写真家

夏野 苺

世界中の魔法使いや天使とともに作品を創る“魔法使いの弟子”
Photographer Ichigo Natsuno's Official Website

毎日のガイダンスをつぶやいています☆
ツイッター@natsunoichigo
フェイスブック 夏野苺ファンページ

「答えはこの先に」

嬉しい!
今日のワークショップ、ちゃんとセリフ言えた!
ちゃんとできると途端に楽しい。
この一週間、自主練して、準備して、今日に臨みました。
もうこの地味な方法しかないなー、と思います。
二度と先週のような思いはしたくないから。
本番までしっかりやります!

今日、演出家のへいちゃんが、
「心を折るなとは言わないけど、折る必要はどこにも無いんだということは伝えたい」
と言った時、胸の真ん中でキュン!と素敵な音がしました☆
納得と、安心と、確信と、希望と、少し恋にも似たような。
いろんな感覚が入り混じったような。

新しいスイッチが入った音。

演出家とか、監督とか、
こうやって演者のハートのスイッチボタンを押し続けていく。。。
それが仕事なんだろうな。
もしかしたら、撮影の時に私が無意識にしていることと同じなのかも。

ワークショップのたびに感じます。
同じ物事をあっちからとこっちから見ることができる人生を、
私は今、歩いてるのかもしれないって。

ああ、苦しいけど、楽しすぎる。創造の世界!

今日の空気はピーン!と張り詰めていて、私、好きでした。

なぜ張り詰めたかというと、
初めて、へいちゃんが、「台本、外してみようか」と言ったから。
途端にみんな、台本の最終チェック!

右近さんもへいちゃんも「なんか稽古場っぽい!」て嬉しそうに笑ってたけど。

私もそう感じた!

みんな、何のためにこんなことしてるのか?
今はまださっぱりわからないけど。

きっとこの先にあるであろう答えをつかまえたい、どうしても!

そのためなら、
何度でも乗り越える。

壁なんて。

何度だって!


★おまけ写真★

最近、神社よりお寺がマイブーム。

いや、相変わらず神社も好きなんだけど。

お寺に呼ばれる数が多くなってきました☆
着物を着るようになったことと何か関係あるような気がする。
これもまた、答えはこの先に。たぶん。ね?





Thu 25th, Jan 2018

「いちごバザールからの声」


いちごさん
フランスの水晶、とても嬉しいです。
今回のバザール、いちごさんから頂いたご案内メールを読んで、
「水晶いいな〜」と思っていて
エッセイの写真を見て「これかなー」とわくわくして
スマホのアラームを20時にセットして挑みました(笑)
いつもは、縁あるものは残ってるはず!と思っていて、
参加できる時間にお店を見ているため、
アラームセットをしたのは初めてです。
そして、エッセイ『ありがとう。感謝のバザール』を読んで、
『あ!!!』と思いました。
本当にほしいものは、値段が数字の羅列にしか見えない
という経験を何度かしていますが、
今回は、私にとってさらに特別な体験でした。
実は、今回お買い物をする時、テキストを読みませんでした。
そもそも水晶が気になっていたので、
最初のページの写真を見て、テキストページに飛んで、
値段の数字だけなんとなく確認して(今回も数字の羅列でした)
急いで申し込みをしました。
その後、説明の写真とテキストをじっくり読んで
だいぶスペシャルっぽいけど、
このバトン、私が受け取りますなんて言って大丈夫だったのかしらん...??
と冷や汗をかくことになるのですが。。。
ここまでの自分の行動が、あまりに冷静だったように思えるので、
きっと必要なもので、これからの良き相棒になってくれるのではないかな?
と思っています(^ν^)



苺さん、
今回、何かに呼ばれたみたいに 何かが、私を待っているーと
ワクワクして 扉を開けました。
きっと 招きねこさんだと思ってたんですよ。
そしたら  このひまわりを抱いた天使さんだったのです。
2011年のドイツ旅は  わたしが苺さんにはまったきっかけ。
ターレのゴンドラのとこなんか 何回見ても ドキドキしますもん。
その旅の天使さん。出会ったー!というかんじ。
この1、2年で  苺さんのところからウチにきた 招きねこさん、お元気です。
他の招きねこさん、はりこーシカ招きねこさんたちも増えて、
今年のお正月は にぎやかでした。笑
よい1年になりますように。
苺さんの影響で かなり  変わってきた気がします。


どうもありがとう!
参加してくれた人の声って、
とても貴重です。
私自身もたくさん学ぶことがある。
参加し続けてる人たちは、確実に変化してきていると感じます。
もちろん、私が発信していることがすべての人たちに当てはまるかというと、
そんなことはないと思います。
だからこそ、
ピン!とくる人たちにはどんどん集まってもらって、
一緒に色々やってみたい。
これからも。

今年は、個展をお休みする代わりに、
ワークショップを数回開催しようと思っています。
その時々でテーマを絞って、幾つかやってみようと思うので、
自分に合うテーマ、
自分が今、最も望んでいるものとフィットするものがあれば、
ぜひ参加してくださいne☆
魔法学校の二期生、
一期生を卒業した人対象の中級クラスも募集する予定です。
それはまた改めてお知らせしますne!

Wed 24th, Jan 2018

「雪国★東京」

昨日、雪が降りました。
その降り方があまりにも勢いよすぎて、
午前中の舞いの稽古の後、早く帰ろうと思ったのですが、
どうしても立ち寄りたい懐かしい神社があったので、
急いで寄って、、、、

★神社貸切参拝。誰もいない・・・雪の中。

そのまま駅をまっすぐ目指すはずが、
途中に見つけた焼肉屋さんについ吸い込まれてしまい、
お肉のランチを食べてからお店を出たら、
本当にものすごいことになっていてびっくり超特急で帰りました。

家に着いた後、
窓の外がどんどん白くなって視界が悪くなっていき、
夜には、ほぼ吹雪状態。

明日はどうなるか?と思いながら眠ったけど、
今朝起きたら晴れてました!
わーい!

★快晴の空の下、家々の屋根に雪が積もって白くなってる貴重な東京の風景。

今日は北海道からと愛知から、
魔法学校一期生のいちらーさんが来る予定だったので、
晴れて嬉しい。

みんなで散歩に出かけました。
私が好きな開運スポット巡り。

★この写真の場所が、ということではないのですが。笑

普通、そんなところは行かないよとか、
みんな気づかずに通り過ぎるけどここは大事なのとか、
解説しつつ、いろんな場所を一緒に巡りました。

★ここも別に関係ないのですが。雪だるま、可愛かったので記念撮影。

最後は銀座の、私が東京で一番好きなカフェへ。
そこでいろ〜んな話ができて楽しかった!
とてもとてもとても幸せな有意義な時間を過ごせて感謝しています。

長く私の活動を応援して支え続けてくれていることにも、
魔法学校一期生として参加してくれたことにも、
ありがとうの気持ちでいっぱいです。
一期生のカリキュラムは昨年末に終了していますが、
今日は、お礼の気持ちを込めて開運ツアーにお招きしたのでした。

ありがとうございます!!!!


★本日参加できなかった一期生の皆さん、フェイスブックの秘密ページに写真をシェアするのでチェックしてne★




Tue 23rd, Jan 2018

「譲れない場所」

私が所属する素人劇団には、
何人か「本気で女優になりたい」と思っている人がいて。
そのうちの一人、けいこはん(というニックネーム)が、
私にプロフィール撮影の仕事を依頼してくれました。

先日撮影して、
さっきデータ加工していて、
あ!っと、気づいたことがあります。

彼女は本当に女優さんになるかもしれない。
いや、なるだろう。きっとなるに違いない。


そう確信してしまいました。



なぜかというと、
データ加工しながら思い出したんです。
彼女が、ワークショップで、
思うようにセリフが言えなくて悔しくて泣いていた時のことを。

わんわん泣くというより、
思わず涙が滲み出る悔し泣き、
というような感じで泣いていた顔を。



「悔しい!」という気持ちを心の底から感じることができる人は、
その分野で必ず伸びると思うのです。



私は、この前、
セリフが飛んで失敗したなーと思った時、
いろいろ考えたけど、泣きはしなかった。

泣くなんて。
よっぽどの強い感情が動いてる証拠。

私も写真のことだったら泣きます。
これまでたくさん泣いてきたし、
これからも泣くだろうと思います。


けして譲れないという場所では、
人は強くなれます。


転んでも泣いても、

どこまでも信じ続けて、

歩き続けていけるはず。

絶対に辿り着きたいと願っている場所まで。




Sat 20th, Jan 2018

「楽しいだけの時間はあっという間に過ぎていく」


とてもありがたいことなのですが、
一週間開催しようと思っていた苺バザールが、
一日で終わってしまいました。
皆さんの勢いがすごくて、びっくり。
参加してくれた皆さん、本当にありがとうございます!
ビューン!っと、まほうのバトンを受け取りに来てくれた姿、
かっこよかったです☆

それで今回の苺バザール、
「もってけドロボー苺バザール」なんていうタイトルにしたんだけど、
なんでこんな?って自分でも不思議だったのです。
でもバザール開始してすぐにピン!ときた!!!
残り一つになったらバザールを終了して、
その一つはプレゼントにしよう!って。
そう思ったらワクワクが止まらなくなってきて、
めっちゃ嬉しい気分になりました。
ということで、
先ほどバトンを受け取ってくれた皆さんへ、
「もってけドロボー!」メッセージ送りました。^^ ふふふ♪



さて、そんな私ですが、
実は昨日の演劇ワークショップでは、
覚えたと思ったセリフをバンバン言い間違えたり、
自分のセリフを挟む場所を間違えて、
他の役の人のタイミングをすっかり壊してしまったり、、、
(自分のセリフだけ覚えていって全体のシーンを把握してなかったから?)
昨日だけ、
それまでとは全く違うことが私の中で起こりました。
「とにかく心を折らないで」というのが、
演出家のへいちゃんのいつもの口癖なので、
心だけは折らないよう頑張りました。

でもさ、ということはさ、
よっぽど折れちゃう人が多いってことかもしれないね?
間違えたり、うまくいかないことが増えてくると。

改めて、
役者さんという仕事はすごいなあと思っているところです。

それと同時に、

私がしている自分の仕事も、すごいことなんだなあと実感しているところ。
だって、何も考えず、苦労せず、困らず、楽しく自由に簡単にできている。
「写真を撮る」ということ。
間違いなく天職だと感じる、今日この頃。
自分が不自由な立場に立った時に、初めて、
そのありがたみがわかるというものですね。。。。
(ワークショップ前、撮影の仕事があって、それはもう最高!だった)

芝居の世界で、素人の私が心を折らずにどこまで頑張れるかわからないけれど。
なぜかというと「楽しいだけ」の時間はもう過ぎ去ったと、昨日実感したので。
ここからは、しばらく苦しい時間が続くんだろうと予想ちゅう。
何事も同じなんだな。
楽しいだけの時間はあっという間に過ぎていく。
そのあとやってくる苦しい時間をどう乗り越えるか。
たぶん、方法は一つしかない。
「この先には必ずまた楽しいことが待っている」と自分に言い聞かせること。
その声を聴きながら、
その声を信じて、
ひるまずに前進していくと決めること。

それしかないでしょう。

明日は女優倶楽部の新年会なので、
またみんなと色々話したい。
その中で見えてくる光が、
きっとあるはずだから。

昨日の失敗は、経験したからこそ、
「ああいうミスは、ああいう崩壊に繋がるんだ」
ということを身も持って理解することができました。
もう二度と繰り返したくない。
これ、本番中の舞台の上じゃなくてよかった!
同じ失敗を本番中にやってたら、私はもう立ち直れない。
心が折れるどころか、心ごと消えてしまう!

あらー。

なんでこんな怖い場所に足を踏み入れちゃったのかしら。

そういえば、プロの写真家になった頃は、
毎日怖かったなー。
怖い、怖い、と思いながら仕事に行ってたっけ。

いつから
「何も考えず、苦労せず、困らず、楽しく自由に簡単にできている」
になったのか?

わからない。
思い出せない。

いつの間にかそうなってた、としか。

夢中でやればなんとかなる、
ってことかしら?
(そうかもしれない)



Fri 19th, Jan 2018