写真家

夏野 苺

世界中の魔法使いや天使とともに作品を創る“魔法使いの弟子”
Photographer Ichigo Natsuno's Official Website

毎日のガイダンスをつぶやいています☆
ツイッター@natsunoichigo
フェイスブック 夏野苺ファンページ

「ぼんじゅーる☆大阪!」

着きました!
先ほど大阪に入りましたyo☆
箕面の小屋へはお昼過ぎに行こうと思ってたので、
さてそれまで何しよう?
ランチはお好み焼きと決めてるので☆☆☆
その前にお茶でも。。。。。
と思いつつも、
土地勘の無い場所なのでどこへ行ったらいいかわからず。
虹色の声に尋ねたら、
いつのまにか梅田蔦屋さんに着きました☆☆☆
代官山の蔦屋さんが大好きでよく利用するのですが、
ここも落ち着いていていいですね〜☆(以前はなかった!)
平日の朝なので、人が全然いない。
しかも小松菜とバナナのスムージーがあったyo!やったー。
(これは代官山店にはない)


昨日の満月。
みなさんいかがお過ごしでしたか?
私は大阪への荷造りをしながら、
満月ポイントになったら、月に向かっておまじないをしました。
うす〜く雲がかかってましたが、
どんどん晴れてきて、夜中にはくっきりぴかーん☆
風が強くて、雲の流れが速くて、かっこいい夜だった。


明け方起きて、ベランダへ出たら、
西の空に、おーきなまんまる金色お月様。

いってらっしゃい
と言ってるような。

ようこそ
と言ってるような。
(私は今から新幹線に乗って、西の方角、あの月の方へ行くんだ!と思ったら)


新幹線の窓からは富士山が見えました。
こうして、
電車や飛行機や、乗り物に乗って、遠くから近くから、
私の小さな個展のためにわざわざ足を運んでくれる人がいるって、
奇跡だなあと思います。しみじみ。
やっぱり、会いに来てくれることが一番うれしいです。
今回はどんな個展会場になるかな〜。^^
いつも小屋に到着して、作品を出してみて。
そうするとね、作品たちがするすると勝手に自分の場所へ移動していくんですyo☆
ええ、ほんとうに。そんな感じなの。
そして、
「個展がんばってね」といろんな人が言ってくれて嬉しいんだけど、
実は、個展ではもう頑張ることはあまりなくて。
がんばるのは、創ってる時まで。
作品完成後に私ができることといったら、お祈りくらい。
作品と迎えに来てくれる人が、うまく出会えるようにと。
それだけを願います。
出会いを目撃する瞬間は、とても幸せな時間です。
いつもいつもそう感じます。

それから、
夕べからカレンダーのご予約いただいています。
こちらもとてもうれしい。
ほんとうにありがとう。
申し込みメールに添えられた素敵な一言をたくさん頂いているので、
また後日このエッセイでシェアさせてくださいne☆

では!
今から蔦屋さんをくるり☆と見学したら、
お好み焼き食べて、箕面へ向かいます!

Wed 28th, Oct 2015

「2015.10.27 満月 まほうカレンダー予約スタート」

エッセイ読者の皆様こんばんは☆
あと二時間ほどで満月ポイントですne!
例年より少し早めですが、本日より、
2016年版の「夏野苺まほうカレンダー」の予約受付を
スタートいたします。
2015年版までは、私が1枚ずつ手作業で、
プリントして、カットして、ケースにセットしてお届けしていました。
そのため、不揃いなものが多少ある割には価格が高くなってしまいましたが、
それも味わいのひとつとして、
これまで皆様には楽しんでいただけたのでは?と思っています。
2016年版は、その作業をプロに任せることにより、
これまでとは違った意味での美しい仕上がりになると思います。
(100%のアート作品ではないということから)
少し販売価格を抑えることができることも、
よかったことのひとつかなと感じています。
写真を丁寧にセレクトしたり、デザインを1枚ずつ作成したり、
そういう作業はもちろんこれまでと全く変わらないので、
今までご注文いただいていた皆様にはもちろんのこと、
初めて使ってみようかな?という方にもご予約いただけましたら幸いです。
(今回もおのせちゃんが素晴らしいデザインに仕上げてくれました!)

夏野苺まほうカレンダーは2008年版より制作スタートし、
2016年版で9作目となります。
とても風変わりなカレンダーで、曜日や休日の記載はありません。
そのかわり、新月と満月の日をわかりやすいようにマークしてあります。
普通のカレンダーは普通にたくさん売られているので、
私は普通ではないものを創りたいと思い、
これまでオリジナルスタイルのカレンダーを作成してきました。
一番の特徴は、写真です。
毎月、写真を皆さんと一緒に「読んで」いきます。
2011年に書いたエッセイで、
まほうカレンダーの紹介としてわかりやすいテキストがあるので、
以下に転載します。
ーーーーー
全体的に暗号のようなデザインとなっております。
毎月一枚ずつの写真をスイッチしていくよう創られています。
写真をただ眺めるのではなく、そのなかにメッセージを潜ませています。
毎月「写真を読んで」ください。
正解という答えはありません。
いえ、
あなたが感じたインスピレーションはどれも「正解」「答え」なのです。
毎月、その直感に導かれた一ヶ月間になるでしょう。
ーーーーー(2011年エッセイバックナンバーより)

2016年版まほうカレンダーの写真は、
すべて先日パリで撮影してきたカットを使用しています。
来年また一緒に、皆さんと毎月1枚ずつ「サイン」を読み解いていくことを、
楽しみにしています。
ぴん☆ときた方はぜひお申し込みを!
よろしくお願いいたします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


☆2016年夏野苺まほうカレンダー

~全14枚(各月12枚 表紙、裏表紙)CDサイズ専用ケース入り~
☆価格:8,800円
税、送料、手数料込み。カレンダー&写真作品付き(オリジナルプリント1枚)。
分売不可。

~お申し込み方法~
郵便番号 住所 氏名 連絡先を明記のうえ、
info♪ichigo-natsuno.com(♪を@に変えて)まで、
メールにてお申し込みください。

こちらから申し込み確認の返信を差し上げた時点で、
予約確定となります。
クリスマス前に皆様のお手元に届くよう発送いたします。
たくさんのお申し込み、お待ちしています☆

★お申し込み締め切り日は12/10とさせていただきます★

Tue 27th, Oct 2015

「大阪までひとっ飛び♪」

今朝、大阪へ作品を送りました!
これでよし☆
と思ったら、
玄関にぽつんと残された魔女さんふたり。

おおおー!
荷物に入れ忘れた!
ごめんよう☆
仕方ない。
私と一緒に明後日、
新幹線に乗って大阪へ移動しよう!

天使の人形はもう西の空を飛んでるころ。
先にあの小屋に到着して、待っててね。


準備に夢中な数週間を過ごしていましたが、
今日やっと気分が落ち着いて、
個展会場の、あの素敵な小屋を
ゆっくり思い浮かべることができました。
なんだかワクワクドキドキしてきたー。
もうすぐいちらーさんたちに会えるー☆☆☆

私がここ数年間、
小さいながらも個展活動を続けていられるのは、
会いに来てくれるお客様がいらっしゃるからでございます。

ありがとうございます!

毎月新月の晩にオープンするウェブショップも
とっても楽しいけれど、
やっぱり実際に顔を見て、声を聴いて、会えることがいちばん!
いつもはお互い遠くにいても、
時々はこうして、
お互い元気で生きてることを確認できるって、
すばらしいことだなあと思います。

いつもいつも来てくださる皆さん、
またお待ちしていますね。ありがとう。
今回はすっごく懐かしい顔にも会えそうで、
それもとても楽しみ。ありがとう。
もしかしたら初めてお会いする方もいらっしゃるかな?
そしたら大感激だyo!ありがとう!!
どんな人が尋ねて来てくれるかは、
個展がスタートしてからのお楽しみ。
今回は、四日間だけの開催で短いけれど、
そのぶん、どーん☆と盛り上がって濃い時間にしたいです。
ゼミ仲間もちらほら来てくれるらしいので、
ありがたいなー。
わーん、ありがとうありがとうありがとう!^^


☆大阪、箕面での個展がまもなく始まります☆
展示コンセプトは、魔女と天使。
個展タイトルは
『魔女と天使のカーニバル』
写真、イラスト、人形、アミュレットなど、
展示販売いたします。
箕面は自然もいっぱいで、
秋深まる頃はとても気持ちいいと思うので、
ぜひお時間作って遊びに来てください!

2015年 10/29(木)~11/1(日)
(入場無料12~18時 最終日16時まで)
個展開催はカフェサルンポヮクの敷地内にある小屋のなか。
〒562-0001
大阪府箕面市箕面6-2-17
TEL/FAX 072-724-1771
水曜定休
サルンポヮクHP:
http://www.geocities.jp/salunpowaku/









Mon 26th, Oct 2015

「感謝の呪文」

昨日のエッセイの感想を、
フェイスブックのコメント欄に残してくれた人がいました。

感じ悪い店員さんに当たったことさえ、無駄ではなかったのですね。
下手に愛想のいい人に当たっていたら、
全く心の通わない作品を印刷されてしまうところでした。
店員さんのポリープが良くなることを私も祈っています。

最後の一行がいちらーさんらしいなあ。
ありがとうございます。
本当にこの方の仰る通りで。。。
もしとても感じのいい店員さんだったら、
私は安心して任せてしまって、
「世界のほんとう」を知ることができなかったかもしれない。
このタイミングで彼のような人に出会ったから、
私は自分の学ぶべきことを学ぶことができた。
あの店員さんは、
不機嫌な顔をした天使だったかもしれないなあと、
今となっては思います。
天使は、いつどんな姿をして現われるかわからない。
いつも光り輝く美しい姿でやってくるとは限らない。
世界をフラットな心で見つめることができるかどうか、
私たちはいつも試されているのかもしれません。
試されているというか、、、   訓練?かな。^^
何がきても大丈夫なように。

そして、やっぱり思うのは、いつどんな時でも、
「その一点だけではわからない」
ということ。
私たちの物語は続いてゆくから。生きている限り。
今とても調子が良い人は、浮かれすぎて感謝を忘れないように。
今とても調子が悪い人は、沈み過ぎて、感謝を忘れないように。
なにが来ても、
なにを見ても、
「ありがとう」の呪文を唱えていれば、大丈夫だから。


★スコットランドの小さな島にいた天使★



☆大阪、箕面での個展がまもなく始まります☆
展示コンセプトは、魔女と天使。
個展タイトルは
『魔女と天使のカーニバル』
写真、イラスト、人形、アミュレットなど、
展示販売いたします。
箕面は自然もいっぱいで、
秋深まる頃はとても気持ちいいと思うので、
ぜひお時間作って遊びに来てください!

2015年 10/29(木)~11/1(日)
(入場無料12~18時 最終日16時まで)
個展開催はカフェサルンポヮクの敷地内にある小屋のなか。
〒562-0001
大阪府箕面市箕面6-2-17
TEL/FAX 072-724-1771
水曜定休
サルンポヮクHP:
http://www.geocities.jp/salunpowaku/









Wed 21st, Oct 2015

「プリント祭り」



写真作品が完成しました!
あとはマット加工を画材屋さんに依頼して、
額にセットするだけ!やったー。うれしい。
まことにうれしい!
なぜこんなにも嬉しいのかというと、、、

実は先週、印刷機が壊れてしまって、
自分でプリントできなくなってしまったのです。
これはたいへん!
私はなんでも自分の手で創りたいから。
写真プリントも自分でやりたい。
微妙な色のニュアンスとか。
うーんと唸りながら何度もやり直したりしながら、
写真を自分の心に近づけていく。
この作業を人任せにはなかなかできません。
大型の作品となると、プロラボの助けを借りなくてはならないけれど、
私の作品は比較的小さいものばかりだから。
とはいえ、印刷機が壊れてしまっては、仕方ない。
久しぶりに某プロラボさんへ行ってみることにしました。

が、

このラボ、受付の男性がとても不機嫌そう。
人生を楽しく生きてなさそうと一発でわかるような。
イライラしたモノの言い方で、
私の作品を観ながら、
「こういう小さいのって正直写真じゃないんだよねえ」とまで。

びっくりぎょうてんだよ、おっかさん。w(゜o゜)w

以前の、ずーっと昔の私なら、
すぐさまカウンターごとひっくりかえして、
大声で「責任者を呼べー」と怒鳴ったかもだけど。
もう今の私はそういう場所にエネルギーを注ぐ生き方をしてないので、

あらあ。。。。

と静かに黙る。
しかし、これが写真じゃないというのなら、
あの人はいったい何に見えたんだろう?
こんな時、私は思います、
自分がなぜ写真界の王道を歩いてこなかった(これなかった)のか。
もし、私が、
写真学校へ行って、勉強して、スタジオマンになって、アシスタントになって、
そしてフリーランスのプロになる、
みたいな道を歩いたとしたら、
そうだなあ、たぶん、もう学校の時点で足を踏み外してるでしょう。
いや、正確には、突き落とされているでしょう、まわりの誰かに。
「これは写真じゃないんだよね」なんて言われて!
自分でも薄々、普通の写真家とは違うと感じてはいたけれど、
いや〜、こうもはっきりと言われちゃあねえ。ぶはははは☆
しかも大きさでそんなこと言われるとは!
驚きの世界だyo!
私は、カメラを持って、写真を撮って、仕事をしてるので、
世間的には自分の職業を「写真家」と言ってるけれど、
やっぱり「普通の写真業界」の人間とは違うんだなと、
ここでまたさらに強く実感したわけなのです。
見えてるものも、大切なものも、望む行き先も。
なにもかもが違う。

なのに、

ここに自分の作品を置いて、
個展のためのプリントを依頼していかなきゃならないなんて。
辛すぎる。。。。
私の作品を理解できない(しようともしない)人の手に渡すなんて。
スゴイいやだ。
もうすっかりやる気を無くし、心は弱くなり、
プリントの指示も細かくしたかったんだけど、
その男性店員は何を言ってもとてもダルそうに、面倒臭そうに答えるのでした。
「それはできないんだよねえ」
「それやってもあまり意味ないんだよねえ」
「それやるとこうなっちゃうけど、どうする?」
「それはウェブに載ってるからあとで見てよ」
(っていうか店頭でこうして話してて今すぐ知りたいことだから尋ねてるのに?)

はー、びっくりだよ、おとっつぁん!!w(゜o゜)w

もう私はさらに暗い気分になって、
「わかりました、もうそれでいいです」
とお店を後にしたのでした。

本当は全然良くないけど。
だって、個展だよ?個展のための作品だよ?
こんなことでいいわけがない。

はー、
とため息をつきながらしょんぼり歩いてたら、、、、 
「印画紙を替えなさい」と虹色の声☆☆☆

それで急いでカメラショップに立ち寄り、
パッと目についたいつもの印画紙を買って、
アトリエに戻って、プリントしてみたら、、、、

きれーーー☆☆☆

きれーじゃないのお!?
美しく印刷できてるーーー☆

どうやら、紙とプリンターの互換性の問題で、
故障ではなかったらしいのです。
(実は今回はこれまでと違うペーパーを使おうとしてたのでした)
真相はわからないけど。
でももう確かめてる暇はないので、
さくさくプリント。プリント。プリント!
これまで何気なく続けてきた作業だけど、
こんなにも嬉しいと思ったことはない!
自分の手で、細かいところまで好きなように作品を創作できる喜び!
ああ!
天使よ!
ありがとうございます!
それに、
今回のことで「自分のいる位置」を再認識できたからね。
よかった、よかった。
私は普通の写真家じゃないんだよ。はー、そーか、そーか、やっぱりねー。

すっかり強い心を取り戻した私。
現在の私は、
強い心を取り戻すとどうなるかというと、

優しくなります。(笑)

ラボにキャンセルの電話しなきゃーと、
連絡したら「先ほどの者ですが」とあの不機嫌くんが電話口に。
彼に私はこう伝えました。
「先ほどはいろいろありがとうございました。
 おかげさまで自分の作品を今一度見つめ直す良い機会となりました。
 つきましては、一旦お願いしたことは全て白紙に戻してください。
 よくよく考えてまだ出直すことにいたします」

「え?あ?そおですか。わかりました」と不機嫌くん。

この電話をしている時にひとつ思い出したことがあります。
先ほど私が店頭にいる間、もうひとり別のお客さんが来て、
その人に向かって、
「明日僕はお休み。検査入院なんです。胃にポリープがあって」
なんて不機嫌くんが話してたことを。
だから、電話の最後に、
「全然関係ない話ですが、明日の検査入院、お大事になさってください」
と伝えました。

「あ、あ、ありがとうございます」なんて言ってた!不機嫌くん。(笑)

あー、これで私の気分はすっきり!
プリントも全て無事に終わったー\(^O^)/

すばらしい!

そう!世界はすばらしいっ☆



☆大阪、箕面での個展がまもなく始まります☆
風変わりな個展ですが、たくさんの方に来ていただけたら嬉しいです。
展示コンセプトは、魔女と天使。
個展タイトルは
『魔女と天使のカーニバル』
写真、イラスト、人形、アミュレットなど、
展示販売いたします。
箕面は自然もいっぱいで、
秋深まる頃はとても気持ちいいと思うので、
ぜひお時間作って遊びに来てください!

2015年 10/29(木)~11/1(日)
(入場無料12~18時 最終日16時まで)
個展開催はカフェサルンポヮクの敷地内にある小屋のなか。

〒562-0001
大阪府箕面市箕面6-2-17
TEL/FAX 072-724-1771
水曜定休
サルンポヮクHP:
http://www.geocities.jp/salunpowaku/






Tue 20th, Oct 2015