写真家

夏野 苺

世界中の魔法使いや天使とともに作品を創る“魔法使いの弟子”
Photographer Ichigo Natsuno's Official Website

毎日のガイダンスをつぶやいています☆
ツイッター@natsunoichigo
フェイスブック 夏野苺ファンページ

「神様の視点」


夕暮れ時にホテルに着いて、
温泉に入って、
最上階のレストランで食事をしました。

そばに高い建物が一切ない場所なので、
空が広くて素敵でした。


食事もとーっても美味しかったです!

昨夜早めに眠ったら、
今朝は3:00に目が覚めちゃいました。

どうも様子が変だな〜と思って、

窓から外を眺めたら、

わー!
幻想的な世界っ!

霧?

上空だけ晴れていて、くっきり半月が見える。

いつだったか地上から霧を体験した時、
ずーっと空の上まで同じ状態だと思っていました。
でも、違うんですね。わたくし初めて知りました。
霧の世界は、地上近くだけの世界。。。。

何も見えない!と思っても、
それは、ほんの狭い、小さな世界でのこと。

高い空の上では、
遠く遥か彼方まで見えてるんだ、いつでも。


時間が経つほどに霧は濃くなり、
とうとう視界ゼロ状態。


それでも変わらず、
月は微笑んでいました。

私にはあの半月が、
神様に見えました。

ずーっと遠いところから見ている神様には、
私たちの世界がこんなふうに見えるのかな?
なんて想像しながら。

人生の道が霧に包まれ、先が見えなくなって、
心細くなったり騒いだりしている私たちを見て、
「そこだけだから。今だけだからね。慌てないで。
 心配しないで大丈夫。すぐにまた晴れますよ」
とか、笑ってたりするのかな?


そうしたら、
今朝はこんなカードをひきました。

「サポート」です。

ありがとうございます。
さあ!今日も楽しく過ごそうっと。^^
今月はもう空いている日がありませんが、
毎日張り切って頑張ります。

これから、
あともうひとつ大好きな神社と温泉を回ったら帰ります。
夜は、テディベアを仕上げたいです!

Fri 19th, May 2017

「神社と温泉」


おみくじは滅多にひかないんですが、
時々気が向くと引いたりします。

今日は、
「あ〜、そうそうこれこれ。今はこうだよね、絶対」
と頷くようなことが書かれていて大納得。

御朱印の順番がラッキー7でした!
(今年のラッキーナンバーは4と7)



私は、だ〜れもいない神社が好きなのです。
ずーっと昔から来ているここ。

これから温泉に入って、
今月後半の仕事に備えます!

Thu 18th, May 2017

「植物のチカラ」



今朝、ベランダを見てびっくり。
いつの間に、こんな?

わー。大感激!

ゼラニウムの花畑のようになってるー。

花が咲いたというだけで、
なぜこんなにも心踊るのか。

本当に嬉しくてとても幸せ。


今日は打ち合わせが午後から二本続いたけれど、
その前にランチにお誘いいただいたので、
野菜が美味しいお店でご飯を食べました。

もりもり食べたyo!

私はお肉も好きだけど、
いざという時の底力は野菜を食べた時の方が、
強いような気がするの。

植物って、すごいなー。

人を助けたり幸せにしたり。

尊敬します!

Wed 17th, May 2017

「蜜蜂とテディベア」


みつけましたっ!
蜜蜂のチャーム!
羽の部分に小さなストーンがキラキラ☆

三つだけ私のところに飛んできてくれたので、
これで、なにか創ろう!

嬉しい、嬉しい!

なに創ろうか?!

今またテディを創ってるけど、
私の手から生まれるテディは、
顔がクマっぽくならない。


子羊みたいな顔になっちゃったけど。
青い瞳をしたピンクのテディです。

金色の瞳をした黒いテディもいます。

ふふふ☆



Tue 16th, May 2017

「『浅田すぐる』というカッコイイ人を撮りました」

浅田先生のプロフィール撮影を担当しました。
先生の本は、
サンマーク出版からただいま三冊目が好評発売ちゅう。


「いまの説明、わかりやすいね!と言われるコツ」
(サンマーク出版)

担当編集者は、たくちゃんです。

撮影の打ち合わせで先生に初めてお会いする時、
ちょっと道に迷って、遅れそうになって焦って、
それでも「あれっ?ここでいいんじゃない?」と、
気がついたら待ち合わせのビルの前。

遠くから見ても、
あそこにひとりだけオーラの違う人がいる!
と思ったのですが、
それが浅田先生でした。

ベストセラー作家さんって、
なんか違うな〜と感じます。

特に、浅田先生は、
私がひとつも持っていないものを全部持ってる、
という感じで、
私のハートはキョロキョロちゃん。

しっかり観察して、
「どこでシャッターを切るか」を決めていきます。

この作業はとても大切なのです。

撮影の打ち合わせの席で、
私は相手にいろんな質問をするんですが、
それに答えてもらうやり取りの中で、
「ここでシャッターを切ろう!」と決める「なにか」が見えてきます。

その「なにか」とは何だ?と言われると、
私にもうまく説明できないんですが、
話しているうちに、
決定的な「なにか」が見えてくるんです。

浅田先生の時もそうでした。

言語化するのは難しいけど、
感覚的に「これでいこう」と決められる瞬間を見つけたら、
もう撮影に関しては何も心配ありません。
「どんな写真が生まれるかな〜」と当日を楽しみにするだけです。

打ち合わせ前に浅田先生のフェイスブックやホームページなど、
いろいろ拝見しましたが、
その時点で私が感じた先生の印象は「全く笑わない人」。

でも実際に会うと、
ユーモアのセンスも素晴らしく、
お話も楽しく笑顔も魅力的な人だったので、
あまりガハハハ笑ってるのは、先生の人柄とは合わないと思ったけど、
「微笑み」的な笑顔の瞬間を撮ることができたらいいなと思いました。

私は、
自分がよく笑うので、
笑顔を撮るのは大好きですが、
誰もがみんな
無理に笑顔を作って
写真に収まらなきゃいけないのかというと、
全くそうは思っていなくて、
その人のムードにあった表情を捉えることができたらいいなと思っています。
クールな人、
キリッとした人、
全く笑いたくない人、
いいんじゃないでしょうか、それぞれで。
自然が一番です。

ということで、
浅田先生の場合は、
こういう写真を記録することができました。

本の表紙にもイラストで描かれていますが、
この三本指ポーズは、
今回の本の内容のキーワードとリンクしています。
先生の教えには大きな三つの柱となるポイントがあって、
それをこの指三本で表しているのです。
(詳しくはぜひ本を読んでみてください!)

打ち合わせの段階で、
いろんな場所でこのポーズをたくさん撮ろう!ということになったので、
この日、衣装チェンジするたびに何度も撮りました。^^




先生は洋服のセンスも抜群で、
このコートは特に形も色も美しかったです!
浅田先生によくお似合いでした〜☆


ピンク色も大好きだそうです。
ますます、素敵だー。

この写真大好きです!
ふとした自然な表情がとても素敵。


浅田先生の本は、今、全国の書店さん、
だいたいどこでも見かけることができるはずなので、
ぜひご覧ください。

最新情報はこちらのHPをチェックしてくださいね。
サイト内やブログなどでも、
私の撮影した写真をたくさん使っていただいて、
感謝です!

せんせーい、これからも応援していきます!

「浅田すぐる公式サイト」
http://asadasuguru.com

Mon 15th, May 2017