写真家

夏野 苺

世界中の魔法使いや天使とともに作品を創る“魔法使いの弟子”
Photographer Ichigo Natsuno's Official Website

毎日のガイダンスをつぶやいています☆
ツイッター@natsunoichigo
フェイスブック 夏野苺ファンページ

「吾輩はお金である」

お金の質問シリーズ。
面白いのでどんどん書いてゆきます☆

皆さんはお金の気持ちになったことがありますか?

もしも自分がお金だったら、どんな家(財布)に住みたいか?

もしも自分がお金だったら、どんな仕事(使い方)をしたいか?

もしも自分がお金だったら、
どれくらいの仲間(お札の数)と暮らしたいか?

こんなふうに考えたことって、ありますか?

お財布に暮らすとかって、想像すると結構面白いですよ〜

綺麗なおうちと粗末なおうち、どちらでの暮らしが快適ですか?

個室がいいか、相部屋がいいですか?
(お財布にレシートやクレジットカード等
お金以外のものを入れてるなら相部屋)

御殿に暮らせばパーティを開きたくなりますよね?^^
(綺麗なお財布に暮らしていると、
仲間のお札をたくさん呼び込みたくなるもの)

自分がお金になったつもりで生きてみると、
お金の増やし方も自然にわかってくるような気がしませんか?

お金だけに限らず、
なんでもそのモノの気持ちになってみれば、
一番良い方法が自然に浮かんでくるものです。

お金を貯めたいならお金の気持ちを考えてみること!
お金持ちになるためには、
想像力も大切なんですyo☆ きっと。^^




本当は昨日、
次のロケ場所へ移動するはずだったけど、
撮りきれなかったシーンがあったので、
もう一泊同じホテルに滞在して、
今朝早くから撮影して、お昼に無事にアップ。
これから
みんな一緒にロケバスで移動です。^^
撮影がズレ込んだので、
今日のお休みは無しになりました。
毎日スタッフさんが、
一日分の撮影スケジュール表をみんなに配るんだけど、
今日の分には「申し訳ありません」と書いてあって、
ちょっと笑っちゃいました。アットホームな瀬々組です。

Sat 22nd, Oct 2016

「たかが迷信 されど迷信」

エッセイ読者のみなさま、こんばんは!^^
近頃、お金にまつわる話を集中的に書いていますが、
今日もまた質問から書きます!

お金持ちにはゲンを担ぐ人がたくさんいます。
それはなぜだと思いますか?



この先を読む前に、
一瞬皆さんも自分の答えを探してみてくださいne☆



私の答えは、これ。

現担ぎ得る人って、つまり結局は、
「お金を大切に思っている」ということ!
ゲン担ぎをするから増えるというよりは、
増えると信じて(お金を大切に扱うという意味で)ゲン担ぎをする。
その結果、本当に増えるから、ますますゲン担ぎが習慣になる。

お金に興味はなかったら、
ゲン担ぎなんか面倒でやらないと思うんです。
私が試してみて、実際に即効性のある、
お金にまつわる幾つかのおまじないがありますが、
一番のオススメは、玄関の三和土を水拭きすること。

こういうことって、
迷信と笑いながらやらずにいるか、
宇宙の真理と信じて行動するか。


人それぞれだと思いますが、
お金に関しては神妙すぎるよりも、
明るくゲン担ぎしながら、
「たかが迷信 されど迷信」の精神で、
楽しく考えられたらいいなあと思っています。


★映画の撮影は毎日順調に続いています。
監督、海に足が浸かっちゃってますが。
気にしません!いい絵を撮るためなら!★

Fri 21st, Oct 2016

「仕事とお金」

みなさん、こんばんは★
さて、本日のエッセイ、
また質問からスタートです。
↓ ↓ ↓

もしあなたに、
お金以外に大切にするべきことがあるとしたら、
それはどんなことですか?

お金の正体は、愛、エネルギー、そして「価値」です。

「価値」の見出し方は人ぞれぞれ違います。

個人の考え方や感じ方によって、
お金がどの程度流れ込んでくるのか、
または過ぎ去ってゆくのかが決まるようです。

嫉妬や羨望、不安や恐れなど抱いていると
お金は入ってこなくなると言われていますが、
それにも多少個人差があるように思います。

お金だけを追いかけていくと失敗することも多いようです。

一過性の成功で得るお金と
持続性のある成功で得るお金の違いはなんでしょう?

個人的成功と社会的成功の違いについてよく考えて、
自分はどちらを目指すのかを決めることが大切だと思います。

または、
勝ち負けのない、あるいは、
全員が勝者になれる「第三の道」を行くこともあるでしょう。

既成概念から抜け出し、自由になり、
自分だけの価値を持って生きることができれば、
お金に縛られる感覚は減っていくかもしれません。

ほとんどの人は、
自分で働いてお金を得ていると思いますが、
自分でどんな価値観を抱いているかで、
仕事の選び方も変わってくると思います。

私は今、映画の撮影で京都のロケ現場にいますが、
この仕事で得る価値は非常に大きいと感じています。
いただくギャランティ以上のものを毎日もらっている感覚です。

お金で買えないもの、、、、
って、やっぱりあると感じます。

だからってこれは、お金に限界があるという意味ではなく、
お金はエネルギーなんだなあとつくづく感じるということです。

ただの紙切れとばかり思っていると、
お金と仲良しになれないかもしれませんね。^^


愛に満ちたエネルギーが良い仕事を運んできて、
結果、お金も連れてくる。。。。。

お金と仕事の関係を、私はこのように捉えていますが、
皆さんはいかがでしょうか?

お金にまつわることで何か感想や質問があったら、
ぜひメールくださいne☆




昨日も真夜中すぎまで撮影でした。
私は写真を撮っているだけですが、
撮影場所を移動するたび、
重い荷物をあちらこちらに移動させる美術スタッフさん、
カメラの画面に被らないよう、
役者さんからは離れた位置にマイクをセッティンする音声さん、
(ちょっとした周りの音にも敏感です!)
まるで釣竿のような長〜い棒の先にマイクがついてて、
あれって、相当重いんだろうなあ、、、すごい力仕事!
それから、ムービーカメラマンさん。
並ならぬ集中力で撮り続けています。
そして、
夕方の冷たい海に浸かりながら迫真の演技をする女優さん。
何度も浜辺で転ぶシーンを繰り返し泥だらけになる俳優さん。
大勢のキャストをメイクするヘアメイクさん(←まきちゃんです!)、
今回は総勢50名ほどの組をまとめる映画監督という仕事。
プロの現場はすごいなあと改めて感動しています。

そしてまた自分の甘さに気づいてしまった私。
そうなると徹底的にスパルタ矯正したくなる。。。。
プロ集団の中に身を置くことで自分がはっきり見えてくるけど、
私はこれまでずっとこうやって、
自分を鍛えてきたなあということを思い出しました。
最近、ちょっとぬるめな自分だったように思う。
毎日写真を撮りながら心を入れ替えちゅうです!

(さて、この後ろ姿は誰でしょう?
 NHK朝の連ドラで一躍人気者になった、、、、
 そう!あの人です★)


Thu 20th, Oct 2016

「お金持ちの意味」

おはようございます。
突然ですが、
今日のエッセイは質問から。


なぜお金持ちになりたいのか?
と尋ねられたら、なんて答えますか?
というか、その前に、
あなたはお金持ちになりたいですか?

ほとんどの人は、
ただ漠然とお金を良いものだと捉えていて、
その本質を考えていないんじゃないかな〜と思います。

あなたは誰にでも堂々とお金持ちになりたい理由を語れますか?
お金が無くて一番困ることはどんなことですか?
お金を得たら何をしたいですか?
お金がないからできないと思い込んでいるのはどんなことですか?


実際にお金が理由で諦めたことってありますか?

私はいろ〜んな人に尋ねてみたいです。

でもいちばん尋ねてみたいことは、
幾らあったらお金持ちなのか?
ということ。

これって、答えが人それぞれで面白そう!

お金持ちって、
「お金を持っている」ということだから、
「お金持ちとは死ぬ時に残っている金額の多い人」として考えると、
自分がどの程度のお金持ちになりたいかが見えてくると思います。

お金持ちが「お金を持っている」ということだとするなら、
それはつまり、
「一生使わないお金がいくらあるか?」ということだと思うのです。

だから、
とうとう使わず終いのお金が100万あるとして、
「え〜っ!100万も使わずに死ぬなんてもったいない」
と考える人は、ひょっとして、
大金持ちになることには向いてないかもしれません。
小金持ちくらいがちょうどいい器かも。^^

まあ、これは私の個人的な考え方なので、
もっとお金持ちについて違う考えを持つ人はいるでしょうけれど、
こうして自分の器を知ることができると、
むやみやたらにただ「お金が欲しい」ではなく、
自分に相応しいお金の望み方が身につくように思います。

皆さんは
どういう状態の時に「自分はお金を持っている」と感じますか?
また
どういう状態の時に「自分はお金がない」と感じるでしょうか?

人と比べないで、
(というか比べても意味がないことなので)
自分のお金の感覚を明確にしておくといいですよ★




昨夜は朝の9時から夜中の2時半まで撮影が続きました。
キャスト、スタッフ共にだんだん顔が白くなっていき、
辛そうな人が増えていく中、
「はい!本番っ!」と監督の声がかかると、
ピシッとその瞬間だけ魂が輝きます。
それを見ると、
クリエイティブな現場って素晴らしい!と心から感激します。
きっとこの「感激」という感覚が心に栄養を与えて、
たくさん頑張れる源になっていくんだろうなあ。
人間力が磨かれるというか、、、、
さて!本日も素晴らしい写真を目指して張り切りますっ
(上の写真はロケ現場の模様)

Wed 19th, Oct 2016

「キバリオン 第七の原則 〜 ジェンダーの原則」

宇宙に七つあるという叡智、
今日はその最後、
男性的なエネルギーと女性的なエネルギーについて書いてゆきます。


物質のすべてには、
男性的なエネルギーと女性的なエネルギーが宿っています。
これは生物的な特徴とは無関係です。
(ひとりの人間に両方のエネルギーが宿っているということ)

男性性は、
与える、表現する、伝える、行動する、外側へ広げてゆくチカラ。
女性性は、
受け取る、引き寄せる、考える、内側に向かってゆくチカラ。

男性性は意識する領域を司り、
女性性は無意識の領域を司っています。

女性性エネルギーはアイデアを出す力を持っていて、
男性性エネルギーはそれを実行する力を持っています。

ですから、もしうまく願望実現できないことがあるとするなら、
男性性と女性性のエネルギーバランスが崩れている可能性があります。

私たちは、
自分の中にある両方のエネルギーをバランス良く使うことで、
快適に生きてゆくことができるようになるのです。

二つが結ばれる聖なる結婚状態が、
理想的なエネルギーの使い方です。

自己完結が難しい場合は、
他者のエネルギーとバランスさせることで、
物事がうまく流れてゆくこともあります。
(たとえば、男性性のエネルギーが強い人と女性性の強い人が組んで、
一緒にビジネスをすると良い結果が得られるというように)


ここまで、七つの叡智について書いてきました。
数日間お付き合いいただきありがとうございます。
今このタイミングでどうしても書き残しておきたかったので、
無事にここまで書けてよかったです。


実は途中で、
「こんなこと書いても読む人いるかな?」
「私の言葉でどれほど伝わるものだろうか?」
と心細くなった日もあったのですが、、、、
読んでいただいた皆さんに感謝いたします。
キバリオンの教えについて書くのはこれが最後となります。


この七つの教えは、
一度読んだからいいというような単なる知識として、
あるいは小さな記憶として、
自分の中にしまっておくものではありません。
実際に自分の日常と照らし合わせながら、
この教えを何度も反芻することが重要です。

そのうち「!」「!」と、ひとつずつ、
わかっていくことが増えてゆくはずです。

小さな理解が重なるたび、
新しい心の扉が開きます。

宇宙の叡智に感謝しつつ、
私もまた、
この教えを繰り返しながら生きてゆきます。



★昨日から映画の撮影で京都に来ています。
ロケ日和な一日。良い写真がたくさん撮れました★


Tue 18th, Oct 2016