写真家

夏野 苺

世界中の魔法使いや天使とともに作品を創る“魔法使いの弟子”
Photographer Ichigo Natsuno's Official Website

毎日のガイダンスをつぶやいています☆
ツイッター@natsunoichigo
フェイスブック 夏野苺ファンページ

「望む世界のなかで」

夏野苺さま
初めてメールさせて頂きました。
本日、新宿の紀伊國屋書店さんで、大木ゆきのさんの新刊本を買い、
その写真とゆきのさんの言葉との響き合いに感動して、
夏野苺さんとは、どんな方なのか?と、初めてホームページを拝見させて頂き、
その中のエッセイにご紹介されていらっしゃった、
魔法学校のことを教えて頂きたくて、ご連絡させて頂いた次第です。
興味を持った理由を、明確にコレ、とお伝え出来なくて申し訳ないのですが、
エッセイを幾つか拝読させて頂く中で、少人数で手が届く範囲で伝えたい、、
といった内容のフレーズや、小さきものに惹かれている、といった点、
そして自分が歩いた足跡が振り返ってみると光の足跡になっている、、
といったフレーズに、心をなぜか揺さぶられてしまったのです。
どういう事を魔法学校で学ばせて頂けるのか?、今はまだ分からないでいる私ですが、
でも、今まで何か惹かれたとしても、初めの一歩を踏み出すことすら、
なかなか出来ないでいた自分であったので、
今回は思ったら吉日!とばかりに、まずはメールをさせて頂きました。
実は、大木ゆきのさんの本を買いに売り場へ行く前に、
紀伊國屋書店さんの新刊本コーナーで、たまたま目に留まった本が、
鈴木実歩さんの『未来を自由に選ぶ力』でした。
パラパラと拝見し、こんなに変化出来る凄い人もいるのだなぁ、、と思って、
その足で大木さんの本を買いに売り場へ行ったのでした。
苺さんのエッセイに、その鈴木実歩さんのお話が載っていたので、
なんだか勝手ながらに、これは、やはり意味のあるご縁が何かあるのかも知れない、
と思いました。むろん、こんな事を他の人に言えは、
たまたまでしょ?と、一笑されて終わりという事なのだとは思うのですが。
こんな曖昧な理由、興味を持ったきっかけでは、お話にならないかも知れませんが、
魔法学校について詳細伺わせて頂ければ光栄です。
長々と まとまりのないお話をして申し訳ありませんでした。
最後まで読んで頂けたなら、嬉しいです。ありがとうございました。

ーーーーーー

な、、、なんとぉーーーーーーっ!????
嬉しすぎてひっくり返りそうです!
はー。
これは!大木ゆきのさんにもご報告せねば!
ありがとうございます。
最後まで読んだどころか、何回も読みました!
こんなふうにメッセージいただけること、
当たり前だなんて思いませんから。
感謝の気持ちでいっぱいです。
尊いアクションです。
誰かに自分の何かを渡すこと。伝えること。
時に勇気が必要なことだと思います。
本当にありがとう!
魔法学校のお知らせは私から直接、後ほどご連絡いたしますねne☆
(よろしかったらぜひ無料メルマガにもご登録ください)

実は、
ものすごーく楽しみにしていた予定があったのですが、
変更になってしまい、しょんぼりしかけたけど。。。。
すぐに思い直しました!
こんなにしょんぼりするって、そんなに楽しみだったのか!
そんなにも楽しいことが人生にあるってなんて素晴らしいんだー?
・・・って。

ふふ。^^

そこへこのメール!
気持ちが一気に上がりました★

変更になった予定も、消えちゃったわけじゃない。
先に延びただけだから。
その分、楽しみに待つ時間が増えたと思えばいい。

世界は心の持ち方ひとつでどうにでも変わる。
楽しくない世界。
楽しい世界。
全部自分で作ってるということを、
しみじみと感じます。

望まないことからはどんどん目をそらして、
望むことだけを見つめながら、
楽しい世界の中で生きていきたいです。


「一瞬で宇宙とひとつに戻る本」
東京駅オアゾ丸善でバーン!と平積みになってました。
この本がまた新しい読者とのご縁を運んできてくれたと、感無量☆

ーーーーー

「小さな魔法学校 personal secret garden」
★第二期募集のお知らせ★
魔法修行に興味のある方、ご連絡ください。
ご連絡いただいた方のみへのご案内となります。
案内を希望される方は、
info♪ichigo-natsuno.comまで
(♪を@に変えて)メールにてご連絡ください。
その際、お名前と、
なぜ魔法に興味があるのかもお知らせください。
よろしくお願いいたします!
(第一期生を受講された皆さんへは私から個別にご連絡します)
募集スタートは新月の晩からです☆




「Tokyo演Joy倶楽部★朗読会のお知らせ」

詳細はこちらをクリック!↓
http://www.ichigo-natsuno.com/Tokyo-enjoy-1
お申し込みいただいている皆様!
とっても嬉しいです!!!!ありがとうございます!

Wed 14th, Feb 2018

「大事なのは、広くじゃない。深く、だ。」

今朝目が覚めてすぐ、魔法学校の名前が閃きました。
きっと耳元で天使が囁いてくれたに違いない。^^
第一期募集の時にちゃんと名前があればよかったけど。
あの時は、
私にはわからない何か宇宙の理由があって決まらなかったと、
そう都合よく思うことにして。

でも今回、二期募集のタイミングで名前が決まって嬉しい!
小さな魔法学校の名前は、
「personal secret garden(パーソナルシークレットガーデン)」。
略して「p.s.g」に決まりました。 これは造語ですが、
カリキュラムが、精神面での「個人的な秘密の庭づくり」というイメージなので、
私がやっていきたい方向性とピッタリ!なネーミングだとすごーく気に入ってます。
受講生の皆さんも気に入ってくれたら嬉しいなあ。^^

というわけで、ただいま第二期募集中ですが、
大人数にはしたくないので、
もし一期生が残ってくれるとしたら、
二期募集メンバーはほんの数人になると思います。
大人数では、私の手が届かない。
届かないと意味ないことになってしまうので。
それで「小さな魔法学校」なんですが。
私は何でも小さいのが好き。昔から。
小さいものに惹かれます。

私にとっては、
大きく広くということよりも、
小さくとも深くということが、
とても大事なのかもしれません。

第一期生の皆さんには、私から、
お一人ずつお知らせメールをさせていただきますので、
今後のことをご検討ください。
魔法修行はとても地味な作業ですが、
後から自分が歩いてきた道を振り返った時、
言葉にはし難い思いが溢れてきます。
これは、歩いた者にしかわからない。
人生の時間を使いながら、
歩く価値のある道。
自分の足跡が光の足跡に変わっているのを見る瞬間、
何を成し得たのか理解できるはずです。


「小さな魔法学校 personal secret garden」
★第二期募集のお知らせ★
魔法修行に興味のある方、ご連絡ください。
ご連絡いただいた方のみへのご案内となります。
案内を希望される方は、
info♪ichigo-natsuno.comまで
(♪を@に変えて)メールにてご連絡ください。
その際、お名前と、
なぜ魔法に興味があるのかもお知らせください。
よろしくお願いいたします!
(第一期生を受講された皆さんへは私から個別にご連絡します)
募集スタートは新月の晩からです☆

「Tokyo演Joy倶楽部★朗読会のお知らせ」
詳細はこちらをクリック!↓
http://www.ichigo-natsuno.com/Tokyo-enjoy-1
お申し込みいただいている皆様!
とっても嬉しいです!!!!ありがとうございます!

(去年の秋、一番初めに皆で集まった顔合わせの時の写真)

Tue 13th, Feb 2018

「扉の中へ」

自分で働くとしたら、
お金の稼ぎ方って大きく分けてふた通りあるなと思います。
自分の時間を売って稼ぐ方法と、
自分の才能(個性)を売って稼ぐ方法。
時間を売るというのは、例えば、時給いくらとか、そういう働き方。
大きな意味では会社員もこの部類に入るかな?
才能を売るというのは、何か資格を持ったり、自分で事業したり。
さて、自分はどっちが合ってるかしら?と知ることは大事なことだと思います。
だけど私の今までの経験からすると、
こういうのって考えたからといってスッと答えが出てくるということでもないんです。
ここで一番大事なのは、
閉じてる扉を無理にこじ開けないという姿勢。
何とか開けようと頑張りすぎて、ずーっと同じ場所にいないこと。
ちょっとやってビクともしないようだったらさっさとそこを立ち去って、
空いてる扉はどこかしら?と別の場所で探した方がよっぽどいいのです。
そういうやり方だと自分にピッタリな歩き方(仕事)をみつけられるし、
全く予想もしていなかったような、
びっくりなことに巡り会ったりもするから。
そこが楽しすぎて人生がどんどん面白くなっていくのです。

今月から、
5月の筑波山神社の奉納舞の特別レッスンがスタートしました。
3月の朗読会のリハーサルも始まります。
7月の公演の台本も覚えていかないと。
私の本業は写真を撮る仕事なんだけど、
どうして今、仕事以外のことにこんなに時間を割いているのかしら?
どれもこれも稼ぐこととは全然関係ないじゃないの?と思うけど。
楽しいので気にしないのです。
どっか、なんか、変だな?と思っても、やることに決めてしまったので。
楽しいのであれば、後のことはどうでも構わないのです。

だって、
扉が開いてるから。

自然に扉の中へ入っていくと、次の道が続いているから。
このやり方でここまで来て、人生はどんどん良くなっているから。

私は自分を見せていくことで、
必要としている人に同じ方法で進んでいくことをお伝えしていきたいです。

(私の場合、一見何の関係もないように見えることをやっていても、
 結局全ては「撮ること」に役立っていくことになるだろうと予感しています)


「魔法学校の第二期募集のお知らせ」
こちらもお問い合わせありがとうございます!
魔法修行に興味のある方、ご連絡ください。
ご連絡いただいた方のみへのご案内となります。
案内を希望される方は、
info♪ichigo-natsuno.comまで
(♪を@に変えて)メールにてご連絡ください。
その際、お名前と、
なぜ魔法に興味があるのかもお知らせください。
よろしくお願いいたします!
(第一期生を受講された皆さんへは私から個別にご連絡します)
募集スタートは新月の晩からです☆





嬉しいお申し込み続々!皆さん、本当にありがとう★
「Tokyo演Joy倶楽部★朗読会のお知らせ」
詳細は以下をクリック!
http://www.ichigo-natsuno.com/Tokyo-enjoy-1

Mon 12th, Feb 2018

「個性で勝負する世界」

こんなものが届きました!
わー。
ありがとうございます!

なぜ、バレンタインに?私に?(笑)
まー、最近は義理チョコだけじゃなく、
友チョコとか、流行ってるんだよね?
これはファンチョコ?
いつも応援ありがとう!とても嬉しいです!


昨日は、鈴木実歩さんの出版記念イベントへ参加してきました。

トゥモローさんが対談するというので。
スーツ着てて、めっちゃかっこよかった。

(初めて見た!いつもはラフスタイルなトゥモさんなのに!)

実歩さんとは、
ジョンさんの出版記念パーティの席で一度お会いしたことがあったけど、
あの時よりさらに柔らかい印象に変わってました。
そう、人って、変わっていくんですよね。。。。

実歩さんは、
崖っぷちOLから数年で年商一億円プレーヤーになったことで話題になった人。
OL時代、仕事やる気ナシな態度は私とそっくりだなと本を読んでて思ったけど、
彼女と私とでは何が違うって、変化のスピードが。。。。
一億って、ピンとこないわあ、今でも、私。(OLから20年以上も経ってますが)
それで、私、ふと気づいたんですけど。
私が辿った変化の道はどんな道だったかな〜というと、
やっぱり精神面での変化が一番大きかったと思います。
収入面での変化は亀のようにノロく、
いつの間にか、心が変わっていく中で、
自分でも(周りも?)気付かないくらい、
ゆっくり徐々に現在の状態に変化していったと感じます。

私は、ここ数年、自分の活動のどんな部分がお金になっているのか、
それはどうやって人の役に立つことでお金になっているのか、
ものすごく知りたいと思って、
いろんな人の話を聞いたり、勉強してきたりして、
やっと「そうかー」と納得できるところまで来たように思います。

私の変化は、どんなことも、
いつも最初は無意識状態のなか、
全く自然な形で起こってきたので、
変化した後、自分の理解が追いつくまでに時間がかかるのが特徴でした。
へんてこりんな人生です。
だから今までは、
リアルタイムで人に説明することができませんでした。
明らかに何かが大きく変わった時でも、
変わった、ということは見せることができても、
「なぜ?」「どうやって?」という部分を、
説得力を持って他者に伝えることが不可能だったのです。
それで誰からも「苺さんだから」とか「あなたは特別だから」とか、
ずっと言われてきたけれど、
果たしてそうだろうか?と腑に落ちない部分がたくさんあって。
常に心のどこかで、
「これは私だけに起こることじゃない。
 ちょっと見方の角度を変えれば誰にでも同じようにできるはず」
という思いを抱えながら、それでも、
うまく説明できないことがもどかしかったり、悔しかったり、
本当に不思議でたまらなかったりしてきました。

でもそういう時代もそろそろおしまいかもしれない、と
昨日の実歩さんの話を聞いていて思いました。

私が「私のやり方をわかりやすく説明できる」時が、
ようやくやってきたような気がします。


そのひとつが、これからの魔法学校。
そしてもうひとつは、私の撮影方法。

このふたつの活動を通して、
私がどうやって自分の人生を自分の思うように変化させてきたのか、
これからどんどん第三者に伝えていくことができると思います。

今後は、まほうshopや苺バザールの中でも、
参加している皆さんがハッと人生の宝に気づけるような、
これまで私が自分で示してきたものより、さらに、
「もっとわかりやすい方法」を作っていけそうです。

実歩さんが「自分のやり方」を見せてくれたからこそ、
私も改めて自分の個性を強く感じることができました。


どんな場所にいる、どんな人も、
本質的な意味でみんなそれぞれ自分の個性で勝負する世界で生きていけたら、
それが一番いいんじゃないかしら?

世の中には、
実歩さんと同じ方法で変化できる人の方が多いのかもしれない。
理論的だし、実践的だし。わかりやすい。
(よかったら実歩さんの本を読んでみてください。「未来を自由に選ぶ力」)

私の方法は抽象度が高くて、
目には見えない世界を感じる(あるいは信じる)心の訓練が必要なことも多いから、
その扉から入って人生の仕組みを理解しようとする人は少ないかもしれないけれど、
だからこそ興味を持ってくれた人や私についてきてくれる人たちを、
これからも、もっともっと大切にしていきたいと強く思います。
もしかしてそういう人たちと巡り会うためだけに、
私は生まれてきたのかもしれないから。

さあ、自分の立ち位置が、
ますますはっきりしてきました。

がんばろう。^^ 私はこの場所で。


(イベントの後、後ろの席に座っていた方々に着物を褒められて、
 そのまま一緒にSHITO HISAYOヘ遊びに行ってしまいました!)


(その後、近くのワインバーへ!^^ 未来をみんなで語り合って楽しかったです)


「魔法学校の第二期募集のお知らせ」
魔法修行に興味のある方、ご連絡ください。
ご連絡いただいた方のみへのご案内となります。
案内を希望される方は、
info♪ichigo-natsuno.comまで
(♪を@に変えて)メールにてご連絡ください。
その際、お名前と、
なぜ魔法に興味があるのかもお知らせください。
よろしくお願いいたします!
(第一期生を受講された皆さんへは私から個別にご連絡します)
募集スタートは新月の晩からです☆


お申込みありがとうございます!
「Tokyo演Joy倶楽部★朗読会のお知らせ」
詳細はこちらをクリック!
http://www.ichigo-natsuno.com/Tokyo-enjoy-1

Sun 11th, Feb 2018

「食いしん坊な私の挑戦」

今日も食べ物の写真から。
銀座でランチするなら担々麺と小籠包。

パラダイスダイナシティ!

すごく美味しいのです。
世の中には、大して食べ物にこだわらない人もいるけど、
私はものすごーくこだわります。
美味しいと感じるものしか口に入れたくない。
とっても食いしん坊なんです!!

昨日は、銀座でランチの後、
運命のお財布に巡り合ってしまい衝動買い。
ずーっと長い間探し求めていた理想の形だったので。
というわけで、今ある大事に使ってきたお財布を、
次のいちごバザールで手放すことに決めました。
ゴールドのベルサーチと、ピンクのセリーヌ。
(偶然、両方今年のラッキーカラーです!)

そうして上機嫌で挑んだ夜の演劇ワークショップ。
私は姿勢と発声が悪く、台本を読んでいる途中で声が出なくなってしまいました。
演出家のへいちゃんが「いちごさん、大丈夫?」と声をかけてくれなかったら、
死んでたかも。。。。。っていうくらい苦しくなって。
だけど、この出来事は私にとても良いショックを与えてくれました。
というのも、
落ち込んでいない自分を発見したから。
たぶん、3月や7月のイベントをやることに決まって、
そこに向かって意識が前進し始めたからか。
足元に転がるくだらないマイナスの石ころにはつっかえるもんかと、
私のスピリットが覚悟を決めたような。
そんな不思議な感覚。 新しい感覚を見つけることができたのです。
昨日の、あの苦しかったことがあったおかげで。
人って、ホント心ひとつでどうにでもなるもんだなあと思います。
こころ、大事です。

「Tokyo演Joy倶楽部★朗読会のお知らせ」
詳細はこちらをクリック!
http://www.ichigo-natsuno.com/Tokyo-enjoy-1

すでにお申込みいただいてる皆様、ありがとうございます!
関係者からも応援の声が届き、嬉しく思っています。
ひょっとして、客席に座る人たちの方が豪華になっちゃうんじゃ?
というくらいですが、負けないように(笑)出演者一同頑張ります!
お席に限りがございますので、私たちを応援してくださる皆様は、
お早めのお申込みをお願いいたします。



「魔法学校の第二期募集のお知らせ」
こちらもお問い合わせありがとうございます!
魔法修行に興味のある方、ご連絡ください。
ご連絡いただいた方のみへのご案内となります。
案内を希望される方は、
info♪ichigo-natsuno.comまで
(♪を@に変えて)メールにてご連絡ください。
その際、お名前と、
なぜ魔法に興味があるのかもお知らせください。
よろしくお願いいたします!
(第一期生を受講された皆さんへは私から個別にご連絡します)
募集スタートは新月の晩からです☆

Fri 9th, Feb 2018