写真家

夏野 苺

世界中の魔法使いや天使とともに作品を創る“魔法使いの弟子”
Photographer Ichigo Natsuno's Official Website

毎日のガイダンスをつぶやいています☆
ツイッター@natsunoichigo
フェイスブック 夏野苺ファンページ

「大阪個展 番外編 その2」

さて。
大阪といえばこれ!

大阪のお好み焼きは、もはや芸術です!
美味しすぎて美しい!

あの日。
ホテルのドアを出たらこんな景色が目に飛び込んできて、

私はとーってもいい気分で、夜の街で出かけ、、、
どうしてもお好み焼きが食べたいな〜と思って歩いてたら、
あったあった、美味しそうなお店が!
さっと入って、カウンターに案内され、
ひとまず日本酒をオーダー。
どれが美味しいかわからなかったので、
縁起の良さそうな名前で決めちゃいました。

美味しかったです★

お好み焼きも、本当に美味しかった!
心から幸せになるほどに!


お酒の酔いがまわってきた頃、ふと、
「このお店はなんていう名前かしら?」と気になり、
(店名も確認せず入ったのでした)
手元の箸袋を見たら、、、、

なんとーっ!

笑ってしまいました。

だってね、
私の今回の大阪個展のテーマは、テディベア。
熊なんですもの!(笑)

私はますます自分の人生が面白くなってしまいました。
こんなに楽しい毎日をありがとうございます!

そして私がもうひとつ注目したのは、これ。

ヘルメスソースって、なんでしょう?
なんでこんな名前を?

キバリオンのヘルメス主義の教えを思い出してしまいましたが、
まさか、そんな哲学的なことから
このソースに名前をつけたわけじゃ、、、、?

店員さんに「このヘルメスってなんですか?」と尋ねたら、
「ソースの名前です」という答えが返ってきました。。。。

いや、あの、だから、そうじゃなくて、、、、(笑)

酔っ払っちゃたのでもう面倒になって、
そうだよ、ソースの名前なんだよ。ということにして、
美味しかったし、感謝してお店を出ました。

あれもきっとサインに違いない。私にしかわからない。
他の人にはただのソースの名前でも。

私には聴こえたもの。
「キバリオンの七つの教えを忘れず進みなさい」という声が。


お好み焼きといえば、ここにも行きました!
かっちゃん夫妻が来た日に、
あゆみちゃんやV2F同期のえみさんも一緒に。^^
お店の店員さんが私を覚えていてくれてびっくりしました。
嬉しかったです。ありがとう!


そういえば、
大阪ホテル、二泊目はどんな場所だったかというと、
こんなお部屋でした。
一泊目の古いヨーロッパ調のお部屋に比べると、
こちらはスタイリッシュで近代的。

ここも気に入りました!なぜなら、、、、

歩いてすぐのところに、梅田の蔦屋書店があるからです。

私は、
本屋さんと同じフロアにあるカフェのスムージーが大好きなので!

こうして、
美味しく楽しく快適な私の今年の大阪個展は終わりました。

来てくださった皆さん、ありがとうございます!

個展終了後、一番最後に、
ヒルトンホテルで開催したシークレットワークショップも大成功!

このワークショップで一番ウケたのは、
「いま一番叶えたい心からの願いはなんですか?」
という私からの質問に一人ずつ答えてもらった時に、
参加者の一人が、
「早く死にたい」みたいなことを言ったこと。

そんなはずぁないだろ?

と思いました。
だってね、
もし心からそんなふうに思ってるとしたら、そんな人は、
わざわざお金出してワークショップに参加なんかしないでしょ。

こういう、
自分の心の表面と、
奥深くに潜んでる本当の望みがズレてしまっている人は、
ぜひ、私のワークショップに来て欲しいです。
(だからこの人の参加表明は大正解!)

人生で一番大事なのは、「いい気分」でい続けること。
毎日、いい気分で生きること。
それには、
自分が本当に望んでるものは何なのか?まずそれをわからないといけない。
心の表面と内面を一致させていけば、
(つまり考えていることと行動が伴うようになれば)
いつもいつも楽しい気分で生きることができます。
不思議な表現に感じるかもしれないけれど、
悲しいことも苦しいことも、
みんな楽しんで経験することができるのです。

人間としてこの世に生きてたら、
むかつく出来事や落ち込むことにもたくさん出会います。
そういうことを一切無くすということはできません。

ただ、
どんな出来事も自分の「豊かな経験のひとつ」だと思えるかどうか。
マイナスに感じることも、
どう自分の中でプラスに転じることができるか。

それだけのこと。

自分の人生は自分で創るとは、こういうことだからね。

みてください!
ワークショップ後の皆さんのこの笑顔!

死にたそうに見える人、いますか?(笑)

いないでしょ?

実り多い、濃い時間を過ごすことができて、
私はますますますますいい気分になって、
新幹線で東京まで帰ってきました。


笑顔が一番。

笑う門には福来る!


ぜひ皆さん、またお会いしましょうne!^^


次回の関西方面でのワークショップは、
9月中旬頃を予定しています。
参加者を一般募集するか、
今回のように水面下で募集するか、
まだ未定ですが、
必ずご縁ある皆さまとご一緒できると確信しております。


★業務連絡★
大阪WSの参加者の皆さんへ
フェイスブック内に秘密のグループページを開設しようかと思ったのですが、
ネット上でやりとりするよりも実際に会ってワークする方がいいと思ったので、
ちょっと様子をみますne! 何かあれば私に直接メールください。


Sat 6th, May 2017

「大阪個展 番外編 その1」

正直なところをいうと、
間違えちゃったんです、たぶん。

東京から大阪へ行って個展を開くって、
それなりにお金がかかります。
なので、なるべく経費を抑えようと、
いつもは安いビジネスホテルを予約するんですけど。

なぜか、今回は、
やりなれないネット予約とかしたら、
なんか、高いホテルになっちゃったんです。
(booking.comで検索して申し込みました)

あれっ?
と思った時はもう遅く「予約完了」という文字が。。。。

すぐにキャンセルとかすればよかったかもしれないけれど、
「いや、待てよ?」
と思ったのです。

これを「間違い」とするか「導き」と捉えるか。

自分の心にじーっと耳を澄ませてみましたが、
いやな気分とか、いやな予感はしません。

私は、いやな気分にはとっても敏感なので、
一ミリでも違和感があるとすぐに発見できる名人です。

なので、「ま、いっか」と、そのままにしてしまいました。

大阪では、
最初の二泊は小屋の前にある雑貨店の上のお部屋に泊まらせてもらい、
後半二泊のうち、一泊ずつ別々のホテルを予約しました。
(二泊続けては空いてなかったので)

二泊目のホテルもビジネスホテルより高めでしたが、
一泊目が(私にしては)高いホテルだったので、
感覚が麻痺して二泊目の方はちょっと安く感じてしまい、
それ以上探し続ける時間がもったいなくて、
(個展前はやること他にいっぱい!だったから)
もうこれでいいと思い、すべてそのままに。
というわけで、大阪ホテル滞在は二泊分、
いつもより経費がかかることになってしまいました。

しかーし!

やはーり!

これがー!

大当たりでした★

ついたところは、こんなところ。

で、でかい。。。。

いつも泊まるような、
小さなビジネスホテルとは何かが違って見える。

エントランスはこんなに小さいけれど、

フロントも、すっごく、こじんまりしていたけれど。

めっちゃ素敵っ!

なにこれー。 ヨーロッパに来ちゃったみたい!

エレベーターも風格あって素敵!

あらっ! 天使を発見!!!

えええええええ〜っ?
エンジェル広場って? なんでしょお?

心惹かれるままに向かった場所で、
こんなの見つけちゃいました。

きょーかいー?

あわわわわわ!
なんとー! ここはドイツかフランスか!

ドキドキする心を落ち着かせようと努めながら、
部屋へと向かいましたが、

どこもかしこも素敵すぎて。

絨毯がバラ模様なの。
バラは「そこに魔法が働いている印」というサイン。

それに、、、

横を見ると、さっきの教会が窓から見えるし、

わー、踊り場の螺旋階段の天井にも天使が舞っている〜!!!!


なんだー?このホテルはっ!

そして、わたくし、お部屋に入ってから、
さらに胸いっぱいになってしまいました。

味気ないビジネスホテルとは違って、
素敵な素敵なお部屋だったのです。

バスルームもお姫様のお部屋のようで!

よく洗われ、着心地良くなってるシルクのパジャマ。

お部屋でワインも呑めます、オープナーもセットされてるから!



私、つくづく思いました。

仕事をする時に、経費を削減することを考えるのは、
悪いことではないと思います。
でも、
私が大切にしなければならない「仕事」は、
常に「気分良くいる」ことです。

もし私が、
悪い気分のまま手を動かし作品を創っているとしたら、
そこから生まれるものは、どんな波動を持っているでしょうか?

もし私が、
悪い気分のままファインダーを覗いてシャッターを切るとしたら、
いったいどんな写真が生まれるでしょうか?

もし私が、
悪い気分のまま毎日このエッセイに愚痴ばかり書き続けているとしたら、
この人に会いに行こう!と思って、
私の個展まで来てくれたりする人はいるでしょうか?

私の一番大切な仕事は、
自分の気分をいつも大切に扱い、
楽しい気持ちでい続けることなんです。

そこから生まれるたくさんの光を、
ご縁ある皆さんと分かち合うことなのです。

そういうことを、
今回の(間違ったと思い込んだ)ことを通して、
天使が私に見せてくれたのではないでしょうか。

私はしばらく、
部屋のベッドに座り込んだまま、
心が震えるのを感じていました。

とっても感動したんです。この展開に。

私はあの時、
高くついちゃうなあと思ったけど、
すぐに「ま、いっか」と思い直しました。

その時の私は、
「自分が間違えたせいで損するかも」
という思いより、
「今は、いいものを創って個展に備えたい」
という思いの方が強かったのです。

人生では、
どうでもいいことを、
大事なことより優先してしまうことがたくさんあると思います。
そういう「選択ミス」は誰にでもあるはずです。
でもこれは、
本当は見逃してはならないとても重要なことなのです。

本当の意味での優先順位を丁寧に決めていくことが、
より良い人生を送る一番の秘訣だと、私は思います。

目先の損得だけで動けば、
大切なギフトを受け取り損なうでしょう。

それに、
自分のためにお金を使えないような人が、
豊かになれるのか? 疑問に思います。

私にとって、
「いつもより高いホテルに泊まる」ことは、
意味のない贅沢ではないし、
自分を大切に扱うことの重要さを改めて理解できる時間となりました。


私がこの後、個展の最終日に、
美しい小さな泉の涙をこぼした彼女に会えたのは、
このことに気づけたからかもしれません。
私がこのホテルに泊まる道を選ばなかったら、
あの作品を選んでくれる彼女を
自分の人生に引き寄せることはできなかったと思うのです。
「二年前はできなかった。でも今はもう違う。
 自分のために苺さんの作品を買うことができる自分になった」
そう言いながら、あの時、彼女がこぼした涙は、
自分を大切に扱うことができた喜びの涙。
ホテルの一件で私が経験したことと、
同じような思いや気づきからこぼれた涙だったと思うから。
私たちは、お互いを引き寄せあうことができたのでしょう。


自分自身を大事にできる人は、
どんどん幸せになってゆくはずです。
そうして、周りにも、
幸せに満たされている人だけが集まるようになります。


波動のあわない人とは徐々に距離が開き、
いつしか遠く離れて行くでしょう。



自分が欲しいもの、
自分が行きたい場所、
自分が会いたい人、
自由にいつも、
自分で自分の願いを叶えてあげていたら、
人生はどんどん楽しくなる。

けれどもし、
間違った我慢ばかり自分にさせていたり、
暗い気持ちに気付かないふりをして毎日を送っていたり、
そんなことをしているとしたら、しばらくの間は、
人生の迷い道を歩くことになるだろうと思うけど。

だいじょうぶ。

今すぐ「気分良くなること」をすれば、
前方に小さな明かりが見えてくるから。

そこを目指して進めばいい。

また、あの、
広く爽やかな道へ出るからne☆


天使は、
どんな人も、
見捨てたりはしないから。

Fri 5th, May 2017

「大阪での個展、最終日のこと その2」



私は、
個展の時も毎朝エンジェルカードをひきます。
そして一枚ずつ、小屋に飾ります。
個展最終日に出たカードは「新しい始まり」。
おしまいの日に始まりのカード。
素晴らしいガイダンスです!



天使たちよ!
ずーっと見守っていてくれたありがとうございます。

今回は珍しく、
天使作品が最終日までなかなか飛んで行きませんでした。
とても不自然なくらい、
じーっといつまでも小屋から動かずにいたのです。

そして、とうとう最終日。。。。。

小屋の中でこんなことしてる、
様子のおかしい人が現れました。笑

天使がディスプレイされている場所を勝手に変えて眺めています。
(いえ、いいんです、いいんです!笑 
 私の個展では皆さんに作品に触っていただいてますから!)

後から尋ねたら、
写真作品とどちらにするか悩んでいたそうです。
並べて置いて眺めたかったとのこと。
結局、
この方が買っていかれたのは写真の方。笑
天使はまた残りました。(が、この後、パーっといくつか飛び立ちました)

作品をお買い上げ頂いた上に、お土産まで持ってきてくれて嬉しい。
きゃー、はちみつー!(と、ジャム)


実は、初日にこんなにたくさんのお土産いただきました!
いただいたものを全部ご紹介できなくてごめんなさい。
個展期間に、この三倍はいただきました!皆さん、ありがとう!!!!

蜂蜜とジャムも!嬉しかったです〜〜〜★


おーいしいパンを焼いて持ってきたくれた人もいました!

パン屋さんを開くのが夢だというあゆみちゃん!
ありがとう!
絶対成功するよ!その夢!実現間違いなし。
だってすごい美味しいもの!!!!

蜂蜜も持ってきてくれたので、
小屋でおやつタイムを楽しんじゃいました。

魔法使いのサンキャッチャーを選んでくれたあゆみちゃん。
お店がオープンしたら、店内に飾ってくれるそう!

美味しいといえば、やはりサルンポヮクのこれ!

薄揚げバーガーと、ベジタブルスープ!

最終日、ゆいなちゃんと一緒に食べました〜。^^

ゆいなちゃんも、めっちゃ美味しいと驚いてました!

美味しいひととき。

サルンポヮクの雰囲気と、
ゆいなちゃんのムードがとっても合っていて、
この後、少し撮影しました。
それはフェイスブックの方にアップしますne!


せっかくゆいなちゃんが来てくれたのに、
作品がちょっとだけになっていたので、
ごめんなさい〜という感じでしたが、

私これ買います、と、、、

やったー!おまじない本を買ってくれました!
(ということで、この翌日、
 担当編集者のたくちゃんにも打ち合わせ中にポスター渡しました!)


★ただいまこのポスターを貼ってくれる人、募集ちゅう。^^
飲食店やサロンなどやってらっしゃる方、ぜひご協力お願いします〜★

Thu 4th, May 2017

「大阪での個展、最終日のこと その1」

今年のGW。。。
毎日ゆったり過ごしています。
嬉しい。のんびりできること。

今日は大阪での個展のことを思い出していました。
写真と一緒に、このエッセイでシェアします。

個展最終日は、それはもう大騒ぎな素敵な1日となりました。
冨樫ゆいなちゃんが駆けつけてきてくれたのです!
偶然居合わせたいちらーさんたちは、
ゆいなちゃんを見るなり、全員、ぼぅ☆っとなっていました!
どの人も幸せそうなアホ顔。笑
芸能人って、すごいなー。
そこにいるだけでみんなを固めちゃうんだもの。
見た人は石になっていました!

ここのオーナーの、きよママにもポスターを渡して、
記念撮影。

その息子さんである、若き映画監督のたかさんにも、
ポスターをお渡しして、ご挨拶。

たかさ〜ん!次回作は、ぜひ、ゆいな姫を主演でお願いしますっ☆

みんな、ゆいなちゃんを見て「かわいい。。。。」と、
ため息をついてました! 私も嬉しい!

☆現場は急遽、プチ秋葉原状態。小屋の前はスマホを持ったみなさんの臨時撮影会場に!

この日は、ゆいなちゃんが宣伝用のポスターを持ってきてくれたので、
(もちろん撮影したのは、わたし!)
個展で作品をお買い上げ頂いた方を中心に、
みなさんにもプレゼントさせていただきました。
偶然、ゆいなちゃんに会えたみなさんはラッキーです★
大スターになったらもう会えなくなるから。
ちょ〜プレミアムポスター、大切に飾ってくださいne!

ゆいなちゃんは、オフなのに、皆さんにせっせとサインをして、
まるでイベント会場で仕事してるようなことになってしまい、
ちょっと申し訳なかったけど、

本人をはじめ、み〜んな楽しそうにしてたのでよかったかな?と思います。

ありがとうございます!

この日は、この方もご登場。

なかなか飛ばない天使を選んでくれました!


そしてこの方。
毎回福岡から大阪の小屋までいらしてくださいます!

ありがとうございます。
今回は「サイレントムーン」というタイトルの写真作品を選んでくれました。
沈黙は金、人生の宝物という意味を込めた作品です。



こちらは三日目に、アミュレットブレスを一つ選んでくれた人。

最終日にもまたいらして、「実はこれも気になっていました」と、
天使の人形も迎えに来てくれました!
ありがとうございます!

これまでに買ってくれた私の作品(ブレス)を
何気に、ゆいなちゃんに見せて自慢するの図。笑
え〜っと驚くゆいな姫。

ふふふ☆

あのね、ゆいなちゃん、
私にも「ファン」がいるんだよ。笑




ゆいなちゃんの可愛らしさは、子どもにも通用することが判明。
いちらーさんのお子さんも、ゆいな姫に夢中!

いちらーママと一緒にプレゼントを渡していました。


こんな風に、最終日は
ハッピータイフーンが吹き荒れた小屋でしたが、
静かな物語も同時進行していました。

私にとって「忘れられない涙」を目撃した、あの瞬間。

心が洗われる思いでした。 ありがとうございます。

彼女が小屋に入ってきた瞬間、私は、
「初めまして」とご挨拶したのですが、
実は初めましてではなかったらしいのです。
忘れてしまってごめんなさい。
二年ほど前に、一度、個展にいらしてくださったそうです。
でも、その時はちょうどお客さんも混み合っていたし、
あまり私とは話が出来ず、欲しい作品はあったけれど、
「高い」という印象を持ったまま、
何も買わずに小屋を後にしたそうです。

そして今回は、

「欲しいと感じるものがあったら、値段は気にせずに買おう!」
と決意して、個展にやってきたとのこと。

しばらく、ひとつの作品の前をじーっと見つめて。。。。

「私、これに決めます」と彼女が指をさしたのは、
『新月の晩、3人の天使が現れ、奇跡が起こる』
という長いタイトルの、天使のイラスト作品。

今回の個展で二番目に高い値段が付いている作品でした。

彼女は、それを買えるだけの現金を持ってはいませんでしたが、
内金を払って、後日振込みますと言われたので、
私は快く「はい、ありがとう。それで大丈夫です」とお返事しました。

それから、
この2年間、どんな思いで自分の毎日を歩いてきたか、
私に少しお話してくれました。
話すうち、目には涙が溢れてきて、今にも溢れそうでした。
たぶん、聴いていた私の瞳にも涙が滲んでいたと思います。

「今日は持っているだけお支払いします」と、
バッグからお財布を出そうと屈んだ瞬間、

床にポタッと、

ついに彼女の瞳から溢れた、心の泉のひとしずく。

私には、
そこに聖なる小さな湖が生まれたように見えました。

これまで生きてきた中で、
一番美しいものを見たように感じました。


この作品を選んでいただき、ありがとうございます。


⭐︎彼女のブログの中に、買っていただいた私の作品の写真がアップされています。
         ↓ ↓ ↓
http://nakwach8esalen.hatenablog.com/entry/2017/04/26/213213


あの小屋は、本当に「小屋」なのです。
「ものすごい小さいんですね!」と驚かれる人も多いです。
でも、
大きな魔法が働く、不思議な小屋なのです。

どうやら、入れる人は決まっています。

私を含め、
導かれる人だけがあの小屋へ入ることができるようです。
だから私は、
毎年あの小屋で個展を開くことができるたび、ホッとします。
「ああ、また今年も呼んでもらえた」と思うからです。

小屋に入れたからいいとか、入れなかったからダメとか、
そういうことではありません。 ただ、、、、

私はできる限り光の道を歩んでいきたいと思っています。
途中に不思議な魔法小屋があるこの道から、
逸れずに進んでゆきたいのです。

冨樫ゆいなちゃんが来たことは驚きでした。

大きな光を持つスピリットは、
ひょいと大きな望みを叶えてしまうチカラを持っているので、
見ていて本当に眩しいです。

彼女とシンクロしたいちらーさんたちがいたことは、
私にとって大きな喜びです。

毎年、個展会場は宇宙学校になります。

いろんなことを学ぶ場となるように感じます。

一緒に宇宙学校へ通ってくれる皆さん!
魔法同級生の皆さん!
本当にありがとう!

またぜひお会いいたしましょう!

来年もできるといいな、あの小屋で。 小さな個展。

どうぞまた会いに来てくださいne⭐︎


⭐︎ゆいなちゃんに写真を一枚、額装してプレゼントしました⭐︎

Wed 3rd, May 2017

「静かなGW」

まるで嵐の前の静けさ。

5月の撮影&打ち合わせスケジュールは、
びっしりセッティング終了。
書き込みで、もう手帳が真っ黒。
あとは心を込めて全てきっちりこなすだけ。

今日は、大好きなカフェへ行きました。

フレンチスタイルのガーデンカフェ。

「このお花も食べれます」と言われたサラダ。。。花びらが乗ってる!
とっても美味しかった!葉っぱも。ドレッシングも。

それからマイブームのケーキ屋さんへ。

本も買いました。

友人へのプレゼントを含めて3冊。

大好きな編集者、かほりんが作った本です。
「絶対開運」という、このタイトルがいいね!
一気に読んでの感想としては、
さっぱりわからないところと、
めっちゃわかるところ(というかもう既にやってること)があって、
面白かったです。

大いなるもの(宇宙とか神様とか天使とか)との繋がり方は、
人それぞれだなあと思います。
どれが正しいなんて誰も言えないだろう。
みんなただの人間だから。

でも「これが正しい」と信じながら生きていけるものを、
誰もが自分の人生で見つけて生きることは大事なこと。
それが人間というものだと思うから。

そんなことを感じながら読み終えた一冊でした。

みなさん、ぜひ読んでみてください。

もっと自分の毎日を大切にしたくなるような本です。
「絶対開運」(ヒカルランド刊)


Tue 2nd, May 2017