写真家

夏野 苺

世界中の魔法使いや天使とともに作品を創る“魔法使いの弟子”
Photographer Ichigo Natsuno's Official Website

毎日のガイダンスをつぶやいています☆
ツイッター@natsunoichigo
フェイスブック 夏野苺ファンページ

「スターを目指せ!」



芸能事務所「スカイアイプロデュース」に所属している役者さんたちを、
半年に一度くらいずつ、撮影しています。

スタジオにこもって、
一日かけて、
20名近くを一気に撮ります。

私も、役者たちも、気力、体力勝負。

毎回、ヘアメイクも
大変なことになっています。


マネージャーさんとプレビューチェックちゅう。


子役でもプロです。
私たちはいつも本気でぶつかり合います。

恥ずかしいとか、

怖いとか、

言ってる場合じゃない、ここは。

そんな「隙」を見せたら、
あっという間にそこから崩れてしまう、なにか。

みんなピーンと張り詰めて、
スターへの階段を上っていくのです。

そんな中、、、、、

笑ってる人が、ひとり。


はい、私です。

なんでこんなに笑ってるんでしょう?

何がそんなに楽しいんでしょうか?


私は、もう、
この仕事が好きで好きで好きで仕方ないんだと思います。


富樫ゆいなちゃんのこともまた撮りました。

いや〜、どう考えてもこの人はすごい。

会うたびに変化している。

小栗旬くんの時と同じだわ。。。。。

変化の加速具合がハンパない。

あとはこの人、魔法を使えるようになったらいいな。

運命を自分で動かしていく、魔法。



ぐいぐい迫って撮りましたが、
今回の、ゆいなちゃんとのフォトセッション、
どんな写真が生まれたかというと、

たとえば、、、、


こんな!

きゃーん☆ 可愛いすぎて泣きたいです。
こんなテンションの写真が山のように誕生しました!
(作品たちよー!世界へ飛んでけー)


私はこの事務所が大好きなので、
所属している役者さんたちは、
ゆいなちゃんをはじめ、
全員スターになってほしいです!


Thu 6th, Apr 2017

「ベストセラー作家さんを撮りました!」



「トヨタで学んだ「紙1枚!にまとめる技術」
「超実践編 トヨタで学んだ「紙1枚!にまとめる技術」
累計20万部突破の著者さん。^^
浅田すぐる先生の撮影でした。

先日発売したばかりの新刊はこちら。

「今の説明、わかりやすいね!と言われるコツ」
(サンマーク出版)

先生の許可を取ったら、
写真アップしますねー。

めっちゃかっこよく撮ってしまいました。

私は、俳優さんをたくさん撮ってきてるので、
実は男性を撮るのもちょー得意なのでした!



Wed 5th, Apr 2017

「今日も幸せ」

あと少し。
明日の撮影が終わったら、
もう個展だけに集中する。

今日は、朝7時から代官山で打ち合わせ。
もうどこにも予定を入れられず、
今日の早朝しかなかった。
相手が早起き大丈夫な人でよかった。ありがとうございます。

9時から原宿のスタジオ。
夕方までずっと撮影。
(ゆいなちゃんの事務所の若手俳優さんたちを
 一気にたくさん撮りました)

最近は、ゆいなちゃんだけじゃなく、
社長はじめ、
スタッフたちもキラキラしてる。

螺旋階段をくるくる上っていく人たち特有の光。

このまま応援しよう。どこまでも!




Tue 4th, Apr 2017

「消える技術」

昨日、
どこに誰と居ても動じないことを学びたいと書いたばかりですが、
今朝みつけた仁さんのブログ。
http://ameblo.jp/kokoro-ya/entry-12261932619.html

「パーティ苦手なので途中で逃亡してしまいましたが」

このフレーズに心打たれる。
(笑)

やはりこの姿勢も学びたい!
勝手に途中で誰にも気づかれずに消える後術。

主催者だけにそっと前もって伝えておけばいいんだものね。

途中で消えます(笑)って。

堂々と最後までいる時。
途中で消える時。
時と場所によって、
このふたつのパターンを使い分けられるようになろう!

そうすればパーティの達人になれそう。

パーティのはしごもできそう。
(断りたくないパーティが同じ日になった時とか)


それにしても私は、
初対面の人とたくさん話したり、
自分から近づいたりすることが苦手だけど、
どうして撮影の時だけは大丈夫なんだろう?

仕事で苦労したことなど一度もない。

どんな被写体が目の前に現れても、瞬時にすっと入り込める。

不思議だなあ。




昨日は富樫ゆいなちゃんの舞台を観てきました。
とっても素晴らしすぎて、観ながらたくさん泣いてしまった。。。

終演後、
ロビーにいた演出家さんに、
泣きながら「よかったですー」と話しかけたら、驚かれた。
あの時のぎょっとした顔が忘れられない。
誰かが泣きながら近づいてきたら怖いですよね。
驚かせてすみません。。。。。

感動するとものすごーく泣いてしまうのでした。
悲しいときより
泣いてしまうのでした。


ゆいなちゃんと事務所社長、
(前列右)マネージャーの高松さん、(前列左)演出を担当された佐藤さん。


同じ事務所所属の若手俳優たちとゆいなちゃん。


社長のいっぺいさんと、マネージャーの高松さん。
真ん中のおとぼけ顏の彼も若手俳優さん。実は、仮面ライダー狙ってます!
他二人は新人さん。これから私が撮る予定!


ゆいなちゃんからお花をいただきました。

なぜ?逆なんじゃ?(笑)と思ったけど、嬉しかったです。
私は可愛いウサギの箱に入ったゴディバの限定チョコをプレゼントしました。

今後、ゆいなちゃんは、
ふたりのヘアメイクさんとコラボする予定。
もっと暖かくなってきたら、
今度は自然の中で撮影したい。


Mon 3rd, Apr 2017

「桜を見る会にて」



だいたい私はパーティが苦手。
基本的に全く社交的じゃないから。
人と仲良くなるのに時間がかかる方かも。

大きなパーティへ行くと、
会場の隅っこにある椅子に座って、
ひとりで料理ばかり食べてる変な人になります。笑

そこへ、めっちゃ社交的な人が、
人の間を踊るように名刺を配りながらこちらまでやってきて、
私に話しかけてくれて、やっと喋る、みたいな。
向こうから話しかけられる分には全く問題ないんです。
知らない人に、自分から話しかけるのが苦手なだけで。

でもせっかく話しかけてもらっても全く会話が続かず、
気まずい思いをすることも少なくありません。

「お仕事何されているんですか」

「写真を撮ってます」

「すごいですね!どんな写真を撮るんですか?」

「役者さんとか、、、、」

「わあ!今度自分も是非撮ってください!」

「はい、、、」

私の受け答えはどんどん短くなり、
それ以上会話も続かず、
相手はもっと面白そうな人のところへ行ってしまう。。。
という展開が多くて、こんな時、私は
自分をダメだーと思うのです。
社交的な気の利いたセンスいい会話もできないようなダメ人間だ!と。

こうして、しょんぼりするようなことも多いので、
あまり大きなパーティへは行かないようにしてたけど、
なんとなくこれからはそうもいかないムード。
付き合う人たちが、
これまでよりワンランク上のステージにいる人たちに
変わってきたように感じるから。
そういう人たちって、、、パーティするよね。(笑)
なんか、そういうものなんだろう。

だから、あまり苦しく考えないで、
社交的じゃない自分のままでいこうと思います。

だって、

こんな私でも、時々、ずーっと横にいて、
辛抱強く話しかけ続けてくれる人がいるんですよ。
とても風変わりな人が。笑

昨日は、会場入りした途端、
わっと多くの人に囲まれた心屋仁之助さんが、
(以下、仁さん)
人の波が途切れた瞬間、私を見つけ、こっちへやってきて、
「久しぶり〜」と話しかけてくれました。
それで、
あの華やかな会場の片隅で、隠れるように二人でちんまり座って、
懐かし話をしちゃいました!
その時、仁さんの口から信じられないようなびっくり発言が!
もう私は嬉しくて嬉しくて嬉しくて嬉しくて!大感激☆☆☆

心の中で幸運の女神にお礼を言いました!
このパーティに呼んでくれた志ずかさんにも!

そこへ、なんとー!ジョンさん登場!
パーティに参加することを知らなかったから、
思いがけず会えて嬉しかったです〜。
ジョンさんの方は「苺さんいると思ってたよ〜」
と言ってたけど。
たぶん私が、志ずかさんを撮ったの知ってるからかな?

ジョンさんと仁さんは初対面だそうで、
お互いに挨拶されてました。
おふたりとも「あら、苺さんとお知り合い?」と言い合っていたのが
面白かった。笑

はい、お知り合いなんです。

志ずかさん、ジョンさん、仁さん、私、と。
だんだんと自然に、
ご縁の輪が広がっていくのが素晴らしいなあ。

だから、パーティをするんだね。

いつか私も自分のパーティを主催しよう。
大好きな人たちを呼んで!

なんかそう思ったら、
楽しいものなような気がしてきました。

パーティ。

やるなら絶対、奥田シェフがいいな。
私のパーティのお料理は彼に頼もう!



追記)
今日の仁さんのブログを読んだら、
「実はパーティが苦手」的なことが書いてあってウケた。
だから気が合うのかもしれない、私たち。
でも、ジョンさんの、
どこに誰と居ても動じない、あの感じも学びたい。

Sun 2nd, Apr 2017