写真家

夏野 苺

世界中の魔法使いや天使とともに作品を創る“魔法使いの弟子”
Photographer Ichigo Natsuno's Official Website

毎日のガイダンスをつぶやいています☆
ツイッター@natsunoichigo
フェイスブック 夏野苺ファンページ

「ぽかぽかデート」

苺さん、こんにちは。
今日は福岡もぽかぽか陽気です。(*^^*)
魔法学校では、とても素敵な課題をありがとうございます!
みなさんと宿題をシェアすることで、
いろいろな発見や感動があります。
勉強になります。
これからも楽しみです。
苺さんみたいになりたいなーと思っているので、
真似しているところもあるとは思いますが、
映画の感想について、感覚が少し似ている。
とのコメントはとても嬉しかったです。
自分らしく、落とし込んでいきたいです。
まほうshop参加希望です。
どうぞよろしくお願いいたします。
今朝のガイダンスの写真のお人形さん
めーっちゃ、可愛かったです。
羽根にくるまれた、天使にみえました。(*^^*)
いつもありがとうございます。
————

ありがとう!
東京もポカポカ陽気です!
でも毎年騙される。。。。(笑)
このまま春が来るのかと思いきや、
雪降ったりする3月もあるからね。ははは。^^

まほう学校を楽しんでくれてありがとう。
私もめっちゃ楽しいです!
宿題を出すたび、一瞬みんなの「?」なエネルギーを感じる。
ふふふ。
これがね、すっごく役に立つからね、これから。
実際に自分が魔法を使い始めるとそれがよくわかるようになりますyo!
いまサボっちゃうと永遠にわからずじまいになってしまい勿体ないので、
退屈な一瞬があっても真面目に取り組んでください。
(不真面目な私に「真面目に」なんて言われたくないかもですが。笑)

まほうshopもいつも楽しみにしてくれてありがとう。
感謝します!次回もよろしくお願いしますー。



昨日は、冨樫結菜さんと二人でご飯を食べました。

ゆっくり話したの久しぶりで楽しかったー。

中村屋のカレーが食べたくて、新宿で待ち合わせしたけど、
あの人混みの中で結菜さんだけ光って見えた。。。
あ、きた!って、すぐにわかりました!


ご飯の後はTokyo演Joy倶楽部のさーちゃん&たまちゃんと合流。
四谷のライブハウスに、EQrare(エクレア)のステージを観に行きました。

ボーカリストが結菜さんのおじさま。(私の隣にいる金髪の人)
初めてお会いしましたが、目が結菜さんと似すぎてる!
声もめっちゃかっこよく素敵なボーカルでした〜。
また行きたい。と思っていたら、
7月の公演は行きますよ、と逆にコメントいただき、
ハッと我に返る私。
セリフを覚えなきゃ。
でもまだ役が決まってない。。。。。

今日か?
来週か?

今月中には決まらないと段々焦りの恐怖がやってきそう。
いや、
決まってからの方がもっと怖くなるかな。
現実的になってきて。

芝居で人前に立つなんて。

どうして人生こんな怖いことに?

そうだ、、、、

怖いといえば、


先日映画館でものすごーい怖い映画を見ました。
冒頭シーンでいきなり「うわっ」と声が出ちゃうくらい。
怖い怖い怖すぎる!
そのあとも息つく間もなく、ずーっと怖いんですけど。
途中で、
おい!ちょっと誰か止めてくれ
とお願いしたくなるくらい、ずーっと怖いの。怖いのよ!本当に。
なんというか、画面の構成とか、登場人物の不自然な表情とか、
(笑顔も怖く見える!)
なんといってもあの音楽!!!
音楽というか?効果音みたいな。
あれ、怖さを煽るね〜。
すごい!すごいものを観ました。
あまり息しないで観てたんじゃないかしら。
わたし絶対呼吸が浅くなってたと思う。怖すぎて。
あんなに怖いとは知らずに観たので、びっくりして余計怖かったのかも。

あまりにも怖くて、
話の筋がすっかりわからなくなってしまい、
エンドロールを観ながら、
あれ?それでこれは一体どういう話だったの?
と気になってしまい、
帰宅してからネタバレ解説をネットで幾つか読み、

はー!そういう話だったのかっっっ

と、ものすごく驚いて、
えー、だったらどうしよう、もう一回観てみようかなとも思ったけど、
あの恐ろしい数々を再び体験する勇気が持てず。。。。。

でもたぶんあれって、DVDで観ちゃうのは違うって気がする。
やっぱり映画館じゃないとね。せっかくの怖さが半減しちゃう。

今年は自分の芝居のこともあるし、
ものすごーくたくさん映画館へ通おうと思って、
お気に入りの映画館の年間パスポートを購入しました。
そうすると、
観たいと思ってたものだけじゃなく、
その映画館で上映されるいろんな作品を観ることになるだろうと思って。

この怖い映画もそういうことで出会ったのですが。

本当に凄い作品でした。
ネット情報によると、
主役を務めた俳優さんは、
最初に脚本を読んだ時、吐き気がしたそうです。
おそらく心理的なパンチを食らったのだと思います。
(脚本はどうなってるんだろう?読んでみたい。。。。)

って、ここまで感想を書いておいて、
タイトルは書かないのか?って感じですが。
いやあ、、、書いて責任持てないので。
どうしても気になる人は個人的にメッセージくださいね。
興味ある人、観たい人だけにお伝えしますので。。。。。

観るのは勝手ですが、

怖いですよー。



まもなく新月です!!
~「まほうshop un secret」にご来店希望の皆様へ~
住所、氏名、ご連絡先を明記の上、
こちらまでメールにてお申し込みください。
shop♪ichigo-natsuno.com(♪を@に変えて)
新月のオープン当日に私から直接「秘密のURL」を発行いたします。
それがお店の扉を開ける鍵となります。(まほうshopはWEB shopです)


★夏野苺メルマガ登録★
こちらをクリックしてお申し込みください
http://www.ichigo-natsuno.com/magazine/
月2回配信 無料


(モデル:冨樫結菜 着物:SHITO HISAYO)


『ただいま着物仲間大募集ちゅう!』
キモノ着ます!
キモノ好きです!
キモノ着たいけどまだ何もわかりません!
キモノ関係の仕事してます!(もしくは、したい)
こんな人がいたら、
info♪ichigo-natsuno.com
(♪を@に変えて)までメールください。
件名は「キモノ好き」で!
今後、私から発進するキモノ関係のお知らせを、
特別にお送りいたしますne☆

Thu 15th, Mar 2018

「増し続ける人間力」

苺さん、こんばんは。
エッセイ拝見しました。
甥っ子さん、ご卒業おめでとうございます。凛々しくなられましたね。
あの頃のご家族と苺さんのこと、今でも忘れられない記憶となっています。
今年は、私も、怖いけれど、もう少し前に進もうと思います。
私の表現できるものは何か、編み物しながら迷いつつ...。
新月のまほうショップ、またよろしくお願いいたします。

——

こんなメッセージが届きました!
もう長く私のエッセイを読んでくれている方です。。。
嬉しい。ありがとうございます。

「あの頃のご家族と苺さんのこと、今でも忘れられない記憶となっています」

この一文を読んで心がキュンと鳴きました。
でも、もう「あの頃」とは、
何もかもが変わりました。
どんどん進んでいます。
私たち家族は止まってはいません。
みんな笑顔で、歩き続けています。
新しい場所を目指して!


人生で何か辛いことに遭遇した時、
一旦は落ち込みますが、
意図して自分のエネルギーを枯渇させないように努めることは、
とても大事なことだと感じます。

常に高いエネルギー状態を保つことで、
自分自身の人間的なチカラは増していきます。

チカラが増していけばいくほど、
幸せを感じる瞬間も増えていきます。

とはいえ、
どの次元でも必ず「課題」にぶつかります。
生きている限り、
苦しみや悲しみが皆無になることはありません。

けれど強くなっていくことで、
苦しみにとどまる時間は短くなっていくのです。

ほとんどの苦しみは「弱い」ことからくるもの。
だから、
強くなっていくこと、
心を鍛えていくことはとても重要なことです。

常に高い次元(エネルギーを強く保つ次元)を目指し続ける
最も効果的な方法は、問題点を「課題」と捉えることです。


問題点を結果として受け取ってしまうと、
そこの場所に長く止まることになります。

当然、それだけ苦しみも長引きます。

目の前にやってきた問題点を、今の自分にとっての、
成長、挑戦、チャンスと認識できるかどうか、
それにより進化の速度が速まるか、
いつまでも同じ場所にとどまるかが決まっていくのです。

私たち家族が、チカラを合わせて、
ここまで前進してこれたのは、
いろんな助けを得てのことです。

それぞれの友人知人たちからの。

天国からの。

大いなるもののサポートも。

たくさん支えてもらいながら、
ここに辿り着くまで、
笑顔を忘れないでいることができて、
本当によかったです。



今日メッセージを届けてくれたいちらーさんも、
ここ数年、ご自身にもいろんなことがあったと思いますが、
私の活動も見守り続けてくれてありがとう。
そして、
まほうのお店のドアを叩いてくれてありがとう。
まほうshopは、気づいたらもう5年?
わー、すごい。吹けば飛ぶような小さなお店なのに。
お越しくださるお客様のおかげでなんとか続けることができています。

本当に本当に!ありがとう。

忘れずにいてくれて。

涙が出るほど嬉しいです。^^


(大阪箕面での夏野苺作品展の様子)

まもなく新月です!!

~「まほうshop un secret」にご来店希望の皆様へ~
住所、氏名、ご連絡先を明記の上、
こちらまでメールにてお申し込みください。
shop♪ichigo-natsuno.com(♪を@に変えて)
新月のオープン当日に私から直接「秘密のURL」を発行いたします。
それがお店の扉を開ける鍵となります。(まほうshopはWEB shopです)


★夏野苺メルマガ登録★
こちらをクリックしてお申し込みください
http://www.ichigo-natsuno.com/magazine/
月2回配信 無料


『ただいま着物仲間大募集ちゅう!』

モデル:冨樫結菜 着物:SHITO HISAYO
キモノ着ます!
キモノ好きです!
キモノ着たいけどまだ何もわかりません!
キモノ関係の仕事してます!(もしくは、したい)
こんな人がいたら、
info♪ichigo-natsuno.com
(♪を@に変えて)までメールください。
件名は「キモノ好き」で!
今後、私から発進するキモノ関係のお知らせを、
特別にお送りいたしますne☆

Wed 14th, Mar 2018

「卒業式と春財布」

私は、この世で何が苦手って、
「〇〇式」というものがすべて苦手。


一番辛いのは、
親しくもない人たちと一緒に何時間も一箇所に座ってなきゃいけないところ。


結婚式もお葬式も、その他何でも式典は嫌いなのです。


でも、亡き妹の代わりに、甥っ子の入学式や卒業式には
「これは私の修行」と思って出てきました。
りっくんと二人分だから、その都度本当に辛かったけど、
嬉しい。今日でおしまいだー。
れったんは大学にも行くけど、それはもういいよね。

先生たちや来賓の人たち、、、、
式辞を述べる時、書いたものを棒読みするだけなので、
眠くなってしまう。
心を言葉に乗せることって本当に大事なんだなあ。
どうしてそうしないんだろう?
と思いかけたけど、
彼らにはたぶん関係ない。
大勢の人たちに何かを伝えるために、
自分の言葉に魂全部を乗せる必要なんて、
この人生で関係ないことなんだろう。
昔は自分が目指したい場所と、
ああいう人たちがいる場所を一緒に考えてたから、
聴きながらイライラすることもあったけど、
今は違う。
「ん!?」と違和感を覚えるところでは、
自分の学びに役立つどんなものが隠れているのか、
瞬時に探せるようになった。

そんな自分の変化が嬉しい。

どんどん生き方が楽になっていくよう。

人と自分は違う。
違っていい。
どんな人のどんな人生も素晴らしい。
私にはわからなくても、
素晴らしいに決まってる。

あの人たちが出来ないことを私はできるかもしれないけれど、
私の出来ないことをあの人たちはできるはずなんだから。


入場してきた時、れったんを見つけて嬉しかった。
目があったら、ニヤニヤしてた。
そんな人誰もいないよ、ニヤついて行進してる人なんて。
笑っちゃうわ。私にそっくり。

帰りも絶対に笑いながら通り過ぎるだろうと思ったら、

やっぱり。(笑)

早くに母親を亡くしても、こうして笑顔で育ってくれて、
本当にありがたい。 私は誇りに思う。


卒業式が終わって、神様に、

「こんな私を入学式や卒業式の場に、
 無理やりにでもいつも置いてくださってありがとうございます。
 おめでたい席でいつも一緒にお祝いできたことに感謝します」

そう心から伝えました。


いやだ苦手だと思いながらも、
過ぎてみれば感謝しかない。

よかった。


本日のランチタイムは、お寿司!
「おめでとう!」と言いながら食べました。

幸せです。



そのあと、
苺ママがデパートで素敵なお財布を買いました。
「春財布は、張る財布と言って縁起がいいんだよ〜」
と教えてあげました。
しかも、ママが買ったのは、
今年のラッキーカラーのピンクとゴールドのお財布。
あれはいいねえ。
私もこの前、
まほうshopでピンクのセリーヌのお財布を手放したけど。
あれを使い始めた人が今後どうなっていくか楽しみ。
たくさんおまじないかけてあるお財布だから!
まだゴールドのヴェルサーチが残ってる。
あれはどこへ飛んでゆくかしら?
二つ折り財布だけど、小さなバッグに入るので重宝してました。
ピッカピカの金色のお財布。
メデューサの、マジックウォレット。
春財布(張る財布)は、GW前に使い始めてくださいne☆


まもなく新月です!!
〜「まほうshop un secret」にご来店希望の皆様へ〜
住所、氏名、ご連絡先を明記の上、
こちらまでメールにてお申し込みください。
shop♪ichigo-natsuno.com(♪を@に変えて)
新月のオープン当日に私から直接「秘密のURL」を発行いたします。
それがお店の扉を開ける鍵となります。(まほうshopはWEB shopです)


★夏野苺メルマガ登録★
こちらをクリックしてお申し込みください
http://www.ichigo-natsuno.com/magazine/
月2回配信 無料


Tue 13th, Mar 2018

「水面下」

ちょっと間が空いてしまいました。
エッセイ読者の皆さん、こんばんは☆

ここ数日の私は、、、、

小林照子先生の講演に行ったり。

タカトモさん、久しぶりに会いました!

旺季志ずかさんの撮影したり。

この写真がSNSで大好評で嬉しくびっくり。
勝手に「天使の散歩」っていうタイトルつけたわ〜。


こんまりさんのメイクも担当している、ししちゃん。
初めて会ったけど最高にファンキーなメイクさん。
現場楽しすぎました〜。


舞の稽古に行ったり、台本覚えたり、
p.s.gの宿題に目を通したり、次のカリキュラム考えたり、
トゥモローさんに仕事の相談したり、

日々いろんなことがありますが。

とても楽しい毎日。

感謝でいっぱい。

でも忙しいっていう気持ちはなくて。
逆に、ハートのどこかが停止している感じ。

水面下では、とても静か。

まるで次の何かに備えているような。

(それが何かは私にもわからないのです)

Mon 12th, Mar 2018

「光の想い出」

先日のイベントでは、アンケート用紙をたくさん書いていただきましたが、
(私はまだ見てませんが、たぶん右近さんは全てに目を通してるはずです)
私のところに直接届いたメールをシェアします。

まずは、1日目に来てくれた方の感想です。
ーーーーー

苺さん こんばんは
Tokyo演Joy倶楽部★朗読会の大成功おめでとうございます!
そして、千秋楽 お疲れ様でした。
私は今までにも何度かお伝えしましたが、苺さんの声が大好きなのです。
その声と菜穂子さんの詩が合わさったらどうなるんだろう?
絶対泣いてしまうんだろうな、
と思いながら今日は家を出ました。
そして、いよいよ舞台が幕を開け 、
最初に登場した苺さんの顔が'女優 苺さん'の顔だった時点で泣きそうになり、
朗読が始まった時には、家を出るときに思った通りになっていました。
菜穂子さんは自分の人生をしっかり生きている人。
正直で、まっすぐで、とても綺麗な心を持って。

これって苺さんと一緒じゃないかしら?
だから苺さんと菜穂子さんは心が通じあったんだと思います。

私が言うのもおこがましいですが、Tokyo演Joy倶楽部の初公演が
この朗読会だった事はとても素晴らししい事だと思いました。
苺さんのエッセイに「 大切なことを伝えることができるように」とありましたが、
きっと、今日 会場にいた人全員がそれぞれ大切なことを受けとれたと思うからです。
では、最後に 今日は本当に素晴らしい朗読会をありがとうございました。
7月の公演も楽しみにしています。今日はゆっくり休んでくださいね☆


二日目に来てくれた人の感想です。
ーーーー

おはようございます。昨日はほんとうにありがとうございました。
ほんとに素晴らしかったです。
あの場所で あの時間を過ごせたことに感謝です。
演者の皆さん 一人一人の個が際立っていて 凛とされていて素敵な方ばかり
観る側も 個性豊かで 
あの場でなければ到底リンクすることもなかったであろう大物揃いで 

凄すぎました‼️
だけど 朗読中は まるで私一人で菜穂子さんの詩を聞いていたような感覚。
ほわーっと暖かくて 心地いい空間の中にいました。
あの感覚が もしかして「宇宙はひとつ」ってこと?
帰りの新幹線で気づきました。
ワンネスってこういうことなんでしょうか?
皆と心ひとつって 何て心地いいんだろう。
懐かしい場所に里帰りした気分です。
そして 苺さんがまた素敵すぎて
まだまだ進化されますよね?
どこまで行かれるんでしょう?
楽しみすぎます。
表現者 アーティスト エンターテイナー
こんな言葉では表せないくらいです。
一番嬉しかったことは 何度も言いますが あの場にいれたこと。
これって たまたま ふと行こうと思ったことではあるけど 
それと実際に行けたこととは 似て非なるもの
あらゆることが上手くいってのこと。
奇跡の賜物
この奇跡に感謝です。
こんな機会を作ってくださった 苺さん
ほんとうにありがとうございました。

ーーーーー

どうもありがとう!
すごくすごくすっごく!嬉しいです。
きっとTokyo演Joy倶楽部のみんなもこれを読んで喜ぶと思います。
みんなに伝えます。


こんな機会を作ってくださった 苺さん
ほんとうにありがとうございました。

とありますが、
。。。。。そうですね。

はい。私が作りました。

私が右近さんに、なおこさんの詩で朗読やりたいと
直談判しました。

でも、もしも、

何かの事情で、
なおこさんや右近さんがOKしてくれなかったらどうだっただろうか?

なおこさんと私を繋げてくれたのは、サンマーク出版のたくちゃんだし、
あの会場を提供してくれたのは、学園長の梅沢さん。

いろ〜んな人のいろ〜んな想いであの場が形になったんです。

そして何より、感謝したいのは、
「いいよ、苺ちゃん、一緒にやろう!」と言ってくれた、
Tokyo演Joy倶楽部のメンバーたちです。

みんながやらないと言っても、
一人でもやるつもりでしたが(それほどやりたかった)
もしも私だけでやったとしたら、
あんなに大きく眩しい光の時間を作ることはできなかったと思います。

いらしてくれたお客様も、みんなひとつになって、

たくさんの人たちと一緒にあの場を作り上げました。

だからこそ、一生の思い出になる。

朗読会の最後に読み上げた堀江菜穂子さんの「いきていてこそ」という詩。

どんなにつらいげんじつでも はりついていきる

最後の一行を読んだ時の自分の声が、
あれからずっと心の中でこだましている

この先、くじけるようなことに出会っても、
みんなで作り上げたあの時間を思い出せば、きっとまた歩き出せる。

そう感じています。

ありがとう。


1日目終了後の集合写真。



二日目、なぜか後方センターに大木ゆきのさんも。
みょうに溶け込みすぎている!
そして!!よく見ると、SHITO HISAYOの店長も!!!(笑)


おかげさまで稽古場の見学希望者が続出し、
いま順番にご案内差し上げているところです。

現在は「やる気ある人ならどなたでも!Welcome!」なんですが、
この感じだと、
もう来年にはオーデション制になるんじゃないかと。
そんな勢いのTokyo演Joy倶楽部です!

皆さんに興味を持っていただいて嬉しいです。
ありがとうございます★



★Tokyo演Joy倶楽部★デビュー本公演決定!
2018年 7月7日、8日、14日、15日の四日間。
場所は東京、日本橋にて。
公演時間、メンバーの出演日発表はこれから!^^

Wed 7th, Mar 2018