写真家

夏野 苺

世界中の魔法使いや天使とともに作品を創る“魔法使いの弟子”
Photographer Ichigo Natsuno's Official Website

毎日のガイダンスをつぶやいています☆
ツイッター@natsunoichigo
フェイスブック 夏野苺ファンページ

「マネーモンスター」


今日はお金の話。

最近知ったのですが、
お金を追いかける人たちのことを指して、
「マネーモンスター」という呼び方があるそうです。

以下の条件が当てはまる人はマネーモンスターの素質あり?

★他人に親切じゃない
★自分はお金を十分に持ってない気がする
★お金を稼ぐことばかりに興味がある
★なぜか自分は優れていると思い込み実力に見合わないギャラを要求する
★いつもお金を失いそうで不安
★人に与えるよりもらうことばかり考えている

金の亡者、マネーモンスターになりたくないなら、
チャンスが目の前に来た時、
それに飛び込むかどうかをお金や経済的な理由で判断しないこと。。。
だそうです。

最近読んだある本の中に、こんな言葉を見つけました。

『お金を優先して決断する人は、
後からネガティブな副作用に悩まされる』

なるほどー。 まあ、、、
「お金を優先して決断する」って、つまりは、
「お金にならないことはやらない」
「お金になるならやる」
ってことだよね?
それが「やりたくない仕事」なら別にそれでいいと思う。
(けどねー、たとえお金になってもやりたくないこと続けてると、
せっかく手にしたはずのお金もスルスル指の間からこぼれていき、
どんどん人生やせ細っていくyo〜)

じゃあ、もしも「やりたいこと」だったら?

お金の条件が合わなくても、
やりたい!と感じるなら飛び込むってことだよね?
「お金にならないけどやりたいからやる」
「お金になるけどやりたくないからやらない」
何かを決断する時、お金を優先させないって、そういうことだよね?


つい最近、
あるお仕事をある人に依頼しようとしたけど失敗に終わりました。
(先方が強くお金のことにこだわってきたので)
あの人はマネーモンスターだったのかしら?
もしそうじゃないなら、
私が依頼した仕事に魅力を感じてもらえなかったということよね。
それって、ものすごいがっかりだけど。
仕方ないわ、それなら。 納得できる。

でも!

私の依頼を快諾してくれた人も現れました。
(上記とは別の案件ですが)
最初から大きな利益を生むとは思えないだろうけど、
きっと私の何かを信じて、
私の何かを好きだと感じて、
「やりたい」と思ってくれたんでしょう。
ありがたいことです。感謝でいっぱい。
私の中に、必ず恩返ししたいという気持ちがムクムク!

ほんの数日の間に、
仕事の依頼を断った人と受けてくれた人をほぼ同時に見たわけですが、
良い人生勉強になりました。
こういうことがあると一緒に仕事をする人とは信頼関係を築くことが
いちばん大事なんだと改めて思います。
お金だけで繋がろうとすると、
「金の切れ目が縁の切れ目」になってしまうから。

私は、
仕事関係の人とよく遊びます。
一緒に美術館へ行ったり映画を見たり美味しいもの食べたり、
感動を共有する時間を作るのは楽しい。
いざ仕事時間へ移る時は、
お互い何に心動く人なのかを知っている状態でスタートできるので、
創造的なディスカッションも弾むのです。
遊ぶ中から素敵なアイデアが生まれることも多いし、
こういう部分から深い信頼関係が育っていくと信じています。

何より「この人と一緒にいたら何か面白いことになりそう」と
お互い思えることが宝ですよね。
それは共に人生を前進させていく「パワー」になるから。

、、、、、というようなことに思いを巡らせていたら、
偶然、同じタイミングでこんな言葉たちが目に飛び込んできました。

『自分の愛することを仕事にし、自分のする仕事を愛せよ。
仕事がもたらす報酬だけを愛するのはどこか虚しい。
どんな仕事にも愛を込めれば、
その仕事は美しく尊い愛の表現となり、
受け取る人の心を温めてくれる』

『失敗しないように、
損しないように、
間違わないように、
取り残されないように生きようとすると、
逆にエネルギーが収縮してしまう。
失敗してもいいや。
損得考えてるのなんて、めんどくさいよ。
やりたいかやりたくないかだけ気にしてればいいんじゃないの』

読んだ瞬間、
そぉでしょー?
そぉーですよねえーーーーっ!!!
と思いました!

上は、フェイスブックのタイムラインで目撃した
作家のジョン・キムさんの言葉。
下は、ブログの中に書かれていた著作家の大木ゆきのさんの言葉。
どちらも社会の第一線で成功して、
現在進行形で大活躍中のおふたり。
こんな時期にこんな言葉に出会うなんて(しかも大好きなお二人の言葉!)
これは単なる偶然じゃなく、
二人を通して天使が私にメッセージを届けてくれた!と思っちゃいました。

世の中に素晴らしい言葉ってたくさんあると思うんですが、
私は、言葉だけを素晴らしいと信じるより、
「誰がそれを言ってるのか」ということを重要視します。
(これは私の個人的な信条ですけど)

(自分から見て)成功していない(と感じる)人が素晴らしい言葉を発していても、
私はあまり信じません。
口だけで全く行動が伴わない人、
いつまでたっても説得力のある成果が表れない人の言葉は、
私の中で信頼に値しないから。

だけど、
(自分から見て)成功している(と感じる)人が発してる言葉の中に、
きらりと光るものを見つけた時は素早く心にメモします。
言葉だけじゃない、行動も。

いつでも私にとって大事なのは、
「どんな考えを持った人がどんな言動によってどんな結果を得ているか」
ということなのです。

素晴らしい結果を残す人は、
遡ったどこかの地点で必ずその原因となる動きをしているはずなので。
その部分を見習いたいと思うのです。

今日のエッセイは、
最近いちばん私の心を動かした出来事をもとに書きました。

読者の皆さんに、
何かキラリと光るものを届けることができればと思いながら。


追記)
ここまで書き終わって、さらに心の整理がつきました。
あの時の私は、
「どうしてもあなたにこの仕事を頼みたい」とまでは思ってなかったのかも。
「何が何でもあの才能を買いたい」と思ったらもっと情熱的に交渉したはず。
お金のことを言われた瞬間、あっというまに自分から依頼を取り下げたのは、
「そうまでしてやりたくない」という気持ちが私の中にあったんだろうなと、
今ならしみじみ思う。
逆に自分が依頼を受ける場合でも、
断ったり、お金にこだわりそうになるのは、
きまってやりたいと思わない時だけだから。



今日見た不思議な雲!

Sat 25th, Aug 2018

「ジョン・キムさんのこと」

人のご縁って、不思議だと、
本当に近頃つくづく思っている私。

今は、そんなことに思いを馳せる時期なんだろう。

人は、バーン!と
まるで自分ひとりでグイグイ勢いよく進んでいるように感じる時もあれば、
あぁやっぱり周りのたくさんの人たちの助けがあって、
いろんなことができているんだなあと感じる時もある。

そのどれもが、タイミング。 ご縁という繋がりの中で学べることばかり。

私の周りには、素晴らしい人たちがたくさんいるけれど、
つい最近、改めて、
「この人の懐は深い、、、深すぎる!」と感銘を受けた人がいます。

それは、ジョン・キムさん。

2015年に、
彼が主宰する「社会人キムゼミ」を受けてからのご縁ですが、
ゼミ中は宿題も多く、課題を消化するのに精一杯で、
ジョンさんと個人的に会話する時間もなかなか取れなかったけれど。
というか、緊張しすぎて話せなかった。。。。という理由の方が大きいかも。

実は私、人見知りが激しくて(大人になってからこのことを知った!笑)、
誰かと仲良くなるまでに結構時間がかかったりするタイプなんですが、
ジョンさんとも、少しずつ親しくなれたような気がします。

私が彼を「素晴らしい!」と感じ、尊敬する部分は、
もしかしたら、ちょっと他の人たちとは違っているかもしれません。
そう、絶対違っているような気がする。
みんなには見えないであろう、
たとえ見えたとしても、そこを「素晴らしい」とは思わぬまま見逃しそうな、
ジョンさんのある部分が、私には、はっきりと魅力的に映るのです。

さっき、それをさらに確信することがありました。

あの懐の大きさには、かなわない。たぶん、私は、一生。

だから、
ずっと尊敬し続けていく人でいいかなと、
そう思います。

人生でそういう人にめぐ会えたこと、
すっごく幸せ!だと感じます。

ジョンさん、ありがとうございます。

Thu 23rd, Aug 2018

「旺季志ずかさん!吉本坂46メンバーに!」

4次オーディションの水着審査で、
撮影を担当した旺季志ずかさんが「吉本坂46」の最終選考に合格し、
めでたく正式メンバー46名の中にエントリーされました☆
ひゃー。おめでとうございます!

YHAOO!ニュースに掲載!
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180820-00000328-oric-ent


旺季志ずかさんブログ
https://ameblo.jp/rila214/entry-12399256347.html


撮影の依頼が来た時は、事情を知って、
「そんな大役、勤められるか?」と一瞬ビビりました。
だって、
一次、二次、と絶好調で進んできたのに、
三次審査、私の写真で落ちたみたいなことになったら、、、
なんて考えると、ちょーこわいじゃないですか!
でもそんなアホな考えはすぐに消し去り、即答でお受けしましたケドね。
やるからには、もう絶対に1位目指そう!と、
スタッフ一同張り切って挑みました。
結果は、見事1位獲得!^^

★4次審査に応募した6カットのうちの一枚

その後、しずかさんは、
五次オーディションのダンス審査も見事クリアして、
最終審査の秋元康さんとの面接にも合格!
晴れて、吉本坂46の正式メンバーにエントリーされました。
自分がどうしても挑戦したいことだったようなので、
願いが叶ってよかったなーと思います。
でも、
とても厳しい世界。
表舞台に出るということは、
いろんな場所でいろんな人からいろんなこと言われる時代だし、
やっとゴールかと思えば、
その同じ場所が一瞬で次のスタート地点に変わり、
心休む間もなく、
まるで永遠に思われる挑戦の日々が続く世界を生きるということ。

そんな世界へ飛び込んだ旺季志ずかさんの心意気にエールを贈ります。

さて。
私も自分を頑張ろう!^^


★様々なところで私の写真を使ってくださってる旺季志ずかさん。感謝です!
 この写真は、とても気に入っていただいて、ブログのヘッダーやイベントチラシなどに使用していただいてます。

Tue 21st, Aug 2018

「ハヌマーン」

ハヌマーンっていう名前の神様、ご存知ですか?
私、まったく知らなかったんですけど。


インドの雑貨屋で、釘付けになった置物がありました。
ふざけた顔なんだけど(笑)一目惚れ。
はい、もちろん、即買いました。

(お店のオーナーさんと記念写真)

これが、ハヌマーン。
「どんな神様?」と、オーナーさんに尋ねたら、
「俺には説明できないほど大きな力を持ってる神様だ」
そう言ってるよと、かえこさんが通訳してくれました。


説明できないほど大きな力!


こん棒を持っていて、大きな力を持ってる。。。。


とっさに、ミカエルや、スサノオが浮かびました。


ハヌマーンは、顔が猿で、孫悟空のモデルだとも言われているようです。


それで、後から気づいたのですが、
初日から二泊した場所のすぐ隣の小さな寺院が、ハヌマーン寺院でした!
発つ直前にご挨拶。

ハヌマーンにすっかり深いご縁を感じてしまった私。

寺院に祀られてるハヌマーンは、不動明王みたいでかっこいい。
私が買った置物とだいぶ違う印象。笑



で、
乗った車に、なんか、置物が?

よーく見たら、、、、、、

ハヌマーンだよ!おい。(笑)またしても現れたっっっ!

どこまでも付いてくる(いえ、見守ってくれてる)ハヌマーン!


で、
買い物に出かけたら、
あれー!お店の中の神棚にもハヌマーンが!

じーっと見てたら、
お店のオーナーさんが、自分の携帯を得意気&嬉しそうに、
見せてくれて、、、、、

やややっ????それもハヌマーンぢゃないかっ?!

どこまでもどこまでもどこまでも旅のお供のハヌマーン!!!

そして、とうとう、
料理研究家の、のぶさんが連れて行ってくれたのは、、、

ハヌマーン寺院!!!!!!!!!!!

いきなり「ハヌマーン寺院に行きたい?」と尋ねられた時は、
ひっくり返りそうになりながら、
「行きたぁーいぃぃぃ〜!」と叫んでしまいました。


こんなにわかりやすいことって、ありますか?


あるんですよ、私の人生。たびたび。


大いなるものに日々深く感謝し続けていると、願いも叶いやすくなるし、
日常に届くサインも、より親切にわかりやすい形となって、
見落とすことがなくなっていくようです。


そういえば、
ここ最近、強風が吹き荒れるお天気続きでしたが、
ハヌマーンは風の神様なのです。


風のエレメントが伝えるメッセージは「要らないものを吹き飛ばせ」。


びゅーびゅー強い風を感じていると、
インドからハヌマーンの声が聞こえて来るようです。


あるいは、
私と一緒に日本に来たか。。。。(笑)ハヌマーン!


(インドの大型書店では、ベストセラー第2位にハヌマーンの本が!^^
 英語だったけど、買ってきました。いろんなハヌマーンがイラストで描かれていて面白いから。
 国民のアイドル的、大人気の神様なのかしら?
 そんなにもみんなから好かれる神様、ハヌマーンの存在を知ることができて光栄に思います☆)

Thu 16th, Aug 2018

「4歳の天使」

もぉ〜〜〜〜〜可愛くて仕方ありません!
私の新しいミューズ。愛ちゃん!



大人になると変化のスピードが遅くなるように感じるけど、
成人するまでの間ってものすごい速度で変わっていくよね。
特に3〜5歳くらいまでの速度ってすごい。
「その場所」に居られるのって、ほんのわずかな時間。

今この時の愛ちゃんを撮ることができて本当に幸せに思う。

私は被写体運がいいなあ。

写真の神様に感謝です。

今の私は、
好きなもの、興味のあるものがどんどん移っていって、
今まで好きだと思っていたものに突然飽きてしまったり、
今まで全く目に入らなかった新しいものに急に興味が湧いたりして。
愛ちゃんの速度にはかなわないけど、
私もまた加速してる。。。
自分が変化の時期にいると感じています。
だから、
愛ちゃんとも会えたのかも。
(同じ周波数、振動数の人同士は互いに惹かれ合う法則)

その代わり、
いま減速してる人とはどんどん距離ができて、
離れてしまうみたいに感じます。
でも、
それは悲しいことではなく、
縁があれば、
もちろんこの先の道でまた合流するかもしれないし。
もし、もう二度とこの世で会えなくなったとしても、
付き合いの寿命を全うしたということで、
出会って一緒にいた時期のことを感謝すればそれでいいから。
人生の加速の時も、怯まず、恐れず、バンバン進んでいこうと思います!


加速といえば、
魔法学校の生徒さんたちもぐんぐん進んでいます。
見ていて素晴らしいなあと感じるのは、
スピードの速い人と遅い人がいるんだけど、
速いからといって得意げになるわけでもなく、
遅いからといって卑下するわけでもなく、
全員がとてもいいバランスなのです。
それぞれが、お互いの姿を見ながら学び合っているというか。
私とのやりとりの他に、
メンバー同士のやり取りの中に光を見ることが多くなってきました。


魔法修行って、地味なんです。
だからくじけたり怠けたり飽きたりしがちなんだけど、
それでも根気と忍耐を持って頑張って続けていくと、
ある瞬間に、ぽん!っと世界が変化したりするんです。
それを一度でも体験すると、もう面白くて楽しくて。
もっと極めたくなる。

まあ、誰でも必ず到達できるという保証はないけれど、
だからこそ、ご縁あって魔法の扉の前に立った人は、
冒険し続けて欲しい。

今いるメンバーと、
どこまで一緒に進めるかわからないし、
私が決められることではないけれど、
願わくばなるべく遠くまで一緒に行けるよう、
天使にお願いします。^^


☆ お知らせ ☆
魔法学校第4期生募集のお知らせ
9月に魔法学校第4期生募集を行う予定です。
現在の受講生の受付が優先となりますので、
欠員が出た分のみの募集となります。
魔法学校に興味ある!という方は、
「魔法学校問い合わせ」という件名で、
info♩ichigo-natsuno.comまで(♩を@に変えて)
メールにてご連絡ください。

(ヒマラヤ。満月の晩。月影の私)

Wed 15th, Aug 2018