写真家

夏野 苺

世界中の魔法使いや天使とともに作品を創る“魔法使いの弟子”
Photographer Ichigo Natsuno's Official Website

毎日のガイダンスをつぶやいています☆
ツイッター@natsunoichigo
フェイスブック 夏野苺ファンページ

「call」

かっちゃんに連れて行ってもらった時にとても気に入って、
表参道で打ち合わせする時や、
ひとりでのんびりしたい時にいつも行くようになりました。

誰と行っても、
「知らなかった」「ここいいね!」「おいしいねえ」
と言ってもらえるので、よかった。
かっちゃんに感謝です。

かっちゃんは私が知らないことをたくさん知っていて、
それを色々教えてくれるので、そこがとても好き。

私は知らないことを見たり、聞いたり、知ったり、
知らないところへ行ったり、人に会ったりするのが大好きなので。

世界を広げるには、
ひとりだと限界あるでしょう?
だから誰かと付き合うなら、
気は合うけど得意分野が違うみたいなパターンが理想。

私は子どもの時は気の合う人に巡り会えなくて、
いつもひとりぼっちで過ごしていたけれど、
大人になってからの方が(ここ数年特に!)、
一緒にいて楽しいと感じる人たちに巡り会えることが多くなりました。

たま〜に、幼馴染がいる人っていいなあ〜とも思うけど。

振り返るまい。
今ここに辿り着くために歩いてきた道が私の道なんだから。
今が幸せだったらそれでいい。

お気に入りの表参道のカフェ、店名も気に入っています。
「call」

いいね。私の今の心境にぴったりなの。



追記)
和歌山のイベントでご一緒する丸石さんのスタッフさんから
メッセージをいただきました。
14年くらい前に、私、熊野でお会いしているらしいのですが。
全く思い出せない。。。。。
本当に申し訳なく思います。
あの時、
私の心はある一点に占められていて、
外からは普通に見えたかもしれないけれど、
私のハートはかなり視野が狭くなっている状態だったと思います。
見ているようで何も見てない毎日を送っていたと思う。
旅の途中でお世話になった方から、
ずいぶんたくさんの人を紹介されて、
いろんな人と挨拶した記憶は残っているので、
その時のお一人だったと思います。
自分の方は覚えていて、
懐かしく思いながら連絡したのに、
相手が全く覚えていないって、ショックですよね。
悪いことしたな、失礼だな私、と申し訳なく思うのですが、
覚えているようなふりをして調子を合わせたり、そんなことできないので、
正直にご本人にお伝えしました。
会ったら思い出せるんだろうか。。。。。。
ただでさえ記憶力の悪い私。
会っても思い出せなかったら、
イベント会場でどんな顔していればいいかしら。。。。
しょぼん。

でも今からそんなに心配しても仕方ないので、
楽しい心を取り戻して頑張って行こう!
もう和歌山のホテルも取ったし。
いべちゃんは
ラーメンを食べに連れて行ってくれると約束してくれたし。

ーーーーー

ー和歌山イベントー
9月17日(日・祝)
和歌山 アルテミス
和歌山県 和歌山市畑屋敷千体仏丁14 ジェントリービル3F
http://live-artemis.com/
オープン 16:30
スタート 17:00
料金 1000円+ドリンク代
20時くらいに終了予定です。^^(私の出演時間は19時ごろ)

「いけるよ!」
という人は私まで直接メールをいただけますか?
予約は必要ありませんが、予め人数を把握しておきたいので!
よろしくお願いします。
(ご来場いただきました皆様には私から特別感謝プレゼントあり★
合言葉は「いちらーですけど」←この呪文を唱えた人だけの特典)

Mon 14th, Aug 2017

Tags call

「ココロのピント」

昨日の眼鏡屋さん。
知人の紹介で行ったんですけど。

メガネを愛してる。
メガネを尊敬してる。
メガネで運命が変わると信じてる。
かなりのメガネ狂ショップでした。

まず、検査がすごかったです。
眼科でもこんなにやらないでしょというくらい、
一時間半もかけていろいろ検査しました。

よくある、丸の一箇所が開いてて、片目づつ隠しながら
「右」「左」「上」「下」って答えていく検査。

私なぜか一番最初は必ず自分の手で
開いてる方向を指さしちゃうんです。
それでいつも「口で答えて」と注意される。昨日もそうでした。
「またやっちゃった」と思いながら、ちゃんと答えようとしたんだけど、
先生が「勘でいいからね。なんとなくで」なんて言うから、
「えっ?」と可笑しくなってしまった。

勘でいいって、、、、笑  じゃあこれ何の検査?

先生なりの独自の理論があって、
それによると「見えすぎることは危険」らしい。
現代社会は建物の中で行動することが多いから、
そんなに遠くまで良く見える必要もなく、
私みたいな子どもの頃から遠視だった瞳は、
相当働かなくてもいい働きをし続けてることになってるらしい。

良く見えること(私の視力は1,5以上!)イコール目の状態が良い
とは限らないんですって。
1,0くらいあって、遠くは少しぼんやりする程度が、
一番疲れずに正しく目を使えている人らしいです。

それとやっぱり写真を撮る仕事をしてる人は、
普通の人よりずっと目を酷使してるから、
かなり悪い状態(目が疲れてるという意味)の人が多いって言われました。

そんななか、今度は
見たことない不思議な道具を出してきた先生。
なんというか、魔法の杖みたいな棒状のもの。
先端に黄色い小さな丸が付いてる。
それを左右に振りながら、
「はい、こっちみて。今度はこっち」と言うんだけど、
その振り方が魔法かけてるみたい?手品?みたいな感じで、
もうこれまた可笑しくて面白くて、ものすごく笑いたくなったけど、
こんなところで笑ったら絶対にいけない、ふざけてると思われる、
と思ってめちゃ我慢したことが最高に苦しかったです。
先生はとっても真面目なお堅いムードの人だったので、
検査中に笑ってはいけないと必死で耐えました。

そうなると、
笑うな、笑うな、可笑しさよ消えろ、と
意識がそこに集中するあまり、
先生の説明が遠のいてしまい、
途中、何を話されたのかさっぱりわからなくなってしまいました。
ごめんなさい。

そのあとに、
視力に合わせてテストレンズを入れたメガネ風の機械を顔に装着されて、
「ちょっと歩いてみましょう」と言われ、
先生のあとについて店内を歩いたのですが、
チラッと鏡に写った自分の顔を見た瞬間、
またあの最高レベルの苦しさが!!!!こみ上げてきた!
笑いたーいっ(でもがまんー)
だって、面白すぎる!なにこのロボット風の私!

記念に写真撮りたいっ 誰か撮ってくださーい

と思ったけど、
やはりそんなムードは店内に微塵もなく、
先生は眼球についての説明を色々してくれているので、
仕方なく写真は諦め、
笑いたいのを堪えながらじっと聴くよう努力しました。


どうして、私は、
真剣な場面の中に可笑しいものを見つけて
笑いたくなってしまうんだろう。。。。。。

子どもの頃からなおらない、この性質。

まさかバカにしてるとか、
そういうことじゃないんだけど。

どうしても笑える要素にココロのピントが合ってしまうのです。



店内にあったこのカレンダー。気になるなー。


Sun 13th, Aug 2017

「導かれて」

ここのメガネいいよ
と数人から薦められたので、
メガネ作りに行きました。
パソコンの画面を見るのが辛くなってきたので、
視力がうんと悪くなってしまう前にと思って。

そうしたら、
店内にこんなものが!

びっくり!
スサノオだ!
日めくりカレンダーですね、これ。
ちょうど今日の日付のところだけスサノオなのかな?
尋ねてくるの忘れちゃったから、
メガネを引き取りに行く時に聞いてみよう。
すごいなー。このシンクロ。
ここでメガネを作ることにしてよかった。
導きを感じる。。。。

それで、
次の予定まで時間が空いてたので、
てくてく散歩してたら、素敵な神社発見!
私は古〜くて、全然人がいない小さな神社が好きなんですが、
見つけたのはまさに私好み★
お参りして、御朱印いただき、お守りも買いました。

ご祭神は恵比寿さま。

トレードマークの鯛や俵が手作りなのが素敵!^^

神社を出て、なんとなくデタラメに歩いてたら、
こんな道に出ました。

。。。。。え〜、、、ここ、入るの?

運命でもこんな時あるよね。

先が暗いの。(笑)

でもここを通ることが必要な気がして。

一歩、踏み出すんだよね。

なので、
私も、えいやっ!と向かうことに。

ところが!これがすごく素敵な道だったー。
小さな竹林になってて。
振り返るとこんな感じ。

登ってきた道が見える。

あそこから来たんだ。(ちなみに浴衣だったので、下駄で)

雨の後かな?
とてもいい香り。

最初、暗いように見えて怖かったけど、

まあ暗いは暗いけど怖い暗さじゃない。

やっぱり実際に体験してみないとわからないね。

暗い道を抜けたら、大黒天が祀られてるお寺に出ました。
わーん、恵比寿様と大黒様。
私が最近ご縁深くなってきた七福神。
(最初は弁天様とよく遭遇したけど。最近変化してきた)
参拝して、
そのあとまたデタラメに歩いてたら、
今度たどり着いたのは、こんなところ。

武家屋敷だって!わー☆
なんだってまた?

土曜日は見学無料ですって。
「お邪魔します」と頭下げて入りました。
見学者も係りの人も、誰もいなかったけれど。
なんとなく、昔の人に。


ここ、誰か住んでたのよね。
江戸時代からある建物らしい。

わあ、  わあ、   わぁ。。。。。

一人静かに感動。

なんで私はこういうの好きかな?
昔住んでたのかしら?
何も思い出せないけど。(前世とか、そういうの)


見てると心躍ります。
TOKYO着物学で「土間に惹かれる」と言った人がいたけど。
こうして見ると私も惹かれる。
ここでご飯作りたい。



私、ただメガネを作りに行っただけなの。

どうしてこんな?

まるで小さな旅をしたみたいな。
時間にすると「ちょっと散歩」くらいなことだけど。

知らない場所へ出かけるのが大好きなので、
時々、天使が、
私が好きそうな場所へと導いてくれてるのかな?と思います。

途中、行き合う人たちに、
「綺麗ですね」「いいですね」「素敵ですね」って、
たくさん声をかけてもらいました。
ありがとうございます。

和服って、ただ存在するだけで、
人々を幸せにする魔力があるんですよね。

楽しい時間でした。

ありがとうございます☆

メガネを取りに行く時にまた散歩したい。^^



Sat 12th, Aug 2017

「がんばる人たち」


バザールで手にした魔法のバトン、確かに受け取りました!
届いた荷物が大きい&重すぎるような?
いそいそと開けてみてびっくり、「さっきまで飾ってありましたよ」って表情の絵が!
苺さんのお手紙に書かれた文字にも温かいものがあふれているし、
シューズに添えられていたティートリーのアロマオイルもなんだか落ち着く香りで。
「福袋みたいだね」って夫は笑っていましたが、まさに私にとっては「福袋」でした。
先ほどエッセイを読んだんですが、「写真が苦手・嫌い」という話。
私も写真、苦手でした。というよりも怖かった。
あの、大きな瞳で見つめられるのが怖かったんです。
自分の中の好きじゃない部分・見せたくない部分を見られてしまうようで。
もちろん、容姿に自信がない、というのもありますが。
苺さんと接する中で、怖いと思う気持ちは少しずつ薄れていってはいたんですが
劇的に変わったのは一昨年の箕面で苺さんが撮ってくれた一枚でした。
カフェの庭で樹を見上げている写真。
私を知っている人にしか私とはわからない、顔も写っていない一枚。
でも「気負わない自然の私ってこんな姿なの!?苺マジックですごく素敵に見えてる?」
って、びっくりした一枚。
あの一枚を見て「あるがままに、自然に溶け込めるような私」というのが
私にとって理想の私なんだということに気づきました。
まだまだ理想の私には程遠いですが、それでも近づく努力は続けていきます。
前に進むことを忘れずにいる間は、
途中の段階であったとしても「理想の私」だと思うので。
こんな風に、変わるきっかけ・考えるきっかけをくれる苺さんには
感謝の気持ちでいっぱいです!
魔法学校での授業も、個展で会える日も楽しみにしています!


今日、我が家に飛んできてくれました。
開けた瞬間、ふわぁ〜〜とレモンの香りが
アリスちゃん、ほんとにほんとに素敵です。
なんか初恋の人と出会ったみたいな感じで。
胸がドキドキしてます。
大切にしますね。
さっそく使いたいなぁ〜と。
そして、ほんと宝箱をあけるような・・・
もううまさんの目と視線があっちゃって。
にやけましたぁ
くふふ
不思議と笑顔に
ちゅうたろうくんは、お耳がうちわみたい
いっぱい新しい風を飛ばしてくれそうです。
この小鳥の親子が幸せを運んできてくれたんですね。
ありがとうございます
そして、ぶどうさん!きゃ!!
ふっさふっさでかわいい〜〜〜
白いバックにつけて、明日からの旅行に一緒にいこうかなぁ
ほんとにほんとにほんとに、言い切れないくらいの幸せを送ってくださって、
ありがとうございます。

ーーーーー

まほうのバトンを受け取ってくれた皆さんから届く感想、
毎回とても楽しみにしています。
早速メールをくださった皆さん!ありがとう。
(いつも一部しかエッセイではシェアできませんが、全員のメッセージを
 嬉しく楽しく読ませていただいてます!)


それと、
今日はもうひとつ、ご紹介したい嬉しいメールが届きました。
これ。↓
ーーーー
苺さーん。
私も個展でいただいた羽根やおみくじ、
カードや天使。
持ってますよーん。(*^^*)

エッセイもいつも拝見しております。
素敵なパーティは、わくわくしますね。
笑顔がたくさんで、はっぴーオーラに満ちてるようにみえました。
いちらーパーティには、ぜひ私も参加したいです!
では、
魔法学校でしっかり学びたいと思います。
学びの機会をつくってくださり、ありがとうございます!
どうぞよろしくお願いいたします。(*^^*)
ーーーーー


うわー。いろいろ取ってある人がここにもいました!(笑)
見るといろ〜んなことを思い出します。。。。
ありがとうございます。

前に、
私が書いて送った宅急便の伝票とか取ってある人を見たことがあります。
すごい!と思ってしまった。 愛を感じます☆ ありがとう!
誰かを応援するパワーって、ホントすごいなー、強いなー、と感じます。

私にも、応援したくなる人はたくさんいます。
近しい友人知人、いちらーさんたち、撮影した人たち。
直接何かできることもあれば、
祈るだけとか、そういう場合もあるけれど、
様々な形でご縁を持った人たちをいつも応援しています。

だから、
「〇〇になった!」
「〇〇できた!」
というお知らせをいただくと自分のことのように嬉しいです!

つい昨日も、めっちゃ嬉しいニュースが飛び込んできました。
まだ詳細は発表できないけれど、ビッグニュースです!

頑張った人が成果を出すのは素晴らしい。
見ていて勇気をもらいます。

「頑張らなくていいよ」
という考え方も流行ってるみたいだけど、
それは散々がんばってがんばって頑張りすぎた人にかける言葉でしょう?

頑張ったことない人は頑張ってみるといいですよ。
がんばる気持ち良さってあるから。

私は全く頑張らないでずっと生きてきた人間だったけど、
(頑張りたいこともなかったし、頑張るということに対して興味がなかった)
いつしか頑張るのが楽しいと感じるようになって、
いろいろ振り返ると、頑張りたいことを頑張ってる今の方が楽しいです。

人はそれぞれだから、
頑張ることにずーっと興味ないままならそれでもいいけれど、
(それで楽しいなら)

たとえば、
部屋は綺麗じゃないと幸運はやってこないと信じてるとしたら、
毎日掃除して整えたほうがいい。
それを自然にできる人もいれば、
頑張らないとできない人もいる。
ちょっと頑張ればいい人、うんと頑張らないとできない人。
いろいろでしょ。
部屋と幸運は別に関係ないし、と思ってる人もいるでしょう。
でも関係あると信じてるなら実践したほうがいい。
それを頑張らないとできないなら頑張ったらいい。
自分が信じていることは、とことんやったらいい。

たとえば、
痩せてなければ美しくないと信じている人。
ダイエットしたらいい。頑張って。
でも、
太ってても美しい人はいる。
美しいということは太ってる痩せてるに関係ないでしょ?
と思うなら、そんなところで頑張る気は起きないだろうし。
だけど痩せていなければ美しく感じないというなら、
痩せるしか無いでしょ。
もし頑張れないなら、自分の信念を変えたらいい。
頑張れないことを信じてたってしょうがないから。

みんな本当にそれぞれで正解はないから。

というか、
自分にとっての正解を持っていればいいから。

何をどう頑張りたいかは、
自分で見つけるしかないと思います。

頑張りたいことに巡りあったら人生はとっても楽しいです。

無いなら無いで、それも気楽で楽しいかもですが。

さて、
これを読んでいる皆さんの今は、どちらでしょう?^^

Fri 11th, Aug 2017

「愛の告白」

私が職業柄よく言われる言葉。
一番目に多いのが「写真苦手なんです」「写真嫌いです」。
そして二番目に多いのが、
「痩せたら苺さんに撮ってもらいたい」。

ふむ。なるほど。
お気持ちはわかります。

が、
これは決定的に残念すぎるコメントです。
もちろん皆さん「そんなつもりで言ってない」ということは、
わたくしも重々承知の上ではございますが、
でも、
でもですね、
これはつまりですね、
ものすごーく噛み砕いて解釈するならば、

「今のままでは素敵に撮ってもらえない」
    ↓
「夏野苺には撮れるはずがない。無理だろう」

ということでしょ?
私には任せられないということよね?
全く信用されていません、私。

バカ言っちゃぁーいけませんよ、おまいさんっ!

ふざけんな、と言いたいけれど。(笑)

いやいや、
まさかそんなつもりで言ってる人なんていないとわかっているから、
いつもニコニコしながら聞いてますが、
私からコメントを返すようなことはありません。

「そんなことないですよ」
「大丈夫ですよ」
「撮りましょうよ」

と言うことはないのです。
無駄なので。

例えば、いくら私が
「撮りたい!この人を撮ってみたい」と強烈に思ったとしても、
その人に「いま撮ってもらいたい」という気持ちが無かったら、
もうこれは無理なんです。
首根っこ捕まえて、犯すように撮るわけにはいかないんです。

素直にまっすぐ、
「撮って欲しい」と言ってもらえた時に、初めて、
私の魔法が活躍する場が誕生するのです。

稀に私から「撮らせてください」とお願いする人もいますが、
これはもうプロポーズですyo!

「撮らせてください」は「結婚してください」と同義語です。

愛の告白です。

撮影は、被写体と写真家の聖なる共同作業だから。

ここまで深い想いで写真に関わっている私としては、
「痩せたら撮って」みたいなことを言う人をとても浅いと感じるので、
お互いのハートをリンクさせる場所が見つからない。
深いから良い、浅いから悪い、という話ではないです。
ただ「違う」という話です。
なので、
これは今はまだ撮るチャンスが来てないなと思うから、
無理に撮影に誘導するようなことは言わないのです。

そんな中、
素敵なメッセージが届きました!^^

ーーーーー

おはようございます。
満月の夜、パーティーにお誘いくださりありがとうございました。
スカイツリーと半円の虹から始まり、赤い満月が見られて、
苺さんとキラキラしている人たちとの時間は、
お酒を飲んでよっぱらったかのようでした。
苺さんが持ってきてくださったおにぎりおいしかったです。
一人ひとりを丁寧にご紹介してくださり、気さくに話しかけてくださって、
最高におもてなしくださりありがとうございます。
心と文章がまとまらず、すみません。
写真送ります!よろしければブログに載せてもよろしいでしょうか?
9月末を目標に体をしめたいと真剣に思っています。
写真をみて輝子さんみたいなエロかっこいい写真を撮って欲しいと思いました。
でも一人ひとり、全く違う個性が出ている写真を拝見して、
あの人のように、、、
みたいなことは考える必要ないんだろうなぁーと思い直しました。
苺さんのスケジュールもおありでしょうから早くしめなくてはっ!と思っています。
またご連絡させてください。
繰り返しになりますが、本当に楽しい時間をありがとうございました。
ーーーーー

ありがとうございます!
読んで感激しました!
おそらく「痩せたら、、、、」とか、
密かに思っていた方かもしれませんが、

『写真をみて輝子さんみたいなエロかっこいい写真を撮って欲しいと思いました。
 でも一人ひとり、全く違う個性が出ている写真を拝見して、

 あの人のように、、、
 みたいなことは考える必要ないんだろうなぁーと思い直しました』

という文章に心がグッときました。
こんなふうに自分の心と向き合って、
撮影するまで自力で辿りつける人は、
必ずいい写真になります。
私の経験からいって間違いありません。

だから私は辛抱強く待ち続けるのです。

お互いのタイミングが合うまでは。

時に、「ふざけんな」と思いながらも。(笑)



★ちなみにメールの中に出てくる「輝子さん」はこの人。
私がプロフィール撮影を担当して以来、人気急上昇ちゅう!


★素敵なメールをくださったのはこの方!
撮影のお申し込みは来るかしら?
実はすごい経歴をお持ちの方なんですyo、、、、
撮影を担当したら改めてご紹介しますne!



★業務連絡★
苺バザールでお買い物された皆様へ!
まもなく品物が到着すると思いますが、
バザールは毎回皆様に送料をご負担いただいているので、それぞれ着払いでお送りしています。
なお、簡易包装を心がけているので、素敵にラッピング★とかしてないのですが、
この二点だけ、どうぞご了承くださいませ。
それから、「あれ?これ買ってないけど?」というものが、全員の方の荷物に紛れ込んでいます。^^
それは天使と私で選んだ贈り物です。
まほうのバトンを受け取ってくださった皆様!本当にありがとうございます!

Thu 10th, Aug 2017

Tags 告白