写真家

夏野 苺

世界中の魔法使いや天使とともに作品を創る“魔法使いの弟子”
Photographer Ichigo Natsuno's Official Website

毎日のガイダンスをつぶやいています☆
ツイッター@natsunoichigo
フェイスブック 夏野苺ファンページ

「不思議な個展」

本当に不思議です。
今日も静かな一日でした。
小屋の中はぎゅうぎゅうに混み合うこともなく、
一人ずつがゆっくり天使の言葉を聴くために、
まるで予め調整されているかのよう。
自分でも驚くのは、
「行きたい場所があるのですが」
と相談に来られた人にトラベルのカードが出たり、
家族のことで悩んでいる人に、
家族の問題を解決しなさい
というカードが出たり。
まるで答えそのものが
カードに乗って空から降ってくるようです。
そして皆さん、途中は泣いたりしますが、
最後は笑って帰られるので、
本当に嬉しい。
私は素敵な場面に居させてもらいながら、
引き続きエンジェルリーディングの授業を
受けているような感覚。
車の運転免許でいえばこれは仮免。
路上運転で実地試験を受けているような気分です。
明らかに私の個展のカラーが
変化しているのを感じます。
これまで個展というと、
だいたい最初の三日間くらいにお客さんが集中して、
作品もほとんど売れてしまって。。。
という状態だったから、
今回は初めとても心細かったのでした。
今年の私はいろいろと
くよくよ落ち込んでいる時間も長く、
エッセイもあまり書けず、
作品も思うように作れなくなった時期もあって。
だから、もう私を忘れてしまった人も多いのかな?
だからみんな来てくれないのかな?
なんて一瞬は思ってしまったけれど。
いや、
どうやらこれは違うみたい。
たとえペースはゆっくりでも、
変わらず私を支え続けてくれてる人たちが、
昨日も今日も小屋を訪れてくれています。
本当にありがたいことです。
ありがとう。
さっきちょっと、
ひとりで泣いちゃいました。
急にいろんな想いが溢れてしまって。
昨日、初めてお会いした方。
お母様のご病気のことで天使へ質問。
私は、
カードから読み取れる限りの、
全ての情報をお渡ししました。
それを早速今日実践してみたと、
先ほどメールを頂いたのですが、
そこには、
お母様がとても穏やかな表情になったと
書かれてあって。
読んだらなんだか胸がいっぱいになりました。
これだ!
ドリーン博士が誘導してくれている場所はここだと
強く実感しました。
たしかにある、天使のいる場所。
そこへ向かって、
なるべく多くの人を連れて行こうと
ドリーン博士は活動してらっしゃるのだと思いました。
尊いお仕事です。
これから私も多くの人のお役に立てれば。
写真作品を通して。
本作りを通して。
アミュレット制作を通して。
エンジェルリーディングを通して。
夏野苺は活動してゆきます。
さて、
明日はどんな一日になるでしょう?
私の小さな個展。
とても楽しみです。

そして今日のエッセイの最後に、
素敵なメールをひとつ、
シェアさせてください。
この方はもうずーっと長く
私を応援し続けてくれている方です。
実際にお会いしたことは、数度しかないのですが。。。
(^.^)
素晴らしいメールなので、長いですが、
全文ここにご紹介させて頂きます。

✳︎✳︎✳︎✳︎

おはようございます
箕面での個展初日、
ゆったりとした雰囲気で進んでいったようですね。
あの小さな「苺部屋」の中で
ゆったりと過ごせたんだろうなぁ、
と想像しながらエッセイを読みました。
最終日までどんなことがあそこで起こるのか、
毎日ワクワクしながら楽しみにしています。
31日のカフェでの朗読会、
家族の協力もあって
何とか都合がついたので参加させてもらいます。
まだ間に合うでしょうか...?
カフェの椅子から溢れちゃうくらいの人数だったら...
隅っこの床でも階段でもいいので
参加させてもらえたら嬉しいです。
先日注文した魔法使の弟子Ⅸ・Ⅹ。
特にⅨは最後の1冊だったとのことですが、
無事に届いたあとじっくりと読みました。
この2冊だけが、
私の手元にある「魔法使いの弟子」から抜けていたんですが...
これで全部揃いました。
First EditionとStrawberry ニューヨーク2冊を合わせて15冊、
小さな本が手元に並びました。
ちょうど届いた時に上の子がそばにいて、
Ⅸの表紙に興味を持ち
「見せて欲しい」と言ってきたので読ませました。
彼にとってはⅨの「壁」がとても響いたようで...
ちょうどあれこれ悩んでいた時だったので
ピッタリとハマったようです。
まさに「今」という時に手元に来てくれたんだなぁ、と
しみじみ思いました。
きっと、個展会場では
こんな出会いが毎日あるのだと思います。
「ただの偶然」と流してしまうよりも
「今がその時だよ!」って
世界中が教えてくれているんだ、
って思ったほうが毎日ワクワクして過ごせますよね^^
そんな出会の瞬間がきっと
私が個展会場に行く31日にもあるのだろうな、
と楽しみにしています。
それでは、また。31日に。


Sun 26th, Oct 2014

「個展始まりました」

無事に初日を迎えることができました。
ありがとうございます。
毎回、個展の初日は
あの小屋の中がバーゲンセールのような込み具合になるのですが、
(といっても三人入ったらMAXというレベルですが。笑)
今回は、ひとりぽつんと来て、ゆっくり見て、ゆっくりリーディング。
終わる頃またひとり来て、先の人は帰ってゆく。
そしてその人のリーディングが終わる頃、また新しくやって来て。。。
みたいなペース。こういうのは初めてのこと。
ふしぎだったなあ。
まるで私のやりたいことを天使が助けてくれているみたいです。
リーディングの実践は、とても面白く、興味深く、
今回の試みは私にとって素晴らしい訓練になっていると感じます。
ご縁ある皆さんと大切な時間を共有できることに感謝いたします。
今回はずっとこんな雰囲気で最終日までいくのかな?
明日も楽しみ。
どんな人が来るだろう?
今日初めてお会いできた人も何人かいて、
やっぱり実際に会うのっていいなあとつくづく思います。

今朝は、こんまりさんが、
全米のブックランキング、スピリチュアル部門で、
ナンバー1に輝いたというニュースが飛び込んできて、
とても嬉しかったです。

何かが、
新しいひとつの方向へ向かって動き始めているのを感じます。

Sat 25th, Oct 2014

「2014.10.24 新月 〜 まほうのおうち」

こんにちは!
いつもエッセイをワクワクしながら読んでいます。
個展いよいよですね。
実は初日に伺えることになりました\(^o^)/
息子が4月から大阪で働き始めたので、顔を見に、
そして念願の苺さんの個展に行かせてもらいます。
これもご縁なんでしょうね。
何となく、苺さんに導かれている気がします。
出雲の息のかかったアミュレット楽しみにしています。
それから、天使のカードリーダー認定おめでとうございます!
お会いできるのを楽しみにしています(*^^*)

——☆

なんと!嬉しいメール!
個展前にこういうメール頂くとホント勇気でる!
ありがとう!
今日無事に搬入&飾り付けが終わりました。




夕べしっかり眠れたので今日一日がんばれた!
西の魔女の家は快適すぎる。
いろんなところに暗号が仕掛けてあるおうち。
あちらこちらに置いてあったり張ってあったりするものを、
ふむふむ眺めたり読んだり。
べんきょーなるわあーここ〜!
夕べの薬草風呂は最高に気持ちよくて☆
真夜中に可愛らしい訪問者も♫

今朝は庭へ出て、最高に幸せ気分。

ありがとうございます。
明日からしっかりがんばります。


追記)
エンジェルカードリーディングをご希望の皆様へ。
個展会場がとてーも狭いので、混み合った場合は、
後ほどメールにてリーディング内容をご連絡差し上げたいと思います。
メモ書き程度でかまいませんので、
名前、質問(あるいは相談)内容、メールアドレスを書いた紙を
ご持参くださいませ。よろしくおねがいします☆

追記2)
こんまりさんがアメリカのニューヨークタイムズ紙から
インタビューを受けました!
私の写真も掲載されてうれしい。
Kissing Your Socks Goodbye

Home Organization Advice from Marie Kondo

By PENELOPE GREEN 

http://mobile.nytimes.com/2014/10/23/garden/home-organization-advice-from-marie-kondo.html?ref=garden&_r=0&referrer=

いよいよ全米デビューした「人生がときめく片づけの魔法」は
発売一週間で早くも11位を記録してるそうです!
わー
わー
わー♫
すごいー。

Fri 24th, Oct 2014

「強い風と濃い霧と光の朝」

どうして出雲では今の時期が「神存月」と呼ばれるのか。
こうして来てみてなんだか少しわかったような気がする。
昨日はまるで嵐のよう。
「こんなに強い風が吹くのは珍しい」と
バスの運転手さんが言ってたけれど。
魔法使いの弟子が関東から飛んできたからね
と心の中でふふと笑っちゃった。
この風は、ドイツのヴェルニゲローデを思い出す。
ブッロケン山に登るため訪れた小さな村。
あの時も嵐とともに辿り着いたから。
風は、魔法使いに付きものだよね。
いや、ちがう。
誰もが皆そうなんだ。
風が運ぶんだ、いろんなことを。
運命が変化する時、そこには風が起こる。

出雲市駅からバスで40分ほど、山のなかへ。
いつもの宿に到着。
まず、神社でお祓い。
ここはいい。
いつも私たったひとりだもの。
いつ来ても誰もいないよ。
素晴らしい神社なのにね!
アミュレットを抱えて、
神妙にお祓いを受けて、気分すっきり。
ふとポケットの中の石を見てみたら、
きゃー☆なにこれ。ぴかぴか!
こういうのって理屈じゃないよね。
もう、そういうこと、なんだって。


宿に戻って温泉。
ご飯食べて、早めに就寝。


今朝は暗いうちから起き出して、
また温泉。
それから神社へもう一度。
歩いてすぐだから。ほとんど隣。
暗いなか、霧が立ちこめて、すごい神秘的。
白くほの暗い中にぼうっと浮かび上がる鳥居が、
異界への入り口に見える。
あそこをくぐったら、もう戻れないよ、みたいな。
ぱんぱん!と私が打つ柏手が誰もいない境内に響き渡って
とても気持ちいい。
昇ってきた太陽に、これまたすごくて感激。
なにもかもが幻想的な、ここは神在月の、出雲。




朝ご飯を食べて、松江へ出発。
もうひとつの大好きな神社。

クシナダヒメがいます☆
ここでもアミュレットをご祈祷いただいた。
ありがたい。
これで、今回の個展の作品は完成!

その後、高速バスで大阪入り。
今日からしばらく西の魔女のおうちにお世話になります。
明日はいよいよ搬入。
楽しみです!いろんなこと。^^


Thu 23rd, Oct 2014

「物語の始まり」


ずっと創り続けて、
やっと終わりが見えて。
そして、
また新しく始まります。

まだ暗いうちから部屋を出て、
空港へ向かう途中でお知らせメール。
飛行機は、
飛ばないか、飛んでも着陸出来ずに引き返す可能性があるとのこと。

なんだと?

かみさま。
すみませんが、
わたくしここは1ミリも譲れません。
どうしても出雲へ行く理由があります。
そこをどうか通してくださいな。

アミュレットたちと一緒に
飛行機に乗り込みました。
シートベルトをしてから離陸までの間に引いたカードは、
「静けさ」でした。
よかった、
今日のまほうの使い方がここに書いてある。
じーっと眺めてから、
目を閉じて、
飛行中、ずっと静かに祈っていました。
こんな時、
少しでも慌てたり騒いだり
心配しすぎたら負けるから。
しん、としたまま祈るのが一番。

さて、
私は今どこにいるでしょうか?皆さん!

地上がどうであれ、
天上はいつも晴れています。
そこにアクセスする方法がわかれば、
目の前が曇っていても、
大嵐でも、
私たちは進んでゆけます。

今回はどうしても、
出雲へ入ってから、
大阪の個展を始めたかった。
何故でしょうね?
きっとこれは、私の都合じゃない。
出雲の息のかかったアミュレットを
必要としている人がいるんだろう。
そのように感じます。
だから、
私はこうして出雲へ来れました。
ありがとう、かみさま☆
私のアミュレット、
まほうは、うまくかかっていますか?


とてもシンプルに、
そのかわり、
あの一点にチカラが集中するように。
身につける人を守れるように。
どれも心を込めて創りました。
さらにさらに、光が増すように。
かみさま助けてください。


搬入日は明後日の新月。
個展は25日から。
誰が、
どんな人が、
受け取りに来るんだろう?
この小さなお守りたち。
なんだかとても楽しみになってきました。
さあ、
新しい物語のはじまり、はじまり☆


✳︎追記✳︎
天使のカードリーダーとして、
正式に認められました!
\(^o^)/
昨日、認定証が届きました。
うれしい!
個展に間に合った☆
会期中ずっとあの小屋に飾ろう。
とても素晴らしいデザインの認定証。
天使がくれた光の勲章。


Wed 22nd, Oct 2014