写真家

夏野 苺

世界中の魔法使いや天使とともに作品を創る“魔法使いの弟子”
Photographer Ichigo Natsuno's Official Website

毎日のガイダンスをつぶやいています☆
ツイッター@natsunoichigo
フェイスブック 夏野苺ファンページ

「パリのごはん」

パリって、
カフェでも十分美味しいお食事できるんだけど、
もうちょっとランクアップしたい気分の時は、
ブラッセリーやビストロへ。
もっともっと高級な気分でお食事したい時はレストランへ。
逆に、
最もお手軽に安く何かを食べたい時は、
マルシェやデパートの、または街にある、
デリショップみたいなところのお惣菜を買ったり、
パン屋さんのサンドイッチを買って食べたり。
(ボリュームあるから十分お腹いっぱいになります!)
その日の気分やお腹の具合によって、
いろいろお店をチョイスできるのが楽しいです。
考えてみれば日本だって同じようだけど、
なんか、この、
カフェ、ブラッセリー、ビストロ、レストラン、
というような区別は曖昧になっているような気がします。
(別にそういう認識は無い、みたいな)

先日、
友人で大好きなアーティスト、こくりこちゃんの紹介で知り合った、
フランス在住のkikiさん(彼女は日本人。ご主人がフランス人)と、
ランチしてきました!小さなビストロで。
地元の人と来ないと、
観光客として自力で探すのはなかなか難しいかもしれないけど、
こういうお店を何軒か知っておけばパリに来た時べんりだなーと思いました。
kikiさんは、ランチタイムに来ることがおすすめと言ってました。
ディナーはちょっとお値段高めになるよう。
それは日本も同じですね。
ランチタイムは、だいたいどこも得なセットメニューになってるから。

フランス料理は、
前菜、メイン、デザート、
三皿でひとつのコースになってるのが最も一般的。
前菜とデザートは、いくつかの種類の中から好きなものを選べます。
これに、ワインや食後のカフェを付けたりするのが普通。(だいたい別料金)
あまり食べれないという人は、前菜&メインでおしまいとか、
メイン&デザートの二皿だけにするとか、アレンジもできるようです。
逆に、まだ食べれるし呑める!という人は、
デザートの前に、ワインやチーズを追加オーダー。
パンはお食事と一緒に運ばれてきて、
無料で食べ放題なので、パン好きな人はたくさん楽しめます。

この日私がチョイスしたのは、
前菜、メイン、デザート、赤ワイン、カフェクレーム。

前菜は、
カエルとトマトリゾット。
下に隠れてた緑色のソースはなんだろう?
とても美味しかったけど。



(これがカエル。。。。手羽先揚げみたいで美味しかった!)

メインは、ホロホロ鳥。
ソースやムースの味が本当にフランスっぽい!
とっても美味しい!
日本で食べるフレンチは、やっぱり日本人に合うように、
だいぶアレンジしてるのかなあ?と感じます。
(私はたくさんのお店の味を知ってるわけではないけれど)
お皿がすごーく大きいので、パッと見た目に量が少ないように見えますが、
食べるとしっかりボリューミー。おなかいっぱいになります。


そして、デザート!!!!
実は、少し早く隣のテーブルの人がオーダーしていたものに、
私もkikiさんも釘付け!
ぜひあれと同じものを〜♪
とお願いしたのが、こちら。

イチジクとサバランに生クリームが乗ったもの。
フランスでは、生クリームにお砂糖は入ってません。
だから甘くないのです。
このデザートも、
果物の味そのものと、洋酒の香りと、ミルクの風味しかない。
シンプルで、すっごく美味しいのです!
これは〜、日本では出会えない味のバランスだな〜。

食べ物についていつも感じることは、
日本では調味料の味が食事の味となってしまってること。
味噌も塩も醤油も美味しいけれど、
それは「味付け」であって、素材の味とは別のもの。
特に、旨味調味料を「味」と思い込んでいる人は多いと思うけど、
フランスだとこれがほとんど感じられない。
だから、最初にフランスで食事をすると、
「あれ?味薄い?」と感じるのです。
モンサンミッシェルで名物のオムレツ。
この卵料理については「まずい」という感想を持ってる日本人がほとんど。
「味がない」「塩を持って行った方がいい」など、
ネットで調べるとそんな情報がたくさん出てきます。
私も食べた瞬間、同じような感想を持ちました。
この店がまずいだけかも?と思って、モンサンミッシェルの中にある
一番有名なレストランでも食べてみましたが、味は変わらず。
でもその時、ハッとしました。
いやいや、これは味がないとか、まずいとかじゃない。
卵の味そのものを楽しむ料理なんだ!
そう気づいたら不思議なもので、急に美味しく感じたのです。
こんな美味しい卵食べたことない!って。
パリで食べるいろんな食事も、だいたい素材の味を大事にしてるので、
素材以外の調味料を使った「濃い味」のものはありません。
そのかわり、テーブルの上には、お料理と一緒に、
ケチャップや、塩、胡椒、ビネガーなどが運ばれてきます。
「あとはご自由にご自分のお好みでどうぞ」というように。

こんな感じのフランスの食事に慣れたまま日本へ帰国して、
うっかりその辺で気楽に外食すると大変なことになります。
去年、帰国してすぐに、大好きな某有名さぬきうどんのチェーン店へ言って、
わくわく大好きな「温玉とろろぶっかけうどん」なるものを食べたところ、
あんなに大好きだった味のはずなのに、
舌がびりりり〜としびれて、美味しく感じられなかったのです。
あれ?こんなおもちゃみたいな味だったっけ?と、、、
食事というよりは、
(安くて余計なものがいろいろ入ってる)お菓子を食べてるみたいな。
とてもびっくりな体験でした。
日本の味、日本のお出汁だと思ってたあれは、たぶん、違って、
調味料をたくさん使ってお出汁風に仕上げているものなのかも。
フランスから帰国した後に外食するなら、
ちゃんとした料理人のいるちゃんとしたお店で食事しないと、
体がびっくりしてしまう感じです。
(何も高級料亭じゃなくても、例えば、
 自分の味に誇りを持ってる店主のラーメン屋とかはイケそう!^^
 あ〜。美味しいらーめん食べたいな〜。らーめんは日本のソウルフードだyo)
日本の本物の和食は世界に誇る味ですから、
せっかく日本に住んでいるなら、
日本の美味しいものをたくさん食べたいと思います。

と、こんなことも学べるパリごはんなのでした☆

お店の名前。
kikiさんに読み方教わったのに、忘れました。
でも場所は覚えた。(たぶん)
今日のランチは全部で35ユーロでした☆
食事全体の分量も私のお腹にピッタリちょうどいい感じ。
ネームカードももらったし、またぜひ行きたいです!


日本でフレンチコースを食べに行くっていうと、
なんかかしこまった感じになっちゃうけど、パリのビストロなら、
ひょいと定食屋に行くような感覚で気軽にランチできるから、
それが嬉しく、楽しい。

いや〜、このデザート!
本当に美味しかった!!



★おまけの写真★
「日本の皆さんお元気ですか?」
とメールしたら、苺ママからこんな写真が送られてきましたyo☆
わーん!あいたいなー。


Thu 24th, Sep 2015

「旅が教えてくれること」

パリの朝は遅いのです。
7時を過ぎてやっと明るくなってくる。


優しいベンジャミンくんは、とても張り切って、
いろいろ私のために観光計画を立ててくれてたみたい。
でも。
ごめんなさい!
私は別にエッフェル塔には上りたくないし、
セーヌ川遊覧船にも乗りたくないし、
凱旋門もシャンゼリゼ通りも全く興味なし。
唯一、ベルサイユ宮殿だけは見学したいと思いましたが。。。。
ルーブル美術館も一回行って気が済んで、今回はいいやと思ってるし。
行くところがなくなって、急にトーンダウンなベンジャミンくん。
すみませんー。
なんというか、私は、
別にパリで何かしたいわけでも見たいわけでもなく、
ただここにいるだけで幸せなのでした。
日本で暮らしているのと全く変わりなく、
淡々と日々を過ごしていければ満足なのです。
一日カフェの椅子に座って、時々飲み物や食べ物を注文して、
読書したり、フランス語の勉強したり、街行く人たちを眺めたり。
あるいは、目的もなく、ただそのへんをぶらぶら散歩するだけで。
もうそれで十分。楽しいのです。
どうして私はこんなにパリが好きなんだろう?
理由はさっぱりわからず。
でも来るたび、どんどん好きになります。
四回目のパリでは、
もうガイドブック無しでも、すいすいメトロの乗り換えもできるし、
何処へだって行けるようになりました。
フランス語は相変わらずできないままだけど度胸はついてきました。

ベンジャミンくん、観光をしたがらない私にはがっかりかもしれないけれど、
今回、彼が居てくれてとても助かったことが幾つもあります。
この前、ずっと欲しかった本を手に入れたことに続いて、昨日も、
「まほうのほんやさんがあるよ」と言って、
スピリチャルブックストアみたいな所に連れていってもらい、
そこで、ドリーン博士のカード&メディスンカードの
フランス語版を買うことができました!すごい嬉しい!
あと、ベンジャミンくんと居ると、
カフェでの注文の仕方とかも勉強になります。
本当にありがとう。ベンジャミンくん。私はたくさん感謝しています。
そのベンジャミンくんの顔は、こんな。
↓(本人の許可をもらったのでエッセイにアップ★)



(ベンジャミンくん撮影の私。
 フェイスブックに載せてもいいか?と聞かれたので、
 やめてくれと言ったらがっかりしてた)

ここは、初めてパリに来た時に立ち寄った「サンミッシェル」というカフェ。
ノートルダム寺院の近く。
私のまほうカレンダーにも登場したことのあるミカエル像の前にあるカフェです。

(以前もそうだったけど、なぜかここで撮影するとハレーションが強くなる)

私は、珈琲に生クリームを乗せた飲み物。(見かけと違って全然甘くなかった)
ベンジャミンくんは、苺ミルク。(甘いー。笑)

写真の向こうにちっさく写ってるのがノートルダム寺院です。
(ここも観たくないと断ったらまたまたがっかりなベンジャミンくん)

お会計の時、みつけました!
前に来た時は確か、このクレームブリュレを食べたんだった!

(オーダーすると、これに、
 こんがり焼き目をつけて運ばれてくる)


私はこのあと、ひとりで散歩したくなって、
今日もアパルトマンまで送るよと、
ずっと言っていたベンジャミンくんに、
「だいじょーぶ!今日はひとりで散歩したいー」と言って、
無理にお別れ。(笑)

ひとりの時間って、必要。

ものを創る人間は、なおさら。

もしもいつも私の近くにいて、
それを理解できないとしたら、
きっとその人は私と居ることによってとても寂しい思いをするだろう。
私をひとりにしてくれる人は、自分もひとりになれる人。
そんな人となら、私は楽しく長く付き合えると思う。
ずっと、その場所に居てくれることに、お互い感謝しながら。

さて、
テクテク当てずっぽうに歩いていたら、
いつのまにかサンジェルマンデプレ教会前に!
ここ、大好きですが。
近くにもっと好きな教会がある!
それは、サンシュルピス教会。
というわけで、またテクテク散歩しながら移動。

着きました★

私にとってサンシュルピス教会は、とても思い出深い場所。
去年、ここで、鐘の音を聴きながら、ある啓示を受け取ったので。
(この教会は、ダビンチコードの冒頭シーンの舞台となった場所)
ここの、一番奥の祭壇のマリア像が素晴らしすぎる。。。。

今まで観たマリアさまの中で一番かも。
なんともいえない。圧倒される。
ここに来るといつもしばらく座り込んでしまう。
なんだか動けなくなって。



散歩は楽しい。
特別な場所を観てまわらなくても、
私はパリの日常の景色を楽しみたい。

地図はいらない。
太陽の方角で、自分の位置を確かめられるから。

曇って光が見えなくなって、
もしも道に迷ったら、
どこかで休もう。

そんな時は、
無理に歩かなくていい。


暗闇の中では、
小さな灯りを頼りに。

旅は小さな人生で。
人生は大きな旅だから。

きっと同じように進んでいけばいい。

今の私にそう教えてくれるのが、パリなんだ。


ドアの向こうは、たぶん、
光あふれる世界。



帰国したら、
新しいことが待っているような気がします。

Wed 23rd, Sep 2015

「メトロ事件と、陽気なパリの人々」

わたくしメトロの駅で、ホームの自動ドアに挟まれました!
びっくりしたー☆
ベンジャミンくん顔面蒼白。
他の乗客たちも大騒ぎ。
ドアを手で押して開けて、みんなで助けてくれました。
混みすぎてて電車に乗り込み切れずに挟まってしまったのですが、
助けてもらってから私はとっさにこう思いました。
「らっきー!」
きっと、パリが吉方位じゃなかったら大惨事になってたかも!
(2015年のパリは日本から見て大吉方位←日本人全員に当てはまる)
怪我も打ち身もなく、無事でよかった。ありがとうございます!

これは根拠の無い、全くの個人的な持論なので、
エッセイ読者の皆さんの参考になるかどうかわからない考え方ですが、
わたし思うのです、、、
たとえば、運命は決まってるとして。
「○月○日に○○○な出来事に遭遇する」とかね。
それを経験すること自体は避けられなくても、
それをどんな状態で経験するかは選択できるんじゃないかと。
方位学でいうなら、
吉方位でそれを経験するのか、
凶方位でそれを経験するのか、
それによって自分が受け取る結果は変わってくるんじゃないかと。
もしそうだとするならば、
毎日の地味な開運アクションの積み重ねは、すごく大切でしょ。
いざという時にパッとチャンスを掴めるかどうかって、
全然「いざ」じゃない時の言動が大事で、
ありふれた毎日の中の、
小さな選択の繰り返しこそが、最も重要になってくるのだと思います。
開運への道って、ものすごーく地味。
魔法修行も、ものすごーく地味。
地味な人ほど明るく華やかな場所へいつか辿り着くように感じます。
普段から派手なことばかりが好きな人って、
結局、閃光花火を見ているだけのような。一生、実は暗闇のなかで。
(どっちが良い悪いじゃないけど)

すごいよ、わたし。
ドアに挟まれた直後になぜか、
たった3秒くらいでクルクルっ!と、こういうことを感じたの。(≧∇≦)

さて、そんなわたくし、
もうベンジャミンくんにはちょっと休んでもらおうと、
ひとりでマルシェへ。
とうとうきたぜよ日曜日〜☆ 待ちに待った日曜日〜☆
お外はぴーかん。青空!マルシェ日和じゃない〜?らららら〜♪
こんな格好で出かけました。

一週間分の食料を買い込む予定なので、
ピンクの大きなリュックを持って。

こんな格好で歩いている人は、パリにはひとりもいません。
もういつの時代の服装かどの国の人かわからなくなってる。
ぶはははは。
(浴衣の裾を切って、ブーツを履いてます)

私がパリでマルシェに行くのは、ここだけ。
ラスパイユのbioマルシェ。

日曜日しか市がたたないんだけど、小さくて私にはちょうどいい。
全部オーガニックで、野菜も果物もお惣菜もみーんな美味しい!
滞在中、三回は行きますね〜☆

先日のジャム屋さんでのことは嬉しかったけど、
このマルシェでもみんなとちょっとずつ仲良し。
いつも決まった場所に決まったお店が出てるから、わかりやすい。
気に入ったお店があるので毎回だいたい同じお店で買い物します。
お店の人も、
フォアナや着物で現れる私のことは記憶に残りやすいのかも。
それに、
たとえ「ぼんじゅ〜る」だけでも、こちらがフランス語で話すと、
とても優しく親切に接してくれるから、お買い物も楽しい。
注文するための列に並んでたら、横を通りがかったパリのマダムが、
「ちょっと、あなた、フランス語話せる?とても素敵なお召し物ね」
と声をかけてくれて、すっごく嬉しかった!
この中途半端な和服が、マダムには素晴らしく映ったらしい。
(≧∇≦)
めるしーぼくぅ〜☆まだ〜む!


ドライフルーツ屋さんで、
私の後ろに並んで日本語で話してる大人女子ふたり組。
どうやら話の内容からすると、
パリへ取材に来ているライターとフォトグラファーという雰囲気。
断りもなく、パシャパシャ写真撮ってる。。。。。
店員さんが露骨に嫌な顔してるの、感じないのかな?
ある意味、最強だな!
私は、英語とフランス語で「写真を撮ってもいいですか?」は、
ちゃんと覚えました。自分の仕事にも直結する最も大切なコトバだと思うので。
この無言パシャパシャ写真家さんは、フランス語覚えて来なかったのかな?
こういう人は、たぶん、あまりパリの人々と仲良くなれずに、帰国してから、
「フランス人ってツンツンしてて感じ悪かった」
とかいう感想をみんなに伝えちゃったりするかもしれないんだなあ。。。。
フランス人は優しいですyo☆
そんなことを思いながらボウッとしてたら、
「セ タ キ?」という声が耳に飛び込んできた。
わー。聞き取れるようになってるー。うれしい!(次の人は誰?という意味)
「うぃ☆まだむ!」と手をあげて欲しいものを注文。
お会計の時に「写真撮ってもいいですか?」とフランス語で尋ねると、
100発100中、「アレジィ(どうぞ)」と応えてくれる。

でも、いつも必ず行くパエリヤを作ってるおじさんのところでは、
なかなかコトバが通じませんでした。
おじさんは、日本語はもちろん、英語もあまり話せないみたいで、
スタッフの若い女性がやってきて、一生懸命説明してくれたけど、
私は英語もあまりわからないので、ちんぷんかんぷん。
「その鍋の中のものをください」と言ってる私に対して、
他のスタッフも出てきて、代わる代わる何か説明してくれるんだけど、
聞き取れない。お客さんまで参加して(笑)一緒に説明してくれたけど、
まだわからない。みんな大笑いしている。。。。。
それでも食い下がって何度も尋ねてたら、
いや〜、コトバって不思議ですね〜。
繰り返してると、ある地点で、いきなり、パッと、
理解できる瞬間が訪れる。。。。。。
あんなに何を言われてるかわからなかったのに、
一瞬でわかりました。
みんなは必死になってこう言ってたのです。

「この野菜の煮込みはね、まだ作ってる途中なの。
これだけ売るわけにはいかないの。
今からここにお米を混ぜて、パエリアを作るから。
あと40分くらい待って。
マルシェをひとまわりして、またあとで戻って来て」

ぷー。(≧∇≦)(≧∇≦)(≧∇≦)

「じゅ こんぷり!(わかりました!)」と私が笑顔で言ったら、
そこに居た人みんなが大爆笑と拍手。
たぶん15分くらいはやりとりしてたと思うので。
見てた人たちはみんな自分のことのように喜んでくれたよう!

このあと、他の買い物を済ませ、
約束通り戻って、無事に買えましたyo☆

すっごく美味しいパエリア。出来立てのアツアツ。
パリに来たら絶対食べる最高の、マルシェのおじさんのパエリア。
(ついでにラザニアも注文)


たのしかったなー。マルシェでお買い物。
これでだいたい自炊用一週間分、5〜6,000円くらい。
オレンジジュースは、その場で絞ってくれます。


チーズ屋さんの新鮮なフロマージュは絶品!
果物と和えるだけで、珠玉のデザート誕生☆

もちろんチーズも最高なんだけど、
これはYちゃんが来てから一緒に食べようかな。
また買い出しに行こう!
来週はここで、日本へのお土産なども買う予定。
マルセイユ石けんなど。


ランチは、アパルトマンで、マルシェで買ってきたものを。
ドライフルーツとショコラを細かく切って、
フロマージュブランを混ぜるだけの即席簡単デザートも作って。
ちょっと赤ワインをかけるのが、今回のパリでのマイブーム。

パリの幸せは続く、つづく。。。。


★おまけの写真★
パリのあちこちにある、
天使のロゴマークのジェラート屋さん。


全種類食べたいzo〜〜〜☆


Mon 21st, Sep 2015

「パリでお買い物」

今日はこんな格好でお出かけ。
ベンジャミンくんと買い出し!


ベンジャミンくんはとても優しい。
必ず私のアパルトマンまで迎えに来てくれて、
帰りは送り届けてくれる。
まだ明るいからひとりで帰れるよ
と言うと、
首を横に振り、「ノン!セキュリティ」と応える。
どうやら彼のおうちは遠いところにあるらしいんだけど、
(実はよく知らない。たぶんパリ郊外)
移動代もかかるだろうし、
お仕事もお休み取ってくれてるみたいだし、
かたじけないなあ。ありがとう。
今度日本に来たら何が食べたい?
と尋ねたら「こーべびーふ」と答えてた。
なるほど。神戸牛か。ごちそうしてあげよう。感謝の気持ちとして。
それと、竹内まりあのCDが欲しいと言ってたから、
Yちゃんにベストアルバムを買って来てとリクエスト。
(フランスではみつからないそう)
私とYちゃんからの心ばかりの贈り物にしよう。
ベンジャミンくん喜んでくれるかな!
あと一週間でYちゃんがパリへ来る。
今日からフランス語特訓講座なるものを受けているらしい。
ふふふ。
空港までベンジャミンくんと迎えに行く予定です。^^

話がそれたけど、そう、買い出し。(←戻した)
毎回外食していると、健康的にも経済的にも身が保たなそうなので、
一週間分、家で作って食べれる何かをまとめて買いに行くことに。
私は、日本にいる時も家では、
玄米、納豆、豆腐、みそ汁、みたいな粗食好きなので、
パリでもアパルトマンのキッチンでさっと作れるものを食べて暮らすのが好き。
(そうはいっても今回の旅は、後半に外食の予定がたくさん)
一番好きなbioマルシェは日曜日だけなので、それまでは、
二番目に好きなボンマルシェというデパートのお惣菜コーナーで
いろいろ買って済ませるのが毎回のこと。
デパートのお惣菜は、パリでも東京でもちょっと高いけれど、
それでも毎回外食するよりは安上がり。そして美味しい!(←ここ高ポイントね)

ボンマルシェの食品館で、スープの素、お惣菜などいろいろ買って、
ベンジャミンくんに無人レジでの会計のやり方も教わった。
(有人は長蛇の列。無人は空いてる)
それから、私が世界一好きなジャム屋さんへ。

信じられないことに、店員さんが私を覚えてくれていて、
「これおまけね」とひとつジャムをプレゼントしてくれた!
これって、ものすごいことじゃないですか?

うわーん☆
とうとうパリの店員さんに「おまけ」してもらえるようになったよー
四年連続で通うと、もう常連さんか!\(^O^)/
うれしい。。。。。
見よ、この宝石を扱うようなパッケージ。

いったい何が入っているのか?というような箱だよね。高い靴とか入ってそう。
ジャムですが。笑

また今度パリへ来るまでチビチビ大切に食べよう。
Yちゃんが来たら一緒にもう一度だけ行きたいけど。
(また買っちゃうかも)
私はパリの高級ブランドものとか興味ないから
(あるのはエルメスだけ。ヴィトンも悪くないけど)、
毎回一番お金を使うのは、このジャムです。はっはっはっ。
でも重いからね。一度にたくさん買えなくて残念。いつも後ろ髪引かれる思い。

そのあと、ベルサイユ宮殿のチケットを買いに。

来週ベンジャミンくんに連れて行ってもらう予定。
初ベルサイユです。たのしみー。

ここまでたくさん歩いたし、荷物も重くなったし、疲れたなー
と思って隣を見たら、ベンジャミンくんの顔が白くなっていた。。。。。
かわいそうに!彼もさすがに疲れたんだろう。
自分があまり興味の無いことに付き合わされるって、本当に気の毒だ。
ごめんなさいー。もう帰ろう!
だけど謝ってもいつも彼の口癖は「キニシナイ」。
たぶん、気にしないで。大丈夫だから。という意味だと思うんだけど。
本当に優しいフランス人、ベンジャミンくん。ありがとう。
メトロの車内で席が空けば、自分がどんなに疲れていても、
「アレジィ(どうぞ)」と私に譲ってくれる紳士なハートの持ち主さん。
私は帰国したら、いつベンジャミンくんが来日してもいいように、
神戸牛のために働くよ。ごちそうするから、お腹いっぱい食べてください。

夜、アパルトマンでひとりご飯。
ボンマルシェで買ってきたものを並べて。

ニース風サラダ。キッシュロレーヌ。
ポテトの素揚げ。シャンピニオンソテー。
はー。おいしい。しあわせ。

パリ。だいすき。たのしすぎる。

冷蔵庫のなか、ちょっと混んできました。
だけど要らないものはひとつもありません。
ぜんぶすきなものばかり。


Sun 20th, Sep 2015

「夢の都 パリ」

昨日あれから、
(エッセイをアップしてから)
ベンジャミンくんとふたりで散歩へ出かけました。
まず、サンラザール駅前の
CDショップやブックストアが入ってるデパートへ。

あら?ここって、
四年前に初めてフランスへ来た時に泊まったホテルのある駅だわ。
そう!この駅前の、大きなホテルに泊まったんだった☆

たぶん間違いない。
間違ってるかもだけど。
いや、ここだろう。
ホテルの名前忘れたけど。
あの時は、「これから毎年パリへ来る自分」は想像できてなかったけど。
でも予感めいたものは心のどこかにあったような。
なかったような。
あったような。


ブックストアには、
先日秘密パーティに招待してくれた藤沢とおる先生原作の
漫画本も置いてありました。
それで先生はあんなに大金持ちなのか。ふーむ。
フランスでは日本のアニメや漫画の人気がすごいとは聞いてましたが、
わー、本当にすごい!大きな特別漫画コーナーがあるyo!
いいな〜。
私もフランスで人気の日本人作家になりたいなー☆
すてき!
夢は広がる。。。。
取材が来たらいつでも応えられるように、やっぱりフランス語勉強しよう!
そして私はここで奇跡的な出会い!
ずっと探していたフランス語の本をみつけたのです。
すっごいうれしい!
ベンジャミンくんが店員さんに聞いてくれたおかげです。ありがとう!
でもなぜかその本は、本棚に並んでる本の、そのまたずっと奥に、
隠れるように置いてありました。これでは誰もみつけられない。
なんでこんな陳列に?(笑)
まるで探し出せた人だけが買うことができるような並べ方。
私は、買えてよかった。
日本へ持って帰って少しずつ読もう。

さて、そこを出て、日本人街の方へてくてく歩いていくと、
いるよ、いますよ、ほら、こんなに遠くからでもすぐわかる。

金色に輝く大きな天使!
いいなあ。ヨーロッパ。どこにでも天使がたくさん。

ものすごい心が落ち着くわあ☆


途中に、ギャラリーラファイエットも。
ここはYちゃんが来たら一緒に来よう。

だけどね、たぶんYちゃんはファッション系のお買い物でしょ。
私は、デパ地下のお惣菜コーナーへ行きたい。
どこまでも食べることだけにしか心が向かない私です。ぷぷぷ。
前に来た時、結局食べなくて、
とても心残りなイートインコーナーがあって。
今回はそこでシーフードとワインで食事してみたいのです!

どんどん歩いて行ったら、ルーブル美術館前にたどり着きました。
ここは、、、、、
全くもう観る気が起きない美術館。広すぎて。途方に暮れる。
(一昨年、一度観たらもう気が済みました)


近くにジャンヌダルクの像。これまた金ぴかです☆


どこを写しても絵になる街だなあ。パリ。


夜は、ベンジャミンくんお気に入りの、マレ近くのカフェへ。
ここでベンジャミンくんのお友達と合流。
とっても瞳の優しい人で、名前は、、、、ごめんなさい。
何度聞いても聞き取れなかった。
(とうとう最後までわからず)
ふたりのおすすめのハンバーガーをオーダーしたら、
バンズに顔が!(笑)

そしてさらに驚いたのは、ふたりともナイフとフォークで食べ始めた!
ほー!
ガブリっと、かぶりつかないのか!フランス人よ!
そういえば、イタリアのナポリでは、
ピザをナイフとフォークで食べると聞いたこともある。。。。
初体験だけど、私もフォークとナイフで食べてみました。ふふふ♪

帰り道、通り沿いのアパルトマンの部屋の灯りが奇麗でした。
ちらりと見えた部屋のなか。
きっと本が好きな人が住んでるのかな。本棚に本がいっぱい並んでる。
いつか、その本棚に、私の本も並びますように。

未来の読者にそっと魔法をかけるパリの夜。

近所のスーパーでいろいろ買い物。
天使のスムージーはとても美味しかったので、
今度は違う味も試してみようと買ってみました。
この前はマンゴー味。
今日は、リンゴと、苺&バナナ。
bioオレンジジュースと、フレッシュバナナと桃も。
ダノンもありましたyo☆

冷蔵庫の中は、好きなものばかり。
私は日本のおうちでもこんな感じ。

好きなものしか、いらないの。

Sat 19th, Sep 2015