写真家

夏野 苺

世界中の魔法使いや天使とともに作品を創る“魔法使いの弟子”
Photographer Ichigo Natsuno's Official Website

毎日のガイダンスをつぶやいています☆
ツイッター@natsunoichigo
フェイスブック 夏野苺ファンページ

『魔法使いの弟子』

昨日から、
現在、魔法学校に在籍している人の継続受講希望者を募集し始めました。
そしたら、こんなメッセージが届いて大感動!
途中に出てくる、この方のご主人の言葉(赤字)が素晴らしすぎる!!!!!!!!
↓ ↓ ↓

私、なかなか遅い歩みなので、
苺さんや魔法学校の皆さまに もしかして過剰なご負担や 足手まといになってしまって、
ご迷惑をお掛けしてしまっているのではないかしら??...と不安がもたげますが、、
でも、もしお許し頂けるなら、第3期の小さな魔法学校入学の申し込みをさせて頂きたく、
メールにてお返事させて頂きました。
いよいよ、苺さんの魔法学校の本領発揮!となるコースカリキュラムの気がして、
もうドキドキ・わくわくしています (๑˃̵ᴗ˂̵)(≧∀≦)
自分自身が本当は何が好きで、
どうしたいのか?、どうなりたいのか?、どう在りたいのか?、
を真剣に真正面から捉えることが こんなにもまだまだ出来ていなかったこと。
そして、苺さんのお話や、魔法学校の宿題で、
そんな自分自身をまざまざと見せつけられて、愕然とすることばかりの私ですが、
恥ずかしい自分自身を思い知ることばかりだよ、とそんな話を夫にしたら、
「いいじゃない!素晴らしいことじゃないの!大人になって、
 そういうことを真正面から取り組ませてもらえるなんて、なかなか無いよ!、
 それにそういったことは、
 実は出来ていない人の方が 世の中には 実は多いと思うよ!」
と、魔法学校は本当に今の私に必要なんだと思うよ、と背中を押してもらいましたので、
さらなる、えいやっ!の気持ちでドキドキしながらも今回もまた飛び込んでみよう!
と思いました。
あーー、こうしてメールを打たせて頂いているうちに、何故か涙がこみ上げてきます。
これは、何の涙なのかしらん?? でも、何だか分からないながらも、
魂の何かに響いているからこその温かい、
それでいて生まれ落ちた子鹿のように震えるような涙なんだと思います。
苺さん、こんな世知辛いご時世のなか、
光や喜びの道を私たちに教えて頂ける扉を開けてくださって、
本当にありがとうございます!
同時代に、同じ東京に存在し得ていることの奇跡に感謝します!
これからもよろしくお願い申し上げます!
ーーーーー


『いよいよ、苺さんの魔法学校の本領発揮!となるコースカリキュラムの気がして』

というところ、、、、
そうです!その通り!ありがとうございます!!!!
ここからますます面白くなりますyo★

こんなふうに自分の真意が誰かに伝わるって、本当に感動する!
ああ、嬉しいなあ。こんなふうに感じてくれるなんて。

「継続は力なり」

自分の夢を叶えられない人って、共通した特徴があると感じます。
それはちょっと何かをかじってすぐに「わかった」と思い込む人。
(正しい形で)自分を疑うことができない人。
あっちへ移りこっちへ移り、結局表面的なことしか得られない人。

そういう人はそうすることが楽しいんでしょうから、
夢を叶えるとか思わないで一生刹那的に生きていったら良いと思うんです。
別にそれだって悪いことじゃない。
自分の人生、好きに生きてOKなんですから!

ただ、
魔法学校はそうじゃないところにフォーカスしていくので、
時に退屈だったり、時に苦しかったりすることもあると思います。
それでもこんなコメントが届くなんて。。。。。。。。

あー、ちっちゃな学校だけど、作ってよかったなー。

こんなことが経験できるなんて!

感謝しかない。

おそらくすべての「教師」が感じる素晴らしいことのひとつに、
生徒の言葉からの気づきや感動体験があると思うのですが、
私、ちょっと、それが少しわかったような。
先生と呼ばれる職業の魅力にとりつかれる人の幸せな気持ちが。

魔法学校で、
私は自分を先生とは思ってないんですが、
それでもリーダーとして、
みんなを引っ張っていく役目と責任はあると自覚してるので、
何かを教え諭す立場を疑似体験しているような感覚です。

三期生はどんな仲間が集って、
どんなミラクルな化学反応が起きるかな。。。
できればスペシャルゲストを招いた魔法座談会とかも、
カリキュラムに組み込めたらいいなあと思っています。


2018.5.15新月の晩に「魔法学校p.s.g」の第三期生の募集を開始します。
ご興味ある方は、「info♪ichigo-natsuno.com」までメールをください。
新月の晩に私から直接ご案内メールいたします。
(件名は「魔法学校」で。♪は@に変えてね)
応募資格は特にありませんが、
フェイスブックの個人アカウントを持っている人、
プロフィールに顔写真をアップしている人、
または、
ご自身のムードを表現している写真をアップしている人、に限らせていただきます。
(「魔法学校p.s.g」はネット上のオンライン講座です)



今朝、大好きな神社に散歩に出かけたら、
境内を歩いている時、足元にこんなものを見つけました。

昨夜から降った雨の置き土産。^^



これは天から届いた地上への贈り物だなと思いました。

なんて美しい。

私たちは、敵わない。自然の魔法のチカラには。

だから私たちは皆、

魔法使いの弟子なんだ。






Tokyo演Joy倶楽部★デビュー本公演へのお申し込みありがとうございます!
お席に限りがありますので
日にちが近づいてのご予約はご希望に添えない場合もあることをご了承ください。
初日と千秋楽は混雑が予想されますので、
観覧ご希望される方はお早めにご予約くださいne☆

(私が所属する)
★Tokyo演Joy倶楽部★デビュー本公演 最新情報!
公演タイムテーブル、チケットお申し込み方法など、
詳細はこちらをクリックしてご覧ください。
↓ ↓ ↓
http://www.ichigo-natsuno.com/tokyojoy-vol.1-7



★夏野苺メルマガ登録★
こちらをクリックしてお申し込みください
http://www.ichigo-natsuno.com/magazine/
新月&満月 月2回配信 無料

Tue 8th, May 2018

『マジックアイテム』

私は、自分の気分を上げるものを
「マジックアイテム」と呼んでいます。
私の場合は、ケーキ!
「ケーキなんてどこにもあるじゃん」と思われるかもしれませんが、
私の場合は、甘くないスイーツが好きなので、
結構無いんですよ、、、、ケーキは、甘いですよね?普通。
だから甘くないケーキに出会うと気分がめっちゃ上がるんです。
これだー!って。
それを覚えておいて何か落ち込むことがあったりすると食べに行きます。

あっという間に気分回復!です。

そう、私は簡単にできているので、
気分悪い場所にとどまるより、良くなることの方へ引きずられるんです。
本当は誰でもそうなはず。
悪い気分のまま長時間いるより、
楽しい気分でいる方が好きなはずでしょ?
なのに、世の中には
長い間、同じ問題で悩み続ける人が多いように見えるのはなぜだろう?
それは、
マジックアイテムの使い方を知らないか、
そもそもマジックアイテムを持っていないから?なんじゃないかと思うのです。
いや、持ってはいるんだけど(日常に溢れてる!)、
それがそうだと気づかないだけで。

誰かが言ってたなー(昔の偉人さん?)
「発見」というものは、
新しいものを見つけるということではなく、
すでに在るものの見方を変えるということ。
、、、って。


ありふれた日常も、
見方を変えることで新しい発見がいっぱいになるということです。

私は以前からこの状態を「心の角度を変える」と表現してきました。
多くの人から「心の角度って何ですか?」とご質問いただいてきましたけど、
それを言葉だけで説明するのは難しい。
理解してもらうには、何らかの「実践」をしてしてもらう必要があります。

つまり、
私から説明されたことを頭だけで理解しようとすると失敗するんです。
むしろ、頭は要りません。^^
心を空っぽにして、
ただ黙々と動けばいいだけ。

頭に邪魔させないようにするには、
考える時間を少なくして、動く時間を多くすればいいんです。
(魔法学校では、私が宿題をいろいろ出します)
このような習慣をある一定期間継続していくと、
日常に結果としての変化が現れてきます。

いち早く自分で気づく場合もあるけれど、
あまりにも自然な変化なので自分では気付かず、
家族や友人など周りから指摘されて気づく場合もあります。

または、
自分を取り巻く世界(家族や友人、仕事仲間)が変化してきて、
そこで初めて「あれっ?」と
何より自分自身が変わってきたんだと知ることもあります。

ガンジーが遺した偉大なる言葉、
『世界を変えたければまず自分の内面を変えよ』
の真意はこういうところにあるんだろうなと思います。

自分が変わると世界が変わるんです。

世界を変えたければまず自分が変わるしかない。

私の小さな魔法学校の生徒たちも、
ゆっくり、でも確実に変化を遂げています。
すでに実生活が目に見える形で変化してきた人もいれば、
なかなか思うように進まないという人もいますが、
前者は後者を見ながら「なぜ自分はうまく変化できたのか?」
と考察することによって、
今度は他者を導く立場に立てる日がくるでしょう。
後者は前者を見ながら、無垢な心になって、
ただお手本にしようと思えばいいのですが、
これは時に、
己の嫉妬心や焦りや自己嫌悪を克服するチャンスにも繋がります。
お互いがお互いの教師となり、生徒となる。
グループワークのいいところはこういうところです。
独学では難しい面もありますが(私はずっと独学できたのでよくわかる)、
仲間がいれば励ましあい、刺激し合えます。

ここで幾つか魔法学校メンバーのみなさんの
変化や気づきについてのコメントをシェアします。
↓ ↓ ↓
ーーーーー

お仕事をもらいました。文章を書く仕事です。
創作ではないけど、信じて任せてもらえて嬉しいです!
これも魔法なのかなぁなんて思ってます。頑張って働きます。


私も数年前までガチガチでした
ある人から「誰をも寄せ付けないくらいの固さを感じた」
と言われたくらいの頑固さでした(笑)
その頃は 外に向かって ずっと戦ってました
私を傷つけないで 不快にさせないでと常に誰かの何かのせいにしてました
その一方ではいつも誰かに合わせてて気もつかって気疲ればかり
笑うことも少なかったと思います
思えば ずっと自分をいじめてたんですね きっと
少しずつ 自分を責めることを止めてきました
責めるのではなく 「ありがとう」と感謝する
例えば「私の腸さん いつも私のために休むことなく働いてくれてありがとう」
という風にこのおまじないで 便秘解消しました
感謝ってすごい魔法です
これからも修行続けていきます


落ち込む度に自分の無能力さを責め どんどん自尊心を痛め付けていた世界から
「一体何に どこに対して勝手に落ち込んでるの?」と自問自答できるようになり
勝手な思い込みの世界に生きていたことに気づいて
落ち込むことが決してマイナスでも何でもないと気づいたら
何か落ち込まなくなった
いや 落ち込んでもそれと対峙しなくなったのかも
また 落ち込んじゃってるよ ごくろうさん
みたいな感じ
で、それはほっといて 今に集中を心がけてます
これが 前に苺さんがおっしゃってた
怖さに飛び込むってことなんでしょうか?
飛び込んじゃったら 何かわからないけど 大丈夫です


あるイベントに思いきって申し込んだらあと一名のところ予約出来てしまいました。
苺さんたちにお会いする翌日というのも、
あり得ないくらいのタイミングとご縁を感じました。
500円玉貯金の貯まった金額もこの費用にぴったりだったんです!


気づいてしまいました
夢はあるけど どこかふわふわしてる
回りに キラキラした人が集まってきてくれて
次のステージも見せてもらってるのに リアリティーが感じられない
なぜ?と思ったときに 「勝手に諦めてる」「あー無理だわ」って
自己効力感の低さ故なのかも
ここを上げていくには きっと積み重ねしかない
日々の中での小さな成功 または成幸体験の積み重ね
第二期は 蒔いた種を育てていくと苺さんがおっしゃってましたが
まさにそんな感じです
苺さん 皆さん ありがとうございます


自分の思い込みと深く深く向き合っていて、
いろんな制限をかけていることに気づきました。
苺さんが「『えいっ!』って怖くても飛び込んでみることが大事」
「殻は自分でしか破れない」と言っていた意味をやっと現実で感じて、
理解しました。
自分の思考の中で「殻」と「それを破った先にある世界」が見えました。
まだまだ今までの自分は殻を破ってませんでした。
でも、もっと優しくて甘い世界で過ごしたいので、
その世界に向けて、私は勇気を持って殻を破って飛び込むことにします!
きっと、この感覚が苺さんの話していた感覚のような気がします・・・!
すっごくドキドキしてますが!笑
また、その後シェアさせてもらいます


苺さん、「『えいっ!』って飛び込む勇気の大事さ」に気づかせてくれて、
ありがとうございます
ずっと握りしめてきた価値観に気づいてしまいました
その少し前に 月初めの簡単なワークをしたんですが
その中で いくつか天使さんにお願いをしました
気づいたことと 天使へのお願いが見事にリンクして 驚きとともに感激しています
天使のレスポンスってこんなに早いんですね
苺さん 皆さん ありがとうございます
この場に共に居られることに感謝です


今日は美味しいケーキを買いに行って士気をあげました。
いつもなら家族の分も買うのですが、今日は皆出かけていたので、
頑張っている自分にケーキを買いました。
些細なことですが、自分のためにケーキを買うってすごく久しぶりかもしれないです。
お店をでたら88ナンバーの車が通り過ぎて行ったから
天使も応援してくれてるのかなと思ってます。
「些細な自分の心が喜ぶこと」を蔑ろにしないように心がけようと思いました。


苺さんが、「値段を見て買い物をしない。
値段を見て買うかどうかを決めるということは、
ずっと外側の世界に振り回されるということだから。」と話すのを聞いてから、
買い物の時に、値段を決めるのをやめました。
ビビリながらも、値段じゃなく、
自分が本当に欲しいものはどれ?と考えてから選ぶようにしてみました。
食事をする時も、コスパとか、セットだから安い、とかそういうんじゃなく、
本当に食べたいものを。昼でもランチセット以外のドリンクのワインを飲む、とか。笑
食事の面は1番やりやすかったのですが、
やってみると値段を気にしようとも、気にしないとも、
実際の値段はそこまで大きく変わらないのに、満足度が高い、ということに気づきます。
値段を見て食べたいものを決めるよりも、
「自分の好きなものを選べる」という幸せ感は、想像以上に自分の心を開放し、
幸せを届けてくれることがわかりました。


自分を責めるのをやめて、感謝の魔法を意識するようにしたら、
またバスや地下鉄のタイミングが良かったり、ちょっとしたサービスを貰えたり、
「上手いこと流れに乗れている感」が蘇ってきました。
これが私に魔法が効いている状態か...。この感覚を忘れないようにしようと思います。


とても嬉しかったことは、
最近、お仕事で派遣さんに来て頂いているのですが、
お仕事をお願いしてもスムーズにいかないことが多い日々でした。
これはダメだー。と思い、考えることをやめ、
天使に真剣にお願いをしました。
苺さんのエッセイにあった、委ねる。という感じなのかなと思います。
すると次の日!!
私が前に口にしていたことを思い出したのか、
そのかたには特にお願いしていなかった、
とても細かい作業を地道にやり遂げてくださってました。私のいない間に。
派遣さんにも天使にも、宇宙に感謝です。
すごーく嬉しかったです。
ーーーーー

みなさん、
真摯に学んでくださって、ありがとうございます!
私自身も良い刺激を受けながら、
皆と一緒にどんどん変化しているように感じます。

魔法とは、
良い土壌の畑(自分の心)に、
種(願望や祈り)を蒔く作業です。

蒔いた種が芽を出し、
スクスク伸びて葉が茂り、
花を咲かせて甘い実を付けるには、
どんな場所に種を蒔くかが重要です。
コンクリートの上に種を蒔いても、
鳥の餌になって終わりでしょう。(もちろん芽は出ません!)

栄養のない土(心配や疑いや不安でいっぱいな状態の心)に
一生懸命に種(願望)を蒔いたとしても、
やっぱりうまく育たないでしょう。

魔法修行も同じことです。

全く同じこと。

土作り(心をセンタリングさせること)から、
すべてはスタートします。

これからも世界中に、
素敵な魔法使いさんがいっぱい飛び立ちますように★


★2018.5.15新月の晩に
「魔法学校p.s.g」の第三期生の募集を開始します。
ご興味ある方は、「info♪ichigo-natsuno.com」までメールをください。
新月の晩に私から直接ご案内メールいたします。
(件名は「魔法学校」で。♪は@に変えてね)
応募資格は特にありませんが、
フェイスブックの個人アカウントを持っている人、
プロフィールに顔写真をアップしている人、
または、
ご自身のムードを表現している写真をアップしている人、に限らせていただきます。
(「魔法学校p.s.g」はネット上のオンライン講座です)


★7月のカフェ公演について★

「まだお席あるといいのですが」
というご連絡をたくさんいただいていますが、
予約スタートしたばかりですから。
まだあと二ヶ月もありますから!
全然大丈夫です!
私が「緒川やよい」役を担当する回は、
全部で4回もあるので。
これから予定を調整してお申し込みくださる皆さん、
どうぞ慌てずにご予約くださいne☆
とはいえ、
初日と千秋楽は混雑が予想されますので、
観覧ご希望される方はお早めにご予約いただけましたら
ありがたいです。^^
お席に限りがありますので
あまり日にちが近づいてのご予約は
ご希望に添えない場合もあることをご了承ください。

(私が所属する)
★Tokyo演Joy倶楽部★デビュー本公演 最新情報!
公演タイムテーブル、チケットお申し込み方法など、
詳細はこちらをクリックしてご覧ください。
↓ ↓ ↓
http://www.ichigo-natsuno.com/tokyojoy-vol.1-7


★夏野苺メルマガ登録★
こちらをクリックしてお申し込みください。
http://www.ichigo-natsuno.com/magazine/
新月&満月 月2回配信 無料

Mon 7th, May 2018

「たくさんのお申し込みありがとうございます!」


こんばんは!
いつも魔法学校でお世話になっています。
内田幸恵です。
苺さんいつも楽しい課題と、たくさんの気づきをありがとうございます!
7月7日(土)夜公演のチケットを1枚お願いします。
どの日にしようか考えたのですが、七夕に苺さんの公演を見られるなんて贅沢だわ!
そうだ!そうしよう!と最高にワクワクしてきたので、
初日に行かせていただきます♪
楽しみすぎる!!
緊張されている苺さんに私も魔法使いとして、愛と感謝のパワーを送ります!!
当日までも当日も心から応援しています!!!


7月8日 日曜日の昼公演に、もしお差支えなければ、
夫と2人でぜひ観に行かせてもらえたら、と思い、メールさせて頂きました。
苺さんが どんなに素敵な・そしてユニークネスな存在か!^_^  ということを、
魔法学校に行くことを応援してくれている夫にも 何故だかどうしても見て欲しくなり、
無理なお願いを致しました。
「自分を生きている」人の軽やかさ、パワー感、そしてその生き生きとした感覚を、
私だけでなく、夫にも見て・何かを感じてもらえたら...と思っています。
こんな素敵な機会を与えてくださって、苺さん、本当にありがとうございました。
お芝居は、本当に自分自身との対峙なのだなぁ〜と、苺さんのお話を拝読させて頂くと、
心底思います。それに真摯に取り組める演Joy倶楽部の皆さまは、
スゴイな!と思っていますので、どんなことを自分が感じられるか?、
何を受け取れるか?、ドキドキ楽しみにしています。ありがとうございました。


苺さん、こんばんは(^^)
緒川やよいさんに会いに行きます!
7月7日(土)夜公演
七夕で7のゾロ目ですごく良い日☆
翌日に東京で作詞のミーティングがあるので
グッドタイミングです♫
よろしくお願いします!


苺さんデビューの舞台を見に行かせていただきます。
15日(日)の夜の部、チケット2枚予約をお願いします。
随分前から大切なお友達をお誘いしてあって、一緒に楽しませていただきます。

ーーーーー

。。。などなど〜。みなさん〜!!!
お申込みと一緒に素敵なメッセージありがとうございます!
とっっっっても嬉しいです!
ここでは、ほんの一部しかご紹介できませんが、
こんなふうに一言添えてお申し込みくださる方がたくさんいて、
毎日大感激です。
まいにち、、、、とはいっても予約スタートからまだ、
わずか一週間ほどしか経っていませんが、
このエッセイを見てくれた私の友人知人、
魔法学校の生徒やいちらーさんたちから続々お申し込みいただいて、
感動しております。
みなさま!本当にありがとうございます!!!
今年は個展をやらないので、
いちらーの皆さんとは日本橋のカフェでお会いできたらなあ〜と思っています。
本番までちょうど二ヶ月ですが、お越しいただいたお客さんと一緒に、
楽しい時間を作れるようますますお稽古がんばります☆

今年、壱岐島の1000人ホールで開催されたミュージカル、
「天の河伝説」で主役を務めた女優の冨樫結菜さんが、
ちょくちょくメッセージでアドバイスを送ってくれます。
台詞を覚えるコツとか、稽古に行き詰まった時の過ごし方など。
これが「なるほど!」と思うことばかり。
そりゃそうだよね、プロだからね。
プロから聞くのが一番だよね!

プロと言えば、Tokyo演Joyの代表、右近良之さんが
5月9日から13日まで舞台に出演されます。
私は倶楽部メンバーや着物仲間たちと、初日に観劇に行く予定です。
詳細はこちら。

気晴らしBOYZ 第9回本公演『ふらちな侍』
https://stage.corich.jp/stage/91554

よーし。私もがんばるぞー。^^


Tokyo演Joy倶楽部★デビュー本公演への
たくさんのお申し込みありがとうございます!
お席に限りがありますので
日にちが近づいてのご予約はご希望に添えない場合もあることをご了承ください。
初日と千秋楽は混雑が予想されますので、
観覧ご希望される方はお早めにご予約くださいne☆

(私が所属する)
★Tokyo演Joy倶楽部★デビュー本公演 最新情報!
公演タイムテーブル、チケットお申し込み方法など、
詳細はこちらをクリックしてご覧ください。
↓ ↓ ↓
http://www.ichigo-natsuno.com/tokyojoy-vol.1-7





2018.5.15新月の晩に「魔法学校p.s.g」の第三期生の募集を開始します。
ご興味ある方は「info♪ichigo-natsuno.com」までメールをください。
新月の晩に私から直接ご案内メールいたします。
(件名は「魔法学校」で。♪は@に変えてね)
応募資格は特にありませんが、
フェイスブックの個人アカウントを持っている人、
プロフィールに顔写真をアップしている人、
または、
ご自身のムードを表現している写真をアップしている人、に限らせていただきます。


★夏野苺メルマガ登録★
こちらをクリックしてお申し込みください
http://www.ichigo-natsuno.com/magazine/
新月&満月 月2回配信 無料

Sun 6th, May 2018

「消えた道」

先日アップしたエッセイ、
「尋ねる、ということ」というタイトルで書きましたが、
それってつまりは「委ねる」ってことだなと後から思いました。
たいていの人は、パニックに陥ったり、暗く落ち込むような事に遭遇すると、
「どうしたらいいんだ?」「どうすれば?」と、
つい方法を知りたくなり、陥った状況から抜け出すことばかりに集中する。
でも、
その先の未来への布石かもしれないんですよね。どんな出来事も。
だから流れに身を任せる覚悟で「委ねる」ことはやっぱり重要だなと思います。
先日のエッセイでは、
「尋ねる」という表現で天使との対話を薦めましたが、
それは「委ねる」ということ。
どうしたらいいかを問いただすのではなく、
「これからどんなことに向かっていくのでしょう?」と尋ねる、
それってもう信頼して委ねる姿勢じゃないとできないことだと思うのです。


今の私は、
もう委ねる姿勢を貫かないと足も手も震えて前に進めない、
という状況に陥っています。
まさか自分一人の力でなんとかしようなんて、もうとても無理な状況。
今更なんですが、そう、今頃になって、
自分の選んだ道がいかに険しいものかということを実感しています。
もういよいよ怖くなって、引き返したい気持ちに襲われ、
振り返ってみたはいいけれど、もう来た道は消えていました。

遅い。遅すぎる。
やめるなんて選択肢あるわけないだろ?と。
、、、、そりゃそうだよねとがっくり納得。
アホか?自分。

先週の稽古から、
7月公演「ラブレターズ」に向けて、
Tokyo演Joy倶楽部の演出家、山下平祐氏(通称へいちゃん)の
本格的な演出指導がスタートしました。

そこでまた心が折れそうになりました。
でも稽古の終わりに、へいちゃんが(一応みんなに向けて)、

「今日は心折れそうになった人もいるかと思いますが、決して心を折らないように。
心折れる時間があったら、それはもうほんの数秒に止めて、
あとはまた新鮮な気持ちで前を向いて稽古に励むように」

とコメントしました。

あー。本当にね。その通り!芝居の稽古は人生そのものだと思います!
折れてる時間あったらもっと先に進むことに集中したほうがいい。
この世界は有限だから。 行けるところまで行ってみなくちゃ。止まらないで。

プロの役者さんたちの瞳があんなにも力強く輝いているのは、
(ファインダーを通すとそれが良く見える)
こういう時間を幾つも乗り越えてきているからなんだろう。

わかる。

今なら、もっと。

この気づきは「オーダーメイドフォトマジック®」にも通じるもの。
撮影を通してぐんぐん被写体が変化していくあの感じは、
いま私が芝居の稽古を通じて歩いている道と
同じ道を歩むプロセスだからという気がしてならない。

連休明けに、ひとり、愛知県からやってくる人がいます。
彼女は「オーダーメイドフォトマジック®」を経験する中で、
私と同じ景色(変化のスパーク)を見ることになるんだ、きっと。

そして、

魔法学校でもまた、同じことが起きている。

繋がってる。ちゃんとすべてが。ひとつに。

よし。
自分の選択に信頼と覚悟を持って、
このまま進もう、まっすぐに!



次の新月の晩から、
魔法学校三期生の募集がスタートします。
興味がある!という人は、以下の要領でご連絡くださいne☆
↓ ↓ ↓
★2018.5.15新月の晩に「魔法学校p.s.g」の第三期生の募集を開始します。
ご興味ある方は、「info♪ichigo-natsuno.com」までメールをください。
新月の晩に私から直接ご案内メールいたします。
(件名は「魔法学校」で。♪は@に変えてね)
応募資格は特にありませんが、
フェイスブックの個人アカウントを持っている人、
プロフィールに顔写真をアップしている人、
または、
ご自身のムードを表現している写真をアップしている人、に限らせていただきます。

★夏野苺メルマガ登録★
こちらをクリックしてお申し込みください
http://www.ichigo-natsuno.com/magazine/
新月&満月 月2回配信 無料



Tokyo演Joy倶楽部★デビュー本公演への

たくさんのお申し込みありがとうございます!
お席に限りがありますので
日にちが近づいてのご予約はご希望に添えない場合もあることをご了承ください。
初日と千秋楽は混雑が予想されますので、
観覧ご希望される方はお早めにご予約くださいne☆

(私が所属する)★Tokyo演Joy倶楽部デビュー本公演情報!
公演タイムテーブル、チケットお申し込み方法など、
詳細はこちらをクリックしてご覧ください。
↓ ↓ ↓
http://www.ichigo-natsuno.com/tokyojoy-vol.1-7

Sat 5th, May 2018

『Tokyo演Joy倶楽部 vol.1 7月公演 詳細情報』

去年の秋から素人劇団に所属して、
ワークショップや芝居の稽古を重ねてきて、
いよいよこの7月に日本橋のカフェにて公演を行うことになりました。

今年の3月に開催した朗読会には、
大変多くの皆様にお越しいただき深く感謝しております。

今回は、お芝居に挑戦です!
今は稽古の真っ最中。
演出家の山下平祐さんや、
この劇団のリーダー&フェイスキーパーである
俳優の右近良之さんの熱もかなり上昇ちゅうでございます★
右近さんは、三宅裕司さんの劇団「スーパーエキセントリックシアター」所属の
プロの俳優さんです。
現役の俳優が、自分の仕事と並行して、
素人を動かして芝居をさせる、というのは業界でも大変珍しいことで、
これは右近さんの挑戦であり、
私たち団員にとってもまた大きな挑戦です。

リーダーと演出家の熱に乗りながら、
私たちメンバーも全員頑張っています。
詳細を以下にお知らせしますので、
ぜひ多くの皆様にお越しいただければと思います!!!!
よろしくお願いいたします。



Tokyo演Joy倶楽部 vol.1

「ラブレターズ」作・演出:山下平祐(Tokyo演Joy倶楽部)


注がれた珈琲に湯気が立つ。

それは束の間「かたち」となって、始めから無かったように消えていく。
ここは人の集うカフェ。
無かったものが「かたち」となり、記憶に変わるカフェ。

□出演
赤川美奈子、我妻かほり、稲村恵子、萱原美和、香野晴美、
つかもとさなえ、夏野苺、平岡珠恵、平山恵、福島輝子、
前田奈津、室屋佳子、山内啓子(50音順)/右近良之
※Wキャスト(各回出演者8人)になります。


□会場
BRIDGE日本橋
東京都中央区日本橋1- 16 -3 日本橋木村ビル1階 TEL:03-6262-2825
http://www.bridge-nihonbashi.jp/

□公演スケジュール
7月7日(土)14時/19時
7月8日(日)12時/17時
7月14日(土)14時/19時
7月15日(日)12時/17時
※開場は開演30分前になります。

ー私が「緒川やよい」役で出演するのは、以下の通りですー
7月7日(土)夜公演
18時30分開場/19時開演/20時30分終了予定21時closed
ソワレ〖Bチーム〗
7月8日(日)昼公演
11時30分開場/12時開演/13時30分終了予定/14時30分closed
マチネ〖Bチーム〗
★14日(土)昼公演
13時30分開場/14時開演/15時30分終了予定/16時30分closed
マチネ〖Bチーム〗
★15日 (日)夜公演
16時30分開場/17時開演/18時30分終了予定/20時closed
ソワレ〖Bチーム〗

□チケット料金 4,500円(税込)日時指定・全席自由
全ワンプレート、ワンドリンク付き
※ チケット料金は、当日会場受付でお支払いください。
※ カフェでの公演になりますので、お席はご相席になります。

★チケット申し込み方法★
info♪ichigo-natsuno.com(♪を@に変えて)まで、
お名前、ご希望日時、枚数を明記の上、
メールにてお申し込みください。
お席に限りがありますので、お早めのご予約をお願い申し上げます。
(日にちが近づいてのご予約はご希望に添えない場合もあることをご了承ください)

Fri 4th, May 2018