写真家

夏野 苺

世界中の魔法使いや天使とともに作品を創る“魔法使いの弟子”
Photographer Ichigo Natsuno's Official Website

毎日のガイダンスをつぶやいています☆
ツイッター@natsunoichigo
フェイスブック 夏野苺ファンページ

「蜜蜂とテディベア」


みつけましたっ!
蜜蜂のチャーム!
羽の部分に小さなストーンがキラキラ☆

三つだけ私のところに飛んできてくれたので、
これで、なにか創ろう!

嬉しい、嬉しい!

なに創ろうか?!

今またテディを創ってるけど、
私の手から生まれるテディは、
顔がクマっぽくならない。


子羊みたいな顔になっちゃったけど。
青い瞳をしたピンクのテディです。

金色の瞳をした黒いテディもいます。

ふふふ☆



Tue 16th, May 2017

「『浅田すぐる』というカッコイイ人を撮りました」

浅田先生のプロフィール撮影を担当しました。
先生の本は、
サンマーク出版からただいま三冊目が好評発売ちゅう。


「いまの説明、わかりやすいね!と言われるコツ」
(サンマーク出版)

担当編集者は、たくちゃんです。

撮影の打ち合わせで先生に初めてお会いする時、
ちょっと道に迷って、遅れそうになって焦って、
それでも「あれっ?ここでいいんじゃない?」と、
気がついたら待ち合わせのビルの前。

遠くから見ても、
あそこにひとりだけオーラの違う人がいる!
と思ったのですが、
それが浅田先生でした。

ベストセラー作家さんって、
なんか違うな〜と感じます。

特に、浅田先生は、
私がひとつも持っていないものを全部持ってる、
という感じで、
私のハートはキョロキョロちゃん。

しっかり観察して、
「どこでシャッターを切るか」を決めていきます。

この作業はとても大切なのです。

撮影の打ち合わせの席で、
私は相手にいろんな質問をするんですが、
それに答えてもらうやり取りの中で、
「ここでシャッターを切ろう!」と決める「なにか」が見えてきます。

その「なにか」とは何だ?と言われると、
私にもうまく説明できないんですが、
話しているうちに、
決定的な「なにか」が見えてくるんです。

浅田先生の時もそうでした。

言語化するのは難しいけど、
感覚的に「これでいこう」と決められる瞬間を見つけたら、
もう撮影に関しては何も心配ありません。
「どんな写真が生まれるかな〜」と当日を楽しみにするだけです。

打ち合わせ前に浅田先生のフェイスブックやホームページなど、
いろいろ拝見しましたが、
その時点で私が感じた先生の印象は「全く笑わない人」。

でも実際に会うと、
ユーモアのセンスも素晴らしく、
お話も楽しく笑顔も魅力的な人だったので、
あまりガハハハ笑ってるのは、先生の人柄とは合わないと思ったけど、
「微笑み」的な笑顔の瞬間を撮ることができたらいいなと思いました。

私は、
自分がよく笑うので、
笑顔を撮るのは大好きですが、
誰もがみんな
無理に笑顔を作って
写真に収まらなきゃいけないのかというと、
全くそうは思っていなくて、
その人のムードにあった表情を捉えることができたらいいなと思っています。
クールな人、
キリッとした人、
全く笑いたくない人、
いいんじゃないでしょうか、それぞれで。
自然が一番です。

ということで、
浅田先生の場合は、
こういう写真を記録することができました。

本の表紙にもイラストで描かれていますが、
この三本指ポーズは、
今回の本の内容のキーワードとリンクしています。
先生の教えには大きな三つの柱となるポイントがあって、
それをこの指三本で表しているのです。
(詳しくはぜひ本を読んでみてください!)

打ち合わせの段階で、
いろんな場所でこのポーズをたくさん撮ろう!ということになったので、
この日、衣装チェンジするたびに何度も撮りました。^^




先生は洋服のセンスも抜群で、
このコートは特に形も色も美しかったです!
浅田先生によくお似合いでした〜☆


ピンク色も大好きだそうです。
ますます、素敵だー。

この写真大好きです!
ふとした自然な表情がとても素敵。


浅田先生の本は、今、全国の書店さん、
だいたいどこでも見かけることができるはずなので、
ぜひご覧ください。

最新情報はこちらのHPをチェックしてくださいね。
サイト内やブログなどでも、
私の撮影した写真をたくさん使っていただいて、
感謝です!

せんせーい、これからも応援していきます!

「浅田すぐる公式サイト」
http://asadasuguru.com

Mon 15th, May 2017

「7月開催予定のセミナーのお知らせ」

3月に開催した、横浜でのセミナー。
参加者のお一人、
熊本からいらした林田先生。

地元では口コミで評判の鍼灸院なのに、
今ひとつネット集客がうまくいかない。
ということは、写真が悪いんじゃないだろうか?

というお悩みを抱えながら、
セミナーにご参加いただきました。

林田先生がHPで使ってらした写真は、
これです。


林田先生の人柄を何も知らない人がこれを見たら、
「この人に施術をお願いしよう」とは、
なかなか思わないと思います。

ご本人とお会いして、
この写真の印象と全く違っていたので、
私はとても驚きました。

と同時に、
驚いてばかりはいられない。
私はこのセミナーでプロフィール撮影を任されているので、
何とか林田先生の「本当の」印象通りの写真を撮ろう!と、
やる気が出てきました。

その結果、生まれた写真がこちら。

林田先生は、笑顔がとっても素敵な方なのです!
それを活かさない手はありません!

どうですか?この先生になら、
健康のことを何でも相談したくなりますよね!

ちなみに、林田先生は、
私服のセンスも素晴らしく、
こんなカットも撮っちゃいました!



このイベントを通して、
林田先生を撮影することができて、
私もとっても嬉しかったです。

ありがとうございます!

林田先生の鍼灸院は、
イベント参加後にますますたくさんのお客様に
お越しいただけるようになったとのこと。
イベント参加直後は、20%増し、
今月は30%増しに届きそうな勢いだそうです。

改めて、
写真の(神様の)チカラを、
私も目の当たりにすることができて、感激しています。

次回のセミナーは7月にまた横浜で開催予定です。
今度はどんな人に巡り会えるでしょうか。
今から楽しみです!

先日、イベント主催者のともこさんと、
作戦会議してきましたyo★



〜林田先生のことをアメブロに書きました〜
    ↓
★「これは違うだろ?そう思いませんか?」
http://ameblo.jp/angelphoto-444/entry-12273352640.html

★「これは違うだろ?そう思いませんか?←の続き」
http://ameblo.jp/angelphoto-444/entry-12273771068.html


★「印象管理セミナー」詳細はこちらから
    ↓
https://peraichi.com/landing_pages/view/201707-mannar-clinic


Sun 14th, May 2017

「今年もうなぎ祭りな予感」



ものすご〜い好きな鰻屋さんがあるんですが。

何度食べても飽きません。

たしか一昨年は、
ひと夏に7回も行きましたが、
今年はすでに、今日で3回目。。。。

私がどこか、何か、ぐーっと一点に集中する時は、
必ず後から「ああ、これか!」と意味がわかる瞬間が訪れるので、
今から楽しみ。

いつも、先にわかろうとしない。

この姿勢は気楽でいい。

とても気に入っている、生き方。

答えなんて一番最後で構わない。

Sat 13th, May 2017

Tags うなぎ

「たかがお金 されどお金」

お金は大事です。

大事な道具です。

一応今の世の中のルールだと、
何かを欲しかったりするなら、
お金が必要です。

ただ、一部の人のように、
自給自足的に暮らすとか、
欲しいものは何もない、この目の前の自然があれば、
みたいな考え方の人は全く別でしょう。
お金が要らない生き方。

でも一般社会で生きていくなら、
特に都会で生活するなら、
お金は必要だと思います。

しかしながら、私は、
お金の話が一番初めにくる人とは、
少し歩みがずれるような気がします。

つまり、

例えば仕事する場合、
「それはいくらの仕事?」から話がスタートする人。

その仕事を受ける受けないかの基準をお金で測る人。

そういう人の考えが悪いとか間違ってるとか全然思わないけど、
私とは全く違うと感じるので、
私からはこういう人に仕事を依頼することはまずありません。
また、
私が自分で受ける時に、
「その仕事のギャラはいくらですか?」と先に尋ねる事もありません。

もし尋ねるとしたら、それは、
相手を信用していない時だけです。

何か怪しい匂いがするとか、
初めての人でまだ会って間もない時期で、
相手に対して疑いの気持ちが生じている場合とか。
こんな時は、先にお金の話をすることもあります。

こういう例外を除いて、
それをしたいかしたくないか、
喜びを感じて動けるか動けないか、
こういうことを基準にして仕事できるような人を、
私は自分の仕事のチームとしたいし、
自分が受ける際もそこを基準としたいです。

これまでの経験から、
お金のことを先に話す人は、
後々お金のことで揉めることも多い人だと、
私はそう思っているので、
(私の実体験というより、他の人を見て学んできたこと)
基本的に、こういう人とは最初から組みません。

きれいごとではなく、自分の情熱として、
「お金じゃないんだよね」
と心底思いながら行動できる人は、
不思議なことにお金って必ず後から付いてくるんですよね。

最初にお金の話ばかりする人ほど、
結果、お金のことで苦労したりする。
面白いなと思います。

あと仕事の場合は、
なんらかの恩を受けた人からの依頼は、
感謝の気持ちとして速攻、受けますね。
それこそ、お金じゃないです。

本当に恩を感じている相手なら、
その人と関わることで、
必ずまた素晴らしいご縁が繋がると思うし、
何よりご恩返しできることが嬉しいじゃないですか。

つい最近も、
目先のお金の話を先にして、
後に待っているであろう大きなチャンスを逃した人を見ました。
たぶん、その人は、
自分が逃したチャンスの大きさなんて想像できないと思います。
ということは、、、、
その人の人生にとってそのチャンスは初めから無かったも同然のこと。
ということは、、、、
その人は幸せですね。(笑)

なので、
人それぞれでいいんですよね、やっぱり。

私も余計なことは言いません。

黙って見ているだけ。

そうして自分の学びにできたらいいんだと思います。


たぶん、私が思うに、
先にお金の話から仕事するような人は、
お金の心配をしながら生きてる人なんじゃないかしら。
(潜在的にか、意識的にかわからないけど)

そう考え続ける以上、
人生ずっとお金の不安からは逃げられないような気がする。。。

その仕事はいくらの仕事か。
〇〇円なら受けてもいいけど、〇〇円なら断ろう

それはいくらで売ってるものなのか。
〇〇円なら買うけど、〇〇円ならやめよう

こうなるともう一生お金の奴隷ですね。
お金に振り回されている。というか、外側の条件に縛られている。
自分の意思で自分の人生を創造していない。


つい最近、一緒にたくさん仕事をするようになった人がいて、
その人は(誰にでもそうしてるかわからないけど)
何を頼んでも「いいですよ」しか言わなくて、
現場でとっても気持ち良く動きながら楽しそうに仕事をするので、
今にきっと大金持ちになるに違いないと思って、
私はその人の将来をとても楽しみに見ているのです。



★さて、全く砂糖が食べられなくなった私。
 今日は、青汁と野菜スープを作りました。
 スープの具は、トマト、パセリ、キャベツ、人参、玉ねぎ、一口餃子。
 味付けは塩のみ。 キャベツや玉ねぎや人参って、すっごく甘いんですよね!
 お砂糖を全く摂らなくなると、野菜の甘みに敏感になります。美味しい!

Fri 12th, May 2017