先にあると思うから。




★まもなく「夏野苺まほうカレンダー2019年版」の
プレゼント付き先行予約がスタートします。^^
10/25からです! お楽しみに★

Fri 12th, Oct 2018