写真家

夏野 苺

世界中の魔法使いや天使とともに作品を創る“魔法使いの弟子”
Photographer Ichigo Natsuno's Official Website

毎日のガイダンスをつぶやいています☆
ツイッター@natsunoichigo
フェイスブック 夏野苺ファンページ

「譲れない場所」

私が所属する素人劇団には、
何人か「本気で女優になりたい」と思っている人がいて。
そのうちの一人、けいこはん(というニックネーム)が、
私にプロフィール撮影の仕事を依頼してくれました。

先日撮影して、
さっきデータ加工していて、
あ!っと、気づいたことがあります。

彼女は本当に女優さんになるかもしれない。
いや、なるだろう。きっとなるに違いない。


そう確信してしまいました。



なぜかというと、
データ加工しながら思い出したんです。
彼女が、ワークショップで、
思うようにセリフが言えなくて悔しくて泣いていた時のことを。

わんわん泣くというより、
思わず涙が滲み出る悔し泣き、
というような感じで泣いていた顔を。



「悔しい!」という気持ちを心の底から感じることができる人は、
その分野で必ず伸びると思うのです。



私は、この前、
セリフが飛んで失敗したなーと思った時、
いろいろ考えたけど、泣きはしなかった。

泣くなんて。
よっぽどの強い感情が動いてる証拠。

私も写真のことだったら泣きます。
これまでたくさん泣いてきたし、
これからも泣くだろうと思います。


けして譲れないという場所では、
人は強くなれます。


転んでも泣いても、

どこまでも信じ続けて、

歩き続けていけるはず。

絶対に辿り着きたいと願っている場所まで。




Sat 20th, Jan 2018

「楽しいだけの時間はあっという間に過ぎていく」


とてもありがたいことなのですが、
一週間開催しようと思っていた苺バザールが、
一日で終わってしまいました。
皆さんの勢いがすごくて、びっくり。
参加してくれた皆さん、本当にありがとうございます!
ビューン!っと、まほうのバトンを受け取りに来てくれた姿、
かっこよかったです☆

それで今回の苺バザール、
「もってけドロボー苺バザール」なんていうタイトルにしたんだけど、
なんでこんな?って自分でも不思議だったのです。
でもバザール開始してすぐにピン!ときた!!!
残り一つになったらバザールを終了して、
その一つはプレゼントにしよう!って。
そう思ったらワクワクが止まらなくなってきて、
めっちゃ嬉しい気分になりました。
ということで、
先ほどバトンを受け取ってくれた皆さんへ、
「もってけドロボー!」メッセージ送りました。^^ ふふふ♪



さて、そんな私ですが、
実は昨日の演劇ワークショップでは、
覚えたと思ったセリフをバンバン言い間違えたり、
自分のセリフを挟む場所を間違えて、
他の役の人のタイミングをすっかり壊してしまったり、、、
(自分のセリフだけ覚えていって全体のシーンを把握してなかったから?)
昨日だけ、
それまでとは全く違うことが私の中で起こりました。
「とにかく心を折らないで」というのが、
演出家のへいちゃんのいつもの口癖なので、
心だけは折らないよう頑張りました。

でもさ、ということはさ、
よっぽど折れちゃう人が多いってことかもしれないね?
間違えたり、うまくいかないことが増えてくると。

改めて、
役者さんという仕事はすごいなあと思っているところです。

それと同時に、

私がしている自分の仕事も、すごいことなんだなあと実感しているところ。
だって、何も考えず、苦労せず、困らず、楽しく自由に簡単にできている。
「写真を撮る」ということ。
間違いなく天職だと感じる、今日この頃。
自分が不自由な立場に立った時に、初めて、
そのありがたみがわかるというものですね。。。。
(ワークショップ前、撮影の仕事があって、それはもう最高!だった)

芝居の世界で、素人の私が心を折らずにどこまで頑張れるかわからないけれど。
なぜかというと「楽しいだけ」の時間はもう過ぎ去ったと、昨日実感したので。
ここからは、しばらく苦しい時間が続くんだろうと予想ちゅう。
何事も同じなんだな。
楽しいだけの時間はあっという間に過ぎていく。
そのあとやってくる苦しい時間をどう乗り越えるか。
たぶん、方法は一つしかない。
「この先には必ずまた楽しいことが待っている」と自分に言い聞かせること。
その声を聴きながら、
その声を信じて、
ひるまずに前進していくと決めること。

それしかないでしょう。

明日は女優倶楽部の新年会なので、
またみんなと色々話したい。
その中で見えてくる光が、
きっとあるはずだから。

昨日の失敗は、経験したからこそ、
「ああいうミスは、ああいう崩壊に繋がるんだ」
ということを身も持って理解することができました。
もう二度と繰り返したくない。
これ、本番中の舞台の上じゃなくてよかった!
同じ失敗を本番中にやってたら、私はもう立ち直れない。
心が折れるどころか、心ごと消えてしまう!

あらー。

なんでこんな怖い場所に足を踏み入れちゃったのかしら。

そういえば、プロの写真家になった頃は、
毎日怖かったなー。
怖い、怖い、と思いながら仕事に行ってたっけ。

いつから
「何も考えず、苦労せず、困らず、楽しく自由に簡単にできている」
になったのか?

わからない。
思い出せない。

いつの間にかそうなってた、としか。

夢中でやればなんとかなる、
ってことかしら?
(そうかもしれない)



Fri 19th, Jan 2018

「ありがとう。感謝のバザール」

昨夜からスタートした苺バザール。
スタートダッシュでフットワークの軽い皆さん、
ありがとうございます。
気長に次の持ち主を探そうと思っていたものが、
次々飛んで行って感動しました。
心から感謝します。

毎回思うけど、
以前はためらって飛び込めず、欲しいものを逃していたのに
勢いよく一番に手を挙げるようになった人とか見てると、
胸が熱くなります。
すごい変化です。
きっと自分ではあまり意識してないかもしれないけれど、
それって日常にも絶対に表れていると思うのです。
とてもいいふうに。

私は、長くこの試みを続けているけれど、
先日ジョンさんから興味深い話を聞いて、
とっさにバザールやまほうshopに当てはめながらいろいろ思いを巡らせました。
どんな話だったかということ、、、、
モノを買う時、人にはふた通りのパターンがあって。
まず値札から見る人。
それで今の自分に買えるか、買えないかを判断する人。
それと、
最初価格のことは気にしないで、品物だけを見る人、
ということについての話。

前者の方は、
自分がそれを手にできるかどうかの判断を、
外側に委ねている人。
だってその値段をつけたのは自分じゃない。
他の誰かに従って、
自分が手にできるものを決めてしまっている人。

後者の方は、
純粋に欲しいかどうか、まず自分の心を大切にできる人。
もし欲しいと思ったものが「安い!」と感じる場合は、
問題ないですね、すぐ買うでしょ?
でも「高い!」と感じたらどうですか?
それでも欲しかったら?

ここが肝心なんだよね。
どうするか?

なんとかなるさと後先深く考えずに買っちゃう。
値引き交渉を試みる。
仕方なく諦めるけど、
この悔しさをバネにして欲しいものを買えるだけの自分になろうと決意する。

まあ、いろいろあると思うけど。
いずれにしろ、こちらのパターンの人は、
自分の行動を自分で決めているから、他者に力を委ねてはいない。
きっと欲しいものをどんどん手に入れる人生を送っていけるはずです。

苺バザールや、まほうshopでは、
最初に値段が見れないような仕組みになっているのですが、
こういうことと関係してたのかと思いました。
最初から計算してそうしたわけではないけど、
結果、こういうことでもあったんだなあ、と。

欲しいかどうかは自分の心で決めてほしい。
欲しいものを手にできる人になってほしい。
今すぐは無理でも、日々の中で、
欲しいものを手に入れるための考え方や方法を学んで、
心の訓練をしてほしい。

そう思ってるから。

欲しいものが手に入らないって、
ストレスだもの。

だから、
バザールや、まほうshopのお客さんたちが変化していくのを見ているのは、
とても嬉しいし、楽しいのです。
それに私の大事なものや作品を手にしてもらえるのは喜ばしいことだから。


まほうのバトンは、あと3点。
苺バザールはまだまだ続くので、皆さん、参加してくださいne☆


このエッセイを書いている間に行き先が決まった招き猫ちゃん。^^


★いちごバザールを開催ちゅう!1/25まで!
タイトルは「もってけドロボー苺バザール!」
参加ご希望の皆さんは、
住所、氏名、連絡先を明記の上、
shop♩ichigo-natsuno.com(♩を@に変えて)まで、
メールにてお申し込みください。
すでにお申し込みいただいてる皆さん!ありがとうございますー。
これ、お祭りだから。 ワイワイ楽しく騒いでいるようだけど、
実はとても神聖なことなの、みたいな。
たくさんの人たちに参加してもらえたら嬉しいです☆


★大木ゆきのさんとのコラボbook!1/29発売★
『一瞬で宇宙とひとつに戻る本』(ヒカルランド刊)



Thu 18th, Jan 2018

「2018.1.17 新月」

まもなく苺バザールがスタートします。^^
参加者の皆さんへ私からお送りした、
バザール会場へ入る魔法の鍵は届いていますか?
20時がスタート時刻です。
時間になったら、
扉の鍵穴に鍵を差し込んで会場へお入りください☆


新月の今日、
私は早起きして担当編集者のかおりんと一緒に、
印刷所へ行ってきました。
1・29発売の、大木ゆきのさんとのコラボbookの
写真チェックしてきましたyo!
とっても美しい印刷で感激しました。
本の発売がとっても楽しみ!
今日、ゆきのさんのブログでも新刊のことがアップされていました。

夕方かほりんから、アマゾンで88位に!とメッセージがきてびっくり。
え〜?まだ発売は先なのに? すごい!
と思ったらその数分後に「もう40位まで来た!」と。

すごすぎて笑える。

いちらーさんにもたくさん読んでほしい本です。

皆さん応援してくださいne☆

大木ゆきのさんのブログ

https://ameblo.jp/lifeshift/entry-12345141422.html





★いちごバザールを開催!1/17〜1/25まで!
タイトルは「もってけドロボー苺バザール!」
参加ご希望の皆さんは、
住所、氏名、連絡先を明記の上、
shop♩ichigo-natsuno.com(♩を@に変えて)まで、
メールにてお申し込みください。

すでにお申し込みいただいてる皆さん!ありがとうございますー。
これ、お祭りだから。 ワイワイ楽しく騒いでいるようだけど、
実はとても神聖なことなの、みたいな。
たくさんの人たちに参加してもらえたら嬉しいです☆

Wed 17th, Jan 2018

「もってけドロボー苺バザール!」

なぜかこんなタイトルが浮かんできました。(笑)
明日から開催予定の、今回のバザール。
申し込みくださってるみなさま〜。ありがとうございます!
私からのメールの文面を見て
すでにワクワクしている方もいらっしゃると思います。

私の大事な、まほうのバトン。
次に受け取ってくださる人はどなたでしょうか?

明日は今年初めての新月。
良いご縁が結ばれるといいなあ。

バザールでは、
もういらないと思うものを出すわけではなく、
まだ一緒にいたいけど、
「今回はこれを出そう」という思いが
自然に湧き上がってくるものを毎回選んでいます。
金額が大きいものは私の抵抗も大きいものです。
そういうものは、
何年もかけて次の持ち主が現れるまで根気強く探すこともあります。

私はもう、
あまり新しいものは買わなくなってきているので、
年々、バザールに出せる数が減ってきていますが、
まだ行けそう。
行けるうちは行きます!!^^
カーニバル気分で、楽しみながら、
バトンを受け取ります!と手を上げてくれた人へ
まほうのバトンを飛ばします!

こういうふうにしか、
お別れできないこともあるのです。

しんみりするより、
大事なモノや人とのお別れは、笑顔で手を振るのが一番です!

バザール常連の皆さま、感謝しています。ありがとう!

初めての方も、どうぞ参加してくださいne☆

バザールは明日の夜20時よりスタートです。



★いちごバザールを開催します!
タイトルは「もってけドロボー苺バザール!」
今年最初の新月。明日の晩、1/17より。
参加ご希望の皆さんは、
住所、氏名、連絡先を明記の上、
shop♩ichigo-natsuno.com(♩を@に変えて)まで、
メールにてお申し込みください。

すでにお申し込みいただいてる皆さん!ありがとうございますー。
これ、お祭りだから。 ワイワイ楽しく騒いでいるようだけど、
実はとても神聖なことなの、みたいな。
たくさんの人たちに参加してもらえたら嬉しいです☆

Tue 16th, Jan 2018