写真家

夏野 苺

世界中の魔法使いや天使とともに作品を創る“魔法使いの弟子”
Photographer Ichigo Natsuno's Official Website

毎日のガイダンスをつぶやいています☆
ツイッター@natsunoichigo
フェイスブック 夏野苺ファンページ

「魔法学校とTOKYO着物学」

短い間ですが、
また自由大学に通うことになりました。
「TOKYO着物学」という講座を受講します。
今日はその第1日目。
とっても素敵なクラスメートたちとキュレーターと講師の皆さん。
最後まで楽しく受講できそうです!

ここに来てまた着物とのご縁がグッと深くなっているのが嬉しいです。
目標は、和裁。(笑 できんのかー!)
自分で自分の着物が縫えたら素晴らしい!
「この人にぜひ教えて欲しい」と思える先生に
どうやら巡り合ってしまったようなので、いつか本当にやるかも。^^
まあ、まだ先の話ですが。

★いろんな着物の生地も見せてもらって楽しかった!

あの先生は不思議な魅力を持った人。
自分の活動コンセプトを100%体現しながら生きている人。
私は心密かにめっちゃ感動しました!
また自分から「撮ってみたい!」と感じる人に出会っちゃった気分です。
ポートレート撮りたいなあ。。。。。
いやいや、まずは着物学、しっかり学ぼう!
宿題も出たので楽しみながら勉強していきます。

そして、

私の小さな学校。
なかなかユニークな皆さんからお申込みいただいています。
ありがとうございます!
皆さんには「尊敬する人、または影響を受けた人」を記入して、
お申込みしていただいてるのですが、
たいていの人が「苺さん」と書いてくださっている中で、
ちょっとこのお二人、面白かったです。


尊敬する人もしくは影響を受けた人

一人、というよりは、色々な身近な人の色々なところ。
身近な人の弱い(と本人が思っている)部分、人間らしい部分が見えたとき、
あ、この人のこと好きだな、と思ったりします。


「尊敬する人(もしくは影響を受けた人)」が浮かばなくて、
メールするのをためらっていました。
真似をしたい人、素晴らしい人は、今までにたくさんいます。
ただ、「長い間いつもこの人を尊敬しています!」といった感じでなく、
そして、影響を受けるのは、"苦手な相手"だったりします。
それはそれでOK!と受け入れられる自分でもないですし......。
そんな風に考えながらも、
魔法学校に興味があるのは変わらなかったのでメールいたしました。
よろしくお願いいたします!


ありがとうございます。
いいと思います!


なぜ申し込もうと思ったか、
その理由についても皆さんに書いていただいてるのですが、
いくつかピックアップしてここにシェアしますね。
長い人もいるのですが、面白いので、
よかったら皆さんも読んでみてください。


魔女とか魔法とか天使と言う言葉を初めてきいたのは
苺さんからだったなと思います。
それから エッセイやおまじないの本を拝見して
いつのまにやら 魔法使いになりたいなとか
天使とお友だちになりたいな なんて思い始めて
そこからオラクルカードやらドリーンバーチュー博士にもたどり着き
今も修行中。その始めのはじめはやっぱり苺さんです。
魔法学校に興味を持ったのは
もっと天使の声が聞きたいし
魔法も使えたらいいなと思ったのと
苺さんのこともっと知りたいなって思ったからです。


この学校に興味を持ったのは、魔法は自分で実践するものだけれども、
自分なりに地道にやっていても、ちょっと惰性になってきている事に気づいたからです。
一緒に頑張る仲間がいれば、チカラがもっと沸いてくると思ったからです。
最近、興味や思考があちこち行き過ぎて、いろいろ興味を持ってもいいとはおもうのですが、
集中力が足りないと思いました。好きな事への集中力が。
もし宜しければ、ご案内を送っていただければ、幸いです。宜しくお願い致します。


なぜこのクラスに興味を持ったのか
箕面のお店にお邪魔させてもらいました。
昨年に続いて2回目のいちごさんとのご対面でした。
昨年は、暗い夜に明るく灯る窓の光の写真がとても心に残りました。
今年は、自分の手のひらの肌色をすかしたサンキャッチャーの色...
肌色のような淡いオレンジのような色がとても気になって、
何回も透かして見ていました。
当日、12:00オープンのところ、
私はどうしても抜けられない用事があり12:15頃にはおいとましなければなりませんでした。
期間中に箕面に行けるのはあの日だけ、それでも15分だけでも、
今年もあの小さな可愛らしい空間に身を置いてみたかったのです。
オープンして間もない時間にバタバタと去る私を、
いちごさんは昨年と変わらないにこやかな笑顔で見送ってくださいました。
お店を出て、表の通りに出た瞬間のことでした。
いきなり、胸の真ん中に、白い光を包むような、
肌色のような淡いオレンジのような光を感じました。
ちょうど先ほどのサンキャッチャーごしに見た色のような光です。
胸のなかでほわっとあたたかく輝いて、その頃、ちょっと渦巻いていた不安な気持ちが、
ふっとなくなるのをはっきりと感じました。
なんだかすごく嬉しく幸せな気持ちに満たされて、
足どり軽く駅までの道を歩いたのを覚えています。
たった15分の滞在の直後に起こった不思議な出来事でした。
帰りの電車でこの感覚を忘れないようにノートに書き、
いつかいちごさんに伝えられたらいいな、と思っていました。
今回魔法学校のご案内を目にし、
この機会にお伝えしようとスマホの画面を開きました。
そして、それが興味をもった理由...になるでしょうか(^-^)


苺さん、こんにちは!
以前から魔法学校のことは知っていたのですが
私にとって「今」ではないと思っていました。
でも、今朝、エッセイを拝読して
「今だからこそ」ような気がしたのです。


夏野苺 様
こんにちは。
以前、苺さんに一度お会いしたことがあります。
尊敬する大好きな吉本ばななさんをきっかけに苺さんを知り、
2012年3月に苺さんの個展に行かせていただきました。
苺さんにお会いできたことと、
持参した苺さんのおまじないの本にサインしていただいたのが、
すっごく嬉しかったです。
個展で苺さんにお会いして、私は魂が喜ぶのを感じました。
でも、その後の私は、心を使うチャンスを見つけながらも、
結局、頭を使う生活に戻ってしまいました。
そんな私が、また苺さんにたどり着く出来事がありました。
私は会社員で事務の仕事をしています。
事務の仕事は失敗が多くて、頑張るほどに人に迷惑をかけちゃって、
自分は何故こんなにダメなんだろう?と絶望していました。
そして、ふと思いました。
もう自分でコントロールすることはやめよう。
「もう降参して、宇宙に頼もう」と。
「私がワクワクしたり幸せや喜びを感じることで、
まわりの人も自動的に幸せになるように私を使ってください。
その方法を教えてください。」と。
宇宙の法則は、ずっと興味がありましたが、
本当に心の底から宇宙に何かを委ねたのは、はじめてのことでした。
次の日、歩いていたら、足元にカラスの羽が落ちてるのを発見しました。
「あっ、yesだ!宇宙に届いた」と思いました。
そして、突然、苺さんのことが浮かびました。
久しぶりに苺さんのエッセイを読みながら、すごく励まされる感覚がありました。
魂の喜びを感じました。
次の日の朝、会社の階段をあがっていたら、白い小さな羽が落ちていました。
「あっ、またyesだ!宇宙ありがとう!」と確信に変わりました。
家に帰って、苺さんのおまじないの本を開きました。
個展の時にいただいた小さな白い羽が本の中に大事にしまってあるのを見つけて、
白い羽のシンクロに、びっくりしました。
思わず、天使に感謝しました。
そして!!おまじないの本の苺さんの写真が素敵すぎて、
見れば見るほどぐっときて、こみ上げる喜びが止まらない。
おまじないも楽しくて、今がそれをする私のタイミングだったのだと感じています。
そんな流れから、苺さんの魔法学校にとても興味があります。
心を使うってどういうことなのか、すごく知りたいです。
長くなってしまいましたが、読んでくださってありがとうございます。
苺さん大好きです!!


苺さん、
こんにちは!
この前、お財布をいただき、もう一度感謝いたします!
おさいせん専用のお財布を持つことで、神社で頭を下げる日が増えました。
特別なことが起こっているわけではありませんが、
今日も無事に平和に暮らせているのは、望みが叶っているのだと思うのです。
苺さんのお知らせを読み、天使好きの私は「魔法学校」で学びたいと思いました。

ーーーーー


いただいたメッセージの中で特に印象に残ったのは、
「好きなことへの集中力が足りない」という言葉。
これはもう根本から心の角度を変えていく必要があると感じます。
集中力ってね、好きなことやってる時には途切れないものなんです。
途切れる、飽きる、足りない、そう感じるなら、
それは好きなことじゃないんですよ。
あるいは、好きなことだけれどそれを持続させる方法が違っている。
だから、その一点だけ変化の風を起こせば、
こういう人はパーっとどこまでも疾走していけるはず。
ぜひ、自分だけの魔法を使えるようになってください。

それから、

「私にとって「今」ではないと思っていました。
 でも、今朝、エッセイを拝読して
「今だからこそ」ような気がしたのです。」という言葉。
とてもご自分の心の中を丁寧に観察している人だなあと感じます。
そして心の視点を変える力も持っている。

私、皆さんのメッセージを読んでいて思いました。
やっぱり本気でアクション起こせるのは、
心が動いた時なんだなって。
身体は心についてくるものなんだと、
しみじみ思う。

皆さん。
ありがとうございます。
私の投げかけに応えてくれて。

皆さんが自分の意思で動いたことを、
とても嬉しく思います。
それは本当に大事な初めの一歩だから。

ーーーーー

☆小さな魔法学校のご案内☆
天使、魔法、精神世界に興味のある方対象のクラスとなります。
あらかじめ、
氏名、
職業、
尊敬する人(もしくは影響を受けた人)、
なぜこのクラスに興味を持ったのか、
以上4点を明記の上、
shop@ichigo-natsuno.comまで、
「魔法学校に興味あり」という件名で、メールにてご連絡ください。
ご連絡いただいた方へカリキュラム内容をご案内させていただきます。
(受講するかどうかは内容をご覧いただいてからお決めください)
第1期の受付は、今夜 7/15 /24:00まで。
すでにメールをいただいてる皆様、ご案内までいま少しお待ちください。
興味を持っていただいた方で、まだごお申し込みされていない方は、
お早めにお申し込みください☆


☆「苺バザール」を開催します。(開催期間:7/23(新月)~7/31)
バザールに参加希望の皆さんは、こちらからお申し込みください。
↓ ↓ ↓
https://ssl.form-mailer.jp/fms/c50975f4519189


☆7月ワークショップのご案内
詳細はこちらをご覧ください!
↓ ↓ ↓
http://ichigo-natsuno.com/ws-20177/

Sat 15th, Jul 2017

「小さな魔法学校」」


いちごさん、
まだまだ時間があるわ〜なんて思ってたらもう明日!
興味がないわけないのです。
よろしくお願いいたします。
AGの活動を懐かしく思うことが度々あることと、
久しぶりにベビのいる生活をしていて、
見えないもののサインを受け取って生活していきたいと思ったので、
受講を希望します。
毎日持ち物のパッキングや買い出しで、バタバタとしている中、
いちごさんのエッセイを読み返して、ケルンに行くことに決めました!
(予定にねじ込んでもらった...)
黒い森のケーキ、食べたいなぁ。
いちごさんの入ったお店がわかるといいな〜、と思っている私です^_^
でで、私気づいてしまったのです。
私がバザールでお買い物した、ツモリチサトの黒い上着。
多分あのドイツ旅でいちごさんが着ていたものですよね??
そこからこの旅は決まっていたのではないかとー!
夏野苺マジックなのではないかとー!
(ブロッケンには行けませんが...)
考えすぎでしょうか?
魔女人形と、木彫り天使ちゃんも連れて行く予定です(^ν^)★

「ベビ」(赤ちゃんのこと?)を
一瞬「ヘビ」と読み間違えて、「おおお!やるな!」と思ってしまった。。。^^
魔法学校のお申し込みもメッセージも、ありがとうございます!
あの、初海外、ドイツへ行くという方から
出発直前キラキラメッセージが届きました。
いってらっしゃ〜い。良い旅を!^^
ケルンかー!いーなー。いーなー。うらやましすぎるっ
私が感動した「黒い森ケーキ」のお店はね、
ケルン大聖堂の真ん前というか、すぐ横というか、、、
本当にすぐそばでしたyo!
周りにそんなにカフェとかなかったように記憶してるから。
たぶん、すぐに見つけられるんじゃないかと。
大聖堂の周りをくるりと一周して、いい感じのカフェがあったら、そこです。
確か、お店の名前?か、ロゴに、年号が入っていたような。
1864とか、そんなふうに。(数字がこれで合ってるかは忘れた)
それが店名なのか、よくあるお店の創業なのか、わからないんだけど。
私はあのケーキを食べだけに、もう一度ケルンに行きたいです。
いや、一度と言わずに、毎年行きたいです!
それくらい美味しかったです。

さて、
ついケーキのことを熱く語ってしまいましたが。
今日は小さな魔法学校についてのお話。
こちら、第1期生の受講案内希望受付が明日に迫ってまいりました。
いちごの日(15日)に締切日にしたの。深い意味ないけど。
明日の24時まで受け付けていますので、
ご興味ある方は是非ご連絡くださいne☆
この小さな学校は、
エッセイとメルマガでしかご案内しません。
通常ワークショップやその他のお知らせは、
広くいろんな人に知っていただきたいので、
ツイッター、インスタ、フェイスブック、アメブロなど
様々な場所で告知するのですが、
この学校はとても特別なので、
たぶん、このエッセイを長く読んできた人や、
普段から私の表現する世界観に注目している人としか
共有できない場になると思います。
魔法学校は「一見さんお断り」的なムードというか。
例えば最近、
ツイッター、インスタ、フェイスブック、アメブロなどで
初めて私を知ってくれた人なども、
もし純粋に私を好きになってくれたり、
私が発信する世界に興味を抱いてくれるとしたら、たぶん、
最終的にこのエッセイにたどり着くのでは?と思うのです。
自然と私の「ホームタウン」に。
(もしくは「もっと知りたい」と思ってくれたらメルマガにご登録いただくとか。
 最近メルマガ読者が少しずつ増えているらしい。ありがとうございます!)

そうじゃない人、、、、例えば、
私が日々エッセイに書いてるようなことには全く興味ない人や、
そもそもこのエッセイまでたどり着かないような人には、
別に魔法学校は必要ないんじゃないかな〜と感じます。
だからここ(とメルマガ)だけでお知らせしてみることにしました。

今日届いたメッセージの中に、
「AGの活動を懐かしく思うことが度々あること」とありましたが、
古い読者は覚えているでしょうか?
私は以前(7〜8年くらい前)に、アブソリュートガーデン(略してAG)という
小さなグループを結成して、魔法修行していた時期がありました。
その頃はまだ色々実験段階で、
もちろんビジネスとしてやっていたわけではなく、
気楽な集まりとして、
でもやっていることはかなり高度なことをみんなでやっていました。
ワークショップも何度か開催して、それはそれで楽しかったのです。

けれどあれから私自身が、大きく変化したことで、
今回開講しようとしている小さな学校では、
あの頃よりずっと本格的、かつ具体的に
魔法修行できる場を創っていきたいと思っています。

一番の目的は、
受講者の皆さんが、
自分で「魔法を理解」すること。
自分で「魔法を使う」ことができるようになること。
そうして思うように人生を変化させて欲しいと思っています。
だから、
「魔法に興味はあるけれどそれが何かさっぱりわからない」
ということでも構わないのです。
全部わかっていたら学校に入る必要なんてありませんから。

一気に何もかもが変化することはなくても
(まあ、人によってはそういうこともあるかもしれないけど)
魔法を使って人生を動かしていく「手応え」みたいなものを、
受講者の皆さんが感じてくれたら嬉しいと思います。
あとは、地道にそれを日常生活の中で実践していくだけですから。

今回、
かつてのAGメンバーからも4人、
手を上げてくれている人がいて、とても懐かしいです。
特にこのうちの一人は、
私からしたらものすごくチカラのある人なのに、
いつまでたってもそれを使いこなすことができずに、
同じ場所を堂々巡りしているように感じていたので、
ようやく重い腰を上げてくれるのかな?と思って見ているところです。
でも、
これまでの堂々巡りは、決して無駄な時間ではなかったと思います。
もしどう見ても「無駄」としか思えないような時間だったとしても、
それはきっと「必要な無駄」だったのです。
その無駄が意味の花を咲かせるのは、ここからです。
どんな失敗もすべて成功の種でしかありません。
大切なのは、今と未来です。
過去にはただ感謝していればすべてうまくいきます。

今後は、
様子を見ながら進んでいきたいと思っていますが、
一応今回は「第1期生募集」としました。
第2期があるかどうかは私にもわかりませんが、
明日の締め切りを待って、
みなさんに詳細のご案内をお送りして、
その中から1期生として私と出発してくれる人と共に、
ここしばらくの道を進んでいきたいと思います。

そして最後に、一番大事なお知らせ。
この小さな学校の「校長」は私ではありません。
私はクラスのリーダーとして、
「学級委員長」くらいの役割はできると思いますが、
先生は「大いなるもの」です。
私たちが、
神様と呼んだり、天使と呼んだり、宇宙と呼んだりしている、
目には見えないチカラが教師です。
そのことを忘れてはいけない。
そう思っています。

だから、
私も皆さんのクラスメイトとして一緒に学んでいきますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

ーーーーー

☆小さな魔法学校のご案内☆
天使、魔法、精神世界に興味のある方対象のクラスとなります。
あらかじめ、
氏名、
職業、
尊敬する人(もしくは影響を受けた人)、
なぜこのクラスに興味を持ったのか、
以上4点を明記の上、
shop@ichigo-natsuno.comまで、
「魔法学校に興味あり」という件名で、メールにてご連絡ください。
ご連絡いただいた方へカリキュラム内容をご案内させていただきます。
(受講するかどうかは内容をご覧いただいてからお決めください)
第1期の受付は、7/15 24:00まで。
すでにメールをいただいてる皆様、ご案内までいま少しお待ちください。
興味を持っていただいた方で、まだごお申し込みされていない方は、
お早めにお申し込みください☆

「苺バザール」を開催します。(開催期間:7/23(新月)~7/31)
バザールに参加希望の皆さんは、こちらからお申し込みください。
↓ ↓ ↓
https://ssl.form-mailer.jp/fms/c50975f4519189


7月ワークショップのご案内
詳細はこちらをご覧ください!
↓ ↓ ↓
http://ichigo-natsuno.com/ws-20177/


★今日のカードは「最高のものを自分に与える」でした。
毎日、インスタとフェイスブックでガイダンスをアップしてます★

Fri 14th, Jul 2017

「デトックス」

ええいっ!
と気合かけて、
仕上げなきゃいけないデータ加工を一気に片付けたら、
ぐったり疲れてしまいました。

長時間パソコンの前に座っていると、
一番エネルギーを奪われるような気がする。。。。

明日は休みにしよう。(勝手に。笑)

もう働けない。

どうして長くたくさん働けないんだろう?

なぜか、ちょとずつしか働けない私です。



今朝のカードは「デトックス!」。

疲れを溜めてはいけません★



Thu 13th, Jul 2017

「ありがとう誕生日 7/12」

いくつになっても嬉しい誕生日。
フェイスブックメッセージや、
インスタやツイッターのタイムライン、
メールなどでお祝いの言葉を送ってくれた皆さん、
ありがとうございます!
とっても嬉しかったです!


今日は、
うなぎをご馳走していただきました。
ありがとうございます。

今年は和食な誕生日。

うなぎを食べた後、神社へ。
なんとなく呼ばれて。
名前だけは前から知っていたけれど、
初めて行きました。

すごく静かで、
誰もいなくて、
素敵なところでした。

私は滅多におみくじは引かないのですが、
たま〜に気分で引く時があって、
今日はおみくじ気分だったので引いてみました。
七福神みくじっていうのを。

そうしたら寿老人が出ました。
お誕生日に、
「健康で長生きしましょう」的な神様が降りてくるって、
素晴らしいと思いませんか?
とーっても感謝しました!

幸せな気分になり、まるで背中に羽が生えて、
この夏空をどこまでも飛んでいけそうな気分になりました。

そういえば、この前、
銀座のダンヒルのラウンジでミーティングしたんだけど、
その時一緒にいた人がオーダーしたデザートプレートが、
めっちゃ可愛かった!
近頃甘いものがどんどん食べられなくなってる私。
見るだけで幸せなんですが、

プレートの中を飛んでいる蝶々が素敵だったことを思い出しました。

近頃「飛ぶ」というキーワードが日常に現れます。


Wed 12th, Jul 2017

Tags 誕生日

「またミツバチ飛んできた!」

ありがとうございます!
たくちゃんにお誕生日のお祝いしていただきました。
「いきていてこそ」の完成祝いも兼ねて。

私がフランス好きなので、
神楽坂のフレンチのランチに連れて行ってもらいました。

これ、イワシのマリネなんですが。
オーダーする時、メニューの文字を読み間違えて、
い)「サバのマリネください」と言ったら、
店)「は?」
い)「サバ、、、、」
店)「は?」
い)「、、、、、」
店)「どれ?」
い)「これ」と指差したら、
店)「ああ、イワシね」とクールに言われて、
私は密かにツボって、
大笑いしたいのを我慢するのが苦しかったけど。
(鰯と鯖。。。。ふつう間違える?笑)
たくちゃんはどうだったかな?このやりとり聞いてて。
たくちゃんも笑いたいの我慢してたりして。
あの店員さんはフランス人だったかしら?
彼は1ミリも笑っていませんでした。ぶははは。^^


フレンチは久しぶりに食べたので、
「あ〜、そうそう、フランスのご飯の味ってこうだよね〜」
としみじみ感じながらいただきました。

お肉に甘いフルーツソースを合わせる味の組み立て方とか、
大好きです!


びっくりしたのはデザート!
こんなプレートが運ばれてきて感動しました★

いただいたプレゼントは、蜂もの。

袋からして蜂モチーフ!
あまりにも可愛いので、
しばらくこのまま飾っておこう。


ーーーーー
☆「苺バザール」を開催します。(開催期間:7/23(新月)~7/31)
バザールに参加希望の皆さんは、こちらからお申し込みください。
↓ ↓ ↓
https://ssl.form-mailer.jp/fms/c50975f4519189


☆7月ワークショップのご案内
詳細はこちらをご覧ください!
↓ ↓ ↓
http://ichigo-natsuno.com/ws-20177/


☆小さな魔法学校のご案内☆
天使、魔法、精神世界に興味のある方対象のクラスとなります。
あらかじめ、
氏名、
職業、
尊敬する人(もしくは影響を受けた人)、
なぜこのクラスに興味を持ったのか、
以上4点を明記の上、
shop@ichigo-natsuno.comまで、
「魔法学校に興味あり」という件名で、メールにてご連絡ください。
ご連絡いただいた方へカリキュラム内容をご案内させていただきます。
(受講するかどうかは内容をご覧いただいてからお決めください)
第1期の受付は、7/15まで。
すでにメールをいただいてる皆様、ご案内までいま少しお待ちください。
興味を持っていただいた方で、まだごお申し込みされていない方は、
お早めにお申し込みください☆

Tue 11th, Jul 2017