写真家

夏野 苺

世界中の魔法使いや天使とともに作品を創る“魔法使いの弟子”
Photographer Ichigo Natsuno's Official Website

毎日のガイダンスをつぶやいています☆
ツイッター@natsunoichigo
フェイスブック 夏野苺ファンページ

「おしまいの日」

私は、大切な存在を亡くすということに遭遇するたび
「命は有限なんだ」ということを心に刻みつけてきました。

おじいちゃん、おばあちゃんとのお別れも寂しいものでしたが、
15年暮らした猫とのお別れや、
父や妹を病気で亡くした時は、とても苦しかったです。
その時点では、
もう自分の人生も一緒に終わったかのように感じ、
抜け殻のようにもなりましたが、
先に逝く者はいつだって、
残される者に素晴らしいメッセージを残してくれるものなんだと、
今はそういうふうに思っています。

生き続けていると、
乗り越えた悲しみが、いつしかキラキラと輝き出し、
やがて自分の生きる勇気となっていることに気づきます。


私の経験上、死別の苦しみからいつまでも立ち直れないとしたら、
それは、死そのものを嘆いているというよりは、
生きている間の関係性に問題があるからだと感じます。


もっとああすればよかったなど、
生前の関わりに関する後悔の思いが自分を苦しめるのだと思います。


思い残すことなく良い関係を築けた人とは、
別れる時の苦しみはたいそうなものとなりますが、
そのことが、
いつまでも残された者に痛みを与え続けることはないと思うのです。


嘆きの時間を通り過ぎると、良い思い出だけが浮かび上がってきます。
あれも楽しかった、あれも素晴らしかった、と。
その思い出たちは、
勇気とチカラをくれるものです。


私は、
生きていることが当たり前とは思わないし、
この時間がいつまでも続かないことも「本当に知っている」し、
だからこそ、
大切な人に対しては、いつも感謝の気持ちと、
別れる覚悟を持ちながら接するようにしています。
いつ突然のお別れがやってくるかわからないから、
最後は笑顔で、をいつも心がけながら生きるようにしています。
こういうことを常に意識することで、今を大切にできるようになります。


こういう考えになってからは、どんな悩みも小さなことに感じます。
人と喧嘩したり、誰かに腹が立ったりということが、あまりなくなりました。
もしものことがあった時、苦しみ続けたくはないからです。
また、
誰かにとって私の死が、苦しみの種として残ってしまうのも嫌だからです。


お別れの時にたくさん泣いたとしても、
時間が経って、笑って思い出したい、思い出されたい、そう思うからです。


だから、
先日発売になったジョン・キムさんの本は、
「生きているうちに」というタイトルを見ただけで
こみ上げるものがあったのです。

それがすべてなんです。私たちは。

生きているうちに、なんですよ、なにもかも。


絶望的観測からではなく、希望的観測から死をみつめる時、
いつかは消えてしまうという一筋の明かりが見えてきます。

おしまいの日は必ずやってくるのだということを忘れなければ、
良いことには感謝が増し、辛いことに耐える力を持てるはず。


怒りや悲しみは、永遠に続くと思う時だけ力を持つもので、
どんなものでもいつか必ず終わるんだということを本当に理解するなら、
無駄な苦しみを感じ続けることもありません。


問題の中にユーモアを探し、
笑い飛ばすパワーを使えば、人生は楽しいことばかりです。

命は有限であると本当に知ること。
感謝の源はここにあると思います。



★ただいま東北ちゅう。ちょっと寒いです★

Thu 6th, Oct 2016

「素晴らしい知らせを毎日受け取る心の習慣」

いいことがあったら喜ぶ、というのではなく、
いいことがあると信じて先に喜ぶ。
グッドニュースを先に受け取る習慣はありますか?

たとえば、
朝起きたらまず初めに今日1日を祝福してしまう。
部屋を磨くように自分の毎日に磨きをかけるのです。
そうすると毎日が10倍楽しくなりますyo!

夜眠る前には、
いくつのグッドニュースを抱えているでしょうか?
実は、良い知らせというものは、
向こうからやってくるのを待っているものではありません。
そう、
外側からくるものではないのです。
出来事をどう受け取るか、
自分の姿勢から創り出してゆくものなのです。
だから、自分の意思で、
バッドニュースをグッドニュースに変えることができます。
(無理にポジティブに考えるということではなく、
マイナスの中にも学べる材料が隠れているという意味で)

日々の問題に、
解決の意思を持って向き合うことは大事なことですが、
どうにもならないことは放っておくことも大切なことです。

ヒラケゴマ!のようなお決まりの呪文をみつけるといいですne☆
あるいは自分で創る!
私の魔法の呪文は「ありがとう」と「だいじょうぶ」です。
このふたつの呪文があれば何が来てもOK☆
どんなことも受け取る前に、
すべて良い知らせにしてしまいます!

「ありがとう」の本質は、氷をも溶かす、あたたかい光。

「だいじょうぶ」の本質は、信頼と勇気と希望!

グッドニュース習慣で人生はどう変わっていくでしょうか?

私の経験からすれば、
思いがけなく素晴らしい知らせが、
毎日の中にたくさん飛び込んでくるようになります。

ぜひ、みなさんもご自分の毎日で確かめてみてくださいne☆




新月のまほうshopが終わって24時間経った頃、
嬉しいメッセージが届きました。
とっても幸せな気持ちに。

ほんとうにありがとう。

ゆっくり飛んでゆく蝶々たち。


苺さんへ

こんにちは(^^)
今回も素敵なお店と時間をありがとうございました。
たくさんの事を感じました。
でも頭でも考えてわからなくなったり...
もうお店は閉まっていますが、
心に残り続けているブレスレットがありまして...
だめもとでメールをしました。
蝶のシェルとブルームーンストーンとクリアクォーツの
あのブレスレット、私の所に来てもらえませんか?
前回のまほうshopのブレスレット、
最初から不思議なほどしっくり馴染んでくれています。
ずっと一緒にいたような。

Wed 5th, Oct 2016

「SOSを発信できる人 できない人」

私は打たれ弱いのでした。
すぐがっくりくるし、しょんぼりするし、情けないのでした。
でもそのことを何とかしようとか、これじゃいかんとか、
たぶんあまり思ったことがありません。
なぜでしょう?
理由はわからないんだけど。(というか考えたこともない)

どうやら、自分のダメなところをあまりダメと思わないようです。
(アホかもしれません。本気で)

こんな私は自分の限界を知っているので、
超えた時にもすぐにわかります。
そうなるともうそれ以上は頑張れません。
まったく無理です。
無理にやろうとしても仮死状態になるので、
自分の意思では動けません。
なので、
「やめちゃう」のは割と簡単です。
責任とかもあまり考えません。

それでもどうしてもやらなければならない時は、
できる人にSOSを発信します。
一番身近なところでは、おのせちゃん。
おのせちゃんは、この世で私と出会ってしまって、
かわいそうだなあ、気の毒だなあと感じることがたくさんあります。
なぜなら、四六時中、私からのSOSが届くからです。
おのせちゃんへのお給料を月に100万くらい払えるようになりたいです。
私の夢です。
それくらい助けてもらっているので、
このままでは絶対に死ねません。(まだ死ぬ予定ないけど)

でも、おのせちゃんが怒り出したりするのを見たことがありません。
たぶん、おのせちゃんは、
私のことを人間として不憫に思っているからかも。
本当に、できることが少ないので、わたくし。

だけどこれって、大変オメデタイ言い方をするならば、、、、
無知であることは偉大なこと、
可能性が無限にあるという証ではないかしら?
(ドーン★でかく出ちまったzo〜)

私は結構すぐにメソメソくよくよ泣いたりするのですが、
(泣く大人は少ないのでとっても驚かれます!)
泣けることは幸せなこと、
涙がやってきた時はその水の流れを止めてはいけないと思ってます。
涙は、体の中を流れる水です。
涙は、心の中を流れる水です。
水は、淀むと腐るのです。
だから大人だって子どものように泣いたっていいと思います。

すべてを自分ひとりの力だけでなんとかしようとすると、
小さな箱の中にあるものしか手にできないとは思いませんか?
(なんだかこんな私が書いても説得力に欠けるような?^^)

SOSを発信できる人は、
コントロールを捨て、委ねる勇気を持つことができる人。
(ぷはー。ダメちゃんな自分をかっこよくいいすぎ?)

自分だけですべてを頑張ろうとしたところで、
物事が思うように進まないならイライラしないこと。
どんなことにもそれに相応しい時期があると私は信じています。
物事が停滞している時には、
加速している時には見えないものが見えてくるという利点もあります。
人生のスピードはどんな道に居るかで決めていくのがいいですね。
直線距離なら加速して。 カーブ続きなら減速する。

私はしょっちゅう周りの人たちに助けてもらっていますが、
助けてもらうことで得るものは何だろう?と考えると、
助けられた経験を持つ者は、
助ける側にまわることができるようになる、ということでしょうか。
やってもらったことを今度はやってあげればいいんですよね。
(別にその人へ直接恩返しできなくても、別の人への恩送りでも)

人はこうして、助け、助けられ、
お互いの力を借りながら限界を突破できることを覚えると、
助け合うことで生まれる無限の世界を体験することができます。
私とおのせちゃんは、
そういう関係を築き上げてきたかな〜と感じています。

いつものパターンを打ち破る時、
弱さを強さに変えるチャンスが来る。

恥も外聞もなく、
泣きながらSOSを出せるからこそ見ることができる、
そんな景色もあるんです、人生には。

ダメちゃん人生バンザイ(≧∇≦)☆




★ダメ人間をじっと見守る者たち。。。。






★あらららら!それはやめてくださいっ (>_< ) 、

Tue 4th, Oct 2016

「Merci beaucoup!☆~『fermé』~(10/3)」

まもなくまほうのお店が閉店します。

今回訪れてくれた皆さん、
お買い物してくれた皆さん、
ありがとうございます!

飛び立てなかった蝶々もいますが、
きっとそのうちご縁のある人の元へ飛んで行くだろうと、
信じています。

さっき気づきましたが、
今月は、10/1と、10/31のハロウィンが新月なんですね。
新月で始まり、新月で終わる月。

素晴らしいっ! 魔法月間ですne!

今年の10月は特別だな〜♫

とっても嬉しくなっちゃったので、
今回お買い物された皆さんには、
また長〜いお手紙をお送りいたします。
それと、
特別な感謝を込めて、
私が大事に持ち続けていた水晶ポイントも一緒に贈りますne☆
国産ですyo!(採取地はお手紙に書きます!)
どうぞお守りになさってください。
このタイミングでアミュレットを持たれることに、
大きな意味を感じます。
これからの毎日を、しっかり生きてください。

私もがんばりますっ★

私を助けてくれるすべての皆様に感謝いたします!

ありがとうございます!

次回のまほうshop「un secret」は、11月の新月、
今年最後のオープンとなります。
ぜひまたよろしくお願いいたします!

Mon 3rd, Oct 2016

「幸せの数え方」

「幸せ」って、
誰にでも当てはまる決まった形があるというわけではなく、
人それぞれかしらと思います。

社会的に大成功を収めている人のことを、多くは「幸せ者」と思うのでしょうが、
当人にしてみると気苦労ばかり多くてちっとも幸せそうじゃない場合もあります。

お金がたくさんあってもいつもひとりぽっちの人もいます。

そんなにお金持ちではなくても毎日笑って、とても楽しそうな人もいます。

人生いろいろ、幸せいろいろです。

だからこそ、自分はどうなったら幸せといえるのか、
そういうことはきちんと知っておいた方がいいように思います。

幸せにも大きさがあって、
人によりその定義も違うと思います。

私の場合だったら、
大きな幸せは仕事で成功を収めること。

小さな幸せは毎日のご飯が美味しいこと。

。。。。あれれ?
でもこれって小さいことですかね?

実は最大の幸せかもしれませんね。健康な証拠ですもの。

じゃあ、、、、、


毎朝ゆっくりお風呂に入れること。
平穏無事に暮らすお家があること。
頼りになる仲間がいること。
毎日散歩に出かける時間を持てること。。。。とか、とか、とか。

どれも「小さい」か?と問われると、むーん?となってしまいますが。

でも私はよく「小さな幸せ」という言葉を口にするので、
きっと日常的なこと、身近なことをさしてそう言ってるのかな?と、
いま自分でこれを書いてて思いました。
皆さんはどうですか?

ミクロな幸せと、マクロな幸せ。

社会的な成功ばかり追い求めすぎて、
足元すくわれている人はいませんか?
きっとそういう人は苦しいでしょうね。
幸せな人は、
社会的な成功だけではなく、
きっと個人的にも成功しているんだと思います。
つまり、
一番小さな世界、自分の内部を幸せに保つ努力をしている人。
毎日を丁寧にただ眺めるだけでたくさんの宝を発見できる人。

社会的成功が高いレベルだと思っている人は多いと思うけど、
個人的成功こそが、高いレベルではないか?と私は感じます。

でも、まあ、それも、
それぞれの考え方で違ってくると思うので、
幸せを感じるものを見つけたら、
その理由も自分で考えてみるといいですね。

そうすると、
自分は何にいちばん幸せを感じるのかがはっきりしてくると思います。

むやみやたらと人の幸せを妬むこともなくなるでしょう。

幸せそうな誰かと自分を比べて悲しくなるのは、
自分の人生に自信がない証拠です。

そういう時は、「小さな幸せ」をたくさん見つけましょう!^^

まずは、
自分との約束を守ること。

それも、大きな約束じゃなくて。
(最初から大きい約束してもし守れなかったら落ち込んでしまうから!)

小さな約束を。

これならできるな〜、というくらいのね。

たとえば、、、、

目が覚めたら必ず窓を開ける

まず歯を磨く

鏡の中の自分に微笑みながら「おはよう!」と挨拶をする

とか、まあ、こんなことから。(なんでもいいんです)

自分を欺く者は、
不満だらけの人生を歩むことになってしまいます。
小さなことを積み重ねながらゆっくり自信をつけていきましょう。
いきなり大きな自信は生まれないですからね。

毎日、意識を向ける方向を丁寧に選ぶことから始めてください。

要らないものにいつまでもフォーカスしないことです。

見たくもないものにじっと目を向けていられるほど、
人生は長くないのです。

欲しいものだけに集中しながら生きる訓練をすることが大切です。
(訓練とはいってもたいそうなことじゃなくてね。軽い筋トレ気分で!)


もしも何も選べない時は、
「選べない」ということを選択しているのだと認識すればいいのです。

人生いろいろ。幸せいろいろです。

見方を変えたらあっという間に変わってしまうのがこの世界なのです。

「世界を変える」って、そんなに大変なことではないですyo☆

それではみなさん、今日も楽しい1日を!^^




★今年、アメリカを旅したかっちゃん夫婦からお土産にもらった、
セドナの本心さんのカレンダー。
すぐに飾ればよかったのに、
クローゼットに仕舞い込んじゃっていました。
ああ、もう10月だ、、、、と昨日出してみたら、

なんとー!

蝶がいる〜★

私はやっぱりこれでいいね、と確信しました。
仕舞い込んだのにも意味がある。
いま見ることにも意味がある。
蝶々にも、意味がある。


★まほうのお店にお越しいただきました皆さん!
ありがとうございます。
まほうshop「un secret」は今夜21時まで!^^

Mon 3rd, Oct 2016